« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の52件の投稿

2010年5月31日 (月)

「安平」ご苦労様、繁殖農家別れを惜しむ

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 「安平」ご苦労様、繁殖農家別れを惜しむ : 口蹄疫 : ニュース特集 : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 宮崎県の口蹄疫問題で、31日殺処分された種牛49頭の1頭「安平」は、全国屈指の種牛として宮崎の畜産に大きく貢献してきたが、最後は殺処分という悲運をたどった。安平を育てた宮崎市の繁殖農家、永野正純さん(61)は、殺処分が行われた県家畜改良事業団の方角に向かって「ご苦労さま」と手を合わせた。

 「すごいやつだった」。生後8か月まで育てた永野さんが振り返る。「生まれた時は普通の牛と変わらんかったけど、8か月で271キロになった。同じ系統の牛は普通240キロ以下ですよ」

 8か月で事業団に引き取られて種牛に。肉質は最高品質で、人気は急上昇した。競りに出される子牛の血筋に「安平」の名前が入っているだけで平均35万円が40万円になった。県外の畜産関係者から「安平の精液が欲しい」という電話もかかってくるようになった。

 安平は、約22万頭の子牛を生み出した。2007年には、その子牛を含む宮崎県産牛が「和牛のオリンピック」と呼ばれる全国和牛能力共進会で最高賞を受賞した。4月12日の誕生日には時々会いに行き、「おう、元気か」と励ますように頭をたたいた。だが今年の誕生日は競りと重なり、顔を見られなかったことが心残りだ。

 「宮崎の畜産がここまで発展したのは安平のおかげ。ありがとうと言いたい。口蹄疫を早く終息させてほしい」

(2010年5月31日  読売新聞)

生み出した子牛が22万頭とは驚き。

口蹄疫のカテゴリーはこちら。

| | コメント (0)

漢方業界も客も悲鳴 薬の通販規制1年 政府は見直しも検討

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 漢方業界も客も悲鳴 薬の通販規制1年 政府は見直しも検討 (1/4ページ) - MSN産経ニュース. 2010.5.30 20:23

 薬のインターネット販売などを禁じた改正薬事法の施行から6月1日で1年を迎える。大衆薬を店頭での対面販売に限ることで、薬の安全な使用を促す狙いがある一方、長年、通信販売を行ってきた漢方薬や伝統薬まで規制の対象となったことで関係者から不満が噴出した中での施行だった。1年がたち、漢方薬や伝統薬の中には、存続すら危ぶまれるものも出てきた。政府の行政刷新会議が見直しを検討している。(蕎麦谷里志)

 「うちの客は北海道から沖縄まで全国にいる。高齢者も多く、店まで買いに来なければダメなんて、薬を使うなと言っているようなもんですよ…」

 日本漢方連盟理事長で、「漢方平和堂薬局」(東京都大田区)店主の根本幸夫さん(63)はこう嘆く。遠方の顧客からは電話や手紙で注文を受け、薬を郵送するという、従来の販売ができなくなったからだ。

 薬事法改正の背景にはネット販売など大衆薬の販売方法の多様化がある。ネット販売などでは販売時に安全性に関する十分な説明が行われない懸念があるため、国は大衆薬を副作用のリスクに応じて3段階に分類。最も副作用が少ないとされるビタミン剤などの「第3類」以外は原則、店頭での対面販売とした。

 その結果、何十年も電話や手紙などで販売を続けてきた漢方薬なども規制の対象となったのだ。

 漢方薬は一般の薬局で扱っていないものが多い。改正法施行前から、業界団体などは「薬が入手できずに困る利用者が多数出る」と指摘。国も2年間の経過措置を設け、(1)薬局のない離島に住む(2)法施行前まで利用していた薬を継続利用する-といった場合に限り、従来の販売方法を認めた経緯がある。

 しかし、それでも不都合は生じ始めている。

 平和堂薬局を訪れた千葉市稲毛区の女性(68)もその一人。広島県の母(92)の代わりに、毎月1回、電車で1時間半かけて薬を買いに来ているという。

 女性の母は骨(こつ)粗(そ)鬆(しよう)症の治療で同薬局の漢方薬を10年以上、郵送してもらっていた。それが、法改正により、薬局まで足を運ばなければいけなくなった。

 経過措置は「同じ薬を継続的に使うこと」を前提としている。女性の場合は、母親の症状や季節によって薬の組み合わせを変えていたために、規制の対象となってしまったのだ。

 「母は胃が弱くて西洋の薬が飲めない。だから、ここまで買いに来るしかない。なんとかならないのでしょうか…」

 ヤツメウナギの胆(きも)の油を使った薬など、特定の地域で長年使われてきた伝統薬なども、同様に苦境に立たされている。業者の多くが販売網を持たず、遠方の利用者には電話で症状を聞いて薬を処方するという販売手法を続けてきたからだ。

 全国伝統薬連絡協議会によると、改正法施行以降、加盟する43社の売り上げは平均で2~3割減少した。井原正登会長(64)は「伝統薬は小さな業者がほとんど。経過措置が終われば経営が立ちゆかなくなるところも出てくるだろう。ほかに類のない貴重な薬の存続にかかわる問題だ」と話す。

 規制への国民の反発の声は強く、行政刷新会議が国の予算や制度について、国民から意見を集めたところ、約4800件の要望のうち、薬の通販規制の撤廃を求める要望は約1800件と最多だった。同会議の分科会は6月中にも見直しを含めた一定の結論を出すことにしている。

関連過去記事

カテゴリー「薬郵送販売」

大衆薬の通販禁止に異論噴出 09/04/23

伝統薬 都内にショップ 薬事法改正で老舗結束 10/04/13

| | コメント (0)

2010年5月29日 (土)

口蹄疫は人に感染するか(2)

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

霊長類フォーラム:人獣共通感染症(第99回追加)6/6/00

口蹄疫は人に感染するか。

この話題について藤倉孝夫先生から、人獣共通感染症としての口蹄疫について、一層 の理解と認識を持つべきである
とのご指摘をいただきました。藤倉先生はWHOの獣医公衆衛生局Veterinary Public Health Serviceに長年勤務されて、WHOでの人獣共通感染症対策の第一線で活躍されていた方 です。私は時折、国際会議で 先生がWHOを代表されて講演されたのを聞いたことがあります。 ご指摘の内容は以下の3つの報告と藤倉先生のコメントから成っています。藤倉先生 のご了解を得て、ご指摘の全文 をご紹介します。

(1) Pan American Health Organization (PAHO: 汎米保健機構)の出版物
 PAHOはWorld Health Organization Regional Office for Americas (WHOアメリカ地域事務局、AMROと略称)を兼ねており、伝統的に口蹄疫をはじめ、ブ ルセラ病、狂犬病、結核(牛 型)などの人獣共通感染症の防除対策や研究領域での事業を通して家畜疾病の診断、 防疫、ワクチンの製造、疾病防 除、畜産食品の衛生・安全性などの分野でも広範な活動を展開してきている組織であ る。

Pedro N. Acha, Bris Szyfres, ed.: Zoonoses and Communicable Diseases Common to Man and Animals, Second ed., p344-345, Pan American Health Organization, Washington DC, USA (1987)
人は口蹄疫(FMD)ウイルスの感染にきわめて抵抗性があり、感染はむしろまれであ る。このことは、第一に多くの 国で家畜にFMDが発生している、第二に人がFMDウイルスに野外でも、検査室でも 暴露される機会が多い、といった現況下でも、人にFMDウイルス感染による健康障害 がまれであることからも理解さ れている。
人のFMDウイルスに対する感受性については、長年にわたって議論が行われてきた が、今日では、人のFMDウイルス 感染の事例がまれであるとはいえ、疑いなく人獣共通伝染病の一つとして認識されて いる。
人でのFMD感染は臨床的に明瞭ではあるが、症状を殆ど示さない場合が多い。ウイル スに濃厚に暴露された場合、ま た予め素因を有する患者の場合には感染がおこる。とはいえ、人のFMD感染は良性で あり、潜伏期間は2~4日から8 日間である。人の疾病の経過は、動物のそれと類似している。発病初期の症状は、発 熱、 頭痛、食欲不振、頻脈である。最初の小水疱がウイルスの侵入した部分(皮膚の創傷 や口粘膜)に形成され、やがて、 二次的に水疱が、手、足、口にひろがるが、全ての感染例がこのようになるとは限ら ない。細菌の二次感染がない場 合には、アフタ性潰瘍は1~2週間で完治する。
40例以上の人のFMD感染例から分離されたウイルスはO型が最も多く、C型がこれに 次ぎ、A型はまれであった。そ の他の人のFMD症例では、血清反応か動物接種による再現実験により診断された。 症状のみでは、人の水疱性疾患と混同されることがある(とくに、コクサッキー A型ウイルスによる手足口病)。臨床症状のみでは人のFMDと手足口病とは 酷似しているので、検査室での確認検査が必要である。

(2) WHO細菌性、ウイルス性人獣共通感染症専門部会報告(FAOの参加による)

Bacterial and Viral Zoonoses. Report of a WHO Expert Committee with the Participation of FAO. Technical Report Series, 682, p113, WHO, Geneva (1982)
FMDは人の皮膚に水疱を形成する疾病をおこすことがこれまで証明されてきた。家畜 でのFMD感染の最盛期に 人が感染した動物に密接に接触した場合に感染することがある。FMDウイルスは人の 咽喉頭部に保有されて一時的保 菌者(transient carrier)となる。



( 3)全米公衆衛生協会の公式報告

Abram S. Benenson, ed.: Control of Communicable Diseases, 15th edition, p108.
An Official Report of American Public Health Association, Washington DC, USA (1990)
 FMDウイルスの感染は酪農従事者、畜産農場従事者、獣医師、ウイルス取り扱い技 術者などに認められ、また、ウ イルスのメカニカルな保菌者となり、動物へのFMD流行の感染源となる。


(4)藤倉先生のコメント

  上記資料のうち、WHO人獣共通伝染病専門部会の報告については、私がこの部会の議 案の準備、草案の起草、会議の 運営、議事録の整理、勧告文の起草、報告書の推敲、出版など一連の作業を担当官の 一人として関与した。 その時の経験では、すべてのzoonoses(人獣共通感染症)の現状、疫学などを評価し た過程で、口蹄疫についても 活発な論議が交わされたのをきわめて明瞭に記憶している。特にFMDが常在するネ パールなど開発途上国の代表が、 FMD流行時に罹患動物から搾乳に従事する農民などに時折、手足や口中に水疱を形成 するなど人の感染例が認められ るとの事例の報告があり、FMDは疑いなくウイルス性人獣共通感染症の一つであると の合意を得て、リストに加えら れた。報告書はベルン大学獣医微生物学教授であったフランツ・ステックF. Steck 博士*の校閲を得て完成した。
 これらの資料の中で紹介した短い記述の中で、人がFMDウイルスの保菌者となり動 物への感染源となることを記述 されていることは、これまでのほかの資料には認められない新しい重要な点であろう と思われる。今日われわれが、 南米などのFMD常在地域からアメリカ合衆国への入国手続の際に、生の畜産物を携行 しているか、どうかはもとより 、「過去2週間以内に家畜にふれたことがあるか、家畜の農場に居たことがあるか、米 国へ入国後家畜の居る所へいく 予定があるか」等、詳しく問われるが、これは、人がFMDウイルスのキャリアーとなる ことを前提としたFMD予防措 置であることは明らかである。同じことは、日本でも今後、必要となるかも知れない (入国者の中国、台湾、韓国、等 など、出国地によっては)。
FMDの人体への感染はまれであるとの状況への解釈から、「FMDは人には 無害である」というステレオタイプの一般的理解では不十分で、感染動物や汚染の可 能性のある敷きわら、飼料、排 泄物、汚染された空気などに対する防疫対策がおろそかになるばかりでなく、人その ものがウイルスのキャリアーと なることを軽視することになりかねないような、misleading に陥ることを危惧する ものである。

*ちなみにSteck教授は、当時スイスにも流行していたキツネの狂犬病を予防するた め、みずから開発された鶏頭ベ イト生ワクチン(注:ニワトリの頭に弱毒狂犬病ワクチンを入れた経口ワクチンで す。私は1960年代初め、カリ フォルニア大学デービス校でフランツ・ステックと一緒の研究室にいて親しくつき 合っていました。彼の経口狂犬病 ワクチンの話は私の著書「エマージングウイルスの世紀」p. 262で紹介してありま す。)をアルプス山中へ 散布試験中にヘリコプター事故で急逝され、氏と親交の深かった世界中の科学者から 深く悼まれたたのはいまだ記憶 に新しい。この研究の成功により、スイス国内はもとより、やがて欧州全域の野生動 物の狂犬病が撲滅されることに なった。
Steck教授は、幼い時から獣医病理学の教授であった父君の影響を受けておられ 日本文化にも造けいが深く、日本の獣医学の発展にも高い関心を示しておられた。Kazuya Yamanouchi (山内一也)

反復する。

 FMDの人体への感染はまれであるとの状況への解釈から、「FMDは人には 無害である」というステレオタイプの一般的理解では不十分で、感染動物や汚染の可 能性のある敷きわら、飼料、排 泄物、汚染された空気などに対する防疫対策がおろそかになるばかりでなく、人その ものがウイルスのキャリアーと なることを軽視することになりかねないような、misleading に陥ることを危惧する ものである。

| | コメント (0)

口蹄疫は人に感染するか

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

霊長類フォーラム:人獣共通感染症(第99回)5/28/00

口蹄疫は人に感染するか

    1.広辞苑の記載

    5月19日の北海道新聞に参院農林水産委員会で「口蹄疫が人にも感染することがあ る」という広辞苑などの辞典の 記載に対して、誤解も招きかねないとして、その部分の削除を出版社に求めることに なったと報道されていました。
    この記事には私のコメントとして、感染の有無と人間の健康に問題があるかどうかは 分けて考えるべきという指摘が つけられています。同じ日付の日本経済新聞にも同様の短い記事が載っていました。
    前回の講座(第96回)で口蹄疫ウイルスの人への感染の可能性について簡単に触れ ましたが、ウイルス専門家の立 場から、あらためてこの問題を整理してみようと思います。
    人に感染するかどうかという問いかけをすれば、ウイルス学的には、口蹄疫ウイルス は感染するという答えになりま す。前回も触れましたが、Handbook of Zoonoses(人獣共通感染症ハンドブック)第2版、1994やArchives of Virology (Suppl) 13, 1997の人獣共通感染症特集号に口蹄疫が取り上げられているように、口蹄疫ウイルス が人に感染することはウイルス 学的に受け入れられています。 したがって、辞典の記載そのものは間違ってはいません。しかし、後で述べる状況証 拠から正確には「口蹄疫ウイル スは濃厚接触がある場合、稀に感染することがある。しかし、軽い発熱や口内炎にな る程度で完全に回復する」とで も言うべきと考えます。今の表現では、たしかに言葉がひとり歩きして誤解を生じる かもしれません。5月25日の 朝日新聞の論壇では「人間にはまったく無害」と書かれていましたが、これの方が誤 解を招かないと思います。念の ためにウエブスター辞典(Websters Third New International Dictionary)を見ましたら、こちらには人への感染のことは書いてありません。


    2.人の口蹄疫ウイルス感染の実態

    上にあげた2つの文献について補足します。Archives of Virologyはウイルス学領域では世界で最初に発刊されたもので、現在は国際ウイルス 学会の機関誌にもなっており 、ウイルス学領域でもっとも権威のある雑誌のひとつです。そこに掲載されている 「人獣共通感染症としての口蹄疫 」は、かなり詳しい内容であって、ドイツのK. Bauerが書いています。ドイツは19世紀終わりに大流行を経験しており、口蹄疫ウ イルスが世界で初めて分離され たのもドイツです。後で述べる日本での1900年代の口蹄疫の発生では3000頭 あまりであったのに対してドイ ツでは、その頃5年間で370万頭の発生になっています。それだけに口蹄疫ウイル スの人への感染についての関心 はきわめて高く、この問題に関する報告の多くはドイツから出されていたのです。 Handbook of Zoonosesは、人獣共通感染症に関するもっとも総合的なハンドブックです。これの第 2版(1994)の中で米国 農務省海外病研究所(プラムアイランド;本講座第60回)の元・所長のJerry Callisとプラムアイランドの研究員Douglas Greggが連名で口蹄疫の章を分担しています。なお、私はこのハンドブックのハンタ ウイルスの章を受け持ちました 。 このハンドブックの口蹄疫の章では、まず定義でこのウイルスが多くの動物種に感染 すること、そして最後に「人は 稀に感染する」と書かれています。さらに、人への感染という項目で感染の実態が整 理されています。臨床について の記載はよく整理されているので、その全文をご紹介します。「科学的に確認された 人の口蹄疫感染例は少数が知ら れているが、人の口蹄疫ウイルスに対する感受性は低いとみなされる。いくつかの国 で口蹄疫ウイルスに汚染した種 痘ワクチンをたまたま接種された子供が知られている。いくつかの国の口蹄疫研究所 で働く人々は実際に毎日ウイル スにさらされているが、ごく稀に感染が報告されているにすぎない。少数の報告例で の症状は、低いレベルの発熱と 、水疱(唇、頬、舌、口蓋、手とくに指、ときに足)が生じる。これらは急速に完全 に回復する。人での持続感染は 知られていない。口蹄疫ウイルスによる人の死亡の記録もなく、本ウイルスは人への 健康被害をもたらすものとはみ なせない。」 ついで、診断の項目で、人ではA型コクサッキーウイルスによる手足口病があり、臨 床的に口蹄疫との区別が困難と述 べられています。手足口病は日本でもしばしば流行して、とくに小児科で大きな問題 になっているものです


    3.口蹄疫ウイルスに汚染した種痘ワクチン

    口蹄疫ウイルスが人には容易には感染しないという証拠のひとつとして、口蹄疫ウイ ルスに汚染した種痘ワクチンの 例があります。これも前回、ご紹介したものですがもういちど、繰り返します。
    種痘は牛の腹部の皮膚の表面を傷つけて、そこにワクチニアウイルスを接種して製造 するものです。数日たって皮膚 に発疹が出てきて、ついで膿庖になります。それを掻き取って乳剤にしたものが種痘 ワクチンです。その際に牛が口 蹄疫に感染していると種痘ワクチンに口蹄疫ウイルスが混入することになります。 ジェンナーの種痘ワクチン開発か ら200年間、口蹄疫ウイルスに汚染した種痘ワクチンが使われた事例はかなりあっ たはずです。それが証明された 事例として、1960年代に口蹄疫ウイルスが含まれていた種痘ワクチンがノル ウェー、ルーマニア、米国などで多 数の子供に接種されたことがあります。この際にとくに口蹄疫ウイルスによると思わ れる症状はみられていません。


    4.日本から米国に輸出された口蹄疫
    今回の日本での口蹄疫の発生は、中国もしくは台湾から輸入されたウイルスによると 推測されています。ところで昔 、米国で発生した口蹄疫が、実は日本から輸出されたというエピソードをご紹介しま す。
    この事実を見つけたのは私の古くからの友人で医学研究用サルの輸入の仕事を長年さ れていた川西康夫さんです。米 国に分与された日本の種痘ワクチンが口蹄疫に汚染していたため米国で口蹄疫が広 がったという内容の記載を見つけ 、獣医史学の立場から、いったい日本のどこの研究所が送った種痘ワクチンが口蹄疫 を米国に持ち込んだのかを明ら かにしたいと考えられたのです。そこで、私のところに相談にこられたのが2年あま り前でした。 OIEの動物バイオテクノロジー作業部会の部会長でもある、米国農務省のジョン・ ゴーハムJohn Gorhamに頼んで探してもらった結果、米国農務省の詳細な調査報告書、The Origin of the Recent Outbreak of Foot-and Mouth Disease in the United States, 1909などの資料を入手することができました。その詳しい内容は川西さんがいずれ発 表されますので、ここでは簡単 な経緯だけを述べることにします。 1908年11月にペンシルヴァニア州で口蹄疫が発生し、数日後にはミシガン、 ニューヨーク、メリーランドの各 州に広がりました。米国農務省が調査委員会を結成して詳細な調査を行った結果、1 902年に日本から輸入した種 痘ワクチンを種ウイルスとしてワクチンを製造した牧場で口蹄疫が発生しており、1 908年の発生は、この190 2年の発生につながっていることが明らかになり、口蹄疫にかかった牛から製造され た日本の種痘ワクチンが原因と いう結論になったのです。
     この当時から(現在にいたるまで)、日本の種痘ワクチンは世界でもトップレベル でした。そこで米国のワクチン の品質を高めるために分与を受けたものと推測されます。この時期にたしかに日本で は口蹄疫が流行していました。 1899年に茨城県でまず発生し、1900年に東京、京都のほかに5つの県に広が り1902年までに3,459 頭の病牛が出ています。なお、ついでですがこの当時は口蹄疫ではなく、流行性鵞口 瘡(ガコウソウ)と呼ばれてい ました。そういえば私が子供の頃は人間の口内炎も鵞口瘡でした。 したがって、口蹄疫にかかった牛で製造された種痘ワクチンが米国に輸出され、それ から数年の間、米国東部で口蹄 疫の発生を引き起こしたという推測になっているわけです。 なお、この報告書の総論でも、人での口蹄疫感染についての詳細な記述があります。 ウイルスが分離されてされて間 もない時期ですので、ウイルス学的評価に耐えるかどうか不明の事実もありますが、 人への感染の可能性について非 常に神経を使っていたことが伺えます。 1902年から1908年にかけて米国でも口蹄疫ウイルスに汚染した種痘ワクチン が人々に接種されたはずですが 、この報告書にはこの期間に種痘ワクチンを接種された人での健康被害のことは書か れていません。おそらくなかっ たものと推測されます。 なお、種痘ワクチンを提供した日本の研究所名は報告書では伏せられていて分かりま せん。2年前に私はワシントン のLibrary of Congress(国会図書館)でほかの資料も調べたのですが、いまだに分かりません。 National Archives(国立文書館)で委員会の記録でも調べなければならないかもしれません。Kazuya Yamanouchi (山内一也)

人の健康に関わることは誤魔化しをせず正確に表現すべきです。

| | コメント (0)

宮崎で発生した口蹄疫

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 日本獣医学会連続講座 人獣共通感染症 宮崎で発生した口蹄疫.

