« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の42件の投稿

2010年8月31日 (火)

食事の前に水、コップ2杯で減量効果 米化学会で発表

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):食事の前に水、コップ2杯で減量効果 米化学会で発表 - アピタル(医療・健康). 2010年8月31日0時11分

【ワシントン=勝田敏彦】食事の前に水をコップ2杯飲むだけで、減量に効果があることが、米バージニア工科大のブレンダ・デービー博士らのチームの臨床試験でわかった。水でやや満腹を感じ、カロリーが高い料理をあまり食べたくなくなるためで、手軽で安価にやせられるかもしれず注目されそうだ。

 26日までボストンで開かれた米化学会での発表によると、チームは55~75歳の48人を二つのグループに分け、一方のグループには1日3回の食事前にコップ2杯(約470cc)の水を飲んでもらった。

 両グループとも、食事制限による12週間の減量プログラムに参加。終了後、食前に水を飲み続けたグループは7キロ減量したが、水を飲まなかったグループの減量は5キロだった。

 これまでの研究で、中高年が食前に水をコップ2杯飲むと、食事によるエネルギー摂取が75~90キロカロリー減ることが知られていたが、チームは「水を飲む量を増やすと減量に効果があることが初めてはっきりした」としている。

 チームによると、食前に飲むのは水でなくてもいいが、砂糖がかなり含まれるジュースなどは勧めていない。また水の飲み過ぎで、まれに「水中毒」が起きることにも注意が必要、としている。

食前に水を470ccも飲めば、胃を冷やし、胃内停水をまねき、食物の消化吸収が悪くなる。

その結果吸収されるカロリーが減少し体重が減るという理屈になる。

その際には当然、水滞・水毒による害が生じてくる。

やらない方がよい療法。

過食になってしまう人は胃が実して食欲が亢進しているので、胃の熱を冷ましてやることは必要。

そういうときに対応するのが苦くて寒性の薬物。

漢方のやせ薬の代表処方に防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)がある。

連翹・山梔子・黄芩・大黄・芒硝・芍薬などの苦味で寒性の薬物が配合されていてこの役目を担っている。

見逃してはならないのは、この臨床試験はあくまでも、食事制限による12週間の減量プログラム を実行した上でのはなし。

食事制限なしでは、食前の飲水もどんな療法も漢方薬もダイエット効果は出ない。

| | コメント (0)

2010年8月30日 (月)

ホメオパシー討論会、学術会議に呼びかけ 統合医療学会

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):ホメオパシー討論会、学術会議に呼びかけ 統合医療学会 - アピタル(医療・健康). 2010年8月28日20時43分

西洋医学を中心として、伝統医学や代替医療などの統合を目指している日本統合医療学会(理事長=渥美和彦東京大名誉教授)は28日までに、ホメオパシーに科学的根拠がないとした日本学術会議の会長談話に対し、「実態と異なる内容が含まれ、誤解を生む」として、学術会議に公開討論会の開催を呼びかけると公表した。

 同学会は、今回問題となったのは一部団体の「不正事件」で、「助産師の職権を逸脱した医療行為」と指摘。一方、ホメオパシー自体は米国立衛生研究所でも代替医療として研究対象になっており、海外では有効性の報告が多くあるという見解を示した。

 日本統合医療学会のHPには、関連学会として日本ホメオパシー医学会が掲載されている。同医学会は、問題となっている日本ホメオパシー医学協会とは別団体。

関連過去記事

ビタミンK2投与を 周産期・新生児医学会が緊急声明 10/08/06

ホメオパシーは「荒唐無稽」 学術会議が全面否定談話 10/08/25

ホメオパシー 日本医師会・医学会、学術会議に賛同 10/08/26

ホメオパシー否定の談話、助産師会・薬剤師会も賛同 10/08/28

| | コメント (0)

2010年8月28日 (土)

新型インフル、季節性扱いに…厚労省、来年度から

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 新型インフル、季節性扱いに…厚労省、来年度から : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

 厚生労働省は27日、今年度末をめどに新型インフルエンザの法的な位置づけを見直し、従来の季節性インフルエンザ並みの対策に戻す方針を発表した。

 世界保健機関(WHO)が10日に世界的大流行の終息宣言を出したことと、国内で昨年のような季節はずれの流行が見られないことなどから判断した。ただ、今年度中は警戒を続け、ワクチン接種事業などを実施する。流行の仕方などに例年の季節性インフルエンザと大きな違いが見られなければ、感染症法に基づく「新型」から外す。新型の指定が外れると、昨年の発生当初に実施された徹底した検疫やウイルス検査などは行わなくなり、高校や大学、専門学校は集団発生の報告が不要になる。ワクチン接種の推奨は終了し、低所得者への接種費用の補助もなくなる。

 政府の新型インフルエンザ対策本部(本部長=菅首相)も、27日に解散した。

(2010年8月28日 読売新聞)

ニュー新型インフルのことは想定済なのだろうか。

空騒ぎせずにすむ適切な対応策はでき上がっているのだろうか。

| | コメント (0)

口蹄疫 宮崎県が終息宣言

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 【口蹄疫】宮崎県が終息宣言 4カ月余、東国原知事「感無量だ」 - MSN産経ニュース. 2010.8.27 10:05

 宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で東国原英夫知事は27日、家畜のふん尿の堆肥(たいひ)化処理が終わったのを受けて県庁で記者会見し、「ウイルスを撲滅するための措置を完了した。本県における口蹄疫は、終息したことを宣言いたします」と述べた。

 4月の発生確認から4カ月余り。「県の宝」といわれる種牛を含め牛、豚約29万頭が犠牲になった宮崎県は、終息宣言で家畜の安全性を全国にアピール。肉用子牛の生産、出荷拠点として、松阪牛など各地のブランド牛を支えてきた畜産王国の復興を目指す。

 作業着姿で会見に臨んだ東国原知事は「やっとこの日を迎えて感無量。大きな山を乗り越えた」と述べ、29日以降、順次再開される県内8カ所の家畜市場の競りについて「風評被害に左右されることなく、ぜひ買いに来てほしい」と県外の購買者に呼び掛けた。

 防疫など宮崎県の対応を振り返り「もう少し積極的に対策を講じればよかったかな、と反省している」とも述べた。

 県は31日に発生農場の一部でウイルスの無害化を確認するための「観察牛」を導入し、3週間かけて健康状態をチェック。被害農家の経営再開は9月下旬以降、可能となる。川南町など県東部の5町は再発防止のための防疫策をまとめた上で11月に再開する見通し。西都市は9月下旬の再開を希望している。

 口蹄疫は4月20日に都農町で最初に感染疑いが確認され、川南町など県東部を中心に、鹿児島県と接する国内屈指の畜産地帯の都城市など計5市6町に拡大。ワクチン接種分も含め28万9千頭の家畜が殺処分された。

 7月27日には県内全域で家畜の移動、搬出制限区域がなくなり、非常事態宣言も全面解除された。県は風評被害一掃のため、県内で飼育されている牛、豚約95万頭を対象に目視検査などによる安全性調査も実施、異常がないことを確認した。

経緯は

リンク: 【口蹄疫】発生確認後4カ月の経過 - MSN産経ニュース .2010.8.27 10:08

 平成22年4月20日 宮崎県口蹄(こうてい)疫疑いの牛確認。国内発生は2000年以来

 5・13 県のエース級種牛6頭が避難

   18 東国原英夫知事が非常事態宣言

   22 避難したエース級種牛「忠富士」が感染疑いで殺処分、残り5頭に。県東部の感染多発地域で国内初のワクチン接種

   31 県がエース級以外の種牛49頭を殺処分

 6・4 口蹄疫対策特別措置法が施行

   9 国内屈指の畜産地帯、都城市で感染疑い

   30 感染疑い家畜と、ワクチン接種家畜計約28万9千頭の殺処分、埋却を完了

 7・1 非常事態宣言を一部解除

   27 県内すべての家畜の移動、制限区域がなくなる。非常事態宣言を全面解除

 8・9 県内で飼育の牛、豚約95万頭全頭に異常がないことを確認

   26 家畜のふん尿の堆肥化処理が完了

   27 東国原知事が終息宣言

| | コメント (0)

ホメオパシー否定の談話、助産師会・薬剤師会も賛同

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):ホメオパシー否定の談話、助産師会・薬剤師会も賛同 - アピタル(医療・健康). 2010年8月27日10時45分

 日本学術会議(会長=金沢一郎東大名誉教授)が民間療法「ホメオパシー」の科学的根拠を全面否定する会長談話を出したのを受け、日本助産師会と日本薬剤師会も26日、賛同する考えを表明した。

 日本助産師会は「会員に対し、助産業務としてホメオパシーを使用したり、すすめたりしないよう徹底する」ことを決めた。山口市では、ホメオパシーを実践する助産師が女児にビタミンK2を与えずに死亡したとして、訴訟になっている。

 日本薬剤師会も「効能・効果が科学的に確認されていない『医薬品類似物』が医療現場で使用されることは、重大な問題だ」と指摘した。

代替医療には食品系を利用するものは多い。

それらすべてを 「効能・効果が科学的に確認されていない『医薬品類似物』が医療現場で使用されることは、重大な問題だ」 と考えているとしたら代替医療全般を否定することになってしまうが・・・。

確認するのは誰がどんな方法でという問題もある。

| | コメント (0)

タミフル効かぬ新型インフルウイルス、通常型並み感染力

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):タミフル効かぬ新型インフルウイルス、通常型並み感染力 - アピタル(医療・健康) .2010年8月28日9時11分

 抗ウイルス薬タミフルが効きにくくなった新型の豚インフルエンザウイルスが、通常の新型ウイルスと同様の感染力と病原性を持っていることが、東京大医科学研究所による動物実験でわかった。今後、タミフル耐性ウイルスが主流になり、治療に制約が出る恐れも否定できない結果だ。

 同研究所の河岡義裕教授らが26日、米科学誌プロス・パソジェンズ電子版に発表した。

 新型インフルウイルスでは、変異してタミフル耐性になっても、感染力が落ちてあまり広まらないだろうと予測されていた。

 河岡さんらは、患者から分離された通常の新型インフルウイルスと、タミフル耐性ウイルスをイタチの仲間フェレットに感染させた。翌日、通気のいいカゴに入れた未感染のフェレットを隣に置き、11日間、感染するか比較した。

 その結果、どのウイルスも、隣のカゴのフェレットに広がった。鼻汁中のウイルス量を分析すると、耐性ウイルスも通常と同程度の感染力があることがわかった。

 フェレットを感染6日後に解剖したところ、耐性ウイルスを感染させた場合も、気管支や肺に炎症が起きており、病原性は通常ウイルスと同程度だった。

 季節性インフルAソ連型では、ほとんどのウイルスがタミフル耐性に置き換わっている。タミフルが効きにくくなって、発熱期間が延びたなどの指摘が臨床の現場からは出ている。河岡さんは「タミフルの使用基準をもっと慎重に検討すべきだろう」と話す。(大岩ゆり)

タミフル使いすぎ弊害の認識が定着するのは望ましいこと。

カテゴリー タミフルはこちら
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat40058100/index.html

| | コメント (0)

2010年8月27日 (金)

「体重減った」7割 梅干しプロジェクト、モニターが報告

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 「体重減った」7割 梅干しプロジェクト、モニターが報告 - AGARA紀伊民報.

