« 紫根 突然脚光 | トップページ | 中国で手足口病、死者500人超 »

2010年6月25日 (金)

向精神薬の処方に注意喚起 厚労省「自殺につながる」

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 向精神薬の処方に注意喚起 厚労省「自殺につながる」 - MSN産経ニュース. 2010.6.24 23:57

 抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬など「向精神薬」の飲みすぎが自殺につながっている可能性があるとして、厚生労働省は24日、日本医師会精神科病院の団体などに対し、自殺の危険性がある患者には長期、多量に処方しないよう呼び掛ける通知を出した。

 通知は、年間の自殺者が3万人を超える中「自殺の恐れがないか判断し、投与の日数や量に注意する必要がある」としている。

2001年に起こった池田小学校児童殺傷事件の犯人は抗うつ剤を服用していたと言われ、その服薬と事件への影響が取り沙汰されていた記憶がある。

関連情報は、医薬ビジランスセンター クスリのチェックのサイトに。

カテゴリー 薬のリスクはこちら

|

« 紫根 突然脚光 | トップページ | 中国で手足口病、死者500人超 »

薬のリスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紫根 突然脚光 | トップページ | 中国で手足口病、死者500人超 »