霊長類フォーラム:人獣共通感染症(第96回)4/19/00

宮崎で発生した口蹄疫

     口蹄疫が宮崎県で発生し大きな問題になっています。92年ぶりだそうです。病原 体の口蹄疫ウイルスは最初に発 見されたウイルスで、1898年にドイツでレフラーとフロッシュにより、その存在 が証明されたものです。その経 緯については私の著書「エマージングウイルスの世紀」p. 18と本講座(第58回) で触れています。  
     口蹄疫ウイルスは古い論文ではヒトに感染したことが報告されていますが、私は人 獣共通感染症とみなす必要はな いと考えています。そのため、今回の口蹄疫の発生を本講座で取り上げるつもりはあ りませんでした。しかし、よく 考えてみるとこれはエマージングウイルス感染の典型的なものです。マレーシアでの ニパウイルス感染では100万 頭近いブタが、1997年に台湾で発生した口蹄疫では385万頭のブタが殺処分さ れましたが、前者がヒトの健康 被害、後者は畜産への被害という観点で異なるだけです。エマージング感染症での危 機管理という面から眺めると本 質的には同じと考えられます。そこで本講座でも危機管理の観点から宮崎県での口蹄 疫を取り上げることにした次第 です。



    1.口蹄疫対策の国際的枠組み  

     ヒトの感染症予防・制圧のための国際機関は世界保健機関WHOです。家畜伝染病の 分野でWHOの役割を果たしてい るのは国際獣疫事務局OIE (Office International des Epizooties)です。別名 Animal WHOとも呼ばれています。これには世界155カ国が加盟しており、日本代表は農水 省畜産局衛生課長です。私は1 0年間ほど、OIEで学術顧問と動物バイオテクノロジー作業部会の委員をつとめてい ます。OIEは国際的な家畜の貿 易の際に監視が必要な家畜伝染病をリストA, Bとふたつに列記しています。リストAは危険性の高いもので、その中でも口蹄疫と牛 疫がトップクラスです。リスト Bには日本脳炎などが含まれています。  
     口蹄疫の診断はOIEが作成している診断法とワクチンのための基準マニュアル Manual of Standards for Diagnostic Tests and Vaccinesに準じて行われます。国際的に共通の基準で診断が行われるわけです。OIE が指定した世界口蹄疫レファ レンス・センターは英国家畜衛生研究所Institute for Animal Health(IAH)パーブラ イト支所の中に設置 されています。ここはロンドンのヒースロー空港から車で40分くらいの所にあり、 近くにはアスコット競馬場もあ るロンドン郊外の最高級住宅地のはずれです。センター長はポール・キッチンPaul Kitchingがつとめています。ついでですが、私は10年あまりパーブライト支所で牛 疫ウイルスについて共同研究 を行っており、ポール・キッチンは動物実験のライセンス保持者として協力してくれ ています。(英国は動物福祉の 観点から動物実験を行うにはライセンスが必要ですので)。  
     口蹄疫は全世界に存在しています。OIEが清浄国と認めているのは日本や欧米など 39カ国に過ぎません。とくに 現在大きな問題になっているのはアセアン諸国で、OIE、国連食糧農業機関FAOと国際 原子力機関が共同で南アジア 口蹄疫キャンペーンを開始しています。(国際原子力機関が加わっているのは意外か もしれませんが、ここは口蹄疫 や牛疫の診断のためのELISAキット作製の面でFAOに協力しています)。これにはOIE のアジア・太平洋地域を担当 する東京事務所の代表である小沢義博先生が中心的役割を果たしておられます。



    2.宮崎での発生の経緯  

     農水省のプレスレリーズが家畜衛生試験場(家衛試)ホームページ http://ss.niah.affrc.go.jp/に転載 されており、リアルタイムに情報が提供されています。また、その英文のまとめに相 当するものを家衛試の佐藤国雄 研究技術情報官がProMedに投稿されています。それらのニュースにもとづいて整理し てみます。  
     最初の発生例:3月8日に飼育中の肉用牛10頭のうち、2頭に発熱が見つかって います。これが発症時期と推測 されます。12日に獣医師に診察してもらい抗生物質などが投与されましたが、ほか のウシでも発症するものが出て きたために21日に獣医師が家畜衛生保健所に届け出ました。  
     血液と皮膚の病変部のサンプルが22日に家衛試に送られ、25日にELISAで口蹄 疫抗体陽性、またもっとも遅く 19日に発症したウシの皮膚のサンプルでPCR陽性の結果が得られました。そこで、 疑似患畜として10頭すべてが 殺処分されました。  第2の例:家衛試での血清サーベイランスで見いだされたものです。4月1日に肉 用牛9頭を飼育している農場の 牛1頭が抗体陽性と判明し、あらためて血清検査を行ったところ9頭中6頭に抗体が 検出されました。これも疑似患 畜として4月4日にすべて殺処分されています。なお、3月28日の立ち入り検査の 際、これらの牛では臨床症状は 見られていません。  
     第3の例:同じく血清サーベイランスで見いだされたものです。肉用牛16頭を飼 育している農場で3月29日に 採取した2頭の血清が抗体陽性と判明したため、あらためて10頭の血清について検 査を行った結果、4月9日に1 0頭すべてが抗体陽性と診断されました。その結果、疑似患畜として16頭すべてが 殺処分されました。  
     4月14日に家衛試の海外病研究部の特殊実験棟で、このウシの喉の粘膜サンプル から初代ウシ腎細胞培養でウイ ルスが分離され、ELISAとPCRで口蹄疫ウイルスと同定されました。  
     ところで、抗体陽性のウシは疑似患畜となっていますが、清浄国で、信頼しうる ELISAで抗体が見つかれば疑似で はなく真性とみなせるものと思います。OIEの基準マニュアルでは口蹄疫の診断はウ イルス抗原の検出で行うとなっ ていますが、清浄地域でワクチンを用いていない場所では抗体の検出でも診断可能と いう趣旨が述べられています。



    3.原因ウイルス  

     口蹄疫ウイルスはエンベロープを持たない小型のRNAウイルスです。エンベロープ の代わりにウイルス粒子の外側 にはカプシドと呼ばれる殻があり、その主要な蛋白はVP-1です。これは非常に変異を 起こしやすい性質のもので、I AHではVP-1の配列にもとずいて口蹄疫ウイルスの系統樹を作っています。第1例の口 蹄疫ウイルスVP-1のPCR産物 の配列は家衛試で解析され、さらにIAHで調べられた結果、アジアで流行しているO型 ウイルスではあるが、新しいサ ブタイプのものとして、O/Miyazaki/JAP/2000株という仮称が提案されました。  
     1997年の台湾での発生はブタに親和性のある口蹄疫ウイルスとみなされていま す。症状が見られたのはブタと 水牛です。一方、1999年6月に台湾の金門島では乳牛で症状がみられており、1 997年のウイルスとは別のウ シ親和性のものと推測されています。ただし、同じウシでも在来種の黄牛では症状は みられません。韓国で現在発生 しているものは乳牛で症状が見られています。  
     宮崎の発生では肉用牛である和牛が感染したわけですが、病変は軽度であって教科 書に出ている口蹄疫に特徴的と される水疱はほとんど見つかっていません。



    4.ワクチン  

     口蹄疫の予防には不活化ワクチンが用いられています。中国は生ワクチンを開発し ていますが安全性に疑問があり ます。OIEでは生ワクチンは認めていません。ヨーロッパではフランスのリヨンにあ るメリューと英国のウエルカム が不活化ワクチンを製造しています。ウエルカムの製造施設はIAHの建物を間借りし たものです。すなわち同じ敷地 内に民間の口蹄疫ワクチン製造施設とOIE世界口蹄疫レファレンス・センターが存在 していることになります。日本 は非常用にヨーロッパからワクチンを輸入して備蓄しています。  
    ウイルス感染の場合、有効なワクチンがあれば流行を阻止するためにはそれを使用 するのが常識ですが、口蹄疫の 場合には簡単にはあてはまりません。OIEが口蹄疫清浄国とみなす条件としてワクチ ンを使用していない国で病気が 発生していないこととなっています。口蹄疫の監視は抗体調査に依存しています。も しもワクチン接種したウシがい ると、感染による抗体か、ワクチンによる抗体か、区別ができなくなります。発生が 疑われる場合でも、これはワク チンによる抗体だと言い逃れされることにもなります。  
     今回のような限局した発生であればワクチンを使用せずに、発生のあった農場の動 物をすべて殺処分することが清 浄国の立場を保つのに必要なわけです。もしも発生地域の周辺でワクチン接種を行っ たとすると、ワクチンを接種さ れたウシがすべていなくなったのち、3ヶ月間病気の発生がないことという条件にな ります。一度ワクチンを使用す ると、清浄国にもどるには大変な手間と期間が必要となります。有効なワクチンが あっても、畜産の保護という観点 からワクチンの使用は簡単には実施できません。  
     しかし、流行が広がればワクチンを使用しなければならない事態になります。宮崎 とほぼ同じ頃に韓国でも口蹄疫 が66年ぶりに発生し、かなり広がっているようです。4月14日付けのAP電によれ ば、韓国ではこれまでに900 頭のウシとブタを殺処分し、20万頭にワクチン接種を行ったとのことです。さらに 国中の偶蹄類1100万頭すべ てにワクチン接種を行う計画と伝えられています。



    5.診断体制  

     口蹄疫の最大の発生地域に日本は囲まれています。そして、口蹄疫ウイルスは物理 的処置に非常に抵抗性が強いウ イルスです。藁に付着した口蹄疫ウイルスは夏では4週間、冬では9週間生存すると いわれています。家畜の飼料や 敷き藁として輸入される稲藁や麦藁に付着して入ってくる可能性もあるわけです。台 湾や中国との人や物の往来を考 えれば、これまで日本に口蹄疫が入ってこなかったのは、むしろ幸運だったのかもし れません。今回と同様のことは これからも起こりうるものと考えるべきです。  
     今回は家衛試での抗体検査とPCRで迅速診断ができました。抗体検査も順調に進ん でいるようで、すでに3万以上 のサンプルで抗体陰性が確かめられています。しかし、背景を見ると充分な検査体制 ができていたとは思えません。  
     口蹄疫ウイルスはもっとも危険な家畜伝染病病原体として最高度の隔離のもとで取 り扱わなければなりません。そ のために特殊実験棟が海外病研究部に建築され、その使用のための安全管理規定は1 988年に作られました。私も その検討委員として参加しました。しかし、肝心の口蹄疫ウイルスの輸入は農水省か ら許可されず、現在にいたって います。  
     ウイルスがだめでもウイルスの遺伝子を用いた診断の方法もあります。現実に感染 症研究所ではレベル4実験室が 使用できないためにマールブルグウイルス、エボラウイルス、ラッサウイルス、Bウ イルスなどは遺伝子の面での診断 と、不活化抗原を用いたELISAなどの検査体制を作ってきています。  
     ところが、口蹄疫ウイルスについては、遺伝子の輸入も認められませんでした。わ ずかに認められたのは、輸入後 に期限が切れた不活化ワクチンを診断用抗原として使用することと、ウイルス遺伝子 の一部配列の合成核酸を作るこ とだけでした。建物ができても研究はまったく行えなかったわけです。  
     実は、私も口蹄疫ウイルスの遺伝子の一部を輸入しようとして10年ほど前に農水 省に申請したことがあります。 この経緯は私の著書「エマージングウイルスの世紀」p. 282にも書きましたが、ウイルス全体の遺伝子の20分の1くらいのサイズに過ぎな い430塩基対の遺伝子断片で 、感染性にはまったく関係のない部分です。具体的にはIRES (internal ribosome entry site)といって、蛋白を合成する際に必要な部分です。しかし、これも許可されませ んでした。米国ではプラムアイ ランドに農務省の海外病研究所があります。(この研究所のことは本講座(第60 回)でご紹介しました)。そこで 抽出した口蹄疫ウイルスのVP-1遺伝子はジェネンテックなどのベンチャーに提供さ れ、レベル1実験室で遺伝子工学 によるワクチン開発に利用されていました。そのことを明記したFederal Register(日本の官報に相当します)のコピーも添付したのですが、米国の科学的論 理は日本の行政当局では通用 しませんでした。  
     宮崎の発生での診断に役にたったのは、IAHから提供されていたELISAキットと、数 年前にやっと農水省から許可 してもらって作ってあった合成核酸でした。両手をしばられた状態だと、かって家衛 試海外病部の担当者が私に嘆い ていましたが、そのような状態でよく頑張っていただけたものと思います。



    6.口蹄疫のヒトへの感染性  

     今回の発生でマスコミからの問い合わせでまず問題にされたのはヒトに感染しない かという点でした。Pro Medには人獣共通感染症とするドイツの雑誌が引用されています。これは Foot-and-mouth disease as zoonosis. Archives of Virology, Supplement13, 95, 1997です。そのほかに、人獣共通感染症ハンドブックHandbook of zoonoses, CRC Press, 1994の中にも口蹄疫の章があります。厳密な意味では人獣共通感染症という視点で取 り上げられているわけです。  
     ヒトでの感染の報告で有名なものは1834年に3人の獣医が4日間、発病したウ シのミルクを250mlずつ飲ん だところ臨床症状が出たという内容です。当時からヒトへの感染は問題だったことが わかります。ただし、これは口 蹄疫ウイルスが分離される前の時代の話しで科学的には信頼性はありません。  
     1950-60年代にはヨーロッパで口蹄疫が流行していました。口蹄疫ウイルス のヒトへの感染の可能性につい ての報告はこの時期に集中しています。たとえば、不活化口蹄疫ワクチンを製造して いる研究所の作業員は高濃度の 口蹄疫ウイルスに接触する機会があり、彼らの中で軽度の発熱や水疱の症状を示した ものがいたという報告がありま す。一方、感染・発病が起こりにくいことを示す状況証拠も示されています。種痘ワ クチンはウシのお腹の皮膚で作 られていましたが、1960年代にこれが口蹄疫ウイルスに汚染していて、それが米 国、ノルウェイ、ルーマニアで 多数の子供に接種されたことがあります。しかし、発病例は皆無でした。稀には軽い 感染があったとみなされるもの の、ヒトの健康に被害をあたえるものではないというのが、これらの報告の結論で す。Kazuya Yamanouchi (山内一也)

10年前のこの時は、殺処分は35頭だった。

| | コメント (0)

口蹄疫 食品安全情報

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

食品安全委員会 宮崎県における口蹄疫発生について 平成22年5月28日更新http://www.fsc.go.jp/sonota/kouteieki_220420.pdf

4月20日以降、宮崎県の農場で飼養されている牛・豚等について、口蹄疫の患畜及び疑似患畜が確認されたとの発表が、農林水産省から行われています。
口蹄疫が発生した農場では、感染が疑われるとの報告があった時点で家畜の移動が自粛されており、口蹄疫にかかった家畜の肉や牛乳が市場に出回ることはないとしています。
食品安全委員会としては、口蹄疫は、偶蹄類の家畜(牛、豚、山羊、緬羊、水牛など)や野生動物(ラクダやシカなど)が感染する病気であり、人が感染することはなく、仮に口蹄疫にかかった家畜の肉を食べたり牛乳を飲んだりしても人体に影響はありませんので、国民の皆様には、冷静に対応していただきますようお願いします。

関係機関リンク

○消費者の皆様へ

口蹄疫について知りたい方へ(農林水産省)

○その他の情報

・動物衛生研究所
「口蹄疫-Foot-and-mouth disease(FMD)」

・農林水産省
「口蹄疫に関する情報」

・首相官邸
「口蹄疫への対応」

・宮崎県
「口蹄疫に関する情報提供について」

人には感染しないといっているが、厳密には、口蹄疫ウイル スは濃厚接触がある場合、稀に感染することがある。しかし、軽い発熱や口内炎にな る程度で完全に回復するというのが正しいようだ。
次のエントリーで取り上げる。

|

口蹄疫で見た情けない危機管理

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 【正論】初代内閣安全保障室長・佐々淳行 口蹄疫で見た情けない危機管理 - MSN産経ニュース. 2010.5.27 03:04

 口蹄(こうてい)疫の蔓延(まんえん)が日本の畜産業に重大な危機を及ぼし、普天間問題についで鳩山由紀夫総理の国家危機管理の能力が問われている。

 なかでも、4月20日の宮崎県における口蹄疫発生の事実を知りながら、大型連休に中南米諸国歴訪の外遊に出かけ、帰国後も現地入りが遅れた赤松広隆農林水産大臣の政治責任は重く、大きい。

 ≪職責の自覚を欠く記者会見≫

 素直に謝ればよいのに、記者会見で「批判があるなら、野党(自民党)は議会に不信任案を出せ」「私がやったことについては全く反省するところ、お詫(わ)びをするようなことはないと思っている」と開き直った。

 「防」という字が頭につく国家危機管理行政には4つの範疇(はんちゅう)がある。「防衛」「防災」「防犯」「防疫」だが、筆者は、この大枠で、21世紀型危機管理の対象として、アルファベット表記で「W(戦争)」と「R(革命)」、さらに「ABCD」(核・バイオ・化学・天災地変)に分けて考える。口蹄疫は、鶏インフルエンザ、新型インフルエンザ、狂牛病などに続く「B(バイオ)」の危機である。

 それへの対処は「防疫」の責任閣僚、つまり長妻昭厚生労働大臣と赤松農水大臣である。前出の記者会見は、その職責の自覚が欠けていることを如実に物語る無責任なものであり、速やかに撤回・取り消しをし、国民とくに畜産関係者に謝るべきものだった。

 4月20日には農水省に口蹄疫対策本部を設置し、赤松大臣はその本部長だった。同27日には、東国原英夫・宮崎県知事らが政府応援を求めて上京し、自民党の口蹄疫対策本部が共同対処を申し入れているのに、これを断り、外遊に旅立った。出発した後に発生したのではない。明らかに農水大臣としての危機管理上の義務を副大臣らに任せ、閣僚としての特権である華やかで楽しい9日間の中南米諸国歴訪の外遊を優先したのだ。

 ≪人は楽しいことに釣られる≫

 人間は誰でも、楽しいことを優先し勝ちなものだ。キューバカストロ議長、コロンビアのウリベ大統領らと会見し、儀仗(ぎじょう)隊の栄誉礼をうけることの方が、罹患(りかん)した牛や豚をみるより楽しいに決まっている。だが、国家危機管理の責任者は、国民の命と財産を守ることを、連休を返上してでも優先させるのが「ノーブレス・オブリージ(権力者の義務)」である。

 口蹄疫がどんなに恐ろしい「B」の危機であるか、農水大臣は当然認識しているべきだ。「知りません」「わかりません」でなんでも許されると思っている鳩山総理、小沢一郎民主党幹事長に次いで、赤松農水大臣の「KY(空気の読めない)鈍感力」は、驚くべきものだ。

 中国や韓国では、今世紀初頭から口蹄疫への対応策に苦しみ、欧州、とくに英国は羊を中心に650万頭の殺処分を行っている。

 筆者も、文化大革命に伴う紅衛兵暴動で政情不安に陥っていた香港で、口蹄疫騒ぎがあったときの人々の恐慌ぶりを今でも覚えている。日本は草食・魚系の食事が主流だからまだいいのだが、肉食系の民族にとっては、それは食糧難につながりかねない重大な国家危機なのだ。「B」の危機管理は国の仕事である。県や市町村で対応できる問題ではないのだ。

 今回、敏速に対応し、不眠不休の危機管理に従事した東国原知事の無念さは察するに余りある。記者会見で知事は珍しく激高し、涙をにじませたが、その心の奥には現場で苦悩する畜産業者への感情移入があったのだろう。動物好きな筆者には、丹精込め、愛情を注ぎ込んで牛や豚を育てた畜産家たちの気持ちがよくわかる。

 ≪連休には対応が遅れがちだ≫

 半径10キロ内の牛豚を全頭殺処分にすることを決め、その補償については言を左右する赤松農水大臣をトップとする農水省の対応への、現地の関係者たちの怒りは烈(はげ)しい。どうも今回の被害拡大は、「鬼手仏心」の精神で行うべき危機管理の初動措置の失敗による人災のように思えてならない。

 韓国の農林水産食品相は4月上旬、江華島で再発した口蹄疫対策として4万9800頭を殺処分したとき、会見で「心が痛むだろうが、畜産業を守るために協力を」と呼びかけている。一方、「ちまちましたことをやっても仕方ない。全頭殺処分だ」と記者会見し、5月25日にようやく謝罪の言葉を口にした赤松大臣の心に仏はなく、目に涙はなかった。

 外遊中のゴルフプレーは誤報だったようだが、そんなおまけがつくにつけ、水産高校の練習船と米原潜の衝突事故の際にゴルフをしていた森喜朗総理への強烈なバッシングが思いだされる。確かあの事件も連休中のことだった。

 年末年始、5月の連休、夏休みは危機管理の責任者の“魔の時間”だ。気のゆるみから緊急対応が抜け落ちることがある。いま危機の時代と言ってもいいが、今年の連休には11人もの閣僚が不要不急の「外遊」をしたという。閣僚諸公にはくれぐれも危機管理の責任者としての猛省を促したい。(さっさ あつゆき)

為政者は結果が重要。

今回は結果責任を問われて当然。

この事件の初期の行政の対応、メディアの扱いの小ささは、つい先日の新型インフル騒動と比較してみると、おかしさかげんがよくわかる。

専門家でなくとも、発生報道の時点で重大さを感じた人は多かったはず。

| | コメント (0)

2010年5月28日 (金)

宮崎牛ブランド 鳥取で支える-マイタウン鳥取

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

宮崎牛の種は是非守ってほしい。

リンク: asahi.com:宮崎牛ブランド 鳥取で支える-マイタウン鳥取. 2010年05月28日

K_img_render

 家畜伝染病の口蹄疫(こう・てい・えき)の被害が大きい宮崎牛ブランドの助けになるかもしれない牛が鳥取にいた。独立行政法人「家畜改良センター」の鳥取牧場(琴浦町出上)で育てられている宮崎牛系統の7頭の種牛候補だ。(宋潤敏)

 センターは種牛の供給を担い、鳥取牧場では計24頭の種牛候補を所有している。うち4頭が「安平(やす・ひら)」の血を父方から受け継ぐ孫、3頭はひ孫にあたる。「安平」は約20万頭の子牛を世に送り出し、冷凍精液が盗まれる事件も起きた宮崎県の伝説の種牛。口蹄疫の感染拡大を防ぐために殺処分されることになった種牛49頭の中の1頭だ。

 孫の4頭はいずれも社団法人「家畜改良事業団」などが持つ安平の子どもの精液を使い、鳥取牧場で飼育する但馬牛系統の雌牛との間にできた。センターは宮崎県小林市、北海道音更町の牧場でも黒毛和種の種牛候補を育てるが、宮崎牛直系と言えるのは宮崎県外では鳥取だけだ。

 4頭の孫牛のうち1歳2カ月の種牛候補は6月に入札にかけられる予定だったが、農林水産省とセンターは当面牧場に留め置くことに決めた。宮崎牛系統の種牛が途絶えた非常時に備えた特別処置だが、入札直前で対象から外れるのは異例。今後、宮崎県からの要請があれば無償譲渡も検討するとしている。

 鳥取牧場の菊池工(たくみ)・種畜課長補佐は「宮崎牛の種牛がなくなるかもしれない非常事態。ブランドの維持や再興に少しでも役立ててほしい。ほかの3頭についても要請があれば譲渡や貸し出しを検討したい」と話している。

昨年には牛の精子の盗難事件があったという。

リンク: 血統スーパーエリート牛―精液盗難事件の周辺(上) - 和牛精液盗難事件【09.5.20-09.10.31】 - 県内の特集 - miyanichi e press.

リンク: 血統スーパーエリート牛―精液盗難事件の周辺(下) - 和牛精液盗難事件【09.5.20-09.10.31】 - 県内の特集 - miyanichi e press.

