« 口蹄疫 宮崎県が終息宣言 | トップページ | ホメオパシー討論会、学術会議に呼びかけ 統合医療学会 »

2010年8月28日 (土)

新型インフル、季節性扱いに…厚労省、来年度から

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 新型インフル、季節性扱いに…厚労省、来年度から : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

 厚生労働省は27日、今年度末をめどに新型インフルエンザの法的な位置づけを見直し、従来の季節性インフルエンザ並みの対策に戻す方針を発表した。

 世界保健機関(WHO)が10日に世界的大流行の終息宣言を出したことと、国内で昨年のような季節はずれの流行が見られないことなどから判断した。ただ、今年度中は警戒を続け、ワクチン接種事業などを実施する。流行の仕方などに例年の季節性インフルエンザと大きな違いが見られなければ、感染症法に基づく「新型」から外す。新型の指定が外れると、昨年の発生当初に実施された徹底した検疫やウイルス検査などは行わなくなり、高校や大学、専門学校は集団発生の報告が不要になる。ワクチン接種の推奨は終了し、低所得者への接種費用の補助もなくなる。

 政府の新型インフルエンザ対策本部(本部長=菅首相)も、27日に解散した。

(2010年8月28日 読売新聞)

ニュー新型インフルのことは想定済なのだろうか。

空騒ぎせずにすむ適切な対応策はでき上がっているのだろうか。

|

« 口蹄疫 宮崎県が終息宣言 | トップページ | ホメオパシー討論会、学術会議に呼びかけ 統合医療学会 »

インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 口蹄疫 宮崎県が終息宣言 | トップページ | ホメオパシー討論会、学術会議に呼びかけ 統合医療学会 »