« 血管と骨老化の仕組み解明 大阪大と東京大 | トップページ | 口蹄疫再発、でも「非常事態」解除は見直さず »

2010年7月 5日 (月)

百日ぜき急増中 過去10年で2番目

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 「百日ぜき」急増中 過去10年で2番目の多さ - MSN産経ニュース. 2010.7.4 21:07

 長期間せきが続く百日ぜきの感染報告が急増していることが4日、国立感染症研究所の調べで分かった。6月20日までの1週間で、1医療機関当たり0.09人の報告があり、過去10年間で最多だった平成20年のピーク時の0.11人に次いで2番目の多さになっている。厚生労働省は「予防接種前の子供が発症すると重症化し死亡する可能性もある」と注意を呼びかけている。

 百日ぜきは「百日ぜき菌」による感染症で、熱は出ないケースが多い。長期間のせきが特徴で、1~2カ月続くこともある。インフルエンザと同様、くしゃみやせきなどによってうつるといい、マスクや手洗い、うがいなどが感染防止に有効とされる。

 成人が重症化することはまれだが、子供は肺炎や脳症など重い合併症を併発することがあり、過去10年で5人が死亡している。

 感染研によると、春から夏にかけて流行することが多い。今年は5月中旬から報告が増え始め、同月末には昨年のピーク時(同0.07人)に並び、6月中旬時点では20年のピーク時に迫る勢いになった。

 増加の原因などは不明だが、20歳以上の成人の感染が目立つのが最近の特徴で、今年も成人が51.3%と過半数を占める。

 最も有効な予防策はワクチンだ。厚労省は予防接種法に基づく定期接種としてジフテリア破傷風のワクチンを入れた三種混合(DPT)ワクチンを接種しており、十数年は効果があるとされる。ただ、対象は生後3カ月以上なので、小さい子供は受けていない場合がある。

 厚労省は「成人は、自身が重症化しなくても、予防接種を受ける前の子供にうつしてしまう懸念がある。せきが続く場合は、人ごみや小さい子供との接触を避けてほしい」と話している。

関連過去記事

百日ぜき患者数が最悪ペース、今年も流行の可能性 09/03/23

鼻から吸って、肌にはって 痛くないワクチン開発 09/10/26

百日ぜき接種、免疫効果は小学高学年で半数が消失  10/05/05

百日ぜき患者、大人の割合急増 2010年は5割超 10/05/28

|

« 血管と骨老化の仕組み解明 大阪大と東京大 | トップページ | 口蹄疫再発、でも「非常事態」解除は見直さず »

疾病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 血管と骨老化の仕組み解明 大阪大と東京大 | トップページ | 口蹄疫再発、でも「非常事態」解除は見直さず »