« 新型インフル第一波は終息 厚労省 | トップページ | 朝ごはん 短時間で バランスよく »

2010年4月 2日 (金)

ビタミン 新たな効果

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: ビタミン:新たな効果 骨粗しょう症予防にD、K/脳卒中に葉酸 - 毎日jp(毎日新聞).  2010年4月2日 東京朝刊

今年は日本でのビタミン発見からちょうど100年を迎えた。体内で十分な量を合成できず、欠乏すると健康障害を起こすことで知られるが、最近は骨粗しょう症や生活習慣病の予防効果に注目が集まっている。【高野聡】

 バターやキクラゲ、魚類などに多く含まれるビタミンD。腸でのカルシウム吸収を助け、骨の形成に関与するため、欠乏すれば骨軟化症などの石灰化障害を起こす。

 京都女子大の田中清教授(臨床栄養学)は「1980年代以降、血液中のビタミンD濃度が測れるようになり、欠乏に至らない軽度の不足で、骨が折れやすくなる骨粗しょう症が起きることが分かってきた」と説明する。欧米の研究では、血液1ミリリットル当たりのビタミンD20ナノグラム(ナノは10億分の1)未満というのが不足の目安という。

 ではその濃度を確保するにはどれくらい摂取する必要があるのか。骨粗しょう症は高齢者が多くかかるため、田中教授は高齢者施設の入所者を対象に、ビタミンDの摂取量と、血中の濃度を調べた。その結果、5マイクログラム(マイクロは100万分の1)摂取しただけでは、血中のビタミンD濃度は十分に上昇せず、サケ一切れに含まれるビタミンDに当たる20マイクログラム摂取することで1ミリリットル当たり19ナノグラムまで上昇することが分かった。田中教授は「今後、日本人を対象に大規模な介入調査を行い、必要な量がどの程度なのか科学的に明らかにする必要がある」と話す。

 また緑色野菜や海藻、納豆などに多く含まれ、肝臓で血液凝固因子を活性化させるビタミンKが、骨に存在するたんぱく質の働きに関係していることも分かってきた。

 ビタミンKの場合も、摂取量によっては骨で不足するケースが起こる。小腸で吸収されたビタミンKは肝臓を経て骨に送られる。消化吸収力の低下した病気の人を対象にした田中教授の研究で、肝臓で足りていたビタミンKが、骨では不足しているという結果が出た。ビタミンKが肝臓で使われてしまうことが理由と考えられる。田中教授は「健康な成人なら平均して1日当たり250マイクログラムを摂取しているので量的には十分。しかし高齢者や病気の人は納豆などを積極的に食べたほうがよい」と指摘する。

     *

 一方、ホウレンソウなどの緑黄色野菜に多く含まれるビタミンB群の一種の葉酸。欠乏すると貧血を起こすほか、妊婦では胎児に二分脊椎(せきつい)症などの障害が起きるとして摂取が呼びかけられている。女子栄養大の香川靖雄副学長(人体栄養学)は「脳卒中などのリスクを抑えるためには、今以上の摂取が必要」と指摘する。

 香川副学長によると、海外の研究では、葉酸の血液中濃度が増すと、脳卒中や心筋梗塞(こうそく)のリスクを示すアミノ酸、ホモシステインの値が減る。このため世界52カ国では、小麦などの穀類に葉酸を添加して、葉酸摂取量を増やす政策をとっているという。98年に穀類の葉酸強化を導入した米国では、99年以降脳卒中死亡率が低下したという。

 厚生労働省が生活習慣病予防のための基礎的データとしてまとめた「日本人の食事摂取基準(2010年版)」は、18歳以上の男女の葉酸の推奨量を1日当たり240マイクログラム(妊婦は480マイクログラム)としている。推奨量を一律に増やすことには、専門家からも慎重な意見はあるものの、香川副学長は、これを同400マイクログラムに上げるべきだと主張する。女子栄養大では、地元の埼玉県坂戸市と共同で葉酸摂取量を増やすプロジェクトを06年から始め、葉酸を添加した食パンなどを開発している。

 ◇日本で発見から100年 海外より早く

 ビタミンの発見には日本人研究者が関係している。

 1910年、東京帝国大の農芸化学者、鈴木梅太郎(1874~1943年)が米ぬかから抽出した物質にかっけ予防効果があることを発見。この物質を「アベリ酸(後にオリザニン)」と名付け、同年12月13日の東京化学会例会で発表した。これが現在のビタミンB1だった。論文も発表したが、日本語だったため国際的に認知されなかった。

 一方、11年にポーランド人医師フンクが、同様の物質を米ぬかから抽出し、12年に生命(vital)に必要な化合物アミン(amine)という意味からビタミン(vitamine)と名付けた。その後アミンと構造が異なるビタミンも見つかったため、「vitamin」とつづりを変えた用語が定着した。

 社団法人ビタミン協会は、12月13日を「ビタミンの日」としている。

==============

 ■ビタミンDを多く含む食品

キクラゲ(1グラム)          4.4
サケ(60グラム)           19.2
ウナギかば焼き(100グラム) 19.0
サンマ(60グラム)          11.4
ヒラメ(60グラム)           10.8
イサキ(60グラム)           9.0
タチウオ(60グラム)          8.4
カレイ(60グラム)            7.8
メカジキ(60グラム)          6.6
なまり節(30グラム)          6.3

 ■ビタミンKを多く含む食品

卵(50グラム)           7
納豆(50グラム)       300
ホウレンソウ(80グラム) 216
小松菜(80グラム)     168
ニラ(50グラム)         90
ブロッコリー(50グラム)   80
サニーレタス(10グラム)  16
キャベツ(50グラム)      39
カットワカメ(1グラム)     16
ノリ(0.5グラム)         2

 ※含有量の単位はマイクログラム

 (日本骨粗鬆症学会「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン06年版」より引用)

いくつもの栄養素が絡み合って成立しているのが人体。
骨はよく鉄筋コンクリートの建物にたとえて説明される。
セメント・コンクリートに相当するのがカルシウム、鉄筋に相当するのがコラーゲン。
骨粗鬆症も、カルシウムだけでなくコラーゲン、ビタミンD、Kと総合的な対策が必要になる。
骨粗鬆症に関するエントリーは、骨粗鬆症 女より男が危険

|

« 新型インフル第一波は終息 厚労省 | トップページ | 朝ごはん 短時間で バランスよく »

サプリメント」カテゴリの記事

医食同源」カテゴリの記事

食養生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新型インフル第一波は終息 厚労省 | トップページ | 朝ごはん 短時間で バランスよく »