■非正規ルート:県外流出に危機感も

 「あの日のことが頭をよぎった」。県畜産試験場から和牛冷凍精液ストローが盗まれたという報道を知り、県内のある家畜人工授精師は、3、4年前にかかってきた電話を思い出した。

 携帯電話画面に映しだされた見知らぬ番号からの着信。「受精卵を販売している。ラベル(精液証明書)も必要ないので忠富士のストローを譲ってもらえないか」。県外業者からの唐突な申し出だった。

 本県種雄牛でもトップクラスの人気を誇る忠富士は当時、将来有望な新鋭。県外に県有種雄牛の精液ストローを売ることは県家畜人工授精師協会の取り決めで禁じられており、授精師は「協会から除名される。金額の問題でもない」と、電話を切った。

   ■     ■

 通常、種雄牛の冷凍精液ストローは、県家畜改良事業団から8地域の改良協会が購入。各協会加盟の人工授精師約150人が県内農家に限って種付けする。県外農家が優秀な本県の血統を求め市場に子牛を買いに集まるゆえんだ。

 年間約15万本供給されるストローには、種雄牛名や製造年月日が印字され、人工授精師が種付け作業を終えると、精液証明書の番号や種雄牛名などを携帯端末機に入力。授精証明書と精液証明書、両端を切ったストローをセットに農家に手渡す。子牛が生まれたら、3点を届け出て、個体識別番号が割り振られる。「ラベル1枚、牛1頭が非常に厳格に管理されている」と、授精師たちの言う体制が確立されている。

   ■     ■

 ただ、県内で厳しく規制しても県外業者とストローを取引する「非正規」ルートは以前から存在してきた。法律では、県境を越えた和牛精液の売買自体が禁止されていないためだ。

 県外のある業者は、県内外の複数ルートから購入した本県種雄牛のストローを十数年前から扱ってきた。精液証明書も添付し、県内ストローの最高価格(1本約5千円)の10倍前後にあたる高値で販売。業者は「相場が下がるほど名のある種牛に人気は集中する。宮崎の種雄牛は全国的に引き合いが強い」と明かした。

 県畜産課の山本慎一郎課長は「具体的に実態を把握していないが、県内流通のチェックの在り方を見直さなければいけない」と言及。県内のある和牛繁殖農家は「本県の子牛市場の衰退すら招きかねない。今まで取り決めを守ってきた末端の農家が損をする」と、危機感を募らせる。「県や事業団は徹底して調べてほしい」。県内農家の声を代弁するように訴えた。(報道部・草野拓郎)

宮崎牛が絶えた後に、外国から精液の売込みが来たなんてならないことを祈るばかり。

| | コメント (0)

B型肝炎、父子感染にも注意 阪大調査、口移しでも

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):B型肝炎、父子感染にも注意 阪大調査、口移しでも - アピタル(医療・健康). 2010年5月27日23時59分

 父親からB型肝炎に感染する乳幼児がいることが、大阪大などの調査でわかり、専門家が注意を呼びかけている。母子感染に比べ、父子感染はあまり知られておらず、食べ物の口移しなどで知らぬ間に感染しているようだ。祖父母や兄弟を介したとみられる例もあり、専門家は「家族で検査を受けて感染者がいれば、ワクチンで乳幼児への感染を防いで」と呼びかけている。

 B型肝炎は血液や体液を通じて感染する。唾液(だえき)中のウイルスは少ないが、食べ物の口移しなどを通じて、子どもに感染する可能性がある。大人が感染しても一過性で終わることが多いが、乳幼児がかかると、慢性化して肝硬変や肝がんに進みかねない。

 1985年以降、国は妊婦に限って無料で検査できるようにした。感染が分かれば、ウイルスを抑える薬やワクチン接種で乳幼児への感染を防いでいる。86年には母子感染は年約4千人(推定)いたが、10年後には400人にまで減ったという。1千~5千円で検査できるが、父親の検査は自己負担のため、検査する人が少ないのが実態だ。

 大阪府立急性期・総合医療センターの田尻仁(ひとし)主任部長(小児科)らは、大阪大学病院、大阪府立母子保健総合医療センターと、0~15歳時の検査でB型肝炎の感染が判明した187人の感染理由を分析した。この結果、85年以前に生まれた102人のうち、父子感染が6人(5.9%)いた。86年以降に生まれた85人では、13人(15.3%)と割合が増えていた。兄弟姉妹や祖父母など家族からうつったとみられる例も計50人いたという。

 一方で、母子感染は85年以前は59人(57.8%)、86年以降では51人(60%)と、割合はほぼ変わらなかった。

 この結果は、27日から山形市である日本肝臓学会で発表される。(杉本崇)

血液や体液を通じて感染するということは、言い換えると性交渉で感染するということ。
この点をはっきり表現して、一般の認識を高めることが感染防止に重要ではないか。

| | コメント (0)

百日ぜき患者、大人の割合急増 2010年は5割超

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):百日ぜき患者、大人の割合急増 2010年は5割超 - アピタル(医療・健康). 2010年5月26日18時20

子どもに多い「百日ぜき」に大人がかかる割合が、この10年間で急増している。国立感染症研究所のまとめでは、患者に占める成人の割合は2000年の2.2%から09年には40.5%と増え続け、今年は9日までに56.8%となり、20歳未満を逆転した。感染研は「子ども中心の病気と呼ぶのはもうふさわしくない」とし、夏の流行期を控えて注意を促している。

 感染研は、全国約3千の定点医療機関から報告された患者の情報を分析した。調査対象が小児科を持つ医療機関なのに患者の年齢が高いため、実際の成人患者はもっと多いとみられる。

 百日ぜきは、ワクチン未接種の生後6カ月以下の乳児がかかると死に至るおそれもある。大人だと、せきは長びくが重い症状を示すことはまれで、診断が見逃されやすい。

 治療しないと、原因菌を3週間ほど排出し続けるため、感染を周囲に広げる心配がある。安井良則・主任研究官は「百日ぜきは麻疹の次に感染力が強い病気。せきが長引くようなら早めに受診してほしい」と話す。(熊井洋美)

百日ぜきに関する過去記事

百日ぜき患者数が最悪ペース、今年も流行の可能性 09/03/23

百日咳菌による急性気道感染症で、長期間せきが続くのでこの名で呼ばれる。
小児期に三種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風、百日咳)が普及して激減したが、大人になって免疫がなくなる事が問題なのでしょうか。

漢方では、昔は小児に多く、麻杏甘石湯が奏効することが多かったようです。

漢方では咳に対してはきめ細かい対応処方がそろっています。

難治な咳も漢方処方が著効を表すケースが珍しくありません。
お困りの方は漢方処方をおためしになる事をおすすめします。

百日ぜき接種、免疫効果は小学高学年で半数が消失 10/05/05

百日ぜきワクチンの話題は

鼻から吸って、肌にはって 痛くないワクチン開発 09/10/26

| | コメント (0)

おたふくかぜ、猛威 富山県内、昨年の11倍

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 北國・富山新聞ホームページ - 富山のニュース.【5月27日01時28分更新】

おたふくかぜ、猛威 富山県内、昨年の11倍

 幼児に多く、発熱や唾液(だえき)腺が腫れるなどの症状が現れる、おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)が今春、富山県内で猛威を振るっている。県感染症情報センターの集計では、週単位の患者数が昨年の11倍を記録した週もある。おたふくかぜは数年周期で大流行する傾向があり、同センターでは今年から来年が「当たり年」とみて注意を呼び掛けている。

 おたふくかぜのウイルスは唾液を介した接触や飛沫(ひまつ)によって感染し、大人もかかることがある。髄膜炎や難聴、睾丸(こうがん)炎や卵巣炎などの合併症を引き起こすこともある。

 県感染症情報センターが県内29の定点医療機関を対象に行った調査によると、今年19週(5月10~16日)の患者報告数は81人で、1定点当たりの患者数は2・79人。前年同週(5月4~10日)の7人、0・24人の11倍以上の値となっている。4歳児をピークに6歳以下が感染者の約80%を占めている。

 県内では最近10年間で2度、大流行したことがあり、2001年11月に1定点当たり6・17人、05年に3・72人を記録した。全国では同時期それぞれ2・07人、1・47人で平年より多いが、富山ほどの流行には至っていない。

 同センターによると予防接種法上、おたふくかぜは任意接種で自己負担であることなどから、県内では接種率は例年、3割程度となっているが、堀元栄詞主任研究員は「ワクチンを接種すれば、感染は9割は予防できる」としている。

 おたふくかぜは、一度かかると再び感染することはほとんどなく、うがいや手洗いなども予防効果があるとされる。

原因ウイルス(ムンプスウイルス)に抗生物質は効かず、特効薬はなく対処療法しかない。

ウィキペディアには、

流行性耳下腺炎の特異的治療法は存在しない。首やほかの腫脹箇所を冷やしたり暖めたりすることで症状が軽減される場合もある。また、アセトアミノフェンイブプロフェン鎮痛のために経口投与する(ライ症候群発症の可能性のため、アスピリンウイルス性疾患を持つ子供には投与しない)。また、暖かい塩水のうがい薬、柔らかい食物、および特別な流動食は、兆候を軽減するかもしれない。発熱による脱水症状を軽減するため水分の摂取を行う。酸味のある果実ジュースは、飲み込む際に耳下腺の痛みを感じさせる場合がある。膵炎により強い吐き気や嘔吐が生じた場合は輸液を行う。

とある。

この病気は江戸時代には、頬が腫れる形からか挟箱(はさみばこ)と呼ばれていた。

漢方的には、太陽病か少陽病に分類される症状を呈する。

太陽病の時期の場合は、葛根湯に桔梗石膏を加えた処方が奏功し、少陽病期は柴胡剤で対応することが多い。
少柴胡湯、柴胡桂枝湯などに桔梗石膏を加法した処方をよく用いる。

睾丸炎の腫れ、痛みに麻杏甘石湯が著効を示すことあることが知られている。

| | コメント (0)

2010年5月27日 (木)

「農家の理解が強制処分の前提」農水副大臣

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 「農家の理解が強制処分の前提」農水副大臣 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 宮崎県の家畜伝染病「口蹄疫」問題で、政府の現地対策本部長を務める山田正彦・農林水産副大臣は27日午前、県庁で記者会見し、家畜へのワクチン接種と殺処分を強制的に実施できることなどを盛り込んだ特別措置法案について、「殺処分にあたっては十分に補償し、理解を求めていく」と述べ、あくまで農家の理解を前提に進める考えを示した。

 山田副大臣は、埋却地を強権的に確保することで感染拡大を防ぐことが、特措法の意義だと強調した。

 県が殺処分の回避を求めている種牛49頭については、「特措法が成立しなくても、家畜伝染病予防法で『ただちに処分』となっており、今まで処分してこなかった方がおかしい。法令違反だ」と述べ、家伝法に基づいて殺処分を求める姿勢を改めて表明した。

 農家の間では、処分すれば種牛がいなくなる懸念が広がっているが、副大臣は「国の家畜改良センターには(宮崎の種牛の)孫もいるし、いい種牛を提供できる用意はできている」と述べた。

(2010年5月27日16時49分  読売新聞)

.難題が続々出現してくる。

リンク: 【口蹄疫】宮崎県対応は「法令違反」と副大臣 「生かしておくという選択肢はない」 - MSN産経ニュース. 2010.5.27 12:14

 口蹄疫問題で、現地対策本部の山田正彦農林水産副大臣は27日、宮崎県家畜改良事業団(同県高鍋町)が一元管理する種牛49頭を殺処分していない宮崎県の対応について「法令違反だ」との認識を示し、あらためて県に殺処分を求めていく考えを示した。

 49頭は同事業団で別の牛に感染疑いが見つかったため殺処分の対象になったが、東国原英夫知事は宮崎牛ブランドを支える種牛の貴重さを訴え、特例での救済を要望。政府はこれを退け、殺処分の方針を発表している。

 農水省動物衛生課によると、家畜伝染病予防法などは、口蹄疫に感染した疑いがある家畜について「所有者はただちに殺さなければならない」と規定。同課は「口蹄疫の場合、生かしておくという選択肢はない」と説明している。

リンク: 「県民の財産」民間種牛、ワクチン接種を拒否 : 口蹄疫 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 宮崎県内で行われてる口蹄疫ワクチンの接種は26日も実施され、政府の現地対策本部の小川勝也首相補佐官は同日、「牛と豚の対象農家のうち接種が完了した農家は95%を超えた」と話した。

 しかし、接種に応じない農家もある。民間で種牛を育てている男性は「県の種牛と同様、特例を認めてほしい」と主張しており、政府が目指す100%接種の見通しは立っていない。

 「これは私一人のエゴじゃない。県の種牛も民間の種牛も、同じ県民の『財産』でしょう」。こう語るのは接種を拒み、種牛を飼育する県内唯一の民間業者、三共種畜牧場(高鍋町)薦田(こもだ)長久さん(72)だ。

 薦田さんは国の種畜検査に合格した「勝気高(かつけだか)」「勝安平(かつやすひら)」など6頭を牧場で育てている。県知事の認可を得て三重、沖縄などの4県に、年間でストロー状容器約2000本分の精液を販売し、地元でも約30農家に提供してきた。

 だが薦田さんの種牛6頭はワクチン接種の対象になった。薦田さんは、別農場の肥育牛など約400頭の接種には同意したが、種牛の接種だけは断固拒否している。

 その根拠として、県の種牛の特例措置を挙げる。東国原知事は、法律上、殺処分されるはずの県家畜改良事業団の種牛を、「宮崎の財産」として特別に処分せず、経過観察しているからだ。薦田さんは、自分の種牛も「同じ宮崎の財産」と主張し、県に特例措置を要請した。

 しかし、県畜産課は要請を断った。担当者は「事業団の種牛は県費を長年つぎ込み、多くの農業団体や農家の協力を得て生まれた」と違いを強調。薦田さんの種牛を「いわばプライベートな牛」と切り捨てた。

 これに対し、薦田さんは「赤字が続いても、自分の夢のために種牛を育ててきた。宮崎のブランド種牛として評価を得ているのだから、県の財産として認められるべきだ」と激怒。周辺の農家からも「必ず守ってくれよ」と、励ましの電話がひっきりなしにかかってくるといい、周辺農家とともに抵抗する構えだ。

 畜産を始めて50年以上になる。次世代に引き継いでいくはずだった積み重ねが、明日にも崩れ去るかもしれない心細さを感じているという。薦田さんは怒りを抑え、最後につぶやいた。「必要なら、(精液や牛を)県に使ってもらってもいい。事業団に提供してもいいんだ。それで少しでも地元の畜産業が守られるなら」(内田遼)

(2010年5月27日09時03分  読売新聞)

.

続きを読む "「農家の理解が強制処分の前提」農水副大臣 "

| | コメント (0)

83%に腸内ウイルス感染歴 伊研究、1型糖尿病の患者

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 83%に腸内ウイルス感染歴 伊研究、1型糖尿病の患者 - 47NEWS(よんななニュース).

 【ローマ共同】インスブリア大(イタリア北部バレーゼ)のアントニオ・トニオロ教授(微生物学)の研究チームは26日までに、主に若年層に起こる1型糖尿病の患者の83%に、腸管内で増殖する「エンテロウイルス」への感染歴が確認されたとの研究結果を明らかにした。ANSA通信などが伝えた。

 1型糖尿病は、生活習慣病で成人に多い2型と異なり、思春期の子どもなど主に若年層が発症。何らかの原因で膵臓の細胞が破壊され、血糖値を下げるインスリンが欠乏して起こる。ウイルス感染に対し免疫細胞が過剰に反応し、膵臓の細胞まで攻撃してしまうことも要因の一つとして指摘されているが、詳しい仕組みは分かっていない。

 研究チームは、バレーゼ周辺の2~16歳の1型糖尿病患者112人を対象に、DNA検査などによってエンテロウイルスに感染したことがあるかどうかを調査、83%で感染歴を確認した。一方、糖尿病でない子どものうち感染歴があったのは全体の7%だった。2010/5/26 16:32【共同通信

関連過去記事

ウイルスが糖尿病発症の引き金に 09/03/24

エンテロウイルスについては東京都感染情報センターのサイトに詳しい。

エンテロウイルスは腸管で増殖するウイルスの総称で67種類存在し年毎に流行するウイルス型が異なる。
夏季を中心に5月から10月にかけて流行する。
主として腸管あるいはその近辺の限られた組織にとどまる場合は無症状で経過し、人は免疫を獲得して感染は終わる(不顕性感染)。
感染がさらに進み、ウイルス血症を起こして体内の諸組織及び中枢神経系へ波及すればそれぞれの段階に応じて種々の臨床症状を起こすことになる。
夏風邪、咽頭炎、嘔吐・下痢、手足口病などの軽い症状から心筋炎、急性脳炎など重篤な病気を引き起こすこともある。

| | コメント (0)

ウイルス28タイプが国内侵入 新型インフル

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: ウイルス28タイプが国内侵入 新型インフル - 47NEWS(よんななニュース).

 昨年春に発生が確認された新型インフルエンザのウイルスは、遺伝子レベルで少なくとも28のタイプが同年9月下旬までに国内に侵入していたとの解析結果を、国立感染症研究所感染症情報センターの椎野禎一郎主任研究官らが26日まとめた。

 国内発生初期の昨年5月に神戸や大阪で広がったタイプはその後、根絶されたとみられ、発生当初に実施された大規模な学校閉鎖の効果とみられるという。

 椎野さんらは、国内各地で昨年5月8日~9月20日までに採取された新型インフルエンザウイルス75検体と、世界各地で採取された163検体の計238検体について、遺伝子の塩基配列を分析した。

 その結果、世界中で広がっているウイルスは、初期にメキシコや北米で検出されたタイプと、その後、ニューヨーク市などで見つかったタイプ、さらに、これらのグループ間で交雑して生まれた別の二つのタイプの計4タイプに大きく分類された。

ということは、新型インフルのワクチンを打っていても、別の型の新型インフルに罹ったときには、ワクチンの効果はあまり期待できない ということになるのでは・・・?

| | コメント (0)

2010年5月26日 (水)

口蹄疫殺処分、埋める土地なく感染爆発 家畜大量放置

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

想定を怠っていたために難儀な事態になってしまった。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):口蹄疫殺処分、埋める土地なく感染爆発 家畜大量放置 - 社会. 2010年5月26日16時28分

Tky201005260246

 宮崎県での家畜伝染病、口蹄疫(こうていえき)の問題で、殺処分した家畜を埋める土地の確保が遅れ、牛よりも多くのウイルスをまき散らす豚が処分されずに大量に放置されたことが、感染爆発につながったと農林水産省はみている。地元にも危機感が広がり、県は25日夜、埋めた後の土地を買い取るという対策を打ち出した。

 殺処分の対象となる家畜は25日までに約14万8千頭にのぼる。このうち埋められないため処分できない家畜は約7万頭。さらに、ワクチン接種後に殺処分される約14万頭も加わる。全体の9割を豚が占める。

 雨天だった23日で見ると、1日で新たに約8千頭が処分対象になったが、埋められたのは322頭にとどまった。「豚1頭で半日に1万頭を感染させられるだけのウイルスをまき散らす」。山田正彦農水副大臣は、豚の対策の重要性を指摘する。

 今回、豚の感染疑いが初めて出たのは4月27日。豚は感染力が強いうえ、1農場あたりの飼育頭数も千頭規模で多く、5月に入ってから処分対象数は飛躍的に増えた。

 家畜伝染病予防法などでは、殺処分した家畜の死体は「原則として、発生地またはその付近において焼却か埋却」と規定。埋める場合、人家や飲料水から離れた場所に、1メートル以上の深さに入れることと定めている。今回の流行で、同県はこれまでのすべての対象家畜を埋めるのに50~70ヘクタールが必要とみる。

 しかし畜産農家にとって、牧場で育てる牛の場合は埋める場所が確保できるが、豚の場合は豚舎だけで、土地の確保が難しいことが多い。国会では法改正の必要性を指摘する声が相次ぐ。

 農水省が県立農業大学校(高鍋町)の用地を活用する方針を示した際には、それ以前に自分で購入するなどして土地を確保した農家から「県有地でただになるなら不公平だ」と不満が出て、利用できなかった。

 死体を埋めると、ガスが出るなどして土地は数年間にわたり利用できなくなる。このため農水省は21日、埋めた土地の数年分の賃料相当分を補助する支援策を公表。しかし地元首長らからは「土地の買い上げ、公有地化が必要」という訴えが続いた。

 ついに同県は25日夜、家畜の死体を埋めるのに適した土地について、県農業振興公社が買い取るという対策を発表した。しかし同県が「予算は最大で4億6千万円の国費」としたのに対し、農水省は「予算規模は未確定」。土地選定が進むかは不透明だ。(大谷聡)

10年前のイギリスの700万頭殺処分が他山の石とはできなかったわけだ。

| | コメント (0)

厚労省技官が口蹄疫殺処分を批判 「第2の新型インフル」論に賛否

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 厚労省技官が口蹄疫殺処分を批判 「第2の新型インフル」論に賛否 (1/2) : J-CASTニュース. 2010/525 21:28

  口蹄疫感染による家畜殺処分やそれを前提にしたワクチン投与に対し、厚労省の医系技官が、ツイッターで疑問をぶつけて波紋を呼んでいる。人にうつったりしないのに、新型インフルと同じ過剰な騒ぎだというのだ。農水省などからは、「致命的な病気で、放っておいたらまん延する」と反論も強いが、どうなのか。

   ツイッターで疑問を呈した厚労省医系技官の木村盛世さん(感染症疫学)は、2009年5月28日の参院予算委員会で新型インフルの政府対策を批判して話題を呼んだ。

家畜の群れが免疫をつけるまで待てばよい

殺処分批判に賛否両論が
殺処分批判に賛否両論が

   羽田空港の検疫官として参考人に呼ばれ、機内検疫による水際対策偏重で国内対応が遅れがちになったと主張したのだ。木村さんは、ノンフィクション作家として、天然痘テロの危険性を指摘した「厚生労働省崩壊」も書いている。

   木村さんは今度は、口蹄疫問題で家畜殺処分などに噛みついた。ツイッターで10年5月21日、「口蹄疫は人間の『はしか』みたいなものだろう。麻疹も感染力が強いが、罹ったからといって子供を殺すことはしないだろうに」とつぶやいた。致死率は数%で、人にもうつらないのに、殺処分はおかしいということだ。そして、家畜の群れが免疫をつけるまで待てばよいと指摘した。

   さらに、感染肉を人が食べても問題ないとされることから、こうも漏らした。

「口蹄疫に感染したmow mowのお肉をデパ地下で70% off販売したら、間違いなくわたくし、毎日買いに行きます。超高級和牛、通常の30%値なんて夢のようなお話」

   木村さんは、エボラ出血熱や鳥インフルのような致死率の高い病気とは違うとして、「今のような感染が広かった状態でワクチンだの多量殺戮やってどうなるのか」と主張。封じ込めできなかった新型インフルの水際対策に当たるのが大量殺処分、ワクチン投与だとして、「第2の新型インフルエンザ」「官制パニック」だとした。ブログでも25日、主張を載せ、これでは和牛ブランドの維持ができず、経済的・文化的な損失は大きいと訴えている。

農水省は全面的に反論、殺処分続ける方針示す

   こうした発言がツイッター上で伝わると、賛否両論の声が相次いだ。批判としては、獣医学の専門でないのに何を言うか、感染肉が市場に流通したらさらに感染が広がって畜産業が壊滅状態になる、家畜は経済動物なので商品価値がなくなって莫大な経済的損失が出る、といったものだ。

   木村盛世さんが反論すると、さらに批判が寄せられ、ツイッター上でのやり取りは、まとめサイト「Togetter」でも紹介されている。

   殺処分の撤回について、木村さんは、「法に抵触するのであれば法律書き直せばよい」とし、免疫をつけるまで待つ特例を認めるよう農水大臣に伝えたいとも書いた。これに対し、農水省側は、どう考えているのか。