 梅干しの消費拡大に取り組む紀州田辺うめ振興協議会(会長=真砂充敏和歌山県田辺市長)は23日、同市湊のJA紀南ふれあいセンターで「梅干しを食べようプロジェクト」の報告会を開いた。モニター125人に50日間、梅干しを毎日2粒食べてもらった結果、回答があった105人中73人が「体重が減った」と答えた。


 同協議会は田辺市とJA紀南でつくる。梅干しの試食は4月下旬から始まり、20~70代の男性41人、女性64人が回答した。うち県内は53人、残りは大阪府、兵庫県など県外の人だった。

 アンケートで「腹囲が減った」と答えた人は64人、「体脂肪率が減った」と答えた人は45人だった。体調の変化(複数回答可)については、疲労回復(35人)、体調改善(29人)、体重減(25人)、食欲増進(19人)などが多かった。

 実践後の感想については「継続して(梅干しを)食べたい」(47人)、「おいしかった」(27人)、「和食を好むようになった」(16人)、「便秘解消」(13人)など。一方で「1日2粒は難しい」「血液などの専門的検査をするべきだ」などの意見もあった。

 報告会で真砂市長は「いまも毎日(梅干しを食べ)続けている。アンケートの結果を見ると、一定の効果があったと言える。この結果を次のステップにつなげることが大切」、副会長の中家徹・JA紀南組合長は「自身も体重と腹囲が減った。今後、医学的な根拠を見いだしていけたら」と話した。紀州田辺うめ振興協議会は、アンケートの結果を消費宣伝に活用するという。

 日の丸弁当を試食

 プロジェクトではほかに、新たな「日の丸弁当」を開発して梅の消費拡大につなげる。この日は日本食生活指導センター(大阪市)会長の野々村瑞穂さんが日の丸弁当について講演したほか、栄養士のグループ「栄養サポート紀南」が作った日の丸弁当の試食会があった。

 野々村さんは、梅干しを食べたモニターから塩分の取り過ぎを心配する声があったことについて「梅干しと野菜は最高のダイエット食品。食は組み合わせが大切で、野菜には梅の塩分を排出する効果があることを、もっと市民に広報すべきだ」と話した。

 さらに「田辺には海、山、里に最高の食材がある。旬の食材を使った弁当を市民が食べ続ければ、日本一長寿のまちになれる」と語った。

 試作した日の丸弁当には、「エビの梅チリソース煮」「鶏肉の梅ジャムあん」「ナスの梅みそ添え」などの梅料理が入っていた。総カロリーは742キロカロリー。今後、レシピを公表して市民に日の丸弁当を食べてもらうようPRするという。

(2010年08月24日更新)

梅・酸味の効能の過去記事

酸味の食能 09/02/05

お酢飲んで、内臓脂肪が減少 09/05/16

梅の効能「胃がん予防と血糖値上昇抑制」 09/12/18

梅の効能(2) 09/12/19

梅干しにインフル抑制成分 和歌山県立医大が発見 10/06/02

| | コメント (0)

2010年8月26日 (木)

新型インフル ワクチン副作用、季節性と差なし

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: ワクチン副作用、季節性と差なし…新型インフル : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

 厚生労働省の検討会は25日、昨シーズンの新型インフルエンザワクチンについて、副作用の傾向や頻度は通常の季節性インフルエンザワクチンと大差なかったと結論付けた。

 ただ、重い持病のある高齢者などでは直接の因果関係は認められなかったが、死亡例の報告もあったため、今年10月からのワクチン接種でも、注意を呼びかける。

 新型ワクチンの推定接種者数は約2200万人。副作用は計2433人分報告され、このうち重い症状は417人分だった。

(2010年8月26日 読売新聞)

関連過去記事

打つ? 打たない? 新型インフルワクチン、副作用の懸念も 09/10/20

ワクチン接種開始 4日間で重い副作用6件 09/10/26

新型ワクチン 重い副作用4件 09/10/30

新型インフルエンザ:ワクチンを知る/上 09/11/02

新型インフルエンザ:ワクチンを知る/下 09/11/03

カテゴリー インフルエンザはこちら

| | コメント (0)

ホメオパシー 日本医師会・医学会、学術会議に賛同

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):ホメオパシー 日本医師会・医学会、学術会議に賛同 - アピタル(医療・健康).2010年8月25日20時59分

 日本学術会議(会長=金沢一郎東大名誉教授)が、通常の医療とは異なる民間療法「ホメオパシー」の科学的根拠を全面否定する会長談話を出したのを受け、日本医師会と日本医学会が25日、共同会見を開き、賛同する考えを表明した。治療でこの療法を使わないよう、会員らに周知徹底する考えも示した。他にも賛同する団体が相次ぎ、医療現場で排除しようという動きが広がりつつある。

 会見には、日本医師会の原中勝征会長と日本医学会の高久史麿会長が出席。原中会長は「ホメオパシーが新興宗教のように広がった場合、非常に多くの問題が生じるという危機感を持っている」と、賛同の理由を話した。医師会の見解は、ウェブサイトに掲載し、会員への周知を図る。

 高久会長は「この療法に頼り、通常医療を受けずに亡くなった人も出ている。学会として全面的に学術会議の会長談話を支持する」と述べた。日本医学会には108の学会が加盟している。山口市で、ホメオパシーを実践する助産師が女児にビタミンK2を与えずに死亡したとして訴訟になっていることを受け、助産師が加入する日本看護学会にも個別に賛同を呼びかけるという。

 この日までに、日本獣医師会と日本獣医学会、日本薬理学会も賛同を表明。日本歯科医師会と日本歯科医学会も、26日に正式表明する予定で、賛同は計7団体に上る。

 また、ホメオパシーを実践していた東京都内の病院が、ウェブサイトから該当ページを削除する動きも出ている。

 長妻昭厚生労働相はこの日、患者を通常医療から遠ざけることになる恐れに対し「本人の意思に反して、病院に行かないようなことがあれば問題」と発言。省内で議論し、必要があれば調査に乗り出す意向を明らかにした。(岡崎明子)

関連過去記事

ビタミンK2投与を 周産期・新生児医学会が緊急声明 10/08/06

ホメオパシーは「荒唐無稽」 学術会議が全面否定談話 10/08/25

| | コメント (0)

2010年8月25日 (水)

夏型肺炎 カビが原因 

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 夏型肺炎 カビが原因 :日本経済新聞.2010/8/20付

 毎年9月前後に発症が増える肺炎がある。夏型過敏性肺炎だ。原因となるのはカビで、日当たりが悪くじめじめした木造家屋や、水回り、エアコンの内部などで発生しやすい。暑さで体力が弱るこの時期、夏風邪と間違われやすいが、頑固なせきが続く場合は夏型過敏性肺炎を疑ってもいいかもしれない。

 「発熱してせきがひどい」。こう訴えるのは女性患者Aさん(55)。市販の風邪薬を飲んでもなかなか症状はよくならず、病院を受診した。外出するとせきなどは治まるが、家に戻ると再びひどくなる傾向があったという。

家屋の湿気が大敵

 原因は寝室のカビだった。以前に雨漏りしたこともあり、天井や壁にシミができ、壁紙をはがすと大量のカビがはえていたという。自宅をリフォームしたところ、肺炎の症状は治まった。

 夏型過敏性肺炎の原因はトリコスポロンというカビの一種だ。東京医科歯科大学の吉沢靖之副学長は「この胞子が抗原となってアレルギー性肺炎を引き起こす」と説明する。細菌や真菌が肺で増殖する通常の肺炎とは異なる。

 症状は頑固なせきが出て、息切れしやすくなるのが特徴。夏に胞子が飛散するため5~10月に症状が出やすく、特に「最初の発症は9、10月ごろに集中する」(吉沢副学長)。逆に冬には症状が治まる。何年も繰り返すと慢性化し、肺が線維化する肺線維症につながることもある。

 トリコスポロンは腐った木で繁殖しやすい。浴室や洗濯機の周囲、キッチンなどの水回りが多く、雨漏りした天井や床下浸水の跡などに発生することもある。湿気が多い押し入れ、寝具なども要注意だ。エアコン内部で増えて、風で胞子をまき散らすこともある。

 吉沢副学長によると、築20年以上の木造一戸建てや、築7年以上のアパート、団地の1~3階で暮らしている人に発症するケースが多いという。特に、河川敷のそばや埋め立て地などは水はけが悪く、カビが発生しやすい。暖かい地域が多く、患者は秋田県以南でしか報告されていない。

 急性の場合は40~50歳代、慢性だと60歳以上が中心となる。家に長時間いる主婦が発症する例が多い。会社員の場合、帰宅したときだけ症状が出る人もいる。

 急性時の治療はステロイド薬などを使う。根本的な解決にはどうやってカビを避けるかがポイントになる。入院すれば症状は改善することが多いが、自宅に帰ると再発してしまう。防カビ剤を使えばカビの量はいったん減るが、やはり発生源を取り除くのが一番。腐った木の除去や、リフォームが不可欠。寝具を替えるのも忘れてはならない。

潜在的患者多そう

 カビを繁殖させないためにはどうすればいいのか。千葉工業大学の小峯裕己教授(建築環境)は「カビの繁殖の原因は養分と水分と温度」と指摘する。風呂場などを湿ったまま放置しないことがとても重要で、(1)入浴後に風呂場の換気をする(2)水回りのタイルを乾いた布でぬぐう(3)押し入れはすのこですき間を作り、空気を循環させる――などが有効という。

 寝るときに寝具に付く皮脂などもカビの養分になる。「こまめに洗い、日干しにして温度を60度以上の高温にする」(小峯教授)のが効果がある。古い家屋の場合、はっ水性のある風呂床や、結露しにくい二重サッシなどに取り換える手もある。

 過敏性肺炎には、鳥の羽毛や排せつ物、塗装、小麦粉などが原因となるタイプも知られている。鳥の場合は飼っているインコなどのほか、羽毛布団や近所の養鶏場、公園などが引き金になることもある。

 夏型過敏性肺炎は1980~89年に621件の症例が見つかっただけだが、手軽な検査法が普及したことで、2009年だけで疑い例を含めて約300件が新たに報告された。潜在的な患者はさらに多い可能性がある。夏に長引くせきや呼吸困難が気になるようだったら、一度、呼吸器内科などの専門医を受診するのがよい。(川合智之)

[日本経済新聞夕刊2010年8月20日付]

この夏は長引く咳にお困りの方がマサキ薬局にもちょくちょく来店される。

病気の原因には外因と内因がある。

内因を解決しないと治療に長期間を要することになる。

この暑さで冷飲が過ぎたりお腹を冷やしたりして、呼吸器に負担をかけることになっているのが内因の主原因。

水滞・水毒対策・養生が呼吸器をまもるために重要。

| | コメント (0)

ホメオパシーは「荒唐無稽」 学術会議が全面否定談話

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):ホメオパシーは「荒唐無稽」 学術会議が全面否定談話 - アピタル(医療・健康). 2010年8月25日3時7分

 通常の医療とは異なる民間療法「ホメオパシー」について、日本学術会議(会長=金沢一郎東大名誉教授)は24日、「科学的な根拠は明確に否定され、荒唐無稽(こうとうむけい)」とし、医療従事者が治療で使わないよう求める会長談話を発表した。山口市の女児ら死亡例が出たことを重視。通常医療から患者を遠ざける懸念があるとして、一般に広まる前に、医療現場から排除する必要があると判断した。科学者の代表機関が、特定の療法を否定するのは極めて異例だ。

Tky201008240554

 金沢会長が会見で発表した。日本医師会や日本歯科医師会、日本獣医師会など6団体も談話に賛同し、会員に周知する方針だ。厚生労働省は、普及団体について、医師法や薬事法などの観点から注目し、情報収集を始めた。

 会長談話では「ホメオパシーが医療関係者の間で急速に広がり、養成学校までできていることに強い戸惑いを感じる」とした上で、「治療効果は明確に否定されている」と指摘した。さらに「今のうちに、医療現場から排除されないと『自然に近い安全で有効な治療』という誤解が広がり、深刻な事態に陥ることが懸念される」として、医療関係者が治療に使うことは厳に慎むよう呼びかけた。一方で、「十分理解した上で、自身のために使用することは個人の自由」としている。

 学術会議の唐木英明副会長は「(ホメオパシー治療で使うのは)『ただの水』で『副作用はない』のはもちろんだが、科学的に全否定されているものを医療従事者が使えば、患者を通常の医療から遠ざけかねず危険だ。『ホメオパシーは効かない』というメッセージを伝えることが重要と考えた」と説明した。

 日本学術会議は、約84万人の科学者の代表として選ばれた210人の会員と、約2千人の連携会員からなる日本の「頭脳集団」。政府に対する政策提言や社会への啓発などを行う。

 皇室医務主管で神経内科医の金沢会長や、東大名誉教授(毒性学)の唐木副会長らが約1年半前から、この問題を議論してきたという。今年に入り、ホメオパシーを受けている人の中で通常の医療を拒否して、死亡したり症状が悪化したりした疑いの濃い例が相次いで表面化した。

 山口地裁では5月、新生児が一般に投与されるビタミンKを与えられず死亡したとして、ビタミンK投与の代わりにホメオパシー療法を行った助産師を相手取り損害賠償を求める裁判も起きている。こうしたことを受けて、学術会議では急きょ、会長談話を出すことを決めた。

 談話の根拠として、2005年に英医学誌ランセットで発表された治療上の効果はないとする論文などを重視した。「物質が存在した記憶を水が持っている」などの主張も荒唐無稽だと指摘。英国下院科学技術委員会が出した科学的根拠がないとする勧告や、英国医学会が出した「ホメオパシーは魔術」という宣言も参考にした。

 国内では主に1990年代後半から、日本ホメオパシー医学協会など複数の団体が実践、普及を進めている。同協会は、この療法を指導、指示するホメオパシー療法家の養成学校を北海道から沖縄まで全国7カ所に設置している。利用者数など詳しい実態は分からないが、食品添加物や農薬など化学物質を避けようという「自然派」志向の女性らの間で広がっている。雑誌などで「効果」をPRする著名なタレントや歌手、俳優もいる。治療に導入している大学病院もある。医学協会は、計20以上の診療所や歯科医院、動物病院と提携している。(岡崎明子、長野剛)

    ◇

 会長談話について、日本ホメオパシー医学協会は「ホメオパシーの治癒効果は世界中で広く認められている。きちんと調査することもなく、荒唐無稽と断定する極めて非科学的な態度にあきれている。世界的にも普及しており、日本学術会議の見解、認識は世界の情勢と著しく乖離(かいり)している」などとするコメントを寄せた。

    ◇

 〈ホメオパシー療法〉植物や昆虫、鉱物などの成分を限りなく薄めた水にして砂糖玉に染み込ませた「レメディー」を、飲み薬のようにして使う民間療法。がんや皮膚病、精神疾患などほぼすべての病気を治療できる、と普及団体は主張している。

 欧州では200年の歴史があり、一部の国では公的医療保険も適用されてきた。しかし、治療上の効果はないとする研究が相次いで発表された。ドイツでは2004年から保険適用をやめた。

