« iPS細胞 他人への移植容認、厚労省指針改正へ | トップページ | 既存薬の新効果見つけよう 慶大や14社 »

2010年7月 2日 (金)

1滴の血液からでもiPS細胞 慶応大

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):1滴の血液からでもiPS細胞 慶応大が技術開発 - アピタル(医療・健康). 2010年7月2日10時14分

体のいろいろな細胞に変化するiPS細胞(人工多能性幹細胞)を従来より簡単で早く安全に作る技術を、慶応大医学部の福田恵一教授らが開発した。1滴の血液からも作れ、必要な期間も3分の1程度に短縮できるといい、医療への実用化に一歩近づいた。

 今回の方法ではまず、人から血液を採取して、リンパ球の一種、T細胞を活性化させて培養する。そこに4種の遺伝子を一時的に入れて、iPS細胞を作った。1滴の血液でも十分だった。

 これまでの一般的な方法では、iPS細胞をつくるもとの細胞を得るために皮膚を1センチ弱切る必要があり、小児などでは採取が難しかった。また、皮膚の細胞を取ってからiPS細胞になるまでに約2カ月半かかったが、今回は25日程度に短縮できた。

 さらに、従来の方法では、導入した4種の遺伝子が本来の人の遺伝子の間に組み込まれてずっと残り、将来がんができるなどの心配が指摘されていた。今回、特殊なウイルスを使い、4種の遺伝子を一時的に細胞の中に入れるものの、ずっと残らないようにした。入れた遺伝子でがんがおきる心配を解消し安全性を向上させた。

 福田教授らは、この新技術によるiPSから心筋細胞ができることを確認した。作り方が簡単になったことによって、再生医療への応用や病気の研究が進むとみている。

 この成果は、1日付の米科学誌セル・ステムセル電子版に発表する。(編集委員・浅井文和)

カテゴリー再生医療はこちら
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat40481598/index.html

|

« iPS細胞 他人への移植容認、厚労省指針改正へ | トップページ | 既存薬の新効果見つけよう 慶大や14社 »

再生医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« iPS細胞 他人への移植容認、厚労省指針改正へ | トップページ | 既存薬の新効果見つけよう 慶大や14社 »