   同省の動物衛生課では、木村さんの主張に全面的に反論する。

「そのような認識であれば、大々的な殺処分はしません。感染力が大変強く、家畜が自分の重みで立ち上がれず、エサや水も採れなくなって死んでしまうのです。産業動物としては、畜産業界では恐ろしい病気です。病気は治ることがあっても、放っておけば感染がどんどん広がります。放っておいた方がむしろ、和牛ブランドの経済的損失が大きい」

   同省では、今後も殺処分、ワクチン投与を続ける方針だという。

   一方、木村さんは、口蹄疫については、アメリカ疾病予防管理センター勤務時代の同僚獣医に話を聞いたとして、こう話す。

「一番の問題は、マンパワーのことです。殺処分などは獣医がやりますが、そんなに人手があるわけではありません。埋める場所を確保するのも、大変な負担になります。それで疲れ果てて倒れるのでは、仕方がありません。殺処分などに反対というよりも、いろんなオプションがあるのになぜ議論しないのかということです。『種牛49頭を生かしてほしい』という東国原知事の訴えについても、農水省が決めたことだからというのはおかしい。新型インフルと同じで、縦割行政でやるのではなくて、国家的な危機管理の問題として多角的に取り組むことが必要だと思います」

核心を突いた問題提起・指摘。

| | コメント (0)

2010年5月25日 (火)

特産種牛「疎開作戦」…分散管理、全国に拡大

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

九州で感染拡大を食い止められるか、大きな問題になってきた。

リンク: 特産種牛「疎開作戦」…分散管理、全国に拡大 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

201005254223391n

 宮崎県の口蹄疫問題が種牛の殺処分にまで発展する中、全国各地で、特産の種牛を“避難”させる動きが出ている。

 読売新聞が宮崎県を除く46都道府県に管内の種牛や種豚、冷凍精液の管理方法について聞き取り調査を実施したところ、既に4県で種牛やその冷凍精液の分散管理が始まり、14県で検討中であることが分かった。このうち、鹿児島県では24日夕、特産の黒毛和牛の種牛と種牛候補の計6頭を離島の喜界島に移動させる措置をとった。

201005254223481n

 この日、鹿児島港から約380キロ離れた喜界島にフェリーで向かったのは、「鹿児島黒牛」ブランドを支える種牛とその候補計53頭のうち6頭。種牛を管理する県肉用牛改良研究所(曽於市)が宮崎県境に近いため、感染リスクを分散することにしたのだ。6頭をのせたトラックは、港に到着すると厳重に消毒された上で、フェリーに積み込まれた。県では、このほか6頭を今月中に種子島に移すほか、約150頭の種豚候補も各地に分散させる予定だ。

 こうした動きは全国に広がっている。

 「優秀な種牛を作るためには気の遠くなるような労力と時間が必要。『宝』を守るためにあらゆる手を尽くしたい」と語るのは、神戸ビーフの種牛を管理する兵庫県の畜産技術センター(同県加西市)の冨永敬一郎家畜部長。同センターでは、「基幹種雄牛」と呼ばれる特に優秀な12頭のうち数頭をセンターから約50キロ離れた県北部農業技術センター(朝来市)に移す方針だ。

 「10年前の口蹄疫発生の時には検討さえしなかった」という宮城県も、爆発的に被害が広がっている今回は、県畜産試験場の種牛や種豚の一部を複数の施設に分散して移す方向で検討中で、冷凍精液については必要な機器が到着し次第、分散管理を実行するという。

 ただ、「感染経路が分からない中、移動させるとかえって危険ではないか」と悩む自治体も少なくない。

 佐賀県では種牛8頭の移動を検討し始めたが、同県畜産課の南川藤夫課長は「移動先で今のレベルの管理ができるとは限らず、移動させた場合とさせない場合でどちらのリスクが高いか分からない」と話す。

 高知県も種牛の冷凍精液を県内の複数の家畜保健衛生所に分散させる方針だが、担当者は種牛については「そうはいっても、管理体制を考えると、県畜産試験場が一番安全かもしれず、どこに移動させるかは迷う」と打ち明ける。

 施設不足に悩んでいるケースもある。

 大分県は、種牛のうち約10頭を約70キロ離れた施設に移す方向で調整中だが、困っているのが畜舎。肥育牛と違い、種牛は体も大きく、気性も荒い。このため、大型で頑丈で、しかも1頭ごとに「個室」のある畜舎が必要だという。結局、県では移転先の畜舎の改装に500万円以上を支出することになった。

 岐阜県も「鹿児島県のように離島があれば良いが、うちにはない。避難先で感染が発覚したらそれこそ大問題で、候補地選びは頭が痛い問題」としている。

(2010年5月25日03時07分  読売新聞)

カテゴリー 口蹄疫はこちら
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat39891968/index.html

| | コメント (0)

犬・猫の細菌で感染症、死亡例も 厚労省が注意喚起へ

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):犬・猫の細菌で感染症、死亡例も 厚労省が注意喚起へ - アピタル(医療・健康). 2010年5月24日5時50分

 犬や猫の口の中にいる細菌に、2002年から14人が感染、発症し、うち6人が死亡していることが、国立感染症研究所のまとめでわかった。「カプノサイトファーガ感染症」と呼ばれるが、実態がよくわかっていない。見逃されている患者も多いとみられ、厚生労働省は24日、関係機関に文書で注意を促す。

 この細菌には、ひとが犬や猫にかまれたり、ひっかかれたり、傷口をなめられたりすると、極めてまれに感染、発熱や腹痛、吐き気などの症状が出る。発症すると血圧が急に下がり、血中で菌が増え、敗血症で亡くなることがある。高齢で免疫機能が低下した人、ステロイド剤で膠原(こうげん)病や腎炎などの治療をしている人などは注意が必要だ。抗生剤で治療できる。欧米を中心に世界で約250人の患者が報告されている。

 感染研の鈴木道雄主任研究官らが調査すると、02年以降、国内でも14人が発症、6人が死亡していた。14人のうち6人は持病がなかった。年齢は40~90代で平均は約65歳だった。

 04~07年の調べで、この感染症の原因菌が、自治体に引き取られた犬325匹の74%、猫115匹の57%から見つかった。

 ただ、感染力はかなり弱く、犬と猫をさわった後はよく手を洗い、口移しでえさを与えるなどしなければ、まず感染の心配はない。かまれるなどして、発熱した場合、医師に相談することも必要だ。

 亀田総合病院(千葉県鴨川市)の総合診療・感染症科部長の細川直登さんの経験では、新聞配達先の家の飼い犬にかまれた50代の男性が、3日後に病院に運ばれた。持病はなかったが、ショック症状で生命が危ぶまれるほどだった。聞き取りで犬にかまれたことがわかったので、抗生剤を投与し、血液を詳しく調べると菌が見つかった。患者は治療で回復したという。

 細川さんは「診断がつけば、必要以上に恐れるような病気ではない。犬にかまれたり猫にひっかかれたりしたら、体調が悪化していないか注意して欲しい」と話している。(熊井洋美)

カプノサイトファーガ感染症については、厚労省のサイトに解説がある。

カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症に関するQ&A

カテゴリー ペットはこちら

| | コメント (0)

2010年5月24日 (月)

エース「忠富士」殺処分、関係者に衝撃広がる

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

大動物の肉を食すとはどういう事なのかを考えさせられてしまう。

リンク: エース「忠富士」殺処分、関係者に衝撃広がる : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 感染の拡大が続く家畜伝染病「口蹄疫」問題で、宮崎県家畜改良事業団(高鍋町)から避難していた“宮崎の宝”の種牛にも22日、最悪の形で影響が及んだ。

 特例措置として西都市に移っていた6頭のうち、感染した「忠富士」が殺処分され、県内の関係者には衝撃が広がった。この日は、ワクチン接種の作業もスタート。防疫体制は日ごとに強化され、県内各地では流行拡大防止に向けた懸命の取り組みが続いている。

 西都市の橋田和実市長によると、21日午後10時頃、県畜産課から種牛1頭の感染に関する連絡が入ったという。市長は「6頭がいれば、宮崎の畜産は再起できると思っていた。『宮崎』の銘柄がなくなってしまうかもしれない」と嘆いた。今は、残り5頭が発症しないことを願うばかりだ。

 スポーツ選手や有名人が多く訪れる宮崎牛専門の焼き肉店「焼き肉の幸加園」(宮崎市)の長友幸一郎社長(67)は「言葉にならないほどの衝撃だ。これじゃ、宮崎牛になる牛が本当に少なくなってしまう」と危機感を募らせた。

 畜産関係者のたゆまぬ努力をつぶさに見てきただけに「今回の危機を乗り越えて、関係者はさらにいい種牛を作ろうと頑張っていくはず。私たちも良い肉を吟味してお客様へ提供していきたい」と力を込めた。

 熊本県の実家が和牛の繁殖を営む宮崎大3年の中村陽芳(はるか)さん(20)は「長年改良を重ねて作り上げてきた歴史が、口蹄疫の発生で一瞬にして崩れてしまった」。

 被害を受けた農家を支援しようと、学内で募金活動などを企画してきた。「日本の畜産を左右する大変な問題だ。発生が最初に確認された時点で、なぜ種牛を安全な場所に移さなかったのか」と語り、行政の対応を批判した。

 出張を兼ねて、県内へ帰省していた徳島市南内町の会社員、米良芳子さん(32)も「非常に残念。最後の1頭だけでも感染していないことを願っている。全頭に感染したとはまだ決まっていないので、最後の最後まで、望みを捨てたくはない」と語った。

 同市の会社員女性(50歳代)は「宮崎牛は安心なのでこれまでも買ってきた。できれば、残る5頭は殺してほしくない。肉の値段が高くなるなど、いろんな所に影響が出てくるのではないか」と心配していた。

          ◇

 一方、初日のワクチン接種では、東国原知事や、政府現地対策チーム本部長の山田正彦・農林水産副大臣も現場を視察した。

 高鍋町の畜産農家の男性(68)も今後、接種の対象になる見通しだ。21日に特例措置で避難した種牛を父親とする雄の子牛1頭が生まれたばかり。22日朝も牛舎で母牛の乳に吸いつき、元気よく乳を飲む子牛を見てきた。

 男性は「我が子以上に大切に育ててきたのに、国は、生まれて2日目の子牛すら殺せという。手や顔をなめてくる牛の顔を見たら、涙が止まらない。これほど惨めな思いをしたことはない」とため息交じりに語った。

 地元では感染が拡大して以降、根拠のないうわさが飛び交い、農家同士も互いに疑心暗鬼になっている。「どうやってワクチン接種を行い、どんな生活支援を受けられるかの情報が少なすぎる。国はきちんと説明するべきだ」と不信感をあらわにした。

(2010年5月23日11時36分  読売新聞)

宮崎、九州の種牛の現況については、読売のスキャナーのサイトにまとめがある。

リンク: 全国の産地「不安」 競り中止、子牛供給ストップ : 口蹄疫 : ニュース特集 : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

Sc_10051806_4

. 家畜伝染病「口蹄疫」の影響が全国に広がっている。宮崎県ばかりか、九州のほぼ全域で子牛の競りが中止に追い込まれ、その結果、松阪牛など全国有数の高級牛肉の生産にも影を落とし始めた。

 ◆松阪牛など生産に支障

 「もはや宮崎だけの問題ではない。日本の畜産業にとって非常事態だ」。宮崎県都城市の久留雅博さん(45)は疲れ切った表情で語る。

 久留さんは種牛や子牛など160頭を飼育し、毎月、手塩にかけて育てた子牛を競りにかけて生計をたててきた。だが口蹄疫の発生以来、感染拡大を恐れ、競りは次々と中止になった。収入が途絶えても、餌代は毎月100万円かかる。「一生懸命育てても、出荷できなきゃどうにもならない」

 国内の肉牛農家は、約10か月までの子牛を扱う「繁殖農家」と、市場から買い取った子牛を約30か月まで育てる「肥育農家」に大別されるが、宮崎県を含む南九州は繁殖農家が主流だ。JA宮崎中央会によると、同県の肉用子牛の出荷頭数は一昨年度7万8391頭。約4割の2万9358頭が県外に出荷され、高級ブランドの松阪牛(三重県)、佐賀牛(佐賀県)、信州和牛(長野県)などとして育てられる。

 ところが、口蹄疫騒動を受け、同県内の七つの家畜市場は6月いっぱいの閉鎖を決定。国内最大の子牛取引頭数を誇る隣県・鹿児島県曽於市の曽於中央家畜市場も、今月中は市場を開かないことを決めている。

Sc_10051802_2

 閉鎖直前の3月下旬、曽於市場で4日間の競りに出された子牛は1754頭。3年前まで50万円前後だった平均取引価格は、38万円台に落ちていた。その苦境下に発生した口蹄疫騒動。曽於市場を運営するJAそお鹿児島の外園孝男課長は「生後10か月目に入ると、子牛としての価値は下がり、肥育農家から敬遠される。競りが再開できても、価格が下がらないか心配だ」と肩を落とす。JA宮崎中央会によれば、競りの中止による県内農家の損失額は15日現在、16億円とみられる。

 影響は「買い手」側にも広がっている。

 高級牛肉の代名詞ともなっている「松阪牛」。三重県松阪市など近隣9市町の肥育農家がビールを飲ませたり、皮下脂肪を均一にするためのマッサージをしたりして2~3年かけて育てた牛を指すが、子牛の4割超は宮崎県から買い付けている。

 地元農協によると、口蹄疫問題が発覚して以降、早くも宮崎の子牛をあきらめ、東北や北海道の市場に足を運ぶ肥育農家も現れ始めた。だが、同市農林水産課の担当者は「霜降りが入りやすく、短期間で育つのが宮崎県産子牛の特徴。子牛の産地が代われば、松阪牛の肉質が変わってしまうのではないか」と不安を漏らす。

 常陸牛を生産している茨城県畜産農業協同組合連合会でも、子牛の2~3割が宮崎県産。茨城県日立市の肥育農家、加藤秀治さん(38)は毎年500頭の子牛を買い付けており、そのうちの2割強が宮崎県産だ。「良い子牛を求めて、九州以外の地域に肥育農家が殺到することになれば、子牛の価格高騰など影響は避けられないだろう」と心配そうに話した。

「感染肉出回らない」

消費者庁 風評被害を懸念する声も出始めた。消費者庁は17日、「感染牛の肉ではない」と売り文句にうたうなど、消費者に誤解を与えるような表示をしないよう食品業界や流通業界などに要請した。

 同庁によると、問題発生後、インターネット市場などで、「宮崎県産の牛肉は使用していません」などと表示して牛肉などを販売している例が数件確認されているという。同庁では「口蹄疫は人に感染しない。また、感染した肉は市場には出回らないし、仮に食べたとしても人体に影響はないので、風評に惑わされないで」としている。

 ◆50年かけ交配、宮崎の種牛高評価

 霜降りが入るなど品質の高い子牛を得るために、繁殖用の雌牛に精液を提供する雄牛を種牛と呼ぶ。農林水産省は家畜改良増殖法に基づき、肉用牛では1829頭(2009年度末現在)を種牛として認定している。

 種牛候補の雄牛は、精子を多くの雌牛に提供し、生まれた子牛10頭以上を肉にした上で、霜降りの程度、バラ肉の大きさなどの平均値を測る。こうして優秀な成績を残した雄牛を種牛とし、同様に良い数値を出した繁殖用の雌牛に掛け合わせて、さらに改良を重ねていく。

 宮崎県の種牛は、全国的にも評価が高く、その子牛たちは全国の肥育農家に出荷され、「松阪牛」などのブランド牛として育てられる。

 現時点で殺処分を免れているエース級は「忠富士(ただふじ)」(7歳)、「美穂国(みほのくに)」(6歳)、「福之国(ふくのくに)」(13歳)など6頭で、これまでに計約38万頭の子牛の“タネ”を提供してきた。

 同県畜産課の担当職員は「50年以上かけてこつこつと交配してきた。値段をつけられないくらい貴重な存在」と話している。

(2010年5月18日  読売新聞)

| | コメント (0)

中学生タミフル服用死で提訴へ 遺族

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 中学生タミフル服用死で提訴へ 遺族、副作用被害を主張 - 47NEWS(よんななニュース).

愛知県知立市で2005年、インフルエンザ治療薬タミフルの服用後にマンションから転落死した中学2年秦野皓平君=当時(14)=の遺族が「副作用による異常行動と認められず、被害給付金が不支給となったのは不当」として、独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」(東京)に不支給取り消しを求める訴訟を東京地裁に近く起こすことが21日、分かった。

 母親で「薬害タミフル脳症被害者の会」代表の秦野竜子さん(50)は「(不支給とした)審査の過程を明らかにしたい。副作用被害だと認めてほしい」と話している。

 竜子さんによると、皓平君は05年2月、発熱のため処方されたタミフルを服用。約1時間半後にマンション9階から転落、死亡した。両親は同6月、機構に被害給付金を申請したが、不支給となった。厚生労働省に再審査を申し立てたが、今年4月に「因果関係が判定できない」として棄却された。  2010/05/21 16:35 【共同通信】

カテゴリー タミフルの過去記事はこちら
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat40058100/index.html

| | コメント (0)

2010年5月22日 (土)

口蹄疫ウイルス 酢で侵入防止 宮崎

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 口蹄疫ウイルス侵入防げ : 宮崎 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

宮崎市 無線操縦ヘリで酢散布

 県内で家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」が広がっている問題で、宮崎市は21日、感染エリアとの境界を流れる一ツ瀬川沿いで、無線操縦ヘリコプターを使い、感染防止に効果があるとされる酢を空中散布する「水際作戦」を始めた。市は「県都には絶対侵入させない」と必死だ。

 川を挟んだ北側には、感染の疑い例が出た新富町と西都市が接していて、ウイルスはこの1か月間で南進を続けている。

 市によると、口蹄疫のウイルスは水素イオン指数(pH)が6以下の環境で死滅か活動が弱まるとされている。酢の原液の指数は2~3のため死滅効果があるという。人体や家畜にかかっても問題はないという。

 ヘリは農薬散布用で全長約2メートル。二つのタンク(容量各8リットル)に指数6未満の希釈した酢を入れ、約500メートルごとに補給しながら宮崎市側の岸辺約10キロに散布する。24日まで同じ作業を3回繰り返す。

 この日は午前9時前から西都市との境界に当たる一ツ瀬川の支流、三財(さんざい)川の河川敷で散布を開始。市職員やJA関係者約10人が緊張した表情で、高さ3~4メートルから散布する様子を見守った。

 宮崎市は、両市町と結ぶ四つの主要な橋でも消毒マットを敷いて、市内に入る車のタイヤを消毒している。

 市佐土原総合支所産業振興課の小松賢司主査は「やれることは全部やる。絶対この川でウイルスの侵入を食い止める」と話した。

(2010年5月22日  読売新聞)

特定家畜伝染病防疫指針によると、

消毒は、その対象物に応じ、規則別表第2により行うこととし、本病ウイル
スに有効な苛性ソーダ(2%)、苛性カリ(2%)、炭酸ソーダ(4%)、ホ
ルマリン液(10%)、消石灰(有効なpHを確保できること)、蒸気等により
行う。

とある。

規則別表第2には、

1 消石灰による消毒

2 サラシ粉による消毒

3 サラシ粉水〔サラシ粉5分、水95分〕による消毒

4 石炭酸水〔防疫用石炭酸3分、水97分〕による消毒

5 ホルムアルデヒドによる消毒

6 ホルマリン水〔ホルマリン1分、水34分〕による消毒

7 クレゾール水〔クレゾール石けん液3分、水97分〕による消毒

8 塩酸食塩水「塩酸2分、食塩10分、水88分」による消毒

9 苛性ソーダその他アルカリ水剤(アルカリ度1-2%)による消毒

10 アルコール (70%以上) による消毒

醗酵消毒(目的物:ふん、敷きわら、きゅう肥等)

蒸気消毒

煮沸消毒

などが記載されている。

天然物で無害な物で消毒目的が達成されるのは望ましいこと。

| | コメント (0)

人工生命、完成見えた 米研究所、ゲノム合成し人工細菌

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):人工生命、完成見えた 米研究所、ゲノム合成し人工細菌 - アピタル(医療・健康). 2010年5月21日3時2分

Tky201005200560_2

 自己増殖をする「人工細菌」を作ることに、米のチームが初めて成功した。DNAをつないで、ゲノム(全遺伝情報)を人工的に作った。生命の設計図であるゲノムが働くことが確認でき、「人工生命」ともいえる成果だ。医薬品づくりなどに役立つ技術と期待される一方で、安全性の確保や悪用防止が課題になる。生命とは何かを問うことにもつながりそうだ。

 作ったのは、人間のゲノム解読に携わったクレイグ・ベンター博士が代表を務める研究所のチーム。遺伝情報にあたる塩基配列が少なく、操作しやすい「マイコプラズマ・マイコイデス」という細菌をモデルにした。

Tky201005200562_2

 この細菌のゲノムをまねて、ゲノムを構成するDNAの断片を化学合成した。これを大腸菌などの中で1本につなげて、人工ゲノムを作った。この人工ゲノムを、ゲノムを除いた別種の細菌の細胞膜を器にして、移植した。

 人工ゲノムは14の遺伝子が欠けていたものの、「人工細菌」は、モデルにした細菌と同じたんぱく質を作り、自己増殖を繰り返すことも確認できたという。

 この成果は、21日付の米科学誌サイエンス電子版で発表される。(杉本崇、福島慎吾)

     ◇

 〈ゲノム〉生物のすべての遺伝情報をゲノムという。情報が刻まれている物質がDNAで、複数の化学物質(塩基)が連なってできている。塩基のつながりの中にある特定の部分が、体を構成する様々なたんぱく質を作る遺伝子として働く。

この研究が深化して行く先に何が待っているのか予測がついているのだろうか?

| | コメント (0)

2010年5月21日 (金)

種牛6頭避難の西都市でも感染疑い

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

宮崎牛が姿を消す恐れが出てきた?

