« 相次ぐ多剤耐性菌 厚労省、全国調査へ | トップページ | スーパー耐性菌 上陸は時間の問題だった 健康な人にも感染の恐れ »

2010年9月 7日 (火)

多剤耐性菌 報告義務づけ 厚労省方針

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 多剤耐性菌 報告義務づけ…厚労省方針 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

 帝京大学病院などで多くの抗生物質が効かないアシネトバクターの感染が相次いだ問題で、長妻厚生労働相は7日、医療機関に多剤耐性アシネトバクターの感染例の報告を義務づける考えを明らかにした。

 また、国内で初めて感染が確認された新型の多剤耐性大腸菌についても、今週中に都道府県に通知を出して、感染実態を調査する。

 感染症法では、抗生物質が効かない細菌のうち、バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)など2種類について、医師に報告を義務づけている。また、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)など3種類についても、大学病院などの指定医療機関に報告を求めている。しかし、多剤耐性アシネトバクターなどは報告義務がなく、実態把握が難しかった。

 長妻厚労相は、同日の閣議後記者会見で「感染症部会を招集し、専門家に報告範囲をどこまで拡大するか検討してもらい、全国の多剤耐性菌の把握強化に努めたい」と述べた。

 ただ、多剤耐性アシネトバクターの検出には特殊な培地を使った時間のかかる培養検査が必要で、すべての医療機関で実施するのは難しい。新型の多剤耐性大腸菌の場合は高度な遺伝子解析が必要になる。

(2010年9月7日 読売新聞)

カテゴリー アシネトバクターは、こちら
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat41118136/index.html

カテゴリー 新耐性菌は、こちら
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat41126797/index.html

|

« 相次ぐ多剤耐性菌 厚労省、全国調査へ | トップページ | スーパー耐性菌 上陸は時間の問題だった 健康な人にも感染の恐れ »

アシネトバクター」カテゴリの記事

新耐性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 相次ぐ多剤耐性菌 厚労省、全国調査へ | トップページ | スーパー耐性菌 上陸は時間の問題だった 健康な人にも感染の恐れ »