関連過去記事

ビタミンK2投与を 周産期・新生児医学会が緊急声明 10/08/06

| | コメント (0)

2010年8月24日 (火)

北米で集団発生の強毒カビ 感染患者、国内で初確認

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):北米で集団発生の強毒カビ 感染患者、国内で初確認 - アピタル(医療・健康). 2010年8月24日11時38分

 北米で集団発生が問題となり健康な人でも死亡することがある強毒カビに、東京都内の40代男性が感染していたことが分かった。「クリプトコッカス・ガッティ」という真菌で国内初の感染例だ。男性に北米への渡航歴はなく、国立感染症研究所は他に患者がいないか実態把握に乗り出す。

 東京大チームが突き止めた。男性は健康に問題はなかったが、頭痛やものが見えにくくなり2007年に都内の病院を受診。検査で脳に直径5センチほどのこぶが見つかり手術で取り出して調べた結果、このカビを検出した。点滴や飲み薬で1年後に快復した。

 感染者から体外にカビが出ることはなく人から人へは感染しない。植物に付着し何かの拍子で舞い上がったカビを吸い込んで感染する。このカビは、1999年にカナダ・バンクーバー島で人の感染が集団で起こり、その後、北米大陸に広がり最近は米西海岸の複数の地域で報告されている。男性で見つかったカビの遺伝子は、カナダのものと同じだった。

 米疾病対策センター(CDC)によると、7月までに米西海岸側で60人の患者報告があり、経過を確認できた45人のうち2割の9人が亡くなった。免疫力の落ちた患者だけでなく、健康な人も含まれていたという。

 東大病院の畠山修司感染症内科副科長は「北米から輸入された木材についたカビを吸い込んだかもしれないが、既に国内の植物にカビが定着している可能性もある」とみる。カビの潜伏期間は平均6~7カ月。男性が最後に渡航したのは、受診時から8年前のサイパンで、そこからの感染は考えにくいという。

 国立感染症研究所の宮崎義継・生物活性物質部長によると、早く発見すれば治療できるが、病院で見落とす恐れがある。「1年以内に北米に行った経験があれば診断時に医師に伝えてほしい」という。(熊井洋美)

関連過去記事

病原性高いカビ、北米西海岸で拡大 吸い込んだ人に感染 10/05/01

| | コメント (0)

2010年8月23日 (月)

新型インフル 流行から1年 危機は去ったのか

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 【新型インフル】流行から1年 危機は去ったのか (1/3ページ) - MSN産経ニュース. 2010.8.22 22:33

 新型インフルエンザに関して政府が昨年8月21日に「流行入り」を宣言してから1年になる。昨夏は各地で新型インフルが蔓延(まんえん)したが、今年は目立った感染報告はない。今年8月10日には世界保健機関(WHO)がパンデミック(世界的大流行)の終息を宣言した。危機は去ったのか-。世界の状況と専門家の分析から、今年の動向を探った。(蕎麦谷里志)

 「最も激しいウイルスの活動期は過ぎた」

 今月10日。WHOのマーガレット・チャン事務局長はそう切り出して、パンデミックの終息を宣言。フェーズ(警戒水準)を「ポスト・パンデミック期」(最盛期越え)に切り替えた。

 WHOにとっては昨年6月にパンデミックを宣言して以来、1年2カ月ぶりのフェーズ変更となった。

 豪州など冬を迎えている南半球が現在、インフルの流行期にあたるが、「流行規模は普段の季節性程度。パンデミック時は新型が季節性ウイルスの感染活動を抑えたが、そのようなこともない」(チャン事務局長)というのが主な理由だ。

第2波で拡大も

 国内でも今夏は流行入りの兆しはない。国立感染症研究所によると、8月15日までの1週間で、報告のあったインフルエンザ患者数は162人。1医療機関あたりの患者数が1人を超えると流行期とされるが、今はまだ0.04人にとどまっている。昨年の同時期は、1.69人だった。

 「多くの人がすでに免疫を獲得しており、このまま冬までほとんど流行しない可能性もある。少なくとも去年のような大きな流行はないだろう」。そう話すのは、元北海道小樽市保健所長で、インフルに詳しい外岡立人氏。現在、流行がみられる香港でも新型は少なく、主流は新型でなく、季節性のA香港型という。

 しかし、東北大の押谷仁教授(ウイルス学)は「油断は禁物」と警告する。過去の例では、再流行した第2波で被害が拡大したこともあるからだ。

 実際、ニュージーランドやインドなど南半球の一部の国では今年、昨年を上回る流行を見せているという。押谷教授は「日本の場合、昨年の流行では高齢者や妊婦などリスクの高い人に感染が広がらなかった。今年この層に感染が及べば、大きな被害をもたらす危険がある」と話す。

ワクチン接種に変化

 WHOがパンデミック終息を宣言したことで、いつまで「新型」と呼び続けるかという問題も出てきた。

 厚労省によると、今回の新型インフルを「新型」と呼んでいるのは日本ぐらい。世界では「パンデミック2009」や「スワインフルー(豚インフル)」などと呼ばれている。

 日本での「新型インフル」という名称は感染症法で元々、規定されており、「新型」を外すには、厚労相が「国民の大部分が免疫を獲得した」と判断する必要がある。

 厚労省によると、「新型」でなくなったとしても、国の対策は弾力運用されているため大きくは変わらない。しかし、ワクチン接種の費用などが少し変わってくる。

 新型インフルの場合、ワクチン接種は国の事業で、接種費用も行政が決める。低所得者には接種費用を助成する制度もある。しかし、新型でなくなれば通常の季節性と同じ任意接種となる。接種費用は医療機関が独自に設定。低所得者への助成もない。

 北里大和田耕治講師(公衆衛生学)は「ワクチンを打った人を入れても免疫を持っているのは国民の3割程度。新型と呼ばなくなることで国民の意識の低下も懸念される。あと一冬くらいはこのまま様子を見ても良いのではないか」と話している。

問題は昨年とは違うタイプの新型の出現。

カテゴリーインフルエンザはこちら

| | コメント (0)

2010年8月21日 (土)

耐性菌で自治体に注意喚起 厚労省、欧州での報告受け

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 耐性菌で自治体に注意喚起 厚労省、欧州での報告受け - 47NEWS(よんななニュース). 

 多くの抗生物質に耐性を示す新種の細菌に感染した患者が欧州を中心に報告された問題を受け、厚生労働省は20日までに、都道府県などに対し、国内での発生に備えて医療機関に情報を提供しておくよう注意喚起した。

 同省によると、いまのところ国内で感染例は確認されていない。

 この耐性菌はNDM1という酵素を作る遺伝子が腸内細菌に入ったもので、遺伝子が別の菌に広がって新たな耐性菌ができる可能性も懸念されている。ただ、健康な人の体内にあるだけなら基本的に無害だとしている。

 医療機関で患者が見つかった場合は他の患者にうつらないよう対処し、症状のない場合は消失するのを待ち、症状がある場合は有効な抗菌薬を使用するなど積極的な治療を求めている。また、海外渡航歴などを聞き、国立感染症研究所へ情報提供するよう要請した。2010/08/20 12:32   【共同通信】

関連過去記事

抗生物質効きにくい病原性大腸菌 米で確認、日本でも 10/08/19

耐性菌、医療ツーリズムで?拡大 インドから欧州へ 10/08/18

アシネトバクター 主要抗生剤効かない 米帰りの男性感染 10/04/10

| | コメント (0)

2010年8月20日 (金)

今夏の熱中症搬送、全国で3万人超 半数が65歳以上

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):今夏の熱中症搬送、全国で3万人超 半数が65歳以上 - アピタル(医療・健康). 2010年8月20日3時2分

熱中症による救急搬送や死亡者の数は、昨年を大幅に上回る。19日にも、埼玉県桶川市で71歳男性、東京都内では20代男性が熱中症で死亡したとそれぞれ発表された。

 総務省消防庁がまとめた全国の熱中症による死者は5月31日から8月15日までで132人(速報値)。昨年の7~9月の16人を大きく上回り、このうち東京都の死者数は1人となっている。

 一方、東京都監察医務院によると、東京23区内で熱中症で亡くなったと確認された死者は、梅雨明けから8月18日までの約1カ月で111人と、過去最高を更新した。埼玉県内の熱中症による死者も、県警によると17日までの1カ月で53人にのぼった。

 消防庁の統計は、搬送後の初診で医師が死亡と判断した場合に限られる。搬送前に亡くなった人や、搬送数時間後に熱中症による死と判断された人は含まれていない。いわば氷山の一角だ。

 消防庁の集計(速報値)によると、5月31日から8月15日まで熱中症により救急車で病院に運ばれた人は全国で3万1579人。うち65歳以上の高齢者は1万5051人で、約半数を占める。昨年8月に搬送された人の数は6495人。今年は8月2~8日の1週間だけで7136人に上った。

関連過去記事

水と健康 08/07/11

万一、熱中症などで激しい脱水症状に見舞われた場合は、大量に失われた塩分を早急に補給したい。その場合、スポーツドリンクよりも塩分が濃い経口補水液が効果的だ。自宅で水1㍑に砂糖40㌘と塩3㌘を混ぜてつくれるが・・・

「脱水時には、はきけも伴うので、経口補水液を少量ずつ飲ませるのがこつ」

熱中症、60歳以上は特に注意10/07/22

熱中症死者 30年前の6倍 冷暖房慣れも影響か 10/07/23

| | コメント (0)

2010年8月19日 (木)

サプリメント 医薬品との飲み合わせ次第で薬効への影響

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 医療ナビ:サプリメント 医薬品との飲み合わせ次第で薬効への影響が指摘されています - 毎日jp(毎日新聞).

◇効果確かめ自己管理を  

◇制度上は食品扱い 「副作用なし」不明確

 「高齢者では、処方薬を日常的に服用している半数以上の人がサプリメントも服用している。中には知人から成分の分からないサプリメントを勧められ、心配しながら使っている人もいた」。高齢者の薬やサプリメントの飲み合わせなどについて調査した草間真紀子・東京大助教(医薬品評価科学)はそう話す。

 調査は昨年10~12月、広島県薬剤師会などとともに、同県内の薬局を利用した高齢者508人を対象に実施。普段飲んでいる医薬品やサプリメントを持ってきてもらい、実態を調べた。医師の処方せんが必要な薬を服用している人は97%(493人)で、平均6・6剤を飲んでいた。

 このうち55%(269人)はサプリメントも服用していた。使い始めた動機は「自分の健康のためにテレビや雑誌などで調べた」という人が最も多かったが、「知人の勧め」という人も2割以上いた。中には、10種類のサプリメントを日常的に使用していた人もいた。

 梅垣敬三・国立健康・栄養研究所情報センター長によると、日本では「サプリメント」の明確な定義がなく、同じ成分を掲げていても、製造工程や含有量などは製品によって異なる。制度上は食品と同じ扱いで、医薬品のように強い効果が出たり、「絶対に飲んではいけない人」「飲んではいけない組み合わせ」という「禁忌」の事例はない。だが、サプリメントに含まれる特定の成分の量が多ければ、医薬品の働きを弱めたり、逆に想定以上に強めて副作用を招くことがあり、治療に影響を及ぼすことがあるという。

 たとえば、ビタミンKには血液を固まりやすくして出血をコントロールする役割がある。このため、血液を固まりにくくして血栓などができないようにする薬「ワルファリン」を飲んでいる人がビタミンKを多く含むサプリメントや青汁などを飲むと、医薬品の効果が薄れてしまう。

 薬効が薄まる可能性がある組み合わせには、他に▽中性アミノ酸とパーキンソン病の薬「レボドパ」▽セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)とワルファリン、インジナビル(抗HIV薬)、ジゴキシン(強心薬)、シクロスポリン(免疫抑制剤)、テオフィリン(気管支拡張薬)、経口避妊薬--などがある。逆に、薬の働きを強めすぎるのは、イチョウと血液を固まりにくくする抗血小板薬などの組み合わせが考えられる。

 梅垣さんは「サプリメントは足りない成分を簡単に摂取できる半面、健康への影響に関する情報は十分ではなく、絶対に副作用がないとはいえない。想定外の症状の変化に備え、処方薬を服用していたり、アレルギーのある人でサプリメントも使いたい場合は、飲んだタイミング、量などを記録するなど自己管理が必要だ」と話す。

 愛媛大病院(愛媛県東温市)では、約5年前から予約制の「お薬外来」を設置し、受診者にサプリメントの効果や副作用、医薬品との飲み合わせに関して、論文など発表されている科学的根拠を紹介している。担当する野元正弘教授(病態治療内科)は、服用希望者に対し▽どんなサプリメントなのか本やインターネットで調べる▽服用後にこれまで飲んでいた処方薬の効き目や体調に変わりがないか自分自身を観察する--ことを勧めている。

 野元さんは「サプリメント服用は治療ではなく、あくまで生活の中の『楽しみ』の一つ。漫然と使い続けないことが重要だ。まず2週間、それでも判断できなければもう2週間使い、期待した効果があるかどうかを自分で判断することを提案している。1カ月以内で効果はだいたい分かるので、それでも実感できなければ服用をやめることを考えてほしい」と話す。【大場あい】

