« 趣味は認知症予防に役立つか 10万人調査へ | トップページ | 口蹄疫 処分頭数を28万9千頭に修正 »

2010年7月13日 (火)

脳卒中死亡率、コレステロール値高い方が低い!?

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 脳卒中死亡率、コレステロール値高い方が低い!? : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 コレステロール値が高く、高脂血症と診断された人の方が、そうでない人よりも脳卒中の死亡率が低く、症状も軽くなるという調査結果を、東海大の大櫛陽一教授(医療統計学)らがまとめた。

 一般には高脂血症は動脈硬化を引き起こすため危険と考えられており、今後、議論が高まりそうだ。

 大櫛教授らは動脈硬化が一因とされる脳卒中(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血)で入院した患者計1万6850人を対象に、高脂血症の有無と死亡率、症状の強さを比較した。

 その結果、脳梗塞で入院した患者のうち、高脂血症でない9851人が入院中に死亡した割合は約5・5%だったが、高脂血症の2311人の死亡率は約2・4%にとどまった。脳内出血や、くも膜下出血でも、高脂血症があると、死亡率は半分から3分の1だった。

 また、脳卒中で入院した患者と患者でない人を比較した調査では、患者のほうが高脂血症の割合が低かった。

 悪玉とされるLDLコレステロール値が高いほど総死亡率が低くなるとのデータもあり、日本脂質栄養学会は今年9月、「LDLコレステロール値が高い方が長寿に結びつく」との内容の指針を発表する方針だ。

 一方、日本動脈硬化学会理事の横山信治・名古屋市立大教授は「LDLコレステロールの危険性については、国内外の信頼性の高い研究が多数ある」と批判。

 国立健康・栄養研究所の宮地元彦プロジェクトリーダー(運動生理学)は、「健康診断のコレステロール基準値は、現時点である程度の合意が得られているので目安になる。一方で、例えば基準よりコレステロールが高いほうが、がんになりにくいとする研究もある。基準値だけにこだわるのではなく、食事や運動など生活習慣の改善に取り組むことが大切だ」と話している。

(2010年7月13日12時05分  読売新聞)

血糖値に関しても同様なことが言われている。

血糖値高めが死亡率低い 10/01/30

浜六郎先生らは、血圧とコレステロールに関しても、基準値の設定と薬物療法に疑問を提起している。

降圧剤や抗コレステロール薬で下げない方が長生きというのが持論で、しっかり検証すべしという立場。

高血圧は薬で下げるな!(角川書店)
http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=200504000035

下げたら、あかん! コレステロールと血圧(日本評論社
http://www.nippyo.co.jp/book/2357.html

薬のチェックは命のチェック のサイトは、
http://www.npojip.org/index.html

正しい医療のはずが間違っていて生じてきたのが薬害の数々。

|

« 趣味は認知症予防に役立つか 10万人調査へ | トップページ | 口蹄疫 処分頭数を28万9千頭に修正 »

医療」カテゴリの記事

疾病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 趣味は認知症予防に役立つか 10万人調査へ | トップページ | 口蹄疫 処分頭数を28万9千頭に修正 »