リンク: 種牛6頭避難の西都市でも感染疑い牛 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 宮崎県で発生した家畜伝染病「口蹄疫」問題で、宮崎牛ブランドを支える種牛6頭が避難している西都市内でも、感染の疑いのある牛が見つかったことが20日、分かった。

 感染が確認されれば、同市での発生は初めて。

 同市によると、口蹄疫特有の症状が出た牛が見つかったため、検体を動物衛生研究所に送ったところ、20日に県から「感染が疑われる」と連絡が入ったという。

 県では、種牛55頭を一括して飼育していた高鍋町が発生場所から半径10キロ圏内の「移動制限区域」に入ったため、13日、西都市に6頭を避難させた。残りの49頭は殺処分された。

 今回、症状が出た牛が見つかった西都市の農場は、6頭の避難畜舎から10キロ以上離れているとみられ、感染が確認されても、ただちに殺処分の対象になるわけではないという。

(2010年5月21日03時01分  読売新聞)

当初からネットで指摘されていた牧場が発生源で3月に発生していたことがが確定されつつあるようだ。

リンク: 「普段の下痢」…宮崎県が口蹄疫発生見逃し : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 宮崎県内で被害が拡大している口蹄疫を巡って、農林水産省が最初の感染疑い例を確認した3週間前の3月下旬、同県家畜保健衛生所が、感染した水牛を診察しながら発生を見逃していたことがわかった。

 同省などによると、同県都農町で水牛を飼育する農家から、かかりつけの獣医師を通じ、県家畜保健衛生所に「水牛が発熱している。牛乳の出も悪い」という連絡があったのは3月31日。

 この日のうちに同衛生所の職員は立ち入り検査を実施し、4頭の水牛に発熱や下痢などの症状が出ているのを確認した。しかし、「普段の下痢」と判断して口蹄疫の可能性を疑うことなく、通常の風邪の検査をしただけで、同省にも報告しなかったという。

 この水牛農家から南東に600メートル離れた繁殖牛農家では4月9日、口の中がただれた牛が1頭見つかった。同衛生所はこの時も口蹄疫と見抜けず、20日に「最初の感染事例」として発表した。このため最初の水牛についても22日に血液の遺伝子検査を行った結果、ようやく23日に口蹄疫の感染疑いが判明したが、この時点で既に5例の感染(疑い含む)が発覚していた。口蹄疫の検査結果は通常、1日か2日で判明するため、もし3月末の段階で実施していれば4月初旬には拡散防止対策がとれたとみられる。

(2010年5月18日07時50分  読売新聞)

.安愚楽牧場には政治団体や宗教団体が関係しているという。
そのため発生源の報道がセーブされていたのだとか。

| | コメント (0)

口蹄疫拡大 後手の対応から抜け出よ - 主張・産経

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 【主張】口蹄疫拡大 後手の対応から抜け出よ - MSN産経ニュース. 2010.5.20 03:05

 宮崎県口蹄(こうてい)疫の被害が発生してきょうで1カ月になる。感染が疑われる家畜数や農場の数は、なお増え続けていて衰える気配がない。

 東国原英夫知事は「全国に拡大する可能性も否定できない」と非常事態を宣言したが、疫病封じ込めには何より感染に先んじて迅速に手を打つことが重要な意味をもつ。

 野党からは、農水省はじめ政府の初動態勢の遅れを国会で追及すべしとの声がある。とりわけ赤松広隆農林水産相の「対応の遅れなどはない」という無責任な発言には憤りすら感じるが、今はともかく感染の拡大を止めることに国を挙げて取り組むときだ。

 政府の対策本部(本部長・鳩山由紀夫首相)は19日、新たな対策として、発生が確認されている農場から半径10キロ以内のすべての牛や豚にワクチンを接種することを決めた。消毒などを中心にした対策では感染の拡大を食い止めるのは困難と判断したためで、10~20キロ圏には緩衝地帯を設けることにより、感染の拡大を防ぐ。

 家畜へのワクチン接種については感染力を弱める効果があり、防疫態勢を固めるための時間稼ぎには役立つ。しかしウイルスの根絶能力はなく、接種後は殺処分せざるをえないことに変わりはない。また、一度使うと発生が収まった後もしばらく出荷ができなくなるため、是非について専門家の間で見解が分かれている。

 だが、堂々巡りの議論を続けることで、いたずらに被害を拡大させるよりはましだ。一定の効果が期待できるなら、最後は政府が責任を負う気構えで対処すればよい。政府も首相が対策本部長に就いた以上、各省の縦割りを排した協力態勢を作り上げねばならない。なかでも深刻なのは、現地で防疫にあたる人員の不足だ。

 感染の確認や殺処分の判断を下す獣医師や、処分後の家畜を埋却する人員が圧倒的に不足している。近県からの応援に加え、自衛隊員の増派など、早急に万全の態勢をとってほしい。

 現地にはすでに、延べ約2400人の自衛隊員が重機材とともに派遣されている。しかし、拡大のスピードが速く、牛豚を埋却する場所はあっても処理が追いついていないのが実情だ。

 この口蹄疫問題では、政府の対応は常に後手後手に回ってきた。鳩山首相の指導力が、ここでも問われている。

リンク: 【口蹄疫】足りない埋却地、学校敷地を検討 - MSN産経ニュース. 2010.5.20 01:33

 口蹄(こうてい)疫の感染が拡大している宮崎県で、殺処分した牛や豚を埋める土地が不足し、県が学校の敷地を埋却地として検討していることが19日、県関係者への取材で分かった。対象となっているのは、感染区域内にある県立農業大学校(宮崎県高鍋町)。十万頭規模の埋却は未曾有の事態で、土地確保が難航し、教育施設での埋却という苦肉の策が浮上したという。

 県関係者によると、殺処分した家畜は感染拡大を防ぐため、感染した牧場やその近隣に埋めるのが原則。山中などで候補地を探しているが掘り進めるうち水がわき出たため水源地汚染を懸念して埋却をあきらめたケースも。また、土地所有者が見つからなかったり隣接住民の同意が得られず断念することもある。

 こうしたなか浮上したのは県立農業大学校。農業経営者らを養成する専門学校で、敷地は飼料畑や放牧地など約100ヘクタール。口蹄疫の感染地域内にあるため16日から閉鎖している。敷地内には一般利用ができる公園もあるが、県関係者は「できるだけ感染体を動かさないという基本からすると、有力な候補地」と話す。

 家畜伝染病予防法では、感染力が強い口蹄疫に罹患(りかん)した家畜や感染の疑いがある家畜は、安楽死させて焼却するか、土中に埋める殺処分が義務付けられている。今回の大量感染では、焼却は施設面で問題があり、埋却措置が取られている。

 19日時点で、殺処分対象の約11万8千頭のうち、約6万6千頭の処分が終了したが、残り4割の埋却地が決まっていない。また、発生地から半径10キロ以内の牛や豚を全頭殺処分をすることが決まったため、埋却地不足はさらに深刻化しているという。

 殺処分対象の豚約千頭を抱える川南町の50代の養豚家は「処分の日程が決まらない。このまま放置していればウイルスを培養しているようなものだ」と早期処分を訴えていた。

泥縄的な感じだが、防疫体制が急ピッチで進みだしたようだ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):口蹄疫の消毒薬、英国から緊急輸入 関空に到着、九州へ - 社会 2010年5月21日3時59分

 宮崎県での口蹄疫(こうていえき)の広がりを受け、緊急輸入されることになった同ウイルスに効果のある消毒薬5トンが20日、製造元の英国から航空便で関西空港に着いた。品質検査後、ほぼ全量が宮崎県を中心に九州地方に出荷されるという。

 輸入したバイエル薬品(本社・大阪市)によると、薬は複合次亜塩素酸系消毒薬「アンテックビルコンS」。水に溶かし畜舎などに噴霧する。4月に口蹄疫とみられる感染例が国内で報告された後、全国から大量の注文があり、一時在庫切れの状態になった。同社は通常の船便に加え、5月7日から航空便を使って緊急輸入を続けている。

.感染拡大防止の最重要課題は消毒。

アンテックルビコンSは複合次亜塩素酸系消毒剤で、主成分はペルオキソー硫酸水素カリウム。
http://www.bayer-chikusan.jp/products/pdf/antekku.pdf

口蹄疫に関する特定家畜伝染病防疫指針(農林水産大臣公表平成16年12月1日)というのが出ている。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_bousi/pdf/fmdsisin.pdf

| | コメント (0)

2010年5月20日 (木)

新型水虫が格闘技部の中高生に猛威

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 新型水虫が格闘技部の中高生に猛威、拡大防止へ診断義務化/神奈川県:ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社 2010年5月19日

. 海外から持ち込まれた新型水虫菌の感染が全国に広がり、神奈川県内でも猛威を振るっている。新型菌は感染力が強く、頭や体に発症する特徴があり、柔道やレスリングに取り組む生徒の間で流行。自覚症状がないままに感染を広げる保菌者が増え、競技団体は大会参加選手全員に医師による診断を義務付けるなど、拡大防止に躍起だ。

 新型水虫菌は南北アメリカや欧州で一般的にみられる白癬(はくせん)菌「トリコフィトン・トンズランス」。順天堂大学練馬病院の比留間政太郎教授によると、従来の水虫菌に比べて皮膚への侵入速度が速いため、感染力が強く、治りにくい特徴があるという。症状が出るのは足ではなく、主に体や頭だ。

 横浜市内の高校で柔道部に所属する女子生徒(17)は昨年夏、首に虫さされのような湿疹(しっしん)ができた。次第に腕にも広がり、頭にふけが出るようになった。診察を受けて、新型水虫と判明。塗り薬や内服薬で1週間ほどで症状が消え、1カ月間治療を続けて完治した。女子生徒は「自覚症状がほとんどないので、放置してしまった」と振り返る。

 海外遠征をするような柔道やレスリングの強豪高校で、集団感染が報告されるようになったのは2001年ごろ。同教授らが06年、東京都内で行われた全国中学校柔道大会で男女496人を調査したところ、9・1%に当たる45人の感染を確認。被害が拡大していた。

 その後、競技団体で対策が進んだことで、感染拡大は沈静化した。だが、比留間教授は「治療せずに半年ほど放置すると自然に症状はなくなるが、菌は毛穴に隠れたままで、保菌者として感染を広げてしまう」と指摘。感染拡大を防ぐためにも、すぐに治療を受けるよう呼び掛けている。

 こうした事態を重く見た県レスリング協会は、県内で開かれる大規模な大会で医師による診断を選手に義務付けている。

 今年1月に逗子市内で行われた高校生のレスリング関東大会では、専門医が参加全選手を診察。感染が確認された1人が出場停止となった。県柔道連盟も感染した選手を大会に参加させないよう、指導者同士で申し合わせをするなど、対策に力を入れている。

 済生会横浜市東部病院(横浜市鶴見区)皮膚科の畑康樹部長は、12年度から全国の中学校で武道が必修化され、感染拡大を招きかねないことに危機感を抱いている。「練習場や練習着を常にきれいにして、練習直後に頭や体をよく洗うなどの予防策が重要。感染が疑われたら放置せず、すぐに医師の診察を受けてほしい」と話している。


◆新型水虫菌トリコフィトン・トンズランス 菌が皮膚や体毛に付くことで感染。頭に発症するとシラクモと呼ばれ、ふけやかさぶたができ、放置すると重症化する。頭皮がうんで毛が抜けたり、抜けた部分の毛が生えなくなったりするケースもある。

全日本柔道連盟がホームページ上に、
柔道選手のトリコフィトン・トンズランス感染症」知っておこう!~その治療と予防法
という情報を出して注意を呼びかけている。

| | コメント (0)

2010年5月19日 (水)

口蹄疫 各社論説

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

新聞各社の口蹄疫に関する社説

リンク: asahi.com(朝日新聞社):社説 2010年5月17日(月)口蹄疫被害―拡大阻止に万全を期せ/ロシア政権―柔よく剛を制する大統領. 2010年5月17日(月)付

口蹄疫被害ー拡大阻止に万全を期せ

 宮崎県で広がる家畜の伝染病、口蹄疫(こうていえき)の影響が深刻になっている。

 殺処分の対象になった牛や豚が8万頭を超える。宮崎牛ブランドを支える貴重な種牛にも感染の疑いが出て処分の対象になった。

 これらの牛で種付けされた子牛は、松阪牛や近江牛などの産地にも出荷されている。種牛の一部は離れた場所に避難しているが、供給が減れば影響は全国に及ぶおそれもある。

 感染や被害が広がらないよう、政府は対策を加速しなければならない。

 口蹄疫は、牛や豚、羊など蹄(ひづめ)のある動物がかかる伝染病で、発熱して口の中に水ぶくれができ、乳の出が悪くなったり肉質が落ちたりする。感染力が強く、最もこわい伝染病の一つだ。

 国内で口蹄疫が見つかったのは、92年ぶりに発生した2000年春以来だ。このときは、宮崎県と北海道で740頭の牛が処分された。

 今回は、4月20日に宮崎県で最初に牛の感染が確認され、半径10キロ以内の家畜の移動禁止措置がとられたが、5月に入って豚を中心に感染が急増した。人の靴や衣服についてウイルスが広がったようだ。殺処分の対象になった家畜はすでに前回の100倍以上とけた違いの規模だ。

 前回のウイルスは牛にしか感染しなかったが、今回は豚も含めて広く感染している。英国では01年、発見の遅れもあって大流行を招き、数百万頭が処分された。このときのウイルスも牛、豚、羊などに感染するタイプだった。

 今流行しているウイルスは、遺伝子の解析から韓国や香港で流行しているものと非常に似ていることがわかっている。ウイルスが畜産物や人などについて運ばれてきた可能性がある。

 韓国では1月から始まった流行がまだ続き、対策に手を焼いている。ウイルスが日本に入ってきて不思議はない状況だった。事前の警戒や備えは十分だったか、反省材料だろう。

 現地では、家畜の殺処分が決まっても、埋める場所がなく、そのまま飼育を続けなければならない例も多いという。畜産農家は経済的な打撃に加え、精神的な疲労も濃い。拡大防止のためにも、農家の支援が大切だ。

 今のところ、感染は同県内の一部の地域にとどまっているが、ほかの都道府県にも広がるおそれはある。平野博文官房長官は16日、現地入りし、東国原英夫知事と対策を協議した。家畜の伝染病対策は法律上、まず県の責任だとしても、県外への感染拡大の恐れや被害の規模を考えれば、政府が主導して迅速に態勢を整えるべきだ。

 消費者にも冷静な対応が求められる。感染した家畜の肉は市場には出回らないし、仮に食べても人には感染の恐れはない。風評被害で農家を苦しめるようなことは慎みたい。

リンク: 【主張】口蹄疫被害 種牛も汚染された不手際 - MSN産経ニュース. 2010.5.18 02:50

 宮崎県家畜伝染病の「口蹄(こうてい)疫」が爆発的に広がり、宮崎牛ブランドを支える種牛までが、殺処分の対象となった。

 10年前の流行時の100倍以上、約8万6千頭もの牛や豚を殺処分せざるを得ない非常事態で、被害総額は160億円にも上る。

 政府はようやく鳩山由紀夫首相を本部長とする対策本部を発足させたが、日本の畜産業全体に打撃が及ばないよう、迅速に対処していくべきだ。

 宮崎牛の種牛は、松阪牛や近江牛、佐賀牛にもなる貴重な遺伝子資源であり、日本の知的財産として守られてきた。一元管理する県家畜改良事業団でも感染の疑いが出て、肥育牛と合わせ約300頭が殺処分の対象となった。

 宮崎県は最近になって、最も優れた種牛6頭を隔離、避難させている。これらにまで感染が広がれば、宮崎牛の生産は壊滅的な事態にもなりかねない。

 口蹄疫の被害は宮崎県東部だけでなく、熊本と鹿児島両県に隣接する地域にも飛び火している。監視体制を強化するとともに牛豚の移動禁止を厳守して封じ込め、県外に感染を拡大させないことが重要だ。人や車の消毒も、さらに徹底せねばならない。

 今回は被害の90%以上が豚だ。専門家によると、豚は一度感染すると、大量のウイルスを放出して感染を広げてしまう。養豚場を中心に家畜の健康に細心の注意を払うなど、流行の特徴をとらえた防疫を進めることが肝要である。

 中国や台湾、韓国でも発生していた。これだけ人や物資の流れが激しい時代だ。海外の情報をいち早く把握し、速やかに対応すべきだった。感染経路を可能な限り特定して、今後の対策に役立てることも忘れてはならない。

 1頭でも感染が確認されると、その農場のすべての牛豚を殺処分にしなければならず、農家の痛手は大きい。損害は国や家畜共済などで全額補償されるが、手塩にかけた牛豚を殺処分する心理的なショックや、畜産を続けられないのではとの不安が生じる。風評被害の影響も懸念される。

 国や宮崎県の対応のまずさは指摘しておきたい。初動が遅れ、その後も緊張感に欠けていた。赤松広隆農林水産相は外遊に出て、地元民の怒りをかった。

 鳩山政権の危機管理を批判されても、反論できないだろう。今後の反省材料とすべきである。

過去記事 毎日新聞社説
口蹄疫感染 全力で拡大の防止を 毎日社説 10/05/15

過去記事 読売新聞社説
口蹄疫感染拡大 封じ込めに全力を挙げよ : 社説 読売 10/05/18

経過の説明、被害状況の深刻さの紹介、遅かった初動・低い危機管理意識の指摘、漠然とした政府への対策要望にとどまり、前向きな具体案の提示がない論説にとどまっていて物足らない。

| | コメント (0)

手足口病が急増 重症化の懸念も

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 手足口病が急増 重症化の懸念も : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

主に乳幼児の手や足、口内の粘膜に水泡性の発疹ができる「手足口病」の

201005182960831n

患者が、3月から急増している。

 全国約3000の小児科医療機関が国立感染症研究所に報告している患者数は、8週連続で、同じ手法で調査を始めた2000年以降で同時期の最多となった。5月2日までの1週間は、1機関当たり0・84人で、昨年同期の約8倍に上った。

 手足口病は、大半は軽症で済むが、今年は重症化の恐れがある「EV71」という型のウイルスが報告の8割を占めている。髄膜炎などの合併症を引き起こすことがあり、感染研は「激しい頭痛や高熱がある時は、すぐに医師の診察を受けてほしい」と呼び掛けている。

(2010年5月18日 読売新聞)

昨年春には中国で流行しているとの報道があった。

中国:手足口病で児童ら18人死亡 4万人超が感染 09/03/30

手足口病は、何種類かのウイルスが原因で、手のひら、足の裏、口の粘膜に水疱瘡のような水泡ができる、夏に流行する小児に多い病気。

日本医師会のサイトによれば、

一般的には、発熱で始まる軽い病気で、ほとんどの人が、1週間から10日程度で自然に治ります。合併症も、ほとんどありませんが、まれに髄膜炎等の中枢神経症状が発生し、入院が必要となります。

とあり、普通はあまり恐れる必要はない病気とされている。

発熱は、通常は軽度で一時的だが、突然の高熱或いは微熱でも持続するもの、嘔吐を繰り返すもの、意識状態に変化が見られるものは注意信号。

予防方法は

・有効なワクチンはない。
・手洗いの励行(これは特におしめ等を交換した時重要)
・汚れた衣服は洗濯する
といった一般的な注意が必要。

漢方では、このような症状のときは、発表剤で対処することが多く、

初期には、麻黄湯。
カユミが強いときは、桂麻各半湯。
中期以後には、越婢加朮湯
などの処方が使われることが多い。

水毒症状が加わっているときは、五苓散や桂枝加黄耆湯。

表熱ある場合は、十味敗毒湯なども使う。

関連過去記事

ウイルスが糖尿病発症の引き金に 09/03/24

| | コメント (0)

2010年5月18日 (火)

口蹄疫感染拡大 封じ込めに全力を挙げよ : 社説 読売

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 口蹄疫感染拡大 封じ込めに全力を挙げよ : 社説・コラム : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 家畜の伝染病である口蹄疫が、宮崎県で猛威を振るっている。感染が広がれば、日本の畜産全体に甚大な被害が出る。政府は封じ込めに全力を挙げるべきである。

 口蹄疫は、牛や豚など蹄のある動物がかかる病気だ。人体に影響はないが、ウイルスによる感染力が強く、治療法はない。感染した家畜だけでなく、一緒に飼育されている家畜もすべて「殺処分」するよう義務付けられている。

 4月20日以降、疑いのある例を含めて100以上の農場で発見され、処分しなければならない牛や豚は8万5000頭を超えた。

 国内で確認されたのは、2000年以来10年ぶりだ。当時は、宮崎県と北海道で740頭の牛が処分され、3か月で終息した。

 今回は発生後1か月で、殺処分の対象となった家畜が前回の100倍を超えている。

 長年かけて育て上げた種牛に、感染が広がったことも大きな打撃だ。宮崎産の種牛は評価が高く、子牛は県外に出荷され、松阪牛などのブランド牛として育てられるケースも多い。

 県は、感染を避けて事前に一部の種牛を移動させたが、避難した種牛にも感染の恐れがあるという。出荷する子牛が減れば、全国の産地が影響を受ける。

 発生地では、半径10キロ以内の家畜の移動を禁止し、ウイルスを運ぶ可能性がある人や車を消毒するなど、封じ込めに躍起だ。

 だが、この間の行政の対応は、十分とは言い難い。

 宮崎県は最初に疑いのある水牛の事例が農家から報告された後、3週間たって初めて感染を確認した。その間に感染が拡大した可能性が高く、県の判断は甘かったと言われても仕方あるまい。

 農林水産省にも問題があった。今年に入って東アジア各地で口蹄疫感染が報告され、韓国では4月には被害が拡大していた。こうした国々からウイルスが宮崎に上陸した疑いもある。水際で防ぐ措置が必要だったのではないか。

 現地の畜産農家は、精神的にも経済的にも打撃を受けている。処分した家畜を埋める土地が見つからない農家も多いという。

 感染防止を確実にするためにも農家への支援は重要である。

 01年に口蹄疫が大流行した英国では、対応の遅れで600万頭以上の処分に追い込まれた。

 政府は対策本部を設置し、1000億円の予算措置を打ち出したが、被害が拡大するようであれば、追加対策も検討すべきだろう。

(2010年5月18日01時05分  読売新聞)

.今日の読売新聞は口蹄疫を1面、3面、社説、9面、35面と5箇所に、それも多段の記事で、口蹄疫オンパレードの様相。
今日になって突如と言う印象。
この社説も問題点の追求には触れていないし、具体的な提案提言はなくピンボケ。
今までどんな取材をしていたんだろうと疑問がわく。
「英国では、対応の遅れで600万頭以上の処分」という前例があるのだから、宮崎で発生当初から警告を鳴らすのが大メディアのセンスであり務めではないか。

行政だけでなくマスメディアの取り組みも初期からおかしかった。
扱いが小さく遠慮がちで不思議だった。

非常事態の認識ができず長期バカンスをとって平気な政治家に主導される不幸を嘆く声もむべなるかな。

政治家同様に非常時にもバカンス優先のメディア人は政治家や行政を責める資格はありそうもないし・・・

ネットでは発生源、状況に関してメディアが伝えない情報が流れている。
真実の背景はネットでないと得られない時代になったことが明らかになってきたのが今回の騒動だ。

正確な情報が提供され、初期対応が迅速に的確に行われていれば、前回発生時と同様に少数の家畜処分と小額の損失で片付いたであろう。

1000億円の無駄金にはもったいなくて腹立たしいが、それ以上に長年の労が一瞬にして無に帰してしまった畜産家へのダメージも心配だ。

| | コメント (0)

宮崎市が動物園を無期限休園 口蹄疫問題

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

こんなことにもなっている。

リンク: 宮崎市が動物園を無期限休園 口蹄疫問題 - MSN産経ニュース. 2010.5.17 13:32

 宮崎県口蹄(こうてい)疫の感染が広がっている問題で、宮崎市は17日までに、同市フェニックス自然動物園を同日から無期限で休園とすることを決めた。これまで入り口に消毒マットを敷いたり、大型連休中の動物との触れ合いイベントを中止したりするなどの措置を取ってきたが、動物の搬出制限区域が同園に近接してきたことなどから、休園を決めた。

 同園は、キリン5頭や、フタコブラクダ4頭など、口蹄疫に感染する可能性のある偶蹄類の動物14種類を飼育。敷地面積は約13ヘクタール、飼育動物は115種類で、年間約30万人の来場者がある。

| | コメント (0)

口蹄疫、伝説の種牛「安平」も殺処分に 農家「悔しい」

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

こんな勿体ないことが起こってしまっている。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):口蹄疫、伝説の種牛「安平」も殺処分に 農家「悔しい」 - 社会. 2010年5月17日14時42分

