« 4番目のインフル治療薬「イナビル」承認へ | トップページ | 食道がん 酒×たばこは要注意 自覚症状なし »

2010年7月30日 (金)

骨粗しょう症治療 期待の発見  埼玉医大

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 骨粗しょう症治療 期待の発見  埼玉医大グループ : 埼玉 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

骨髄内で骨形成促すたんぱく質

 埼玉医科大ゲノム医学研究センター(日高市)の岡崎康司教授らの研究グループが、骨髄内で骨の形成を促すたんぱく質「Id4」の存在を突き止め、米国の科学雑誌「PLoS Genetics」(プロス・ジェネティクス)のオンライン版で発表した。岡崎教授は「Id4の働きを調節することで、老人性骨粗しょう症のような骨の代謝にかかわる疾患の治療や創薬につながる」としている。

 グループは、脂肪を蓄える脂肪細胞にも、骨を作り出す骨芽細胞にも分化できる骨髄内の幹細胞が、老人性骨粗しょう症の場合、脂肪細胞に分化しやすく、骨がもろくなることに着目。マウスの細胞を使った実験や、コンピューターによる膨大なデータの解析で、「Id4」と呼ばれるたんぱく質の仲間が、骨芽細胞への分化を促し、その働きが弱まると、脂肪細胞が増加することを突き止めた。

 今後、「Id4」の働きを強める条件についても研究を進めるという。

(2010年7月30日  読売新聞)

.骨粗しょう症関連過去記事は

水と健康(2) 08/07/14

牛乳ってどうなんでしょう(3)08/08/12

学者も絶賛 納豆パワー 09/05/28

骨粗鬆症 女より男が危険 09/12/28

ビタミン 新たな効果 10/04/02

血管と骨老化の仕組み解明 大阪大と東京大 10/07/03

|

« 4番目のインフル治療薬「イナビル」承認へ | トップページ | 食道がん 酒×たばこは要注意 自覚症状なし »

疾病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4番目のインフル治療薬「イナビル」承認へ | トップページ | 食道がん 酒×たばこは要注意 自覚症状なし »