« 勃起障害 ワインの成分が改善 | トップページ | iPS細胞から大量リンパ球 がん治療、マウスで成功 »

2010年6月 2日 (水)

梅干しにインフル抑制成分 和歌山県立医大が発見

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 梅干しにインフル抑制成分 和歌山県立医大が発見 - 47NEWS(よんななニュース).

 和歌山県立医大は1日、H1N1型のインフルエンザウイルスの増殖を抑える物質を、梅干しから発見したと発表した。

 梅の産地、和歌山県のみなべ町と田辺市にある梅加工会社計5社が資金提供し2006年から研究していた。同医大によると新型インフルエンザ(H1N1型)にも効果が期待される。

 世界で初めて見つかった物質で、ポリフェノールの一種という。エポキシリオニレシノールと名付けた。

 同医大の宇都宮洋才准教授(病理学)らは、梅干しのエキスを、H1N1型のインフルエンザウイルスを感染させた細胞に加える実験を繰り返し、有効成分のエポキシリオニレシノールを特定。ウイルスを感染させた細胞に、エポキシリオニレシノールを加えると、約7時間後にウイルスの増殖を約90%抑えられた、としている。

 宇都宮准教授は「梅干しを1日に5粒程度食べればウイルスの抑制が期待できる。昔ながらの日本食を見直すきっかけになれば」と話している。 2010/06/01 17:20   【共同通信】

梅関連のエントリーは

梅の効能「胃がん予防と血糖値上昇抑制」 09/12/18

梅の効能(2) 09/12/19

酸味の効用については

酸味の食能 09/02/05

酸味の役割 08/06/20

|

« 勃起障害 ワインの成分が改善 | トップページ | iPS細胞から大量リンパ球 がん治療、マウスで成功 »

インフルエンザ」カテゴリの記事

医食同源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 勃起障害 ワインの成分が改善 | トップページ | iPS細胞から大量リンパ球 がん治療、マウスで成功 »