« ラニーニャ現象が発生=秋の降水量少ない傾向-気象庁 | トップページ | 口蹄疫 今後5年間の被害額は2350億円 宮崎県試算 »

2010年8月11日 (水)

新型インフルのパンデミック終息宣言 WHO事務局長

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):新型インフルのパンデミック終息宣言 WHO事務局長 - アピタル(医療・健康). 2010年8月10日23時0分

 【ジュネーブ=稲田信司】新型の豚インフルエンザへの対応を検討するため、世界保健機関(WHO)は10日、外部専門家でつくる緊急委員会を開いた。同委員会の議論を踏まえて、マーガレット・チャンWHO事務局長は同日、新型インフルの世界的大流行(パンデミック)の終息を宣言した。

 これにより、新型インフル流行の警戒レベル(フェーズ)は最高度の6から「最盛期後(ポストパンデミック)」に移行する。

 WHOは昨年6月、メキシコや米国から感染の疑い例が報告された約2カ月後にパンデミックを宣言。今年6月、パンデミックが「最も深刻な時期を脱した」としてピーク越えを宣言した。

WHOの8月1日現在のまとめによると、世界214の国・地域で新型インフルによる死者は1万8449人。日本の厚生労働省は3月、すでに「第1波は沈静化した」と表明していた。

空騒ぎ劇の感がいくつか見られた新型インフル騒動。

サイト「武田邦彦(中部大学)」の、「インフルエンザとは何か? (13)今こそ専門家いでよ!」 に専門家は応えてほしい。

|

« ラニーニャ現象が発生=秋の降水量少ない傾向-気象庁 | トップページ | 口蹄疫 今後5年間の被害額は2350億円 宮崎県試算 »

インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラニーニャ現象が発生=秋の降水量少ない傾向-気象庁 | トップページ | 口蹄疫 今後5年間の被害額は2350億円 宮崎県試算 »