Seb201005170007_2

 「宮崎牛」ブランドを支える種牛を一括して管理する宮崎県家畜改良事業団(同県高鍋町)で、家畜の伝染病、口蹄疫(こうていえき)の疑いのある肥育牛が見つかったため、同事業団で飼われていて殺処分されることになった種牛49頭の中に、全国の畜産関係者の間で「伝説の種牛」と呼ばれている「安平(やすひら)」も含まれていた。人間にすると約100歳にあたる21歳。種牛としては引退し、同事業団で余生を送っている。安平の精液から人工授精で生み出された子牛は約20万頭にのぼり、精液は今も冷凍保管されている。

 安平の両親はともに兵庫県の但馬牛の血を引く、「スーパー種牛」と名をはせた「安福」(宮崎県産)と、「スーパー母牛」と言われた「きよふく」(岐阜県産)で、宮崎県内で人工授精され、同県佐土原町(現・宮崎市)で1989年4月12日に生まれた。

 他の種牛と比べても若い頃から精液の質が高く、頭角を現し、評判が広がった。

 多くの種牛は引退とともに処分されるが、宮崎県の畜産業に非常に貢献した「安平」は、最期まで飼い続けようと、同事業団で飼育が続けられていたという。残された精液は「貴重な遺伝子資源」として、今後も、品種改良や研究に活用される。

  同県国富町で肉牛約220頭を飼育する畜産農家の笹森義幸さん(47)も「宮崎牛ブランドを支えてくれた宝」とその存在の大きさを語る。

 笹森さんは、高品質の肉牛を育てていることなどから、1998年度に農林水産祭で内閣総理大臣賞を受けた経験がある。そんな農場経営を支えたのが「安平の子どもたち」だったという。

 笹森さんは「(安平の子どもには)モモまでサシが入り、無駄な肉が少ない。すばらしい肉質の子どもが生まれる」と、安平の力を語る。

 笹森さんは「(安平には)余生をのんびりと過ごしてほしいと思っていたのに……。口蹄疫への政府の対応の遅れで感染が拡大し、安平の命まで奪われることになった。残念だし、悔しい……」と声を詰まらせた。

 安平を生後約240日まで育てた宮崎市佐土原町の畜産農家、永野正純さん(61)は「何と言ったらいいのか分からないくらい悲しい。宮崎の畜産業のレベルを飛躍的に向上させてくれたのに。あれほどの牛はもう生まれない。種牛はもう6頭だけ。宮崎の畜産は立ち直れないのではないか」と悔しそうに話した。(松井望美、石田一光)

| | コメント (0)

2010年5月17日 (月)

口蹄疫拡大阻止へ国が対策本部 経済支援などに1千億円

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

発生報道から、対策の体制がとられる今日まで1ヶ月とは・・・

この意識の低さは何なのだろう。

メディアの報道の小ささも不可解だった。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):口蹄疫拡大阻止へ国が対策本部 経済支援などに1千億円 - 政治. 2010年5月17日13時11分

 鳩山内閣は17日、宮崎県で発生した家畜の伝染病、口蹄疫(こうていえき)の被害拡大を食い止めるため、政府対策本部(本部長=鳩山由紀夫首相)を同日中に発足させ、実務者らの現地対策チームを宮崎県に常駐させる方針を決めた。予備費から1千億円規模の拠出を行い、防疫体制強化や被害農家への経済支援などを行う。山田正彦農林水産副大臣や小川勝也首相補佐官(農業政策担当)も常駐させる考えだ。

 首相の指示に基づき、同日午前、関係省庁の局長らが緊急に協議した。赤松広隆農林水産相は副本部長に就く。記者会見した平野博文官房長官によると、対策チームは農林水産省や防衛省、総務省、財務省など関係省庁の実務者らを防疫強化、経済支援、調整連絡の3グループに編成。車両や生活道などの消毒ポイント設置や、高速道路周辺の消毒対策の強化に加え、家畜を殺処分するなどの被害を受けた畜産農家に対する支援金の支払い手続きの簡素化などを行う。広報体制も強化する。

 また、首相はこの日午前、首相官邸で全国肉牛事業協同組合など畜産関係者らと会談。同席した筒井信隆衆院議員によると、首相は今回の事態を受け、家畜伝染病予防法の改正か特別措置法の制定を検討することを表明した。その上で、首相自身が宮崎入りする考えも伝えた。

 宮崎県の口蹄疫問題は先月下旬に確認され、16日までに感染疑い・確定例は計111例、殺処分の対象になった牛や豚などは計8万5723頭にのぼっている。平野氏は16日に宮崎県庁で東国原英夫宮崎県知事と会談。要望を首相に伝える、としていた。政府は4月20日に口蹄疫対策本部(本部長=赤松農水相)を設置したが、首相自身をトップに据えて格上げすることにした。

リンク: 「生産者の無念、尋常でない」口蹄疫で東国原知事 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

平野官房長官は16日、宮崎県庁を訪れ、口蹄疫対策を巡り、東国原英夫知事と会談した。

 農家の経済的損失の全額補償など国の支援を要望した知事に対し、平野長官は「危機管理という考え方で対応しなくてはいけない。農家の生活安定についてもしっかりと受け止めて対応したい」と述べた。

 知事は会談で、殺処分対象の家畜が8万頭を超えたことや、種牛を一括で管理している県家畜改良事業団にも感染が拡大したことなどを説明。「生産者の無念さ残念さは尋常ではない。現場は非常に疲弊しており、防疫対策の作業員の増員が必要だ」と話した。

 この日はまた、社民党党首の福島消費者相も宮崎県庁で知事と会談。知事は風評被害防止などを求める要望書を手渡した。福島氏は「激甚災害以上の救済がされるよう内閣の下で頑張ってやっていきたい」と答えた。終了後、記者団の取材に、福島氏は「『内閣として(畜産農家の)生活支援はしっかりやっていく』と知事には申し上げた」と話した。

(2010年5月17日07時43分  読売新聞)

.

| | コメント (0)

2010年5月15日 (土)

口蹄疫感染 全力で拡大の防止を 毎日社説

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 社説:口蹄疫感染 全力で拡大の防止を - 毎日jp(毎日新聞).

 牛や豚など、蹄(ひづめ)のある家畜の伝染病である口蹄疫(こうていえき)が宮崎県で猛威をふるっている。処分が必要な牛や豚は7万頭を超え、92年ぶりで国内発生した前回(2000年)の約740頭と比べ、けた違いに被害が拡大してしまった。

 感染の疑いは、同県中央部だけでなく、熊本、鹿児島両県に隣接する地域でも報告されている。発生した場合、感染の拡大を防ぐため、一定の地域で牛や豚を動かさないようにしたり、区域外に移動できなくする措置がとられる。

 しかし、ウイルスは人や車に付着して運ばれるケースもあるため、被害は、県外も含めさらに広がる可能性がある。

 また、南九州は子牛の産地でもある。本州など各地に出荷されており、被害の影響は広範囲に及ぶ。

 発生地では自衛隊も出動し、処分された家畜の埋設を行っている。しかし、人手のほか、埋めるための土地の確保も十分でない。さらに、人の移動による感染拡大を防ぐため、消毒や立ち入り制限措置がとられ、地域の経済活動にも大きな影響が出ている。

 前回の感染の際には、家畜の飼料に使われた中国産のわらが感染源と疑われ、その後、輸入の際に殺菌する措置がとられるようになった。しかし、こうした措置だけでは万全ではなかった。

 最初に感染の疑いが確認された日の10日ほど前に、口の中がただれた牛が見つかったものの、口蹄疫ではないと判断された。その間に感染が広がっていったことになる。

 今回のウイルスは、韓国と香港で今年発生したウイルスと遺伝子が極めて似ているようだ。国境を超えた往来が頻繁に行われている状況下では、人や物にウイルスが付着して持ち込まれる可能性も高くなる。

 ウイルスは感染するたびに変異するため、どちらから流入したのか、特定は難しいというが、周辺諸国で発生している場合、もっと敏感な対応が必要だったのではないだろうか。今回の反省点としたい。

 自民党など野党は、初動の遅れが被害を拡大させたという地元の声を背景に、鳩山政権への追及姿勢を強めている。感染が拡大しているさなかに、赤松広隆農相が外遊していたことも追及の材料だ。

 夏の参院選を控え、鳩山政権の新たな失点としたい自民党など野党と、防戦に追われる政権側という構図となっている。

 しかし、被害の拡大は深刻で、政争の具にしていい状況ではない。感染の拡大を止め、被害を受けた畜産農家の救済に全力をつくしてもらいたい。

毎日新聞 2010年5月13日 2時30分
鳥インフル騒動と比較してマスメディアの口蹄疫の取り上げ方ははるかに小さかった。
最近やっと重大さに気づいたのか報道がの扱いが大きくなってきた。
手塩にかけて育てた何万頭もの家畜を自らの手で殺さねばならない畜産農家の方々の気持ちを考えると涙を禁じえない。

| | コメント (0)

2010年5月14日 (金)

奇妙な献立偏る栄養 教育ルネサンス

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

読売新聞朝刊の教育ルネサンスで、当世給食事情というシリーズが始まっている。

リンク: (1)奇妙な献立偏る栄養 : 教育ルネサンス : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 ▽カレーうどんとアメリカンドッグ、小倉白玉、牛乳▽みそラーメンとあんドーナツ、果物、牛乳▽キムチ焼きそばとクロワッサン、イカナゲット、イヨカン、牛乳……。

 栄養バランスの乱れたこんなメニューが、学校給食で出されている。

 昨年末に出版された『変な給食』で、実態が明らかにされた。著者は、『粗食のすすめ』でも知られる管理栄養士の幕内秀夫さん(57)。長女が通う小学校の給食に疑問を抱き、10年以上前から学校給食の献立表などを保護者や学校栄養士らから集めてきた。

 これらの情報をもとに、41自治体の公立小学校で2004~09年に出された給食73点を再現、写真入りで掲載したところ、本は話題を呼び、初版から半年弱で7刷、計4万5000部に。保護者や学校栄養士らを中心に、反響も多数寄せられているという。

 幕内さんは、変な献立を、〈1〉ドーナツとラーメンのような「超ミスマッチ献立」〈2〉お菓子給食〈3〉焼き鳥と焼きそばといった居酒屋風〈4〉量や品数が少ない「貧乏給食」――などに分類する。その上で、献立全体に共通する問題点として、砂糖と油を大量に使用する傾向があると指摘する。

 「これらの給食は、脂質やエネルギーが過剰な一方、食物繊維やビタミンが不足するなど栄養が偏っていることが多く、子どもの健康を害しかねない」と、警鐘を鳴らす。

 給食1回分で栄養摂取基準を満たすのは難しいため、献立は10回や1か月単位で考えることが多い。同書で給食が紹介された東京都内のある自治体も、「ある1回分だけを見ると栄養が偏るのもやむを得ない」と釈明する。

 これに対して、幕内さんは「子どもが好きなメニューの方が、食べ残しも少なく無難と考えているのでは。だが、今の子どもたちは偏食傾向にあり、好きなもの中心だと偏った献立になる。『食べたい』ではなく、『食べさせたい』給食を出すべき」と指摘する。

 学校給食に詳しい長崎大学の中村修准教授(52)(環境経済学、食育)は、「そもそも学校栄養士は、大半が献立作成について特に訓練を受けておらず、栄養バランスが良く食べ残しの少ない献立作りに苦労している場合が多い」と、変な給食が出現する背景を分析。「このままでは、糖尿病など生活習慣病につながる危険がある」と警告する。

 栄養源として、あるいは食の教材として、学校給食の果たす役割が広がっている。各地の取り組みを紹介する。(奥田祥子)

 学校給食 1954年施行の学校給食法によると、栄養士などが栄養管理を行い、献立を作って提供。公立小中学校では自治体の努力義務だが、小学校ではほとんどが実施している。

(2010年5月12日  読売新聞)

石塚左玄が「通俗食物養生法」という本の中で「今日、学童を持つ人は、体育も智育も才育もすべて食育にあると認識すべき。」と書いたのは、112年前の明治31年(1898年)のこと。

この言葉は、平成の今もそっくりそのまま当てはまる。

学校給食は子供の健やかな身体と心づくりに大いなる影響力をもつ大切な要素。

食育のカテゴリーはこちら

| | コメント (0)

2010年5月13日 (木)

爪は健康のバロメーター

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 【健康】爪は健康のバロメーター (1/2ページ) - MSN産経ニュース. 2010.5.11 07:24

 爪(つめ)は健康のバロメーターといわれる。二枚爪などの爪のトラブルは貧血のほか、内臓疾患など体の病気の兆候であることも多い。普段からこまめに手入れをし、爪の色や形状の変化をチェックすることで健康管理に役立てたい。(小川真由美)

 ◆鉄分不足は要注意

 日本ネイリスト協会理事で、カネボウトータルビューティアカデミーのネイルカレッジ長、萩原直見さんは「夏はネイルを楽しむ人も多いが、健康な爪が大前提。病気のサインでもあるので侮らないでほしい」と呼びかける。

 爪のトラブルは多岐にわたる。先端の表面が薄くはがれた二枚爪は男女比1対2の割合で女性に多い。このトラブルは貧血の人は要注意だ。爪の生え際から数ミリ内側部分には爪母(そうぼ)細胞(爪を生み出す細胞)がある。この細胞で鉄分が不足すると、二枚爪のほか、スプーンのように爪が反り返る「スプーンネイル」になることもあるという。

 けがなど明らかな外傷がないのに爪の面積が大きく、指先を包むように丸みを帯びるバチ状爪が両手足すべての指に出ている場合は心臓や肺の疾患が原因。正常より薄く弱い人は栄養不良や皮膚の病気、爪が白い人は肝硬変腎障害などの可能性があるそうだ。

 ゴム手袋の着用などで爪を保護しても、症状が改善しない場合は専門医を受診した方がよい。爪の状態が悪いままネイルをしたり、除光液を使ったりすると、細菌感染で爪が白や緑、黒などに変色するという。一般に内臓疾患が原因の爪のトラブルは疾患が治癒すれば解消されることが多いという。

 ◆ハンドマッサージ 

 トラブル対策として普段からの手入れも大事だ。

 爪を切る際、爪先(先端の白い部分)は0.5ミリくらい残す。肌に含まれる水分が約30%に対し、爪は12~16%と少ない。乾燥しやすいうえ、爪を短く切りすぎると指先に衝撃を受けやすく、乾燥がさらに進んでトラブルの元になる。除光液も使いすぎると水分と油分が失われ、爪が割れやすくなる原因になる。

 二枚爪は雑貨店などで売られている専用の接着剤(ネイルグルー)を爪の割れた部分に塗り、表面を爪やすりで削って整える。ちなみにネイルグルーは洋服やカーペットなど繊維に付着すると約百度に発熱するので注意が必要だ。

 週1回以上のハンドマッサージで血行を良くしたり、ネイルの持ちを良くするトップコートを爪に塗ったりするだけでも爪の保護や乾燥を防ぐのに効果があるそうだ。

 萩原さんは「指先を守る爪を常に良い状態に保つのは体調管理に役立ち、手元も美しくなる。生活に不可欠なケア」とアドバイスする。

                   ◇

「つけ爪」トラブル続発

 国民生活センターには、爪の上に人工爪を被せる「つけ爪」のトラブルが報告されている。トラブルの内容は「つけ爪を付けたら自爪にカビができた」「つけ爪をした2日後から左手が腫れた」「つけ爪を取る溶液で左手の指先から指の間がただれた。内科を受診し、抗生物質を服用」-など。

 同センターでは、(1)化学物質を大量に使うつけ爪は爪への負担が大きい(2)つけ爪用の溶剤はかぶれや引火に注意(3)消毒など施術時の万全な衛生管理(4)サロン選びを慎重に(5)時々、爪を休ませる-ことを指摘している。

漢方薬を選定する際の望証でも爪の状態を見る。

爪がデコボコしていて横に溝があるのはその部分が根元に在った時期に身体の異常があったとみなす。
爪が根元から爪先まで成長するのに9ヶ月かかるとされるので大体の時期がわかる。

健康な爪はピンク色で光沢がありなめらか。
光沢がなく波うっていたり線が見られるのは虚証と判断する。

爪を押さえて放したとき赤みが戻りにくいのは虚血(貧血)とみなす。
病気になっている時にやってみて戻りが良いのは快方に向かっているとみなされる。

| | コメント (0)

2010年5月12日 (水)

日本の平均寿命83歳、WHO加盟国中1位

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 日本の平均寿命83歳、WHO加盟国中1位 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 【ジュネーブ=平本秀樹】世界保健機関(WHO)は10日、2010年版「世界保健統計」を発表した。それによると、日本人の平均寿命は83歳で、欧州のサンマリノと並んでWHO加盟193か国中1位だった。

 日本は、女性が86歳で、フランス、アンドラ、モナコの85歳を抑え、単独1位。一方、男性は79歳で、81歳のサンマリノ、80歳のアイスランド、スイスに次ぐ4位だった。

 平均寿命が最も短かったのは、アフガニスタンとジンバブエの42歳。09年に41歳で世界一短命だったシエラレオネは、10年は49歳で平均寿命を延ばした。10年版統計は、08年時点の調査に基づいている。

(2010年5月10日20時26分  読売新聞)

寿命の過去記事

日本人平均寿命、女性は世界一、男性は4位 09/07/17

粗食は長寿、がん・心疾患・糖尿抑制 09/07/10

ちょい太、やせ形より7年長生き 09/06/10

やせると肥満より危険? 09/04/24

中年期での運動開始は禁煙と同等に男性の寿命を延ばす 09/03/17

| | コメント (0)

2010年5月11日 (火)

ミツバチ高騰 : 群馬

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

ミツバチ高騰 : 群馬 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

ダニやクマの被害で

 県内の養蜂農家で、ミツバチがダニやクマなどに襲われる被害が相次いでいる。近年のミツバチ不足に追い打ちを掛ける形となってミツバチの価格は高騰。果物や野菜の花粉交配に使う農家にも影響を与えているほか、転売目的とみられる巣箱の窃盗事件も発生している。

県内の養蜂農家などによると、蜜が詰まったミツバチの板状の巣(縦約15センチ、横約30センチ)の価格は、7、8年前は3000~4000円だったのに対し、現在は1万円ほどに跳ね上がっている。

 県内の養蜂農家約180人が加盟している県養蜂協会(前橋市)によると、価格高騰の最大の要因は、2007年秋に豪州から日本への蜂の輸入が伝染病のため禁止されたこと。日本は女王蜂の輸入のほとんどを豪州に頼っていたため、ミツバチの数が減少した。

 さらに、主に冬場のダニの大量発生が事態に拍車をかけている。07年度は262箱の被害だったが、08年度は909箱、09年度967箱と急増。養蜂農家が長年使っていた駆除薬への耐性がダニにできたためとみられる。

 昨年、巣箱の9割近くが被害にあったという渋川市の養蜂農家、福島紀男さん(65)は「壊滅的だった。ダニに栄養を取られて地面をはうミツバチばかりだった」とうつむく。

 クマの被害も増えている。09年度は149箱の被害で前年比61箱増となった。沼田市の小林市郎さん(81)の飼育する巣箱は、毎年被害に遭い、例年1割程度がクマに食べられるという。巣箱の周りに電線を張り巡らすなど対策を講じてきたが、バッテリーが減って電力が弱くなる頃を見計らって、クマが巣箱を荒らすという。小林さんは「クマにやられることを頭に入れて、毎年余分に巣箱を作っている」と話す。

 養蜂農家は冬場のイチゴに続いて3月以降、花粉の交配用にリンゴ、サクランボなどを作る農家に巣箱を貸し出す。小玉スイカの交配用にミツバチを借りている東毛地区の農協の担当者は「レンタル料は、数年前と比べて2倍近くの1箱2万円弱になっている。100箱購入すれば、単純に計算して100万円経費がかさむ」とこぼす。

 高値になった巣箱を狙う窃盗事件も増えている。県内では昨年度、県養蜂協会が把握している限りで17箱(85万円相当)の被害があった。今年4月には、副業としてミツバチを飼育していた前橋市内の男性の巣箱2箱が盗まれた。転売目的とみられ、県養蜂協会は所有をはっきりさせるため巣箱に養蜂場名を書くなどしているが、いまだ有効な手段は練られずにいる。

(2010年5月11日  読売新聞)

ミツバチがつくってくれるハチミツは健康食三種の神器のひとつ。

ハチミツの供給が異常になることは人の健康にとっては一大事。

カテゴリー「ミツバチ」はこちら

健康食三種の神器(2)ハチミツ 08/09/16はこちら

| | コメント (0)

子どもの細菌性髄膜炎 ワクチンで備え

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 子どもの細菌性髄膜炎 ワクチンで備え :日本経済新聞.

