« 口蹄疫 都城 出荷再開 | トップページ | 血管と骨老化の仕組み解明 大阪大と東京大 »

2010年7月 2日 (金)

重い心臓病、患者幹細胞で心筋再生 京都府立医大

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 重い心臓病、患者幹細胞で心筋再生…京都府立医大 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

国内初、60歳男性退院

 重い心臓病患者の心臓から筋肉のもとになる幹細胞を取り出して大量に増やし、再び心臓に戻して機能を回復させる国内初の治療に、京都府立医科大学の松原弘明教授らのチームが成功した。

 患者の心機能は日常生活に支障がない程度まで回復し、1日退院した。国内の重い心臓病患者は100万人以上とされ、松原教授は「心臓移植や人工心臓に代わる重症患者の治療として期待できる」と話している。

 患者は、今年2月に急性心筋梗塞を起こした神戸市長田区の山口茂樹さん(60)。

 松原教授らのチームは4月、山口さんの脚の付け根から血管を通して心臓まで細い管を入れ、組織片約15ミリ・グラムを採取。その中に含まれる幹細胞を1か月余り培養して約4万倍に増殖させた。6月1日、心臓の筋肉に血液を送る動脈の「バイパス手術」を行うと同時に、血流不足で壊死が進む左心室の壁に幹細胞を注射し、その上に心筋の成長や増殖を促すたんぱく質を塗った縦横5センチ・メートルのゼラチンシートを張りつけた。

 山口さんは、通常のバイパス手術だけでは大きな改善が見込めないほど重症で、絶対安静に近い状態だった。手術の約2週間後には、十分に社会復帰できるレベルまで心臓のポンプ機能が回復。不整脈などの副作用も起きず、手術から1か月後のこの日退院した。幹細胞が心筋や血管に変化し、新たな心臓組織が再生したとみられる。

 退院後の記者会見で山口さんは、「胸の痛みや動悸が改善した。廊下を歩けるし、自分でシャワーを浴びることもできるようになった」と笑顔を見せた。

 チームは8月中に2例目の手術を実施。さらに国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)と共同で4人治療を行う。こうして安全性を確かめた上で2012年度以降には、東京大や九州大など4大学も加わり、患者40人を対象に有効性を確認する試験を行う計画だ。

 松原教授は「まずは心臓移植を待っている患者への一時的な治療などから始め、将来はこの方法だけで多くの重症患者を治療したい」と話している。

 幹細胞 分裂を繰り返しながら、体の組織に新しい細胞を供給する細胞。たとえば心臓の幹細胞は、心臓に関係する筋肉や血管などに変化する。骨髄で血液中の多彩な細胞を作っている造血幹細胞が有名。

[解説]心臓移植待つ患者にも意義

 患者の幹細胞を使う再生医療は、やけどの治療や歯茎の再建などで進んでいる。今回、心臓でも同様の治療に成功したことは、幹細胞を使う再生医療が、より現実的な治療手段として確立しつつあることを意味している。

 治療チームによると、今回の治療法は、虚血性の心疾患や心筋が伸びてポンプ機能が低下する拡張型心筋症など、広範囲の心疾患に適用できるという。慢性的な提供者不足に陥っている心臓移植の待機患者や、事実上心臓移植の対象外となっている60歳以上の患者にとっても意義は大きい。

 ただ、増やした幹細胞には、染色体異常やウイルス汚染の危険性のほか腫瘍化の恐れもある。今後様々な医療機関で普及させるには、安全面の入念なチェック体制の整備はもちろん、治療過程や手術後の経過データの積極的な公開が求められる。(大阪科学部 萩原隆史)

(2010年7月2日 読売新聞)

リスクが早くはっきり評価されてこの疾患を持つ人にとって光明になるといいですね。

|

« 口蹄疫 都城 出荷再開 | トップページ | 血管と骨老化の仕組み解明 大阪大と東京大 »

再生医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 口蹄疫 都城 出荷再開 | トップページ | 血管と骨老化の仕組み解明 大阪大と東京大 »