==============

 ■相互作用が想定される組み合わせ例(国立健康・栄養研究所まとめ)

 ◇薬効を弱める可能性のあるケース

天然植物や成分名 医薬品成分

ニンニク     サキナビル、リトナビル

葉酸       葉酸代謝拮抗(きっこう)薬

カルシウム    ビスホスホネート系製剤、テトラサイクリン系抗菌剤など

鉄        タンニン酸アルブミン、ビスホスホネート系製剤、メチルドパなど

 ◇薬効を強めすぎる可能性があるケース

天然植物や成分名  医薬品成分

ノコギリヤシ    抗血小板薬、抗血液凝固薬

朝鮮ニンジン    ジゴキシン

ナイアシン     スタチン(副作用増強の可能性)

カルシウム     ジギタリス製剤

コエンザイムQ10 降圧薬、糖尿病治療薬

 ※薬効への影響は成分含有量や利用状況などにより異なる

毎日新聞 2010年8月18日 東京朝刊

関連過去記事

親の15%幼児にサプリ 過剰摂取有害の恐れ 09/07/07

カテゴリー サプリメントはこちら。 

| | コメント (0)

日本脳炎注意報を発令…熊本

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 日本脳炎注意報を発令…熊本 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

 熊本県は18日、県内全域に今年初の日本脳炎注意報を発令した。県が16日に豚20頭に行った日本脳炎ウイルスの抗体検査で、2週間以内に感染したとみられる豚7頭が確認されたため。

 日本脳炎は、蚊(コガタアカイエカ)が媒介するウイルスで起こる感染症。夏から秋にかけて患者が発生し、発病すると5~15日の潜伏期間を経て40度以上の高熱やけいれん発作、昏睡状態などの症状が1週間ほど続くことがある。県内では2009年、07年に各1人が感染した。

 県は、〈1〉蚊の多い場所では長袖や長ズボンを着用し、虫よけ剤を使用する〈2〉家の周りの小さな水たまりをなくし、蚊の発生源を減らす〈3〉休養や栄養、睡眠を十分に取り、過労を避ける――ことなどを呼びかけている。

(2010年8月19日 読売新聞)

関連過去記事

ワクチン“格差”ヒブは20年 10/04/26

 こうした自治体の動きの一方で、厚生労働省は予防接種部会を新設し、2年かけて日本の予防接種を見直し、予防接種法を改正する方針だ。

 3月の会合では、17年以来控えられ、昨年再開された日本脳炎の予防接種が議題になった。ワクチンを実質的に受けられなかった「5年間のギャップ」があり、接種が急がれるが、生産量が追いつかない。「日本脳炎にかかるリスクの高い地域や、国の方針で接種の機会を逃した子供たちへの接種について情報提供する必要がある」と指摘された。

 全額公費で行われる「定期接種」が行きわたるような環境整備、保護者負担の「任意接種」にも目配りされることが求められる。

| | コメント (0)

抗生物質効きにくい病原性大腸菌 米で確認、日本でも

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):抗生物質効きにくい病原性大腸菌 米で確認、日本でも - アピタル(医療・健康). 2010年8月19日11時18

【ワシントン=勝田敏彦】抗生物質で治療しにくい多剤耐性の病原性大腸菌が米国で広がっていることが、ミネソタ州の退役軍人医療センターなどの研究でわかった。ST131と呼ばれる型で、従来の耐性大腸菌に比べて病原性が比較的高い。日本でも見つかり、西日本などで拡大中という。

 米感染症学会の専門誌に今月、掲載された論文によると、2007年、米国で抗生物質が効かない大腸菌の流行があった。研究チームが入院患者127人から採取した大腸菌を調べたところ、うち54がST131だった。

 耐性がある大腸菌は病原性が低いものが多く、病原性の高い大腸菌は抗生物質による治療が可能だったが、ST131は病原性が比較的高いうえに耐性もある。

 カルバペネムなど切り札となる薬への耐性はみられていないが、チームのジェームズ・ジョンソン博士は「この菌がもう一つ耐性遺伝子を獲得すると、ほとんど治療不能。大変、憂慮される」と警告している。

 ST131は米国以外の数カ国で見つかっている。九州大病院の内田勇二郎助教によると、耐性がやや異なるST131が西日本を中心に拡大中という。

 大腸菌の多くは無害だが、まれに重い感染症を引き起こすものもある。ST131は、激しい下痢を引き起こしたりするO(オー)157とは異なる型だが、食中毒を起こすこともある。必要以上に恐れることはないが、尿管感染が悪化した敗血症などで患者が死亡する場合もある。

 抗生物質の乱用などによる耐性菌の発生は世界的な問題になっており、世界保健機関(WHO)は来年4月の世界保健デーのテーマを「薬剤耐性」にする予定。また最近、インド由来とみられ、抗生物質がほとんど効かない耐性遺伝子DNM1を持つ菌も見つかっている。

抗生剤が無効の病原性大腸菌O-157による食中毒が大阪であり騒動になったのは、平成8年5月の事だったと記憶する。

漢方薬が切り札としての出番がありそう。  

| | コメント (0)

2010年8月18日 (水)

耐性菌、医療ツーリズムで?拡大 インドから欧州へ

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):耐性菌、医療ツーリズムで?拡大 インドから欧州へ - アピタル(医療・健康). 2010年8月17日11時2分

 【ワシントン=勝田敏彦】ほとんどの抗生物質が効かない多剤耐性細菌がインド、パキスタンから欧州に広がっていることがわかった。安価な医療などを求めて世界を旅する「メディカルツーリズム」が拡大を助けたとみられる。英国、インド、パキスタンなどの国際チームが論文を発表したが、インドからは反発も出ている。

 英医学誌ランセットの伝染病専門姉妹誌に先週掲載された論文によると、チームはインド、パキスタン、英国の患者から分離された大腸菌などを分析。幅広い抗菌効果を示す抗生物質カルバペネムに対する耐性遺伝子「NDM1」を持つ細菌の試料をインド、パキスタンから計143例、英国で37例見つけた。

 カルバペネムは重症の感染症の治療の「最後のとりで」ともされる重要な薬。耐性菌の発生を防ぐため、乱用は強く戒められているが、論文によると、インドでは処方箋(せん)なしで大量に使われ、耐性遺伝子発生の温床になっているという。

 英国の患者の多くは、美容外科手術などを受けるために、医療費が安いインドやパキスタンに旅行していた。チームは、患者は現地で感染して帰国したとみている。

 今回見つかった細菌は病原性がそれほど高くないと見られるが、チームは、耐性遺伝子がほかの細菌へと飛び移って耐性が広がりやすい性質に注目。ほとんど抗生物質が効かない病原性の高い菌が生まれるおそれがあり、「世界的な医療問題になる可能性がある」と監視の必要性を訴えている。

 こうした指摘に対し、インドは反発している。

 耐性遺伝子の名前が首都ニューデリーにちなむこともあり、現地メディアによると、野党・インド人民党の幹部は「論文はインドがメディカルツーリズムの人気目的地となってきたタイミングで出ており、疑わしい」と述べた。AFP通信によると、パキスタンを旅行していたベルギー人男性が6月、この耐性遺伝子を持つ細菌に感染して死亡した。

日本の医療ツーリズムの現状は

リンク: <特集>性転換手術だけじゃない!海外で手術する日本人急増中 - ZAK×SPA! - ZAKZAK.2010.06.09

で報道されている。

Zsp1006091215000p1_2

 人工透析、ヘルニア、レーシック、性転換etc. アジア諸国で治療を行う日本人が急増中

 東南アジアや韓国などに行って、滞在先で治療を受ける日本人が増えているという。言葉も通じない海外で手術なんかして大丈夫か? と思うが、実は分野によっては日本よりも技術が進んでいて、おまけに料金も安いのだという。その実態をリポート!【続きを読む】

| | コメント (0)

がん攻撃細胞2種を同時活性化 新ワクチン がん消失例も

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: がん攻撃細胞2種を同時活性化 北大チームが新ワクチン 免疫増強、がん消失例も-北海道新聞[自然・科学]. (08/17 16:00)

9060_1

 北大遺伝子病制御研究所の西村孝司教授(免疫学)らの研究チームは17日、がんを撃退する免疫細胞「ヘルパーT細胞」と「キラーT細胞」を同時に活性化させるワクチンを開発したと発表した。抗がん剤などが効かない患者のがんが消えるなど、臨床試験で効果を確認した。22日から神戸市で開かれる国際免疫学会で発表する。

 人間の免疫ががん細胞を撃退する場合、「ヘルパーT細胞」という免疫細胞が「キラーT細胞」に指令を出し、がん細胞を殺す。こうした細胞が活性化すれば、人が本来持つ免疫システムそのものを活用・強化することで、がんの治療を進めることができる。

 従来の研究では、アミノ酸が数個結合したペプチドと呼ばれる物質を投与し、がん細胞を直接攻撃するキラーT細胞の活性化に力点が置かれていたが、西村教授らは、見過ごされてきたヘルパーT細胞に注目。40個のアミノ酸を人工的につなぎ、ヘルパーT細胞とキラーT細胞を同時に活性化させるペプチド「H/K-HELP(人工ヘルパー/キラー-ハイブリッドがんペプチドワクチン)」を人工的に合成することに成功した。

 北大病院や近畿大医学部などで臨床試験を行ったところ、一定の投与を終えた6人のがん患者のうち、4人にがんへの免疫反応の増強を確認。近畿大では乳がんから転移し、抗がん剤や放射線療法が効かなかったリンパ節のがんが消失した例があった。北大では大腸がんが転移した肺で病巣の増大を抑えるなどの効果がみられた。重い副作用もなかった。

 臨床試験を担当した近畿大の奥野清隆教授(外科学)は「末期患者のがん消失には担当医として非常に驚かされた。患者にとって、実用化が強く期待される」とした。西村教授は「効果があった乳がんや大腸がんなどを中心に臨床試験を繰り返し、実用化を目指したい」としている。

早期の実用化を期待。

| | コメント (0)

2010年8月17日 (火)

医療費35兆3千億円に 09年度概算、7年連続最高

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 医療費35兆3千億円に 09年度概算、7年連続最高 - 47NEWS(よんななニュース).

 厚生労働省は16日、2009年度に病気やけがの治療で全国の医療機関に支払われた医療費が、概算で35兆3千億円に上り、7年連続で過去最高を更新したと発表した。70歳以上の医療費は15兆5千億円で全体の44%を占めた。

 1人当たりの医療費も、70歳以上では前年度比で1万9千円増の77万6千円、全体では1万円増の27万6千円と、ともに過去最高を更新した。

 入院も含めた受診延べ日数は5年連続で減少し、前年度比0・6%減だったが、1日当たりの医療費は4・1%増加。厚労省は「医療の高度化に伴い、受診回数が少なくても治療できるようになった半面、単価の高い先端技術や新薬の使用が医療費全体を引き上げている」と分析している。

 医療費は高齢化などの影響で毎年3~4%程度の自然増が見込まれている。09年度の伸び率は3・5%増で、従来とほぼ同じ水準だった。 2010/08/16 19:17   【共同通信】

関連過去記事

医療費過去最高34兆円 09/07/18

資本主義の現代社会では産業の規模が大きくなること、経済が拡大することが即ち人々の幸せにつながるとされている。
自動車産業や家電産業が大きくなることは生活が便利に豊かになり歓迎すべきこととして社会は動いている。
その思考に従えば医療費が増えることはそれだけ医療の環境が豊かになり好ましいことということになるはずである。

ところが医療費の増加は困ったこととするニュアンスでいつも伝えられている。

このニュースが出るといつも不思議に思う。

健康保険財政の破綻があるにしても・・・・

混合診療が許されないことも・・・・

| | コメント (0)

2010年8月16日 (月)

カンピロバクター食中毒 生肉抵抗感薄れ急増

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: カンピロバクター食中毒 生肉抵抗感薄れ急増 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース. 2010年8月15日

 牛刺し、レバ刺し、ヤギ刺し、馬刺しなどの生肉料理や加熱不足の肉を食べたことによるカンピロバクター食中毒が今年に入って多発している。県内では2000年から09年まで年間発生件数が0~6件だったのが、今年は14日現在、すでに10件の発生が報告されている。県薬務衛生課は「生肉を食べることに対する抵抗感がなくなってきているのではないか」と食生活の変化があると推測。「どんなに新鮮でも生肉には高率で菌が付着している。カンピロバクターは熱に弱いので、十分に加熱して食べて」と呼び掛けている。
 カンピロバクター食中毒の主な症状は下痢や腹痛、発熱。潜伏期間は2~7日。最近の研究では筋肉を動かす運動神経の障害のため、急に手や足に力が入らなくなる「ギラン・バレー症候群」を引き起こす可能性があることも明らかになっており、軽視は禁物だ。
 全国的にはカンピロバクターによる食中毒が最も多い。カンピロバクターは健康な状態でもあらゆる家畜が保菌しており、現在の食肉処理技術でこれらの菌を100%除去するのは難しい。県内では、生肉を食べる習慣が少なかったこともあり、カンピロバクター食中毒の報告数は少なかった。県は食生活の変化を指摘するとともに「抵抗力の弱い子どもは食中毒症状が重症化しやすく、後遺症が出ることもあるため、特に子どもに生肉を食べさせないように」と注意を促している。
 県は調理の際の注意点として(1)食肉に触れたまな板、包丁、ふきんは使用後、よく洗い、熱湯や台所用漂白剤で消毒する(2)焼き肉などの時は生肉を取り扱う専用の菜ばしやトングを用意し、食事に使うはしと区別する(3)まな板、包丁はできるだけ食肉専用の物を使う(4)食肉を取り扱った後はよく手を洗う―などを呼び掛けている。
(玉城江梨子)