 子どもの細菌性髄膜炎を予防できる2種類のワクチンが出そろった。細菌性髄膜炎は重症になると死亡したり重い後遺症が出たりするが、病気もワクチンも認知度は低い。原因となる細菌の中には抗生物質が効きにくいタイプも増えている。医師は「まずワクチンで予防してほしい」と呼びかける。

 「ワクチンを打てば予防できます」――。「細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会」の高畑紀一事務局長は4月25日、JR京葉線南船橋駅前で仲間とともに予防接種を訴えるビラを配っていた。

 6年前、当時3歳だった長男が突然高熱を出し意識を失った。検査の結果、細菌性髄膜炎と診断されたが聞いたこともない病名だった。担当医から「死亡か、重い後遺症が出るか、回復するか、どれも3分の1の確率」と言われ、「目の前が真っ暗になった」という。幸い、長男は無事回復した。後に当時はまだ日本は予防ワクチンが承認されていないことを知った。「今はワクチンがある。かかったときに後悔しても遅い」と接種を勧める。

 細菌性髄膜炎は脳や脊髄(せきずい)を覆う髄膜やその中を満たす髄液に、血液などを介して細菌が入り込み増殖して発病する。小児の感染症に詳しい国立病院機構三重病院の神谷斉名誉院長は「中枢神経の周りで細菌が増えるので怖い病気」と話す。患者はほとんどが5歳までの乳幼児で、国内では年間約1000人と推定されているが、2~3割は運動機能障害や聴覚障害などの重い後遺症が出る。約5%は治療のかいもなく死亡してしまう。

 原因となる細菌は主にインフルエンザ菌b型(略称ヒブ)と肺炎球菌。細菌性髄膜炎のほか、中耳炎や肺炎、血液に菌が入る菌血症なども引き起こす。のどや鼻の奥にいるありふれた菌だが、免疫力がない乳児では細菌が体内に侵入して増殖すると重症化しやすい。

「8割予防可能」

 予防用のワクチンとしてヒブワクチンが2008年12月、今年2月には小児用肺炎球菌ワクチンが使えるようになった。「2つを接種すれば細菌性髄膜炎の約8割を予防できる」(神谷名誉院長)という。両ワクチンとも、生後2~6カ月で接種を始め、合計4回打つのが基本。接種開始時の月齢によって打つ回数は減ることもある。

 発売して間もないため副作用を心配する親の声もあるが、欧米ではかなり前から定期的に接種している。日本は世界的にも導入が最も遅れている国のひとつで、米国に比べてヒブワクチンでは20年、小児用肺炎球菌ワクチンは9年遅れてようやく承認された。接種したときに皮膚が赤く腫れることもたまにあるが、ほとんどは大きな問題にならない。日赤医療センター小児科の薗部友良顧問は「実績が豊富なワクチン。細菌性髄膜炎の予防効果の方がはるかに大きい」と説明する。

 ワクチン接種は小児医療で間接的な効果も期待できる。

 まず、診察時に処方する抗生物質の量を減らせることだ。細菌性髄膜炎は初期では高熱以外の症状がほとんどなくほかの病気と区別がつかない。血液検査で確定診断するのは難しく、医師は念のためにと抗生物質を処方する傾向がある。東京都医師会感染症対策委員長の和田紀之・和田小児科医院(東京・足立)院長は、高熱に見舞われた場合でも「ワクチンを接種していれば余裕を持って診療できる」と話す。

 抗生物質を投与しなければ効きにくい耐性菌を生み出すリスクも減る。東京小児科医会などの調査では耐性菌を持つ子どもの割合は、1歳半で約30%、同じ年の保育園児では80%に達していた。耐性菌が増えると、万が一のとき治療薬が限られ、治療がより難しくなってくる。

 子どもへのワクチン接種で高齢者の肺炎も減らせる。米国では小児に肺炎球菌ワクチンを導入した2000年以降、65歳以上の肺炎球菌による肺炎が約65%減った。「孫などとの接触で感染していた高齢者を減らせたからだ」(薗部名誉顧問)という。

助成まだ少なく

 ただ、ワクチンの普及はそう簡単ではない。国や自治体が費用を負担する定期接種と違い、ヒブワクチンも小児用肺炎球菌ワクチンも任意接種のため自分で払わなければならない。ヒブは1回7000~9000円程度、肺炎球菌は1万円程度かかる。4回ずつ接種すると8万円近くになる。費用を助成する自治体もあるがまだ一部だ。

 接種のしにくさも今後の普及への課題だ。小児は三種混合ワクチンなど数種類の定期接種も受けなくてはならないため、ヒブや肺炎球菌ワクチンを合わせると接種回数がさらに増え、医療機関に通うだけでも大きな負担だ。

 「『VPD(ワクチンで防げる病気)を知って、子どもを守ろう。』の会」を立ち上げた薗部顧問は「欧米では複数の予防接種を同時に打つことで子どもや親の負担を減らし接種率を上げている。日本でもこうした工夫が不可欠」と話す。

(西村絵)

[日本経済新聞夕刊5月7日付]

関連過去記事

ヒブワクチン定期接種を 10/01/18
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/--b617.html

ワクチン“格差”ヒブは20年 10/04/26
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/13---msn-7660.html

| | コメント (0)

2010年5月10日 (月)

農水相、全額補償を表明 処分対象6万匹超の口蹄疫

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 農水相、全額補償を表明 処分対象6万匹超の口蹄疫 - MSN産経ニュース. 2210.5.10 15:33

 宮崎県で家畜感染症の口蹄(こうてい)疫の被害が拡大していることを受け、赤松広隆農林水産相は10日、宮崎県庁東国原英夫知事と会談し、感染拡大防止などのために家畜を処分された農家に対し、全額補償を実施すると表明した。

 現在、家畜処分への補償は評価額の8割とされているが、農水相は会談で「(当面は)県が残りを措置し、後で国がやる。事実上の5分の5(の補償)だ」と強調した。

 同県で4月下旬からこれまでに、牛や豚の感染疑いが見つかった農家や施設は計56カ所。処分対象は6万匹を超えており、国内で過去最悪の被害規模になっている。

 また農水相は、家畜の埋設処分の場所として国有地を提供するほか、防疫態勢を確保するため獣医師を倍増させ、九州農政局からの人員派遣を現在の10人から100人まで増やすことなども打ち出した。農家に対する生活支援については「検討したい」と述べた。

一方でこんな報道がある

リンク: 宮崎隣接の熊本県知事「家畜搬出制限が緩い」 口蹄疫対策に疑問 - MSN産経ニュース.2010.5.10 12:45

 宮崎県で牛や豚に口蹄(こうてい)疫の発生が拡大している問題で、熊本県蒲島郁夫知事は10日、平成12年の発生時は宮崎県が半径50キロの搬出制限をかけたが、今回は20キロの制限となっていることを挙げ「(制限が)やや緩やかな気がする」と述べ、農林水産省宮崎県の防疫対策に疑問を呈した。

 同日、熊本県が設置した防疫対策本部の会議で述べた。蒲島知事は「今回は車両や人を介した感染が多いと思うが、病原菌の動きは全く予測できない」として、水際で防ぐための徹底した防疫対策を取るよう担当者に求めた。

 農水省によると、12年までの同省の指針では搬出制限は「半径50キロ以内」としていたが、同年の口蹄疫発生後に「原則20キロ」と変更した。

口蹄疫に関しての過去記事は

カテゴリー「口蹄疫」
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat39891968/index.html

| | コメント (0)

小児の「食物アレルギー」10年で2倍

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 小児の「食物アレルギー」10年で2倍 花粉症の増加と関係アリ? : J-CASTニュース. 2010/5/8 10:00

  食物アレルギーを患う子どもが10年間で2倍に増えた。卵、牛乳、小麦などを食べると皮膚に湿疹が出たり、目がはれたり、ひどい場合は呼吸困難に陥ることもある。

   しかしアレルギーの原因はわからず、花粉症の増加と関係があるのではないか、食物添加物が原因ではないか、など様々な憶測を呼んでいる。

   東京都福祉保健局は3歳児の保護者7247人に対し、アレルギー疾患に関する調査を2009年10月に行った(有効回答2912人)。1999年に行った同じ調査に比べて、「食物アレルギー」と「アレルギー性鼻炎」にかかる3歳児が急増していることがわかった。

  食物アレルギー患者が全体に占める割合は1999年が7.2%、2004年が8.5%、09年が14.4%。アレルギー性鼻炎は1999年が6.1%、2004年が9.2%、09年が11.1%となった。

   食物アレルギーは10年で2倍の急増だ。症状は「皮膚の湿疹」が90.8%で、ほとんどの子どもに見られた。「目のはれ」(19.7%)、「口のはれ」(19.1%)、「腹痛」(15.2%)、「呼吸困難」(8.2%)などもある。症状が出た食べ物は、「卵」(70.6%)が最も高く、次いで「牛乳」(26.7%)、「小麦」(9.7%)の順で高かった。

   初めて症状が出た月齢は生後7~12か月が41.2%ともっとも多い。次いで0~6か月が29.2%で、生まれてから比較的早く発症することがわかった。

   都福祉保健局健康安全部の担当者は、10年間で倍増した理由について、

「大気汚染、添加物の入った食品の増加、食生活の変化などが考えられます。ただ、食物アレルギーの仕組みは単純なものではなく、わからないことが多いのが現状です」

と話している。

「なぜ増えているのかは正確にはわからない」

  小児免疫アレルギー疾患が専門の宇理須(うりす)厚雄先生(藤田保健衛生大学坂文種報會病院)は、

「花粉症やぜんそくなどアレルギー全般で子どもの患者が増えているので、食物アレルギーも増えているだろうという印象はあります。学校で取った統計や外国の論文などでも増えたと報告されています。ただ、なぜ増えているのかは正確にはわかっていません。今回、都の調査で患者が10年で2倍になったのは保護者が学校に食物アレルギーの申告をするようになり、データに正確に反映されてきたことも影響していると考えられます」

と話している。

   宇理須先生によると、推測レベルではいろいろ言われている。

   1つは食生活の変化で、アレルギーが出やすいものを食べる機会が増えたこと。キウイフルーツやアボカドといった外国の食べ物を食べてアレルギーになる子どもが増えているのは、ここ10~20年で一般に出回るようになったから。乳児にアレルギーが多い「いくら」も昔は高級だったが、最近は身近な食材になり、よく食べられている。

   また、花粉症患者の増加と関係しているという説もある。花粉症の人は特定の果物に反応することがあるからだ。例えば白樺花粉症の場合はリンゴや桃、梨などの果物を食べてアレルギーが出る可能性があると言われている。

   食品添加物や抗生物質の使用が原因だという説もあるが、いずれも推測の域を出ないという。

関連過去記事

食物アレルギー 08/07/20
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_3c5c.html

食品衛生法でアレルギー表示が規定されています。

表示義務品目と表示推奨品目があります。

えびかにが表示推奨品目から表示義務品目に格上げになるとのことです。

表示義務(7品目)

卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに

表示推奨(18品目)

あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

*可能性表示の禁止

「卵が入っている場合があります」のような可能性表示は不可。

「本品製造工場では、○○を含む製品を(使用した設備で)生産しています」は可。

*表示不要

・店頭で量り売りされる惣菜・パンなどその場で包装されるもの

・注文して作るお弁当など

| | コメント (0)

2010年5月 8日 (土)

口蹄疫猛威4.5万頭を殺処分 「なぜ宮崎が」と悲鳴 : J-CASTニュース

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 口蹄疫猛威4.5万頭を殺処分 「なぜ宮崎が」と悲鳴 : J-CASTニュース. 2010/5/7 20:02

  宮崎県で牛や豚に感染する家畜病・口蹄疫が猛威を奮っている。10年前に県内で発生した際は35頭の殺処分で済んだが、今回は感染が確認されて数週間で約4万5000頭の殺処分が決定した。東国原英夫知事も「非常事態を宣言してもいい」と述べるほどで、早急な収束が望まれている。

   口蹄疫は牛や豚、羊など蹄が2つに割れている偶蹄類(ぐうているい)に伝染するウイルス性の家畜病。感染すると口や蹄に水疱ができ、衰弱して死ぬこともある。

東国原知事「非常事態宣言してもよいほど」

  極めて伝染力が強いということだけでなく、ウイルス抗原が変異を起こしやすいことから、根絶は困難とされている。人には感染せず、感染した肉を食べても影響はないものの、1997年に台湾で発生した際には、豚18万頭が死亡。385万頭が殺処分された。

   2010年4月20日、宮崎県の都農町で、牛数頭に感染した可能性があると発表された。当初は牛だけだったが、やがて拡大。27日には、同県川南町の県畜産試験場で、牛よりもウイルスが増殖しやすい豚で確認され、検査結果を待たずに試験場の豚計486頭の殺処分が決定された。県は家畜の移動制限や畜舎の消毒などで封じ込めを図っているが、5月7日までに35例の感染の疑いが確認され、約4万5000頭の殺処分が決定している。

   今後も拡大が懸念されており、東国原県知事も5日にあった県の口蹄疫防疫対策本部会議で、「非常事態を宣言してもよいと思うほど深刻な事態。農家は心理的な疲弊が予想される」と話している。

10年前は封じ込めに成功

  宮崎県は10年前、00年にも口蹄疫を経験している。そのときは日本国内の感染確認は実に92年ぶりだったものの35頭の殺処分で収束。米国の農務省からも「日本の一部地域で口蹄疫が発生したが、流行は迅速に封じ込められ、根絶された」とお墨付きを貰った。

   今回の流行は過去最大規模のものとなってしまったが、一体何が違っていたのか。県の口蹄疫防疫対策本部の担当者は、

「前回は小さい農家で散発的に確認されただけでしたが、今回感染が確認された川南町には、大規模の養豚場が集中しています」

と話す。初動防疫についても、10年前の経験を踏まえた上で、国よりも細かいマニュアルに則って行ったといい「危機管理はしっかりしています」。宮崎県は豚の飼養頭数が鹿児島県に次いで全国2位。口蹄疫によって豚・牛の移動・搬出が制限されているほか、競りも中止しており、今後の拡大によっては県の経済にとっても大きな打撃となる。

「発生農場を見ても、閉鎖型の最新施設で、防疫対策はかなりのものです。韓国や香港で感染が確認されて、心配してはいたのですが、もう『なぜ宮崎が』という思いです。現在こちらでは不休で防疫活動に当たっています。いち早く収束させないといけません」

と話している。

感染経路の報道がないのが不思議。

口蹄疫関連記事はこちら
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat39891968/index.html

| | コメント (0)

口蹄疫、人や車両を通じて感染か

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 口蹄疫、人や車両を通じて感染か 宮崎県、拡大防止を確認 - 47NEWS(よんななニュース).

 農林水産省の食料・農業・農村政策審議会牛豚等疾病小委員会の田原健委員長(鹿児島県家畜畜産物衛生指導協会専務理事)は6日、宮崎県で家畜の口蹄疫が広がっている問題について「ウイルスは人や車両などの移動で拡散している疑いが強い」との見方を示した。同委員会終了後、記者団に話した。

 小委員会はこの日、畜舎や車両の消毒を徹底するなど、豚などの口蹄疫の感染拡大防止策を確認した。

 宮崎県では5日までに川南町を中心に農家など計23カ所で感染疑い事例が見つかり、一部で感染が確認されている。小委員会は、感染の疑いがある農家に隣接した地域では口蹄疫が発生していないのに、離れた場所で発生していることなどから、ウイルスが風で運ばれている可能性は低いとしている。2010/05/06 18:32   【共同通信】

日本に上陸したのも人や車を通じてなのか?

感染した家畜やその肉が上陸していて感染源ということは?

関連過去記事は

豚1万8700匹殺処分へ 口蹄疫疑いは計19カ所に 宮崎 10/05/05
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/--msn-76aa.html

宮崎の口蹄疫は韓国と同タイプ 10/04/24
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/--msn-edeb.html

牛3頭に口蹄疫疑い 都農町の農家 10/04/21
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/----miyanichi-e.html

| | コメント (0)

幹細胞研究「行政が足かせ」…京大などが論文

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 幹細胞研究「行政が足かせ」…京大などが論文 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

倫理指針作り遅れ 硬直化

 再生医療などに道を開く「幹細胞」の研究が、日本では行政主導の指針作りによって遅れたとする論文を京都大と理化学研究所のグループがまとめ、7日付の米科学誌セル・ステムセル電子版に発表した。

 幹細胞研究は期待される一方で倫理面や安全面の課題も多く、文部科学省や厚生労働省などが、胚性幹細胞(ES細胞)の作製・使用、幹細胞を使った臨床研究など、分野ごとに倫理指針を定め、規制している。

 京大人文科学研究所の加藤和人准教授(生命倫理)らは、各指針の内容や制定過程を検証。規制の枠組み作りは政府の委員会や審議会での合意が基本で、決定に5~10年もかかっていた。

 省庁に専門家が少なく、担当職員が2、3年ごとに異動することも議論の遅れや規制内容の硬直化を招いていた。米国や西欧では科学者の組織が政策決定に重要な役割を果たしているのに比べ、研究者の組織や団体による調査・分析、政府への積極的提言がないことも問題だとしている。

 加藤さんは「規制のあり方を見直せば、さらに大きな成果を生み出せる」と話している。

(2010年5月7日 読売新聞)

医療は患者第一主義で。
医療提供者側や関連業者・管理する行政の便宜を優先するのでなく。

教育も生徒第一主義で。
教育提供側や関連業者・管理する行政の便宜を優先するのでなく。

| | コメント (0)

2010年5月 7日 (金)

「αリポ酸」で震え、めまい、動悸 「サプリメント信仰」は危険

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 「αリポ酸」で震え、めまい、動悸 「サプリメント信仰」は危険 (1/2) : J-CASTニュース. 2010/5/5 15:15

  体脂肪を減らすという触れ込みで、ダイエットをしている中高年の人気を集めているサプリメント「α(アルファ)リポ酸」を飲んで、震えや動悸が起きたケースがあることが分かってきた。

   αリポ酸は体内に存在し、糖をエネルギーに変えて燃えやすくする働きがある。ところが加齢とともに減り続け、二度と作り出すことはできないと言われている。そこで、手軽に補給できるサプリメントが数年前から中高年に人気となっている。

震えや動悸の正体は「低血糖症」

大手メーカーからも発売されていて、

   「それほど食べていないはずなのに太る、ダイエットをしてもなかなか以前のようにはやせられない、年齢とともにそのような変化を感じたら、ぜひα-リポ酸をお試しください」などと宣伝している。

   震えや動悸の正体は「低血糖症」だ。独立行政法人国立健康・栄養研究所は、αリポ酸を摂取して自発性低血糖症になる人もいるとホームページで注意を促している。

   低血糖症は一般的には糖尿病の治療に用いられるインスリン注射を打つ時などに起こる。ところがインスリンを摂取していないにもかかわらず低血糖症になることがあり、「自発性低血糖症」と呼ばれている。

   自発性低血糖症を引き起こす「インスリン自己免疫症候群(IAS)」は1970年に見つかり、世界で300例程度が報告されている。その9割は東アジアで特に日本に多い。特定の白血球の型がIASの発症に関係していると考えられている。この型を持っている人は欧米人では1%未満なのに対し、日本人は4~8%と高いからだ。

   また、αリポ酸が原因と見られるIASも報告されている。

   厚生労働省研究班(東京女子医大糖尿病センター内潟安子教授)が行った全国アンケート調査で、αリポ酸を飲んで震えや動悸が起きたケースが2007~09年の3年間で少なくとも17件起きていた。

   独立行政法人国立健康・栄養研究所のホームページには、こんな例が掲載されている。

   34歳の女性はαリポ酸を2週間程度、摂取した後に動悸と手足の震えが起こった。48歳女性は1か月程度飲んでいたら、冷や汗、吐き気、めまい、寒気の症状が出た。36歳女性は1か月で空腹時の異常な飢餓感、震え、発汗異常、思考力低下、浮遊感が現れた。35歳男性は4か月続けていたら、発汗や震えの症状が出た。23歳女性は3日間にわたって過剰に摂取したら、空腹時の手足の震え、舌のしびれ、全身の皮膚に発赤や発疹があった。いずれの場合も摂取を止めたら回復した。

サプリを過信してはいけない

  国立健康・栄養研究所の情報センター長、梅垣敬三さんは、

「健康ブームでサプリメントを飲む人が増えて、健康被害の報告も増加傾向にあります。ほとんどの人はサプリメントのいい情報しか知らないで飲んでいますが、飲む前に健康被害がありうることを知っておくことが大事です」

といっている。

    サプリメントや健康食品による健康被害はほかにもたくさんある。

   厚労省・医薬食品局食品安全部の担当者は、

「健康被害の事実はありますが、なぜそうなるのか、どのくらいの量を摂取すると症状が出るのか、といったことは明らかになっていません。そもそも食事や運動で健康維持するように心がけて、サプリを過信しないことです」

と注意を促している。

関連過去記事

親の15%幼児にサプリ 過剰摂取有害の恐れ 09/07/07

カテゴリー サプリメントはこちら
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat30913268/index.html

| | コメント (0)

何を学ぶか 新型インフル1年(下) “本物の危機”への対応は?

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 【何を学ぶか 新型インフル1年(下)】“本物の危機”への対応は? (1/3ページ) - MSN産経ニュース. 2010.5.5 07:00

 国民の25%に当たる3200万人が感染。最大200万人が入院、死者は最大64万人-。

 強毒性の鳥インフルエンザ(H5N1)由来の新型インフルになったと仮定して、厚生労働省がはじき出した国内の被害想定だ。死者の数を比較しただけでも、198人の被害に留まった今回のブタ由来の新型インフル(H1N1)とはまったく別物であることが分かる。

 多くの専門家が現在危惧(きぐ)しているのが、今回の経験から国民の間に「新型インフルエンザは大したことない」という印象が広まってしまうことだ。

 「新型インフル」とは、動物の間でしか流行しないウイルスが変異して、人から人へと感染することができるようになった状況の総称だ。もともと、最も新型になる可能性が高いと注目されていたのがH5N1と呼ばれる鳥インフルエンザだった。

 平成15年以降、東南アジアを中心にニワトリから人への感染報告が相次いで報告され、「新型への変異は秒読み段階」と警戒感が高まっていた。強い毒性が特徴で、これまでに感染した495人のうち、半数以上の292人が死亡したといわれる。

 このウイルスが変異するなどして、人から人に感染し始めると「新型インフル」となる。

 H5N1に関する著書を多数執筆している元国立感染症研究所研究員、岡田晴恵さんは「H5N1が新型になるのは時間の問題。そのことが今回の騒動で忘れられてしまっている」と警鐘を鳴らす。

 今回の新型インフルは弱毒性だったこともあり、発生当初の政府の対応が過剰だったとする批判が多かった。しかし、H5N1が新型となった場合、状況はまったく異なる。

 検疫の強化や学校閉鎖、無用な外出の自粛要請、企業活動の縮小要請…。色々な場面で個人の行動や自由が制限される可能性も覚悟しなければならない。

 「H5N1が新型になる前に弱毒性の新型を経験できたのは幸いだった」

 こう話す専門家は多い。

 今後の対策に生かせるような課題が見つかったからだ。例えば、海外発生時の国内の検査態勢。昨年5月16日に神戸市で国内感染者の1例目が見つかった際、すでに周囲の感染者は300人を超えていた。岡田さんは「水際対策ばかりに目がいっていたため国内の検査がおろそかになり、発見が遅れた」と指摘する。

 国は新型インフル対策総括会議で、こうした課題の洗い出しを進めている。

しかし、総括会議では「この会議で指摘されている色々なことは、平成15年のSARS(新型肺炎)の反省会でも指摘されていたことだ」(国立感染症研究所感染症情報センター、谷口清州室長)という指摘も出ている。15年5月にSARSに感染した外国人男性が日本を旅行していたことが発覚し、立ち寄り先のホテルなどでキャンセルが相次いだ騒動の反省を生かし切れていないというのだ。

 「1、2年で担当が変わる役人に危機管理は無理」との意見もある。今度こそ反省は生かされるのか。“本物の危機”が訪れてからでは遅い。

日本が誇るデータ
 「大げさ」と批判がある日本の対応だが、そこからは国内外の専門家の注目を集めるデータもとられた。

 1つは検疫強化の有効性を示すデータ。政府が昨年5月22日に水際対策を縮小してから、感染者の全数を国に報告することをやめた7月8日までに見つかった感染者の3割は渡航歴のある人だった。批判が多かった全数調査から分かった事実だ。

 国立感染症研究所の大日康史主任研究官は「国内で感染者が出てもしばらくは水際対策を続けるべきだ」と話す。水際対策をほとんどやらなかった米国や英国などでは、発生直後の昨春に大きな流行を経験しており、「日本の検疫は流行を遅らせるのに効果はあった」とする専門家は多い。

 また、大規模な学校閉鎖についても一定の効果がみられた。5月中旬に関西の高校生らを中心に広がった感染は、大阪府兵庫県の全県で学校閉鎖した直後、いったん終息した。専門家らは学校閉鎖の効果が出たと見ている。

(連載は、長島雅子と蕎麦谷里志が担当しました)

関連シリーズ過去記事

何を学ぶか 新型インフル1年(上) 国の行動計画に苦情噴出 10/05/04
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/13---msn-2c62.html

何を学ぶか 新型インフル1年(中) 麻痺した発熱外来、住民の不安をさばききれず
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/13---msn-b40a.html

| | コメント (0)

2010年5月 6日 (木)

漢方の効き目を科学する 厚労省班、処方の指針づくりへ

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):漢方の効き目を科学する 厚労省班、処方の指針づくりへ - アピタル(医療・健康). 2010年5月2日3時31分

 「漢方」がどんな人に効きやすいのか、医師が判定に役立てる指針作りに、厚生労働省研究班が今年度から乗り出す。慶応大病院、富山大病院など11施設が3年計画で数万人分の患者データを蓄積。体質や症状などと、効果との間に一定のパターンを見つけることで、科学的根拠の発見と治療の標準化につなげる。

