« 薬の効果 公平に評価 新機関 | トップページ | 冷え 万病のもと »

2010年3月 6日 (土)

認知症 安全運転

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: (4)認知症 初期でも侮れず : 連載・健康プラス : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

静岡県浜松市の国道で、愛知県の無職男性(当時67歳)の乗用車が約5キロ・メートルを逆走、衝突を避けようとした別の乗用車2台が相次いで中央分離帯に衝突した。軽いけが人1人を出しただけで済んだが、男性は認知症で家族から運転を止められていたらしい。2005年6月のことだ。

 認知症患者の6人に1人が何らかの交通事故を起こしたという調査結果もあるほど、認知症患者による事故は問題になっている。警察庁はこうした事故を減らすため、昨年6月から、75歳以上の免許更新希望者に認知症かどうかを調べる試験を義務づけた。年末までに23万7823人が受検、2人の取り消しが決まったという。

 認知症ドライバーの問題に詳しい熊本大学の池田学教授は、クルマを運転した時に認知症が疑われる七つのケースを公表(表)。このうち一つでも該当したら、医師の診断を受けるよう勧めている。「初期症状はクルマの運転でも顕著に表れる。周囲が変化に気づいてあげることが大事です」と、池田さんは言う。

201003069413861n_2

 東京都老人総合研究所の矢冨直美・研究員によると、認知症の前段階として「軽度認知障害」という時期があり、この時期に低下する機能を鍛えることが予防につながるそうだ。たとえば、〈1〉日記を継続的に書き、「思い出す」行為を意識的に行う〈2〉料理と洗い物など、複数の作業を同時に進める――といった行為が効果的だという。

 加齢や認知症自体に罪はない。しかし、交通事故は加害者、被害者どちらの立場になっても悲劇が襲う。安全運転に向けた努力は、いくつになっても怠らないようにしたいものだ。(高田真之)

(2010年3月6日 読売新聞)

5年ほど前、自宅近くの小さな交差点で、赤信号に気づかず進入し衝突事故を起こしたことがある。
幸い人身事故にならず、物損だけですんだ。

それ以来車を所有することを止めた。
人を巻き込んだ事故になっていたらとを考えると恐ろしくなったから。

通勤に使うわけでなく、宅配便があるので荷物運びに使うこともないので、不自由は感じていない。

歩けない状況のときはタクシーを呼ぶ。
車を持つ経費を考えたらタクシー代は問題にならない。

何より飲酒運転の心配がなくなることがありがたい。

自転車を多用するようになり、それが運動不足解消の一助になっている。

たまに、遠距離ドライブしたくなったときはレンタカーを利用する。

長く運転していなくても、運転技術は意外に衰えない。
水泳や自転車乗りと同じだ。
たまの運転だと安全運転を心がける意識が高まり、反って安全度が増す。

齢をとって集中力が衰えた、反射神経が衰えたと感じる人は、思い切って車の手放しをお考えになることをおすすめする。
大事を起こしたら元も子もないのだから。

|

« 薬の効果 公平に評価 新機関 | トップページ | 冷え 万病のもと »

認知症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薬の効果 公平に評価 新機関 | トップページ | 冷え 万病のもと »