カンピロバクター関連過去記事

食中毒にご用心 意外な盲点 10/07/16

カテゴリー食のリスクはこちら
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat30985420/index.html

| | コメント (0)

アルツハイマー“うまい予防法”

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: アルツハイマー“うまい予防法” : シニアニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

.「食べるワクチン」少ない副作用・・・マウスで実験成功

 アルツハイマー病の原因とされるたんぱく質を含むピーマンを食べると、この病気の予防につながる効果があることを、東京大学の石浦章一教授らがマウスの実験で確認した。

 「食べるワクチン」として臨床応用が期待される。米科学誌に発表した。

 アルツハイマー病の患者の脳(大脳皮質)には、アミロイド・ベータというたんぱく質が沈着・凝集し、老人斑ができている。これが認知機能の低下などを起こすと考えられている。

 免疫の働きを利用し、素早く大量の抗体を作り出してこのたんぱく質を除去させるため、米国でアミロイド・ベータをワクチンとして注射する臨床試験が行われたことがあるが、過剰な免疫反応による副作用が問題となり、中止になった。

 石浦教授らは、注射でなく食べて腸から吸収すると、副作用が起こりにくいことに着目。アミロイド・ベータの遺伝子を組み込んだピーマンを作り、その青葉を青汁にして、アルツハイマー病を発症するように遺伝子を操作したマウスに与えた。何も与えなかったマウスは発症して1年ほどで死んだが、青汁を与えたマウスは16か月以上生存、脳に老人斑は見られなかった。副作用も少なかった。

 石浦教授によると、アミロイド・ベータを含む米などを作れば、人間が食べやすくなるという。

(2010年8月16日 読売新聞)

カテゴリー認知症はこちら

http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat37239181/index.html

| | コメント (0)

2010年8月14日 (土)

4~6月のエイズ患者報告、最多 厚労省が受診呼びかけ

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):4~6月のエイズ患者報告、最多 厚労省が受診呼びかけ - アピタル(医療・健康). 2010年8月14日0時31分

 厚生労働省のエイズ動向委員会は13日、今年第2四半期(4~6月)に国内で新たに報告されたエイズ患者は前期(1~3月)よりも35人多く、過去最多の129人だったと発表した。新たなエイズウイルス(HIV)感染者数も前期から36人増えて263人だった。

 一方で、検査を受ける人は減った。保健所などでの検査件数は前年同期比5343件減の3万1691件だった。厚労省は、昨年の新型インフルエンザ流行などにより関心が薄れたとみている。エイズは早期に発見し、治療を受けることで発症を抑えることもできるとされる。各保健所で匿名で無料の検査を実施しており、同省は受診を呼びかけている。

263÷31691×100 = 0.829(%)だから

検査した人120人に1人が感染していた計算になる。

多いととるか少ないと捉えるか。

検査する人は何かしら身に覚えがある人と考えられるが、意外に少ないのだから深刻にならず、念のためにと考えて検査した方が良いのではないだろうか。

結果が悪くても、昔と違い今は対策が進歩しているのだから。

| | コメント (0)

2010年8月13日 (金)

記憶する心臓 産経抄8月13日

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 【産経抄】8月13日 - MSN産経ニュース. 2010.8.13 04:15

 心臓の移植を受けた40代の女性が手術後、食べ物の好みが変わり、性格が男っぽくなった。心臓を提供したドナーの家族を捜し出すと、バイク事故で脳死になった18歳の若者の嗜好(しこう)と一致していることがわかる。

 ▼いわゆる「記憶する心臓」の事例が、アメリカで報告されている。似たような話が、二千数百年前の中国でもあったことを、加藤徹さんの『怪力乱神』(中央公論新社)で教えられた。

 ▼魯(ろ)の公扈(こうこ)と趙(ちょう)の斉嬰(さいえい)の2人が病気になり、名医の扁鵲(へんじゃく)の治療を受けた。扁鵲は、2人の心臓を交換するとちょうどいいと考え、手術を行う。斉嬰の心臓を移植された公扈は、斉嬰の家に、公扈の心臓を移植された斉嬰は、公扈の家に帰った。驚いた両家の家族は、扁鵲の説明を聞いて、ようやく納得したという。

 ▼臓器提供者を増やすために改正された、臓器移植法が施行された。日本は子供への移植を海外に頼ってきたが、家族の同意によって15歳未満の子供からの臓器提供が可能になった。それに伴い、18歳未満のドナーから提供された心臓を、同じ18歳未満の、移植を希望する患者に優先的に提供するルールを設けることになった。

 ▼海外のデータによれば、子供から子供への移植の方が生存率が高いのが、大きな理由だ。子供の心臓を提供する親の心情を考慮に入れるべきだ、との声も専門家の間で上がったらしい。

 ▼「記憶する心臓」に、医学的根拠はない。ただ脳の機能が知られるようになるまで、心臓に心が宿っていると、人は信じてきた。「胸の内」といった言葉はその名残といえる。特別な臓器だからこそ、同じ年ごろの子供のために役立てたい。そんな親の気持ちは、わかりすぎるほどわかる。

心臓(しんぞう)の心(しん)はこころのこと。

こころは脳ではなくて心の臓(しんのぞう)にあるとされてきた。

だから心が痛むことを(心臓がある)胸がいたむという表現になる。

それを思えば、当然のこと?

| | コメント (0)

2010年8月12日 (木)

喫煙率 15年連続で過去最低更新 女性は2年ぶり上昇

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 喫煙率:15年連続で過去最低更新 女性は2年ぶり上昇 - 毎日jp(毎日新聞). 2010年8月11日 19時01分

 日本たばこ産業(JT)が11日発表した10年の全国たばこ喫煙者率調査によると、たばこを吸う成人の割合は、前年に比べ1.0ポイント減の23.9%となり、15年連続で過去最低を更新した。男性の喫煙率は2.3ポイント減の36.6%と19年連続で減少したが、女性は0.2ポイント増の12.1%で、わずかだが2年ぶりに上昇した。

 JTは「健康意識の高まりや、喫煙をめぐる規制強化が影響している」と指摘。10月のたばこ税増税に伴う値上げが見込まれるため、今後もたばこ離れが進みそうだ。

 調査は5月に実施し、2万631人から回答を得た。

関連過去記事

喫煙・飲酒胎児に影響 09/03/27

思うに、禁煙のポイントは二つ。

一つは、こんなに吸いたいオイシイたばこを何故止めるのか、止める理由を明確に理解すること。
体にどう悪いのかを心底から納得することが不可欠。

二つ目は、誰のために好きなタバコを止めるのか、の問題。
自分のことだけではない、自分が健康で長生きすることは、周りの人間の幸せのために必要なのだと言うことに気付く事。

喫煙率24・9% 過去最低 09/08/16

喫煙率、過去最低 09/11/11

 

| | コメント (0)

2010年8月11日 (水)

ワクチン使わず、素早く抗体

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: ワクチン使わず、素早く抗体 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

「量産」の仕組み、突き止める

201008119302201n

 

初めて体内に侵入した病原微生物に対し、免疫細胞を改良して、事前にワクチンを打っておいたように素早く十分な免疫反応を起こすことに、東京医科歯科大の鍔田(つばた)武志教授と松原直子・特任助教らが成功した。

 マウス実験の段階だが、変異を繰り返すインフルエンザウイルスなど、あらゆる微生物による感染症を防御する薬の開発につながる可能性がある。

 免疫反応(抗原抗体反応)では、リンパ球の一種のB細胞が、病原体(抗原)ごとに抗体を作って攻撃する。初めての病原体に反応したB細胞が大量の抗体を作るまでに1~2週間かかるが、B細胞の一部が抗体の作り方を記憶。同じ病原体が再度入ってきた時には、大量の抗体を2、3日で作ることができる。ワクチンはこの反応を利用している。

 鍔田教授らは、B細胞表面の「CD22」という膜たんぱく質が、初めての病原体に反応した時に作られる抗体の量を抑制していることを突き止めた。

 遺伝子操作でCD22をなくしたマウスに病原体を注入すると、初めての病原体なのに素早く大量の抗体ができた=図=。自分自身の正常な細胞まで攻撃してしまう自己免疫疾患やアレルギーなどの異常は見られなかった。

 CD22の働きを妨げる化合物も合成し、国内、国際特許を申請した。製薬企業と連携し、従来のワクチンとは異なる新しい予防・治療薬の開発を目指す。

 鍔田教授は「病原微生物を標的にしないため、薬剤耐性菌や耐性ウイルスが出現する心配がない」と話している。

(2010年8月11日 読売新聞)

画期的な研究となって実用化されることを期待したい。

| | コメント (0)

口蹄疫 今後5年間の被害額は2350億円 宮崎県試算

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 【口蹄疫】今後5年間の被害額は2350億円に 宮崎県が試算 - MSN産経ニュース. 2010.8.10 19:45

 宮崎県は10日、口(こう)蹄(てい)疫発生による県全体の畜産や観光などの被害額が、今後5年間で計約2350億円に上るとする試算を発表した。

 県が口蹄疫の被害額をまとめたのは初めて。畜産業の出荷額が口蹄疫発生前のレベルに回復するまで5年程度かかるとみて被害額を算出した。

 内訳は、畜産関連が約1400億円。このうち畜産業が約825億円、食肉加工業が約89億円で、飼料や資材など関連産業が約478億円。

 また、4月の発生から7月の非常事態宣言解除までのイベント中止や観光客減少による飲食、宿泊、運輸業などの損失は約950億円に上るとしている。

 県は「国に復興支援を要望する際、被害の現状を認識してもらうために算出した」としている。

巨大な額が提示されると、防疫体制の不備があらためて悔やまれる。

| | コメント (0)

新型インフルのパンデミック終息宣言 WHO事務局長

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):新型インフルのパンデミック終息宣言 WHO事務局長 - アピタル(医療・健康). 2010年8月10日23時0分

 【ジュネーブ=稲田信司】新型の豚インフルエンザへの対応を検討するため、世界保健機関(WHO)は10日、外部専門家でつくる緊急委員会を開いた。同委員会の議論を踏まえて、マーガレット・チャンWHO事務局長は同日、新型インフルの世界的大流行(パンデミック)の終息を宣言した。

 これにより、新型インフル流行の警戒レベル(フェーズ)は最高度の6から「最盛期後(ポストパンデミック)」に移行する。

 WHOは昨年6月、メキシコや米国から感染の疑い例が報告された約2カ月後にパンデミックを宣言。今年6月、パンデミックが「最も深刻な時期を脱した」としてピーク越えを宣言した。

WHOの8月1日現在のまとめによると、世界214の国・地域で新型インフルによる死者は1万8449人。日本の厚生労働省は3月、すでに「第1波は沈静化した」と表明していた。

空騒ぎ劇の感がいくつか見られた新型インフル騒動。

サイト「武田邦彦(中部大学)」の、「インフルエンザとは何か? (13)今こそ専門家いでよ!」 に専門家は応えてほしい。

| | コメント (0)

2010年8月10日 (火)

ラニーニャ現象が発生=秋の降水量少ない傾向-気象庁

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 時事ドットコム:ラニーニャ現象が発生=秋の降水量少ない傾向-気象庁.

