« ホメオパシーは「荒唐無稽」 学術会議が全面否定談話 | トップページ | ホメオパシー 日本医師会・医学会、学術会議に賛同 »

2010年8月25日 (水)

夏型肺炎 カビが原因 

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 夏型肺炎 カビが原因 :日本経済新聞.2010/8/20付

 毎年9月前後に発症が増える肺炎がある。夏型過敏性肺炎だ。原因となるのはカビで、日当たりが悪くじめじめした木造家屋や、水回り、エアコンの内部などで発生しやすい。暑さで体力が弱るこの時期、夏風邪と間違われやすいが、頑固なせきが続く場合は夏型過敏性肺炎を疑ってもいいかもしれない。

 「発熱してせきがひどい」。こう訴えるのは女性患者Aさん(55)。市販の風邪薬を飲んでもなかなか症状はよくならず、病院を受診した。外出するとせきなどは治まるが、家に戻ると再びひどくなる傾向があったという。

家屋の湿気が大敵

 原因は寝室のカビだった。以前に雨漏りしたこともあり、天井や壁にシミができ、壁紙をはがすと大量のカビがはえていたという。自宅をリフォームしたところ、肺炎の症状は治まった。

 夏型過敏性肺炎の原因はトリコスポロンというカビの一種だ。東京医科歯科大学の吉沢靖之副学長は「この胞子が抗原となってアレルギー性肺炎を引き起こす」と説明する。細菌や真菌が肺で増殖する通常の肺炎とは異なる。

 症状は頑固なせきが出て、息切れしやすくなるのが特徴。夏に胞子が飛散するため5~10月に症状が出やすく、特に「最初の発症は9、10月ごろに集中する」(吉沢副学長)。逆に冬には症状が治まる。何年も繰り返すと慢性化し、肺が線維化する肺線維症につながることもある。

 トリコスポロンは腐った木で繁殖しやすい。浴室や洗濯機の周囲、キッチンなどの水回りが多く、雨漏りした天井や床下浸水の跡などに発生することもある。湿気が多い押し入れ、寝具なども要注意だ。エアコン内部で増えて、風で胞子をまき散らすこともある。

 吉沢副学長によると、築20年以上の木造一戸建てや、築7年以上のアパート、団地の1~3階で暮らしている人に発症するケースが多いという。特に、河川敷のそばや埋め立て地などは水はけが悪く、カビが発生しやすい。暖かい地域が多く、患者は秋田県以南でしか報告されていない。

 急性の場合は40~50歳代、慢性だと60歳以上が中心となる。家に長時間いる主婦が発症する例が多い。会社員の場合、帰宅したときだけ症状が出る人もいる。

 急性時の治療はステロイド薬などを使う。根本的な解決にはどうやってカビを避けるかがポイントになる。入院すれば症状は改善することが多いが、自宅に帰ると再発してしまう。防カビ剤を使えばカビの量はいったん減るが、やはり発生源を取り除くのが一番。腐った木の除去や、リフォームが不可欠。寝具を替えるのも忘れてはならない。

潜在的患者多そう

 カビを繁殖させないためにはどうすればいいのか。千葉工業大学の小峯裕己教授(建築環境)は「カビの繁殖の原因は養分と水分と温度」と指摘する。風呂場などを湿ったまま放置しないことがとても重要で、(1)入浴後に風呂場の換気をする(2)水回りのタイルを乾いた布でぬぐう(3)押し入れはすのこですき間を作り、空気を循環させる――などが有効という。

 寝るときに寝具に付く皮脂などもカビの養分になる。「こまめに洗い、日干しにして温度を60度以上の高温にする」(小峯教授)のが効果がある。古い家屋の場合、はっ水性のある風呂床や、結露しにくい二重サッシなどに取り換える手もある。

 過敏性肺炎には、鳥の羽毛や排せつ物、塗装、小麦粉などが原因となるタイプも知られている。鳥の場合は飼っているインコなどのほか、羽毛布団や近所の養鶏場、公園などが引き金になることもある。

 夏型過敏性肺炎は1980~89年に621件の症例が見つかっただけだが、手軽な検査法が普及したことで、2009年だけで疑い例を含めて約300件が新たに報告された。潜在的な患者はさらに多い可能性がある。夏に長引くせきや呼吸困難が気になるようだったら、一度、呼吸器内科などの専門医を受診するのがよい。(川合智之)

[日本経済新聞夕刊2010年8月20日付]

この夏は長引く咳にお困りの方がマサキ薬局にもちょくちょく来店される。

病気の原因には外因と内因がある。

内因を解決しないと治療に長期間を要することになる。

この暑さで冷飲が過ぎたりお腹を冷やしたりして、呼吸器に負担をかけることになっているのが内因の主原因。

水滞・水毒対策・養生が呼吸器をまもるために重要。

|

« ホメオパシーは「荒唐無稽」 学術会議が全面否定談話 | トップページ | ホメオパシー 日本医師会・医学会、学術会議に賛同 »

疾病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホメオパシーは「荒唐無稽」 学術会議が全面否定談話 | トップページ | ホメオパシー 日本医師会・医学会、学術会議に賛同 »