« 新型インフル ワクチン だぶつく8400万回分 医師悲鳴  | トップページ | 梅干しにインフル抑制成分 和歌山県立医大が発見 »

2010年6月 1日 (火)

勃起障害 ワインの成分が改善

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):ワインの成分で勃起障害を改善? ラットで確認 - アピタル(医療・健康). 2010年6月1日13時57分

バイアグラのお世話になっている人に朗報になるかも。

 赤ワインに含まれるポリフェノールの一種の「レスベラトロール」に、男性器の勃起(ぼっ・き)障害(ED)を改善する効果があることを、大阪大の研究チームがラットを使った実験で突き止めた。血管を広げる作用がある一酸化窒素を作るのを促し、血流が増加すると考えられるという。

 大阪大大学院生の福原慎一郎さんらは、ラットを糖尿病で性器が十分に勃起しなくなるようにして、レスベラトロールの粉末を4週間飲ませた。その後、電気刺激を与えて性器の変化を調べた。正常なラットの半分ほどに減っていた性器の海綿体への血流が、8割ほどに改善した。

 レスベラトロールとともに性機能改善薬のバルデナフィル(商品名レビトラ)を与えたラットでは相乗効果で正常な場合の1.2倍に増えた。

 レスベラトロールは近年、認知症の改善などに効果があるとして注目されている。研究チームの辻村晃講師は「人の勃起障害を改善するかは不明だが、ワインを飲み過ぎるとアルコールによる逆の影響の恐れもある」と話している。今後、動脈硬化の予防や改善の効果についても調べたいという。(福島慎吾)

漢方薬にも所謂媚薬がいろいろ伝わっていて実はそれなりの市場があるらしい。

健康の観点からは、全身のバランスを整えることを第一義にして結果的に腎を強くする薬を選定していくことが大切。

|

« 新型インフル ワクチン だぶつく8400万回分 医師悲鳴  | トップページ | 梅干しにインフル抑制成分 和歌山県立医大が発見 »

疾病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新型インフル ワクチン だぶつく8400万回分 医師悲鳴  | トップページ | 梅干しにインフル抑制成分 和歌山県立医大が発見 »