 気象庁は10日、太平洋赤道域の中央から東部の海面水温が低くなるラニーニャ現象が起きたとみられると発表した。7月には発生していたとみられ、冬まで続く可能性が高いという。
 同庁によると、ラニーニャ現象が発生した場合、日本の秋は例年と比べ、奄美・沖縄で気温が高くなり、東日本の太平洋側や西日本などでは降水量が少ない傾向がある。また、冬は沖縄から東日本にかけて気温が低くなるという。(2010/08/10-17:45)

この予報は覚えて置いて後で検証してみましょう。

| | コメント (0)

アルツハイマー病、9割の精度で診断 脳脊髄液を検査

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):アルツハイマー病、9割の精度で診断 脳脊髄液を検査 - アピタル(医療・健康) 2010年8月10日14時24分

.【ワシントン=勝田敏彦】脳脊髄(せきずい)液中のたんぱく質の濃度を調べることで、90%の精度でアルツハイマー病(AD)が診断できることがベルギー・ヘント大など国際チームの研究でわかった。早期診断にも役立ちそうだ。米医学会専門誌に9日、発表した。

 ADは、ベータアミロイドやタウと呼ばれるたんぱく質が、脳の神経細胞に蓄積して起きると考えられている。チームが、脳脊髄液に含まれるこれらの濃度を調べたところ、ベータアミロイドの濃度が低く、タウの仲間全体の濃度とPタウ181と呼ばれるものの濃度が高いというパターンが、ADの特徴らしいことがわかった。

 脳出血などがないのに認知機能に障害があることなどからADと診断された患者の90%からこのパターンが見つかった。軽い認知障害があり、脳脊髄液を調べてから5年以内にADを発症した人についても、全員でこのパターンが見つかった。

 また、認知障害がない人の36%にもこのパターンが見つかったことから、発症前に予測し、進行を遅らせる薬を早くから投与できる可能性があることもわかった。

 脳脊髄液は、背骨の間に針を刺す腰椎穿刺(ようついせんし)と呼ばれる方法で採取する。論文を掲載した専門誌は論説で「完全とはいえないが、脳脊髄液を調べる検査はADの診断で必要な条件をほぼ満たしている。腰椎穿刺が安全かつ有用なことを知ってもらうべきだ」としている。

カテゴリー認知症はこちら

http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat37239181/index.html

| | コメント (0)

2010年8月 9日 (月)

ご用心、気づきにくい心筋梗塞―治療まで平均3.9時間

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):ご用心、気づきにくい心筋梗塞―治療まで平均3.9時間 - アピタル(医療・健康). 2010年8月7日15時0分

Tky201008070150

 心筋梗塞(こうそく)を発症しても治療までに平均3.9時間かかっていることが、厚生労働省研究班の調査で分かった。治療が遅れるほど、入院期間は長く、死亡率も高くなる傾向があった。心筋梗塞は上半身の不快感や軽い痛みから始まるため、大事と気づかない人が多いようだ。専門家は「心臓は重症化しやすい。これまで感じたことのない症状があれば、迷わず119番を」と呼びかける。

 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)の野々木宏心臓血管内科部門長らが2002~03年にセンターに運ばれた心筋梗塞の患者321人を分析した。センターに直接来た患者159人の治療までの平均時間は3.9時間だった。このうち救急車以外で来た40人は平均で7.5時間。かかりつけ医など専門でない医療機関を経由した162人は平均12.4時間だった。

 研究班は「はじめの症状で心筋梗塞か分からず、病院に行くか判断が遅れるのが一因」という。家族に電話で相談できるまで家にいたり、「ただの消化不良」と考えてバスや電車で病院に行ったりする患者も少なくない。

 研究班が全国の約1200人を対象に、上半身に強い不快感を感じた場合にどうするか尋ねたところ、すぐ119番通報すると答えたのは休日・夜間なら28%、平日の日中なら12%にとどまった。

 早く治療するほど効果的で、心肺蘇生に関する米心臓協会の指針は2時間以内の治療を勧告している。

 総務省消防庁によると、08年に救急車で病院に運ばれた人は全国で283万人。重症の26万人のうち、心臓の病気で運ばれた人は19.5%だ。

 東京や大阪市など一部地域では、救急車を呼ぶかどうか迷った時、24時間態勢で相談に応じる電話「♯7119」も利用できる。(杉本崇)

関連過去記事

寒い早朝の危険サイン 10/01/29

こんなもしもの時の為に用意しておくとよいのが、2009年6月9日「脳卒中の歌」で紹介した麝香牛黄製剤。

こういう緊急事態の為にあるのが、動物生薬の麝香(ジャコウ)と牛黄(ゴオウ)が主役の製剤。
麝香牛黄製剤と呼ばれる漢方の救急薬類。
正倉院に収められていて、漢方薬が日本に伝わった奈良時代から現代まで役立ってきた貴重なくすり。
六神丸や救心が有名。
健康保険には適用されていない。
とても効果が高いので、愛用者が多く、数多くのメーカーが何百年も前から、現代医学の現在までつくり続けている。
感応丸、敬震丹、ういらう など家伝薬として継承されてきた伝統薬がこれ。
それぞれ処方構成が微妙に違い、特徴がある。
漢方薬局にはどこも得意の製品を常備している。

漢方の救急薬を家庭に常備しておき、救急車を呼ぶと同時に、常用量の2~3倍の量を服用させて救急車の到着を待つ。

| | コメント (0)

2010年8月 7日 (土)

新型インフル大流行、カギのアミノ酸解明 東大教授ら

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):新型インフル大流行、カギのアミノ酸解明 東大教授ら - アピタル(医療・健康) .2010年8月6日10時53分

 新型の豚インフルエンザがなぜ、人の間で世界的な大流行を起こしたのか。その謎を解く鍵が、ウイルスの増殖に関係するたんぱく質のわずかな違いにあることを、東京大医科学研究所の河岡義裕教授らが見つけた。たんぱく質を作るアミノ酸が1カ所だけ変わっていた。河岡さんは、新たなウイルスの流行に備え、ウイルスの継続的な監視が必要と指摘している。

 新型インフルは、豚と鳥、人のウイルスの遺伝子が交ざってできている。ウイルスの増殖に関係するたんぱく質「PB2」は鳥由来だ。鳥由来のPB2は本来、人の鼻やのどの中ではあまり増えないが、新型インフルはなぜか、人の間で大流行していた。

 河岡さんらは、新型インフルのPB2たんぱく質の591番目のアミノ酸が、通常の人や鳥のインフルのようにグルタミンではなく、アルギニンに変わっていることに注目した。たんぱく質はアミノ酸がつながってできている。

 遺伝子工学で、新型インフルのこのアミノ酸をグルタミンに戻して、細胞培養すると、2~5割、増殖能力が落ちた。さらに、イタチの仲間のフェレットに、グルタミンに戻したウイルスと、アルギニンのままのウイルスの両方に感染させ、鼻の中のウイルスの変化を調べた。すると、感染5日後に、元の新型インフルウイルスが全体の9割以上を占めるまで増えた。

 6日付の米科学誌プロス・パソジェンズに発表する。(大岩ゆり)

関連ニュース

リンク: H5ウイルスと新型、容易に交雑 インフルエンザ - 47NEWS(よんななニュース).

 鳥から人に感染しアジアなどで死者も出ている鳥インフルエンザのウイルス(H5N1)と、新型インフルエンザのウイルス(H1N1)は、交雑して高い増殖力を持つものができやすいとの研究結果を、東京大医科学研究所の河岡義裕教授と大学院生のカシオ・オクタビアニさんらが、米専門誌電子版に5日発表した。新型ウイルスは豚や鳥、人由来のウイルスの遺伝子が混ざり合っており、豚の中で交雑したと考えられている。河岡教授は「H5N1が新型と交雑し、病原性が高く人に感染しやすいウイルスが出現する可能性がある。豚の監視強化が重要だ」と話している。

 河岡教授らは8本あるウイルス遺伝子のうち、増殖に重要な役割を果たすPB1、PB2、PA、NPの4本に注目。H5N1の4遺伝子が新型の遺伝子に置き換わった場合を想定し、16通りの交雑ウイルスを作った。 2010/08/05 09:18   【共同通信】

| | コメント (0)

万能細胞の死因解明 神戸の理研“死の舞”抑制に成功

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 神戸新聞|社会|万能細胞の死因解明 神戸の理研“死の舞”抑制に成功.

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市中央区)は、さまざまな細胞になる能力があるヒトの胚性幹細胞(ES細胞)と人工多能性幹細胞(iPS細胞)を培養する際、高い頻度で細胞が死んでいた原因を、世界で初めて突き止めた。細胞の生存率を高め、効率的な培養につながる研究成果といい、6日(日本時間7日)付の米科学誌セル・ステム・セルに掲載される。

 ES細胞とiPS細胞は「万能細胞」と呼ばれ、傷ついた臓器や組織の治療に役立つと期待される。こうした再生医療には大量の細胞が必要となるが、通常は培養過程で大半が死んでしまう。これまで細胞内のリン酸化酵素の働きを抑えると細胞死が減ることは分かっていたが、そのメカニズムは不明だった。

 同センターの笹井芳樹ディレクターらの研究グループは、細胞死の前から数時間続く過剰な運動“死の舞”を発見。細胞の運動を調整するタンパク質「ミオシン」が過剰に活性化して表面の細胞膜が膨らみ、破裂して死に至ることを確認した。活性化を阻害する薬を投与したところ、死の舞と細胞死を抑制できた。

 また、培養のために細胞を分離することがリン酸化酵素を刺激し、それが活性化を引き起こしていたことが分かった。細胞分離の際、細胞死を抑制する別のタンパク質の抑制機能が弱まることも見つけた。

 一方、万能細胞は生体に移植した後に腫瘍化する危険性も指摘されるが、変異によって死の舞をしない細胞は腫瘍化しやすいことを、マウスの実験で確認。死の舞をする細胞に薬を投与したものだけを移植すれば、安全性が高まるという。

 笹井ディレクターは「細胞死をほぼ抑制し、効率よく大量に培養することが可能になる。腫瘍化を減らすための死の舞による見分け方も、臨床への応用に役立つ」と話す。

 【万能細胞】受精卵を壊して作るES細胞と、皮膚などの細胞に遺伝子を導入するなどして作るiPS細胞があり、あらゆる臓器や組織に成長する能力を秘めている。治療への応用や新薬の安全性確認などの用途も期待されるが、実用化に向けてはさまざまな課題がある。
(金井恒幸) (2010/08/07 08:13)

カテゴリー再生医療はこちら
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat40481598/index.html

| | コメント (0)

2010年8月 6日 (金)

ビタミンK2投与を 周産期・新生児医学会が緊急声明

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):ビタミンK2投与を 周産期・新生児医学会が緊急声明 - アピタル(医療・健康) 2010年8月6日10時14分

. 日本周産期・新生児医学会(理事長=田村正徳・埼玉医科大総合医療センター教授)は5日、新生児の頭蓋(ずがい)内出血を防ぐため、ビタミンK2シロップ投与の重要性を再確認するよう、会員の産婦人科医や小児科医、助産師らに求める緊急声明を出した。代替療法「ホメオパシー」を実践する一部の助産師が、シロップの代わりに「レメディー」と呼ばれる砂糖玉を渡し、新生児が死亡し訴訟になったことを受けた。緊急声明は長妻昭・厚生労働相にも提出、厚労省として積極的に指導するよう求めた。

この背景の報道

リンク: asahi.com(朝日新聞社):「ホメオパシー」トラブルも 日本助産師会が実態調査 - 社会. 2010年8月5日4時34分

 「ホメオパシー」と呼ばれる代替療法が助産師の間で広がり、トラブルも起きている。乳児が死亡したのは、ホメオパシーを使う助産師が適切な助産業務を怠ったからだとして、損害賠償を求める訴訟の第1回口頭弁論が4日、山口地裁であった。自然なお産ブームと呼応するように、「自然治癒力が高まる」との触れ込みで人気が高まるが、科学的根拠ははっきりしない。社団法人「日本助産師会」は実態調査に乗り出した。

 新生児はビタミンK2が欠乏すると頭蓋(ずがい)内出血を起こす危険があり、生後1カ月までの間に3回、ビタミンK2シロップを与えるのが一般的だ。これに対し、ホメオパシーを取り入れている助産師の一部は、自然治癒力を高めるとして、シロップの代わりに、レメディーと呼ぶ特殊な砂糖玉を飲ませている。

 約8500人の助産師が加入する日本助産師会の地方支部では、東京、神奈川、大阪、兵庫、和歌山、広島など各地で、この療法を好意的に取り上げる講演会を企画。2008年の日本助産学会学術集会のランチョンセミナーでも、推進団体の日本ホメオパシー医学協会の会長が講演をした。同協会のホームページでは、提携先として11の助産院が紹介されている。

 日本助産師会は「問題がないか、実態を把握する必要がある」として、47支部を対象に、会員のホメオパシー実施状況やビタミンK2使用の有無をアンケートして、8月中に結果をまとめるという。

 また、通常の医療の否定につながらないよう、年内にも「助産師業務ガイドライン」を改定し、ビタミンK2の投与と予防接種の必要性について記載する考えだ。日本ホメオパシー医学協会にも、通常の医療を否定しないよう申し入れた。

 助産師会の岡本喜代子専務理事は「ホメオパシーを全面的には否定しないが、ビタミンK2の使用や予防接種を否定するなどの行為は問題があり、対応に苦慮している」と話している。

 助産師は全国に約2万8千人。医療の介入を嫌う「自然なお産ブーム」もあり、年々増えている。主に助産師が立ち会うお産は、年間約4万5千件に上る。

 テレビ番組で取り上げられたこともある有名助産師で、昨年5月から日本助産師会理事を務める神谷整子氏も、K2シロップの代わりとして、乳児にレメディーを使ってきた。

 取材に応じた神谷理事は「山口の問題で、K2のレメディーを使うのは、自重せざるを得ない」と語る。この問題を助産師会が把握した昨年秋ごろまでは、レメディーを使っていた。K2シロップを与えないことの危険性は妊産婦に説明していたというが、大半がレメディーを選んだという。

 一方で、便秘に悩む人や静脈瘤(りゅう)の妊産婦には、今もレメディーを使っているという。

 ホメオパシーをめぐっては英国の議会下院委員会が2月、「国民保健サービスの適用をやめるべきだ。根拠無しに効能を表示することも認めるべきではない」などとする勧告をまとめた。薬が効いていなくても心理的な効果で改善する「偽薬効果」以上の効能がある証拠がないからという。一方、同国政府は7月、科学的根拠の乏しさは認めつつ、地域医療では需要があることなどをあげて、この勧告を退ける方針を示している。