 漢方は、西洋医学では治しにくい冷え性や、原因不明の体調不良の不定愁訴(ふていしゅうそ)など、様々な症状を総合的に治せると期待される。胃潰瘍(かいよう)などに効く柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)、インフルエンザに効く麻黄湯(まおうとう)など、現在148品目に公的医療保険が適用され、年間の売上高は1千億円以上。医師の7割が処方しているという。

 しかし、その効果について、医師の経験や患者の主観で判断することが少なくない。西洋医学の薬に比べて、科学的根拠の研究、蓄積が少ない傾向がある。

 厚労省研究班(主任研究者=渡辺賢治・慶応大漢方医学センター長)は患者の体質や症状などに応じて、薬を選ぶ判断材料を探ることにした。患者が受診の際、症状とその程度を0~100のスケールで入力し、西洋医学と漢方の診断名や処方薬のデータも集める。慶応大ではすでに約5千件のデータを蓄積。にきびや汗を伴う冷え性は「漢方が効きにくい」ことが分かった。

 慶応大の渡辺さんは「経験に基づく、伝統医学の匠(たくみ)の技について、きちんと科学的な根拠を示したい」と話している。(岡崎明子)

漢方薬は、病名以外の一定の条件の下で効果が発揮される。
それは証と表現される。

科学的に分析するとあるが、データを東洋医学の生理学・病理学に基づいて収集し解析しなければ訳のわからない結論になりそうな気がする。

漢方医学のカテゴリーはこちら
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/cat30991651/index.html

| | コメント (0)

2010年5月 5日 (水)

夜おしっこに起きる高齢者、回数多いほど高い死亡率

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):夜おしっこに起きる高齢者、回数多いほど高い死亡率 - アピタル(医療・健康). 2010年5月2日4時1分

 夜、おしっこに起きる回数が多い高齢者ほど死亡率が高い。そんな調査結果を東北大の研究チームがまとめた。2回以上の人の死亡率は1回以下の人の約2倍で、回数が増えると死亡率も高くなる。チームは死因を詳しく調べていないが、持病が悪化したケースのほか、トイレに起きて転んで骨折し、寝たきりになって死につながった場合が含まれているとみている。

 東北大の中川晴夫講師(泌尿器科)らが2003年から5年間、仙台市内のある地域に住む70歳以上の高齢者784人を追跡調査した。

 まず、1カ月間の平均的な夜間の排尿回数を聞いたところ、1回以下の人は425人だった。そのうち18人が調査期間中に死亡、2回以上の359人のうち35人が亡くなった。年齢や持病などの影響を考慮して分析したところ、2回以上の人の死亡率は1回以下の人の1.93倍だった。回数別では2回の人は1.59倍、3回2.34倍、4回以上3.60倍だった。

 中川さんによると、夜間の排尿回数が増える原因としては心不全や糖尿病、高血圧などが考えられ、そうした病気が死亡につながった可能性がある。夜間の排尿が2回以上の人の中には、死亡の直前に骨折で入院した人が数人いたことから、骨折が原因で寝たきりになり、全身状態が悪化して死亡に至ったケースもあったとみている。

 夜間の排尿回数が多いと骨折の危険が高まることは一部の専門家の間で知られている。夜間の排尿回数が多いと死亡率が上がることはスウェーデンの研究でも示されているという。

 中川さんは「夜間の排尿回数が多い人はかかりつけ医に相談してほしい」と話す。(野瀬輝彦)

夜間尿が起こるのは腎が虚している症状。

腎は、作強の官 とよばれ、精(生命活動を維持するための栄養素)を貯蔵しそれを全身に廻らす働きをしている。
腎は左右に二個あり、右の腎を命門と呼ぶ。
人は、父母からもらった 先天の気(生命エネルギー・腎気)を命門に蓄え、以後は自分の生命活動によって充実させて行く。
腎気は青年期がピークで以後減少して行き、尽きれば死を迎えることになる(天命)。

従って、腎気を充実させ永続させることが長寿につながる。
そのためには、補腎剤を常用することが有効になる。
八味地黄丸が代表処方。
八味地黄丸は、夜間頻尿の特効薬。

関連過去記事

寝たきり防止 八味地黄丸 09/11/16

コエンザイムQ10 老人性難聴予防? 09/11/17

骨粗鬆症 女より男が危険 09/12/28

男性更年期障害 09/02/27

| | コメント (0)

何を学ぶか 新型インフル1年(中) 麻痺した発熱外来、住民の不安をさばききれず

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 【何を学ぶか 新型インフル1年(中)】麻痺した発熱外来、住民の不安をさばききれず (1/3ページ) - MSN産経ニュース. 2010.5.4 07:00

 昨年5月16日、神戸市の医療体制は混乱の極致にあった。海外渡航歴のない市内の高校生の感染が公表されたからだ。日本国内での初の感染確認だった。

 「とうとう来たか」。神戸市の発熱相談センターの電話回線は、不安を訴える声でパンクした。感染者専用の治療拠点として市内9カ所に設置した発熱外来にも住民が押し寄せた。

 「感染公表前の5月15日に42件だったセンターへの電話が、17日に1875件、19日には2678件。電話がつながらないことに業を煮やした住民が発熱外来に殺到した」。神戸市保健所の篠原秀明予防衛生課長はそう振り返る。

 神戸市は5月20日から一般診療所でも診察できるように方針転換を迫られた。国もようやく6月19日、診療所での診察を解禁した。

   ◇

 国が強毒性の新型インフルを想定して平成17年に策定した行動計画では、自治体に発熱外来を設置。患者とそうでない患者を振り分け、感染の拡大防止を図ることを求めていた。

 しかし、瞬く間に患者が増えた今回は、発熱外来がまったく機能しなかった。

 こうした中、独自の対策で、医療機関の混乱回避に成功したのが仙台市だ。当初から一般の診療所で診察を行ったのだ。

 医師の資格を持ち、厚労省仙台検疫所長も務めた、岩崎恵美子仙台副市長(当時)は「発熱外来に患者が殺到することは目に見えていた。かかりつけの医療機関で診てもらい、自宅待機してもらった方が感染拡大防止になる」と断言する。

 仙台市医師会の永井幸夫会長は「市は医療従事者に対し、タミフル(抗ウイルス薬)やマスクなど十分な武器を与えてくれた。だからこそ一般診療機関での診察ができた」と、日ごろの行政との協力関係を奏功の理由に挙げる。

   ◇

 医療機関のドタバタは、全国的に流行が本格化していた昨年9月にも露呈した。感染すると重症化しやすい小児、妊婦、透析患者について、都道府県の半数以上が受け入れ可能な医療機関の把握を行っていないことが厚労省の調査で明らかになったのだ。

 これは、最も手厚いケアが図られなければいけない人たちの受け入れ体制が、整備されていなかったことを意味する。

 一足早く流行入りした沖縄では8月中旬、県内で唯一、小児集中治療室(6床)のある県立南部医療センター・こども医療センターがパンク寸前になった。

 慌てた沖縄県医師会は、診療所などに休日や夜間診療を依頼して患者を分散。医療機関が人工呼吸器の稼働状況などの情報を共有できるネットワークを構築して、危機を乗り切った。

 沖縄の教訓から神奈川県では、重症者の受け入れ可能な県内約50医療機関で空床情報の共有が始まった。神奈川県立足柄上(あしがらかみ)病院の高橋協(かなえ)副院長は「これまでなかった病院同士の連携が進んだ」とその成果を語る。

 教訓から学んだ医療機関同士や自治体との協力の大切さ。今後予想される新型インフルの第2波や、強毒性の新型インフル発生の際に、今回の反省を生かした医療体制の整備がカギとなることは言うまでもない。

      ◇

 ■若者が感染 高齢者に感染者が多い季節性インフルと異なり、今回の新型インフルでは若者の感染者が多かった。急性脳症の発症年齢や、ウイルス性肺炎の多発などの点でも、季節性とは異なる傾向があった。

 厚労省によると、新型インフルの推定患者数は約2068万人(3月21日現在)。年代別の推計では10代が756万人ともっとも多く、10歳未満の749万人が続いた。年代が上がるに伴い患者数は減少し、60代では17万人、70代以下では15万人だった。

 原因として、一定年齢以上の人は何らかの免疫を持っている可能性が指摘されている。

 子供がインフルに感染した場合、もっとも注意が必要な症状の一つが急性脳症。季節性では6歳未満に多いが、新型では10代など高い年齢の子供にも目立った。また、ウイルスが直接肺に入って増えるウイルス性肺炎の報告も小児の重症例で多く見られた。

関連シリーズ過去記事

何を学ぶか 新型インフル1年(上) 国の行動計画に苦情噴出 10/05/04
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/13---msn-2c62.html

| | コメント (0)

豚1万8700匹殺処分へ 口蹄疫疑いは計19カ所に 宮崎

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 豚1万8700匹殺処分へ 口蹄疫疑いは計19カ所に 宮崎 - MSN産経ニュース. 2010.5.4 19:31

 宮崎県は4日、新たに同県川南町の養豚農場2カ所で、口蹄(こうてい)疫に感染した疑いがある豚計6匹が見つかったと発表した。感染疑いが出た農家や施設は計19カ所となった。県は18カ所目の農場が飼育する豚約1万5750匹と、19カ所目の約3010匹の計約1万8760匹を殺処分する。

 すでに処分されたものも含め、これまでに処分対象となった牛や水牛、豚は計約2万7770匹。

 県によると、3日に両農場から口蹄疫の症状を示す豚がいると、宮崎家畜保健衛生所宮崎市)に連絡があった。家畜防疫員が立ち入り検査し、各3匹に鼻の水疱などの症状を確認。動物衛生研究所の関連施設(東京都小平市)の遺伝子検査で、陽性反応が出た。

 県は、同県えびの市の養豚農家1カ所で、口蹄疫の症状を示す豚3匹を確認したことを明らかにした。

関連過去記事は

宮崎の口蹄疫は韓国と同タイプ 10/04/24
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/--msn-edeb.html

牛3頭に口蹄疫疑い 都農町の農家 10/04/21
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/----miyanichi-e.html

| | コメント (0)

百日ぜき接種、免疫効果は小学高学年で半数が消失

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 百日ぜき接種、免疫効果は小学高学年で半数が消失 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

厚労省研究班「追加が必要」

 乳幼児期に受ける百日ぜきワクチンの効果が、小学校高学年になると約半数で失われることが、厚生労働省研究班の調査で明らかになった。

 社会全体の感染者が減ったため、菌にさらされて免疫を維持する機会が乏しくなったのが原因とみられる。3年前から国内で患者が急増しており、研究班は「11~12歳で接種する2種混合ワクチン(破傷風・ジフテリア)に百日ぜきも加えるなど、追加接種の必要がある」と指摘。国の定期接種計画の見直しを、近く厚労省に提言する。

 定期接種計画では、百日ぜきと破傷風、ジフテリアの3種混合ワクチンを、生後3か月~7歳半に計4回接種することになっている。これによって、百日ぜきの免疫は一生、持続すると考えられていた。

 ところが、2007年に大学生を中心とした流行が発生した。これを受けて、二つの研究班が11~12歳266人を対象に、百日ぜきに対する免疫物質(抗体)の量を調べたところ、122人(46%)は発症を防げる水準を下回っていた。

 そこで、抗体量が少なかった人のうち57人に、通常の2種混合ワクチンの代わりに、百日ぜきも加えた3種混合ワクチンを試験接種した。この3種混合は、乳幼児期に接種するものより有効成分が少ないが、51人(89%)の抗体が発症を防げる量まで増えた。

 試験接種を行った中山哲夫・北里大教授は「免疫のない人が増え続ければ、重症化しやすい乳児がワクチン接種前に感染する危険も増す」と話している。

 百日ぜき 激しいせきが数か月続く感染症。飛まつや患者への接触で細菌が感染し、7~10日間の潜伏期間を経て発症する。特に乳児は、手足のまひなどの後遺症や死亡の危険がある。米国の統計によると、生後6か月未満で発症すると0.6%が死亡する。

(2010年5月3日 読売新聞)

関連エントリー

百日ぜき患者数が最悪ペース、今年も流行の可能性 09/03/23

| | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

何を学ぶか 新型インフル1年(上) 国の行動計画に苦情噴出

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

大山鳴動した昨年の新型インフル騒動に総括が始まっている。

リンク: 【何を学ぶか 新型インフル1年(上)】国の行動計画に苦情噴出 (1/3ページ) - MSN産経ニュース. 2010.5.3 07:00

 〈新型インフルエンザの最初の流行(第1波)は現時点では沈静化していると判断しています〉

 3月31日に開かれた厚生労働省の第1回新型インフル対策総括会議。配られた資料には「流行の終息宣言」が添付されていた。会議の冒頭に長妻昭厚労相が読み上げるはずだった。

 しかし、国会対応に追われた長妻厚労相が会議に姿を現すことはなく、読み上げたのは厚労省の職員。大騒ぎのわりに、幕引きはあっけなかった。      

 昨年4月24日、メキシコなどで確認された新型インフルエンザ。厚労省によると、この1年間で日本では2068万人が感染し、死者は198人になった。通常の季節性インフルでも毎年約1千万人が感染し、1万人が死亡するといわれている。それに比べれば被害は驚くほど少なかった。

 しかし、ちょうど1年前のゴールデンウィーク。日本中が大騒ぎだった。

 ウイルスの毒性が低いことは、遺伝子分析で発生直後の4月下旬には判明していた。米国など「季節性並みで十分」と特別な対策を取らなかった国も多かった。日本の対応は正しかったのか-。

 国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センターの田代真人センター長は、日本の対応を「過剰反応」だったとみる。田代センター長は、世界保健機関(WHO)の会議にも出席し、各国の対応をつぶさにみてきた。

 「最初にボタンを掛け違えたことが最後まで尾を引いた」と田代センター長。

 もともと日本は強毒性の鳥インフルエンザ(H5N1)が新型インフルになると想定して行動計画を用意していた。

 昨年4月28日に政府が新型インフルの発生を宣言すると、水際対策などものものしい対策が動き出したのはそのためだ。

 「弱毒性であることが分かっていたのだから、結果的に過剰な対応で、新型インフルに対して(過度に恐れるなど)ネガティブなイメージを社会に植え付けてしまった」。田代センター長はそう振り返る。

 強毒性を想定した行動計画は自治体に対しても、感染者が1人出た時点で都道府県単位で学校を一斉閉鎖したり、集会の中止などを要請した。

 あまりの厳格な措置に、自治体からは「都市機能がまひする」といった苦情が噴出。国は段階的に水際対策を止め、休校の判断を自治体に任せるなど、弱毒性に応じた対策へと切り替えた。GWが明けた5月22日のことだった。

 しかし、最後まで「ネガティブなイメージ」を払拭(ふつしよく)することはできず、本格流行を迎えてからも医療機関に軽症患者が殺到するなど混乱は続いた。

 国の総括会議のメンバーの一人、神戸大の岩田健太郎教授(微生物感染症学)は「今回の対策を結果オーライで終わらせてはいけない。間違いは率直に認め、今後の対策に生かす姿勢が大切だ」と指摘する。

 専門家たちの間では、「猛毒性」だけの行動計画を見直し、毒性の強弱に合わせて柔軟に対応できる行動計画を策定する必要を説く声が多く出始めている。      

 新型インフル発生から1年。新しいウイルスに対して、日本はどう対処し、そこから何を学んでいくのか。専門家らの声を拾いながら検証してみる。    

 ■低い死亡率 「大げさ」の批判も出た日本の新型インフル対策だが、過剰さ故に被害が最小限にとどめられたという側面もある。国内の死者は198人。死亡率は10万人あたりで0・15人と、外国に比べて飛び抜けて低かった。

 集計方法が異なるという事情はあるが、厚労省によると最も死亡率が高かったのは米国。1万2千人が死亡したとされ、死亡率は10万人あたり3・96人。次いでカナダ同1・32人(死者429人)、メキシコ1・05人(死者1111人)。

 専門家らは(1)タミフルなどの抗ウイルス薬の積極投与(2)医療機関へのアクセスの良さ(3)学校閉鎖(4)国民の衛生意識の高さ-などを要因として挙げている。

 厚労省の上田博三健康局長は「死者を最小限に抑えるのが新型インフル対策の最大の目標だったので、死亡率が抑えられたことは良かった。ただ、どの対策がどの程度の効果を上げたかは今後、科学的検証が必要だ」と話している。

一方で、インフルワクチン副作用の問題も起こっている。

リンク: インフル複合ワクチンで副反応 5歳以下の250人に 豪州 - MSN産経ニュース. 2010.4.27 14:04

 オーストラリア保健省は27日までに、インフルエンザの複合ワクチン接種を受けた5歳以下の子供約250人が発熱やひきつけなどを起こしたことから、予防措置として5歳以下への同ワクチン接種を一時見合わせると発表した。

 ニュージーランド保健省によると、同国でも同じワクチン接種を受けた数人に副反応が出ている。これから冬を迎える南半球の両国では先月から接種が始まっていた。

 同ワクチンはオーストラリアの製薬大手CSL社製で、季節性インフルエンザと新型インフルエンザの複合ワクチン。同国メディアによると、世界に先駆けてこの複合タイプの接種が行われた。(共同)

| | コメント (0)

2010年5月 3日 (月)

がん治療ワクチン初認可…米FDA

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: がん治療ワクチン初認可…米FDA : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

 【ワシントン=山田哲朗】米食品医薬品局(FDA)は29日、米デンドレオン社の前立腺がん治療ワクチン「プロベンジ」を認可した。

 がんを予防するワクチンはすでに子宮頸がん用が認可されているが、治療目的のワクチンが認可されたのは初めて。今後、様々ながんで同様の手法が広がる可能性がある。

 このワクチンは、患者から採取した免疫細胞をがん細胞の目印となるたんぱく質にさらした後で注射する。その結果、患者自身の免疫機構が、がん細胞を攻撃するのを促す。

 512人を対象にした臨床試験では、進行した前立腺がん患者の生存日数を4か月余り延ばす効果が認められた。このワクチンを数年にわたって審査してきたFDAは「これまで有効な治療法が限られていた前立腺がん患者にとって新たな選択肢となる」としている。

(2010年5月1日 読売新聞)

この方面の研究が進み、癌に対する免疫療法が進歩することでガン克服の期待が増してくる。

| | コメント (0)

2010年5月 1日 (土)

病原性高いカビ、北米西海岸で拡大 吸い込んだ人に感染

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):病原性高いカビ、北米西海岸で拡大 吸い込んだ人に感染 - アピタル(医療・健康). 2010年4月29日8時44分

 【ワシントン=勝田敏彦】空中に浮遊して吸い込んだ人に感染し、最悪の場合、髄膜炎などで死亡させる病原性の高いカビ(真菌)が、カナダから米国にかけての北米西海岸で広がっている。症例はまれだが、米デューク大などの研究チームが、22日付専門誌プロス・パソジェンスに論文を発表して注意を呼びかけている。

 このカビは「クリプトコッカス・ガッティ」と呼ばれ、鼻から入って主に呼吸器に感染して増える。通常、発症するのは臓器移植を受けて免疫抑制剤を服用している人や、後天性免疫不全症候群(エイズ)の患者ら。

 米オレゴン州で新しく見つかった変異型は病原性が高く、感染した健康な人も発症する。持病がある人を含め、米国の21症例の死亡率は25%、カナダの218症例の死亡率は9%だった。

 このカビは熱帯や亜熱帯の原産と考えられているが、1999年に病原性の低い型がカナダ・バンクーバー付近で見つかった。研究チームは地球温暖化の影響で分布域が温帯に広がっている可能性を指摘。「北米での発生は憂慮すべきこと」としている。

     ◇

 亀井克彦・千葉大真菌医学研究センター教授によると、クリプトコッカス・ガッティは基本的に日本にいないとされ、旅行者が流行地で感染して帰国し、発症したケースなどが報告されている。亀井教授は「日本にすめなかった菌が気候変化などによりすめるようになる可能性に気をつけるべきだ」と話す。

従来から知られているクリプトコッカス・ネオフォルマンスが起こすクリプトコッカス症については、横浜市衛生研究所のサイトに解説がある。
http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/eiken/idsc/disease/cryptococcosis1.html

 一般人口でのこのクリプトコッカス症(cryptococcosis)の患者発生は、10万人につき年間0.2-0.9人の患者発生です。エイズ患者では、年間の患者発生は、1000人につき2-4人と、クリプトコッカス症(cryptococcosis)の発生が多いです。クリプトコッカス症はエイズ患者では最初のエイズの症状となることもあり、また死因となることもあります。
 クリプトコッカス症は、免疫力・体力が落ちた人たちがかかりやすい日和見(ひよりみ)感染の一つと考えられています(当・横浜市衛生研究所ホームページの「感染症情報」の「セラチア菌による日和見感染について」参照)。HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染者、強力なステロイドの投与を受けている人、臓器移殖を受けた人、慢性白血病、リンパ腫、サルコイドーシス、ホジキン病、癌の患者などで見られることがあります。
 人以外の動物がクリプトコッカス症になることがあります。特にネコがクリプトコッカス症になることが知られています。クリプトコッカス症になった動物・人から他の動物・人へのクリプトコッカス症の感染は起こりにくいと考えられています。また、鳥は病原体の Cryptococcus neoformans を運ぶことはあっても、鳥自身はクリプトコッカス症になりません。これは鳥の体温が高いために病原体の Cryptococcus neoformans の増殖が難しいことによるようです。

クリプトコッカス症(cryptococcosis)は、カビ(真菌)の一種である Cryptococcus neoformans によって起こされる感染症です。初めての感染(初感染)は、病原体の Cryptococcus neoformans を吸い込んで、肺で感染を起こす場合が多いです。この肺での初感染は、通常、何の症状もないことが多いです。免疫が抑制された状態で、この肺の病巣から、体の他の部分に病原体が広がって感染を起こしたときに初めて症状が出ることが多いです。それは、しばしば髄膜炎・脳炎であったりします。クリプトコッカス性髄膜炎の症状は、頭痛、発熱、無気力、昏睡、人格変化、記憶障害などです。クリプトコッカス性髄膜炎は、永続的な神経の障害を起こすことがあり、致命率は約12%です。アメリカ合衆国では、クリプトコッカス症(cryptococcosis)患者の85%が、HIV感染者から発生しています。免疫が抑制された人々、特にHIV感染者では、クリプトコッカス症(cryptococcosis)に対する注意が必要です。
 免疫が抑制された人々では、肺での初感染で症状が出ることがあります。咳、胸痛、痰、体重減少、発熱、血痰などの症状が出ることがあります。
 クリプトコッカス症(cryptococcosis)の治療には、アムホテリシンBなどの抗真菌剤が使われます。

 クリプトコッカス症は、免疫力・体力が落ちた人たちがかかりやすい日和見(ひよりみ)感染の一つと考えられています。免疫力・体力が落ちた人は、かからないように注意が必要です。また、免疫力・体力が落ちた人に対して周囲の人たちは配慮する必要があります。例えば、公園でハトにエサをあげて集まったハトを見るのは楽しいかもしれません。しかし、免疫力・体力が落ちた人たちにとって、ハトが集まるような場所は、クリプトコッカス症にならないために、近寄りたくない場所です。免疫力・体力が落ちた人たちが治療を受ける医療機関の周囲では、ハトにエサをあげるのはやめましょう。

とある。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »