« 血中善玉コレステロール、調節の遺伝子発見 京大 | トップページ | 1型糖尿病の病態改善 林教授(徳大大学院)ら発見 »

2010年9月24日 (金)

新型インフル タミフル耐性株 新薬効かず

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 新型インフル…タミフル耐性株、新薬効かず : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

感染研の小田切孝人・インフルエンザウイルス研究センター第1室長によると、昨シーズンに国内で流行した新型ウイルス6915株のうち75株(約1・1%)が、タミフルが効かない耐性株だった。

 この75株を調べたところ、すべてラピアクタにも耐性があった。別の治療薬リレンザに対しては、どの株も耐性がなく、投薬の効果がみられた。米疾病対策センターの調査でも、米国の新型ウイルス6781株中64株(約0・9%)がタミフル耐性で、すべてラピアクタにも耐性を持っていた。ウイルスに働く仕組みが互いに似ているためとみられる。

 ラピアクタは点滴薬で約15分間の点滴を1回投与。飲み薬のタミフル、吸入薬のリレンザを使用しにくい呼吸器疾患のある人や高齢者に使いやすい。

 小田切室長は「現在、耐性ウイルスの発生は散発的なので治療に問題はないが、耐性ウイルスが広がらないか監視する必要がある」と話している。

(2010年9月23日 読売新聞)

カテゴリー タミフルはこちら
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat40058100/index.html

カテゴリー インフルエンザはこちら
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat34091390/index.html

関連過去記事

新型インフル 耐性ウイルスの人人感染、米で初確認 09/09/12

タミフル耐性発見 人・人感染の可能性 09/10/09

タミフル耐性ウイルス 河川汚染 調査へ 10/02/15

|

« 血中善玉コレステロール、調節の遺伝子発見 京大 | トップページ | 1型糖尿病の病態改善 林教授(徳大大学院)ら発見 »

インフルエンザ」カテゴリの記事

タミフル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 血中善玉コレステロール、調節の遺伝子発見 京大 | トップページ | 1型糖尿病の病態改善 林教授(徳大大学院)ら発見 »