 日本では、長妻昭厚生労働相が1月の参院予算委で、代替医療について、自然療法、ハーブ療法などとともにホメオパシーにもふれ、「効果も含めた研究に取り組んでいきたい」と述べ、厚労省がプロジェクトチームを立ち上げている。(福井悠介、岡崎明子)

     ◇

 〈ホメオパシー〉 約200年前にドイツで生まれた療法。「症状を起こす毒」として昆虫や植物、鉱物などを溶かして水で薄め、激しく振る作業を繰り返したものを、砂糖玉にしみこませて飲む。この玉を「レメディー」と呼んでいる。100倍に薄めることを30回繰り返すなど、分子レベルで見ると元の成分はほぼ残っていない。推進団体は、この砂糖玉を飲めば、有効成分の「記憶」が症状を引き出し、自然治癒力を高めると説明している。がんやうつ病、アトピー性皮膚炎などに効くとうたう団体もある。一方で、科学的な根拠を否定する報告も相次いでいる。豪州では、重い皮膚病の娘をレメディーのみの治療で死なせたとして親が有罪となった例や、大腸がんの女性が標準的な治療を拒否して亡くなった例などが報道されている。

●朝日新聞のホメオパシーに関連する記事も併せてご覧ください。

「問われる真偽 ホメオパシー療法」(7月31日の朝刊別刷り「be」に掲載)

上記記事を執筆した長野剛記者のブログ「こちらアピタルです。」

ブログに多くの反響をいただきましたので、5日昼、続編を掲載しました。

訴訟になるということは・・・
インフォームドコンセントがどうなっていたのかむずかしい問題だ。

| | コメント (0)

2010年8月 5日 (木)

自己治癒力引き出せ 注目集めるがんセルフ治療

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 自己治癒力引き出せ 注目集めるがんセルフ治療 - 大阪日日新聞. 2010年8月4日

 がん患者自身が“治療の主役”になり、食事や生活習慣の改善などで自己治癒力を引き出す「セルフ治療」の効果が、医師や患者たちから注目されている。

■原因を分析

 「自分が自分の主治医になってください」。NPO「がんを治す情報サロン 憩いの森」(大阪市淀川区)の西垣内康行代表(64)は6月、がん患者やその家族らを対象に堺市南区で開いた学習会でこう強調した。

 西垣内代表はセルフ治療の実践者。4センチの直腸がんを手術で取り除いた後、がんの仕組みについて独学で勉強した。体の免疫力を落とさないため抗がん剤や放射線治療は拒否。「名前以外は変えよう」と決意し、生活を一変させた。

 午前5時半に起き、がん克服に活用されるという中国の郭林新気功を実践。食事は、玄米菜食に変え、午後10時に就寝する。この習慣を徹底した結果、再発もなく10年が経過。「がんになったのは長年の不自然な生き方が原因。それを自覚し、具体的な原因を分析することが治療の出発点」と力説する。

 この日は、ビワの葉を使った手当て法や、メンバーが用意した料理なども紹介。「がんを克服した人の話を聞いて学ぶことは多かった。その恩返しをしたい」と定例的に勉強会を開いている。

■人間本来の力

 インターネットを介した医療情報発信機関「e-クリニック」(大阪市淀川区)を運営する岡本裕医師(53)は、がんの3大療法とされる手術、抗がん剤、放射線治療を「時間稼ぎ」と位置付ける。

 がん細胞などから体を守る自己治癒力を高め、「がんの再発や転移を抑える体の環境づくり」を重視するためだ。ポイントは、24時間の生活リズムを整えることを前提に(1)心理面(2)栄養面(3)運動-の3点に大別している。

 心理面では、自分で物事を決める自立した考え方や、ストレスへの対処を重視。栄養面では、がん細胞が正常細胞の栄養障害などを引き起こす点を踏まえ、「カロリーは最低限に抑え、加工食品ではなく自然のままの食物で栄養をしっかり取ってほしい」と岡本医師。天然サプリメントでの補完もいいという。

 また、睡眠不足などの悪循環を引き起こす運動不足に対し、ウオーキングをはじめ、ツボ刺激や気功などを奨励。自律神経や血行を良くし、東洋医学を踏まえた気の流れを考慮するためだ。

 e-クリニックの調べでは、乳がんと大腸がんの患者のうち、体調の変化が「軽快」と答えたのは、セルフ治療をしていない場合が3割強で、している場合は9割強に及んでいた。岡本医師は「小さいことを積み重ねた総合力が、相乗的に大きな力となって効果を発揮する」と言い切る。

 9月25日には、「e-クリニック」と「憩いの森」が、高槻市の高槻現代劇場で食事の重要性をテーマにした講演会を実施予定。食事療法を推薦する外科医の済陽高穂医師と、5年生存率0%のがんを食事中心で克服したという星野仁彦医師を招く。参加費3千円。問い合わせは電話06(6305)9629、同クリニックへ。

ヒトに備わっている自然治癒力を高めて病気を治そうというのが漢方・東洋医学の特徴。

薬物療法、物理療法とともに、食養生が重視される。

西洋医学と上手く融合させることが対応のポイント。

| | コメント (0)

2010年8月 4日 (水)

海外普及薬、早期承認…厚労省方針

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 海外普及薬、早期承認…厚労省方針 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

5種類 治験省き来春にも

 海外で広く使われている薬が日本で未承認だったり、一部の病気への使用に限られていたりする「ドラッグ・ラグ」を解消するため、厚生労働省検討会議は3日、卵巣がん治療薬など5種類の適応拡大を認め、国内の臨床試験(治験)を省略して早期に承認すべきだと判断した。早ければ来春にも使えるようになる。

201008048068171n

 検討会議は今年4月、患者団体や学会から要望があった計374件のうち、109件を「医療上の必要性が高い」と判断。うち108件について、厚労省は5月、製薬企業に開発スケジュールやこれまでの治験データなどの資料提出を求めた。

 資料を検討した結果、省略できると判断されたのは、対象疾患3件への適応拡大が認められた「エンドキサン」や、肺がん治療などに使われる抗がん剤で患者団体が要望していた「ジェムザール」の卵巣がんへの適応など5種7件にとどまった。製薬企業は11月までに承認申請を提出する。

 日本製薬工業協会によると、海外で初めて発売された新薬が日本で発売されるまで平均4・7年かかる。米国は同1・2年。特に、患者数が少ない難病治療薬は、臨床試験のコストが高く、開発が遅れがちとなっている。

患者から喜びの声

「亡くなった仲間に報告を』

 海外で承認されている薬が日本では使えない「ドラッグ・ラグ」問題。厚生労働省の新制度で、「必要性が高い」とされ、検討対象となった108件のうち7件の「適応拡大」が事実上決まった3日、待ちわびた患者から喜びの声が上がった。一方、対象の薬が「先送り」になった患者から落胆の声が漏れた。〈本文記事1面〉

 「この薬を使えずに亡くなった仲間もいる。やっと良い報告ができる」。厚労省の検討会議が開かれた会場で結果を待っていた「卵巣がん体験者の会スマイリー」代表の片木美穂さん(36)(東京都三鷹市)はしみじみと語った。対象の薬はジェムザール。肺がんなど5種類のがんで承認されているが、年に約9000人が発症するとされる卵巣がんでは適応外だった。

 片木さんも2004年に卵巣がんが見つかった。承認済みの抗がん剤は治療効果があったが、「抗がん剤は使用を続けると効果が薄くなる。一つでも多くの種類が必要」との思いから、06年、ジェムザールの早期承認を求める活動を始めた。

 片木さんは「もっと素早く対応しなければ助からない命もある」とも話した。

 この日は、乳幼児期から発熱を繰り返し、関節が痛んで歩行困難になる難病「クリオピリン関連周期性発熱症候群」の未承認薬への対応も協議された。

 国内の推定患者数50人とまれな病気で、効果が期待できる薬が少ない。しかし米国では、炎症を抑えて症状を改善する2種の新薬が08、09年に認められている。このうち1種については開発を担う製薬会社が現れず、もう1種は通常の国内での臨床試験が始まっており、今回は見送りになった。

 次女(5)がこの病気を患う戸根川理登さん(38)(横浜市)は「患者数が少ない小児難病の薬は、利益も少ないため製薬会社が臨床試験を実施したがらない。海外で有効性が確認された薬をもっと早く使える制度を作ってほしい」と話した。

(2010年8月4日 読売新聞)

この背景は

リンク: 「ドラッグ・ラグ」解消へ 国、未承認薬など109品目開発要請 (1/2ページ) - MSN産経ニュース 2010.5.9 22:13

 海外で承認されている薬が日本で使えない「ドラッグ・ラグ」の解消に向け、厚生労働省は5月中旬にも、未承認薬など109品目について、国内販売に向けた準備に入るよう製薬会社に要請する。検討会の結果を受けた措置で、厚労省が一度にこれほど多くの医薬品について承認を促すのは初めて。一刻を争う難病やがん患者らの期待が高まっている。(長島雅子)

 日本製薬工業協会によると、外国で新薬が発売されてから日本で発売されるまでに平均で4・7年かかる。米国(1・2年)の約4倍の期間だ。

 特に難病やがんなどで患者数の少ない治療薬は予想販売量や治験に参加できる日本人患者が少ないため、国内での開発が遅れがちだった。しかし、今回は国のてこ入れもあり、製薬企業も協力的とみられる。

 「命をつなぐためにすぐに承認してほしい」。厚労省は今年2月、患者らの切実な声を受けて検討会を設置。要望のあった374品目を検討し、今回109品目を「医療上の必要性が高い」とした。別の病気で承認されているのに病気が異なると医療保険が適用されない「適応外薬」も含む。まだ検討が済んでいない医薬品も多く、6月をめどに最終結論を出す方針だ。

 厚労省の計画では、要請を受けた会社は1年以内に治験に着手するか、海外などで使用実績がある薬については治験を行わず、半年以内にデータを検討会に提出するよう求めている。

  厚労省は企業の研究開発を支援するため、新薬の特許期間中は薬価が下がっても補(ほ)填(てん)しているが、要請した開発が進まなければ補填分を返納させる罰則も設け、実効性を持たせた。

 検討会設置から3カ月足らずの「要請決定」に、患者らは「早い結論でありがたい」と喜ぶ。ただ、実際の承認までには「審査期間を含め、最短でも1年3カ月はかかる」(厚労省審査管理課)といい、一刻を争う患者の思いは複雑だ。

 「患者にとってはこれからが長い。製薬会社は患者の切実な思いを受け止めて、誠実に対応してほしい」。「卵巣がん体験者の会スマイリー」の片木美穂代表(36)はこう訴える。スマイリーが要望し、要請が決まった抗がん剤は肺がんなど5つのがんの治療薬として承認されているが、卵巣がんの治療薬としては承認されていない適応外薬だ。

 進行すると脳や神経が破壊され、やがて寝たきりになる難病「ニーマン・ピック病C型」と闘う佐賀市の高藤吾子(あこ)ちゃん(4)の父、恒泰さん(40)は「吾子が寝たきりになるのは時間の問題。一刻も早く承認してほしい」と話している。

関連過去記事

未承認薬を使用可能に 約200の医療機関で 10/06/17

| | コメント (0)

ポンペ病に理解を

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 「ポンペ病」に理解を 米映画公開を機に関係者期待 (1/2ページ) - MSN産経ニュース. 2010.8.4 7:33

 筋力や心臓の働きが低下する遺伝性の難病「ポンペ病」。娘と息子がこの病気に苦しむビジネスマンが研究者とベンチャー企業を立ち上げ、治療薬開発に挑む実話をもとにした米映画「小さな命が呼ぶとき」(ソニー・ピクチャーズ配給)が公開されている。国内の患者・家族や研究者は、患者の少ないこの病気にもっと光が当たり、社会の理解や医療が進むのを期待している。

 ポンペ病は、体内のグリコーゲン(糖)を分解する酵素の一つが生まれつき出ないか、少ないために起きる。酵素の不足で、分解が行われる細胞内の器官に老廃物がたまり、周囲の筋肉の働きを悪くする。患者は4万人に1人程度とされる。

 3つの型のうち、生後数カ月以内に発症する「乳児型」は心臓が肥大し、治療しないと1~2歳で亡くなることが多い。遅れて発症する「小児型」や成人以降の「成人型」も、筋力や呼吸機能などが徐々に低下する。

 映画でハリソン・フォード演じる研究者が薬の開発に取り組むのが、酵素を患者の体内に入れる「酵素補充療法」。現在は実用化され、薬剤を2週間に1度、点滴で投与する方法が平成19年から日本でも始まった。

 北海道旭川市の吉田彩芽(あやめ)君(10)は国内で治療を受けた六十数人の1人。乳児期から筋力が弱く、5歳でポンペ病と診断、7歳から補充療法を続けている。

 「(以前は)運動会の競走で歩いていたけれど、走れるようになってうれしい。おはしも持てるようになった」と彩芽君。映画の試写を見た母の香澄さん(33)も薬の早期承認を国に陳情した活動などを振り返り、「主人公(のビジネスマン)の気持ちを自分のことのようにとらえて見させてもらった」と話す。

