« 繰り返す菌の“進化”衛生管理で予防を 多剤耐性菌Q&A | トップページ | 歯茎からiPS細胞作製 あご骨や歯再生に期待 »

2010年9月14日 (火)

新規抗菌薬、候補なし 厚労省研究班で報告「危機的状況」

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 新規抗菌薬、候補なし 厚労省研究班で報告「危機的状況」 - MSN産経ニュース. 2010.9.12 00:40

 多剤耐性アシネトバクターや「NDM1」遺伝子を持つ大腸菌など、既存の抗菌薬に耐性を示す細菌の対策に欠かせない新規抗菌薬の開発について、国内では現在、新規薬の候補が一つも残っていないことを、専門家が厚生労働省耐性菌に関する研究班で報告していたことが分かった。

 抗菌薬の収益性が低いことが、企業の開発意欲をそいでいるとみられる。報告者の藤本修平東海大教授(生体防御学)は「耐性菌との戦いは新規薬の開発に支えられてきたが、現在は危機的状況だ」と指摘している。

 報告によると、新たな抗菌薬が登場してから最初に耐性菌が報告されるまでの期間が約4年と短いことが、開発の手間の割に大きな収益に結び付かない理由。世界的にも1980年代から2000年代にかけて、新規の抗菌薬の数は4分の1以下と落ち込んでいるという。

新型インフル流行の時期に、タミフル耐性で同様の懸念が起こった。

その時は漢方にも注目がそそがれた。

その時のエントリーがこちら。
新型インフルは漢方で治る 週刊朝日 09/05/13

同じことが耐性菌に対してもあるはず。

|

« 繰り返す菌の“進化”衛生管理で予防を 多剤耐性菌Q&A | トップページ | 歯茎からiPS細胞作製 あご骨や歯再生に期待 »

アシネトバクター」カテゴリの記事

新耐性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 繰り返す菌の“進化”衛生管理で予防を 多剤耐性菌Q&A | トップページ | 歯茎からiPS細胞作製 あご骨や歯再生に期待 »