« ASCOで大注目 肺がん飲む新薬がすごい! | トップページ | 口蹄疫、大規模農場で見過ごし »

2010年7月19日 (月)

「幼児にサプリ」母親の1割

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 「幼児にサプリ」母親の1割 : 健康ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

錠剤・カプセル 過剰摂取の恐れ

 幼児(5歳以下)を持つ母親の1割が、子供に錠剤やカプセルのサプリメントを与えた経験があることが厚生労働省研究班(主任研究者・梅垣敬三国立健康・栄養研究所情報センター長)の調査でわかった。梅垣センター長は、「発育過程にある幼児は、大人より摂取した成分の影響を受けやすい」として安易な使用への注意を呼びかけている。

 サプリメントは、ビタミンやミネラルなど特定の栄養素を濃縮した食品。カプセル、錠剤、粉末、クッキーなど形態は様々だ。子供用と明示した商品もある。

 調査は2008年10月から09年1月、東北、関東地方の6都県で、計17施設の保育園、幼稚園の保護者にアンケートした。

 回答した母親1050人のうち、100人(9・5%)が子供にカプセルや錠剤のサプリメントを与えた経験があった。自分自身でも使った経験がある母親は41%だったが、子供に与えている母親に限ると86%にのぼり、母親の使用経験と関係していた。

 同研究班の過去の調査では、幼児に与えるサプリメントはビタミンやミネラルがほとんどだった。偏食や小食があると自己判断で栄養不足と思い込み、サプリメントを与える母親も多かった。

 だが、ビタミンやミネラルの欠乏が原因の成長障害など限られたケース以外では、有効性が不明な上、錠剤やカプセルは過剰摂取のおそれがある。

 母親からの栄養相談に応じる児童施設「こどもの城」(東京・青山)小児保健部の管理栄養士太田百合子さんは、「偏食や小食は、自我が芽生える成長過程ではよくあること。大切なのは食材の形や味、においを感じ、調理を手伝い、会話しながら楽しく食べる経験をすることです。心配ならまず、医師や栄養士に相談してほしい」と話す。

 米国では、サプリメントが生後間もない乳児にも広がり問題になっている。液状でスポイトを使って与えるため、気づかぬうちに過剰摂取することもある。米食品医薬品局(FDA)は今年6月、乳児用の液状サプリメント(ビタミンD)について、過剰摂取により吐き気や嘔吐、頻尿などが出るおそれがある、との注意喚起をした。

(2010年7月18日 読売新聞)

関連過去記事

親の15%幼児にサプリ 過剰摂取有害の恐れ 09/07/07

子を思う親心は美しいものではありますが。
化学的・人工的な処理を加えていない天然の形の食材・食事が一番安全で体によいことは誰もがわかっているはず。
商品のPRに心動かされて、更にサプリを加えればもっと良い効果が生まれると思ってしまうのでしょう。
でも、サプリには適量と適性があります。
それをよく勉強して使わないと無駄になったり、悪くすると害になることもあります。
それには、独立行政法人国立健康栄養研究所のサイトが役に立ちます。
たくさんのサプリの情報が見られます。

でももっともっと大切なことは、過去ログのこれ。
小児体質改善のポイント。
子育て中のお母さん、参考になさって下さい。

カテゴリー サプリメントはこちら

|

« ASCOで大注目 肺がん飲む新薬がすごい! | トップページ | 口蹄疫、大規模農場で見過ごし »

サプリメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ASCOで大注目 肺がん飲む新薬がすごい! | トップページ | 口蹄疫、大規模農場で見過ごし »