 映画で日本語字幕を監修した衛藤義勝・慈恵医大教授は、リハビリや人工呼吸器の装着など補助的手段しかなかった治療が補充療法で大きく変わったとしたうえで、「できるだけ早期にこの病気と診断し、治療を始めることが重要」と強調する。補充療法の効果は乳児型が最も大きいとされ、台湾では新生児対象のスクリーニング(ふるい分け)検査が始まっているという。

 酵素がより筋肉に取り込まれやすいようにした薬や、酵素をつくる遺伝子を体内に入れる遺伝子治療の研究も進んでおり衛藤教授は「治療が一度で済む時代がやがて来るだろう」と期待する。

糖原病2型ともよばれるポンペ病に関してはジェンザイムのサイトにまとまっている。

| | コメント (0)

2010年8月 3日 (火)

B型肝炎、成人の性感染広がる

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: ウイルス原因のB型肝炎、成人の性感染広がる :日本経済新聞. 2010/7/30付

 ウイルスが血液や体液を介して感染するB型肝炎。感染しても無症状な人が多いが、発熱や黄疸(おうだん)などが現れ、肝硬変や肝がんを患うことがある。ワクチン接種で乳幼児の感染は著しく減ったが、成人の間では性感染で広がるケースが増えている。

 都内在住の太田容子さん(仮名、56)は32年前、第1子を出産したときに医師から「B型肝炎ウイルス陽性です」と告げられた。発熱やだるさ、黄疸といった症状はなかった。健康診断でも問題はなかったので通院せずそのまま日常生活を送った。

国内感染者110万人

 初めて発症したのは13年後の37歳のとき。38度の熱と黄疸が約1週間続き入院した。いわゆる急性肝炎だ。その後も同様の症状が2度起こり入院を繰り返した。最近は2カ月に1度、病院で検査している。入院時のような症状はみられないので特別な治療は受けておらず、仕事もしながら普通に暮らしている。

 ただ、ここ2~3年はウイルスの量が増えた。「肝がんになるのではないか心配」と太田さんは不安そうな顔で話す。

 国内でB型肝炎の原因ウイルスに感染している人は推定で110万人ほどいる。ウイルスは血液や体液を介して感染する。主な感染経路は妊娠中や出産の際に母から子にうつる「母子感染」と考えられてきた。乳幼児期に感染すると大抵は、ウイルスが体内に生涯居続ける「キャリアー」という状態になる。

 一時的に発症すると、発熱や黄疸が現れるが1カ月ほどで治まる。感染している人は自覚症状がないことが多いが、太田さんは「肝炎を発症した後は、症状がなくても疲れやすかったり集中力が落ちたりする」と説明する。

 ウイルスに感染していることが分かる機会は様々だ。太田さんのように出産時の検査で判明する場合もあれば、献血や健康診断などの際に分かることもあるという。

 現時点ではウイルスを完全に死滅させる薬はない。治療の目的はウイルスの駆逐ではなく、ウイルスを抑えて肝硬変や肝がんに悪化するのを防ぐこと。キャリアーの1~2割ほどが肝硬変や肝がんになるとみられているが、そこまで悪化するのを防ぐことができれば、キャリアーでも普通に暮らせる。

 まず、定期的に病院へ通い肝臓の働きを示す検査値「ALT」やウイルス量、ウイルスに対する抗体などを測り様子をみる。30歳くらいまでに肝炎を発症する場合は、体の働きでウイルスを抑えられるケースも多い。発症するとALTは一時的に急増するが、その後抗体が増えてウイルスを抑える。

 この状態が続くと、治療をしなくても終生、肝がんや肝硬変にならないことが多い。「キャリアーの約7割が該当する」と東京大学の四柳宏・准教授は説明する。ただ、何度も肝炎を繰り返す場合は肝がんになりやすく、20歳代で進行するケースも多いという。手術などでなるべく早期にがんを取り除く。

 また、体内にウイルスが多いと、肝硬変や肝がんになりやすいことが分かっている。その場合は、ウイルスを減らすために「インターフェロン」や「核酸アナログ製剤」を使うことがある。

 国内ではこれまで主要な感染経路が母子感染だったため、国は1986年から母親がキャリアーの場合は生まれた子にワクチンを接種して感染を予防する対策を進めた。その結果、乳幼児の感染者は激減した。

 現在は「年間500人ほどの乳幼児が新たに感染している」と済生会横浜市東部病院の藤沢知雄・専門部長は説明する。ワクチン接種に来なかったり、キャリアーの父親などから唾液(だえき)や涙を介してウイルスがうつったりしていると考えられる。

ジェノタイプA流行

 さらに最近は、成人で感染してキャリアーになるケースが増えている。欧米で流行している「ジェノタイプA」と呼ぶウイルスが原因で、性感染で広まる。

 ジェノタイプAに感染した人の1割ほどがキャリアーになるといわれている。国立病院機構の研究チームが実施した調査では、2009年にB型肝炎ウイルスが原因で急性肝炎を起こした患者の4割以上がジェノタイプAに感染していた。

 このウイルスに感染すると、1~6カ月ほどは無症状だが、2~3割の患者が発症。発熱や黄疸、だるさなどが1カ月ほど続く。発症から3カ月間ほどはウイルスが多く、ほかの人へうつす可能性が高い。

 症状が治まれば一見、健康そうなので、「退院して感染を広げるケースもあるようだ」と四柳准教授は推察する。国立感染症研究所の調査では、性感染によるとみられるB型肝炎の患者は、99年ではB型患者全体の42.7%だったが、08年には66.3%に増えている。

 国立国際医療研究センター肝炎・免疫研究センターの溝上雅史・センター長は「B型肝炎のウイルスの主な感染経路は母子感染から性感染などに変わりつつある。母子感染の予防だけではB型肝炎を防ぎきれない」と訴える。感染対策として有効なのはワクチン。肝臓の専門医らで組織する日本肝臓学会などは、すべての国民がB型肝炎のワクチンを接種できるよう国に求めている。

(長倉克枝)

[日本経済新聞夕刊2010年7月30日付]

関連過去記事

B型肝炎、父子感染にも注意 阪大調査、口移しでも 10/05/28

浮気男 子供のB型肝炎感染に気をつけろ 10/07/08

| | コメント (0)

両陛下、口蹄疫の検査機関を視察 : 口蹄疫

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

口蹄疫問題で皇室の活動が報道されている。

口蹄疫は国家的規模の重大問題を含んだ騒動との認識のあらわれ。

リンク: 両陛下、口蹄疫の検査機関を視察 : 口蹄疫 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

天皇、皇后両陛下は2日、茨城県つくば市の農業・食品産業技術総合研究機構を視察された。

 同機構は口蹄疫の検体を検査する国内唯一の施設。感染が広がった宮崎県から送られた検体を24時間体制で検査してきた。

 天皇陛下は「随分と大変だったでしょう。ご苦労さまでした」とねぎらわれ、皇后さまは「現地ではもう病気は出ていないのでしょうか」と質問し、新たな感染が確認されていないと聞くと安堵の表情を見せられた。

(2010年8月2日18時45分  読売新聞)

口蹄疫の検体を検査する機関が日本に1ヶ所しかないとは意外。
テッキリ地元の宮崎で処理されていると思っていた。
何十万という数の検体をを検査していたはずだから大変な作業だったろう。
おどろき。

秋篠宮ご夫妻の報道もある。

リンク: 秋篠宮ご夫妻、口蹄疫被害農家らを激励 : 口蹄疫 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 秋篠宮ご夫妻と次女佳子さまは2日、宮崎県高鍋町の県立高鍋農業高校で、口蹄疫の被害が発生した同県内11市町の農家や自治体関係者ら計25人と面会し、激励された。

 「健康な牛を処分し、いたたまれない」などと訴える農家に対し、秋篠宮さまは「肥育の技術がとぎれてしまい、大変だと思います」などと声をかけられた。

 同高でも、実習用の牛や豚計335頭を殺処分しており、紀子さまは「悲しいと思いますが、宮崎の復興に向けて頑張って下さい」と生徒代表を励まされた。

 3人は1日、宮崎市内で行われた全国高等学校総合文化祭の開会式出席のため同県入りしており、3日に帰京される予定。

(2010年8月2日18時45分  読売新聞)
すこし心があたたまる感じがする。

| | コメント (0)

2010年8月 2日 (月)

数字のカラクリ 50歳の平均余命は31.51年

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: ゲンダイネット.

 平均寿命が4年連続で過去最高を更新した。男が79.59歳で世界5位、女は86.44歳で世界一だ。ただ、この平均寿命というのは0歳児が何歳まで生きられるかという平均余命のこと。50歳の男が「平均寿命が79歳だから、あと29年生きられる」と考えるのは間違いなのだ。
 厚労省の「簡易生命表」には5歳ごとの平均余命が出ている。これによると男の場合、40歳の平均余命は40.78年。つまり80.78歳まで生きるのが平均的ということになる。45歳だと平均余命は36.09年(81.09歳まで)、50歳で31.51年(81.51歳)、55歳は27.09年(82.09歳)、60歳は22.87年(82.87歳)、65歳は18.88年(83.88歳)という具合だ。
 死までのカウントダウンみたいで何だが、90歳の平均余命は4.48年。そこまで生きられれば文句はないか。

カテゴリー寿命はこちら
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat39920335/index.html

| | コメント (0)

百日咳 大人も注意

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 【感染症と人の戦い】国立感染症研究所情報センター長・岡部信彦 (1/3ページ) - MSN産経ニュース. 2010.8.1 03:13

 ■ 百日咳 大人も注意

 子供の病気とみられてきた百日咳(ひゃくにちぜき)が最近はむしろ大人に流行している。10年前は約5割を0歳以下が占めていたのに、最近は5割以上が20歳以上。ワクチンの普及により子供の百日咳の発生が少なくなると病気に接触したことのない大人が増え、免疫の力を強固にする機会もまた減り、大人の免疫の力が下がる。そして、どこかで生き続けた百日咳菌が、こうした大人を狙い、軽い百日咳を発病させるのだ。これは子供のワクチン接種率が高い先進国特有の悩みだ。

 典型的な百日咳は、発病から1カ月ほど激しくせき込み、見ていて痛々しいほど苦しむ。その激しさから脳出血を起こしたり、新生児や幼児では呼吸が突然止まることもある。次第に楽にはなるが、文字通り咳は約100日間続く。ただ大人がかかってもそのほとんどの人の症状は軽く、仕事を休むほどではない。このため、大人での百日咳は、ほとんど無視されてきた。しかし大人の感染は、ワクチン未接種の小さな子供に、重症な感染を及ぼすリスクを高める。最近、米ロサンゼルスでは、大人を含む数百人の患者が発生し、数人の乳児が死亡した。

 それを防ぐのがやはりワクチンだ。百日咳ワクチンは乳幼児向けの定期接種として三種混合ワクチンジフテリア百日咳破傷風の三種、DPT)で行われる。通常生後3~6カ月の時期に3回、1年後に1回、計4回受ける。だが小学校5~6年生では追加接種が二種混合(ジフテリア破傷風、DT)ワクチンで行われ百日咳は省かれる。軽く済む百日咳の追加ワクチンはメリットが少ないと考えられたためだ。

 しかし、その方針はそろそろ見直す時期にきている。米国では2005年、思春期での追加接種を二種混合から、三種混合に切り替えた。つまり、大人も百日咳を予防すべきだとの方針に転換したのだ。日本も腰をあげた。厚労省の厚生科学審議会「予防接種部会」が、小学5~6年生で行う追加接種をDTワクチンから百日咳を加えたDPTワクチンに切り替える必要性について検討を始めた。大人自身の流行を抑える意味に加え、まだワクチン接種をしていない小さな子供に感染が及ばないようにすることを目指すためだ。

 予防接種の大きな目標の一つは皆で協力して社会的な感染症の流行や子供の病気の重症化を防ぐことだ。事情により予防接種を受けることができない子がいても、他の大多数が接種しておけば、その感染予防にもなる。もちろん、定期接種の対象となる子がきちんと接種を受けることがまず先決ではある。加えて、大人になる手前の小学校5~6年あたりでジフテリア破傷風に加えて、百日咳のワクチンも接種できれば免疫が呼び覚まされ、百日咳へのバリアを一段あげることができる。

 当面必要なのは、新生児や乳幼児のケアにあたる助産師や看護師、乳幼児を預かる保育士など、子供の身近で職に就く人々が咳が長引いた場合、「仕事は大丈夫」などとせず早めに受診し百日咳なら治療をすることだ。近い将来、大人への予防接種も検討課題となろう。わが身のためだけでなく、他の誰かのためにもワクチンを受ける。成熟社会の公衆衛生は「社会の利益」も重視すべき時代に来ている。(おかべ のぶひこ)

関連過去記事

百日ぜき患者数が最悪ペース、今年も流行の可能性 09/03/23

鼻から吸って、肌にはって 痛くないワクチン開発 09/10/26

百日ぜき接種、免疫効果は小学高学年で半数が消失 10/05/05

百日ぜき患者、大人の割合急増 2010年は5割超 10/05/28

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »