« プロの減塩食試食会(5) | トップページ | レンギョウの花 »

2010年3月19日 (金)

歯茎 幹細胞で再生 広島大

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 歯茎 幹細胞で再生…広島大 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

歯周病治療に成功

 骨髄から採取した幹細胞を使って歯周病を治療することに広島大の研究チームが成功した。広島市で開かれている日本再生医療学会で18日、発表した。

 歯周病は細菌感染によって歯とあごの骨をつなぐじん帯が損傷し、悪化すると骨が溶けてしまう。栗原英見教授らは、30~65歳の軽症患者11人の腰骨から骨髄液を採取し、組織を再生できる間葉系幹細胞を選別。3週間培養して増やし、ゼリー状のコラーゲンと混ぜて歯茎の中に注入したところ、6人でじん帯やあごの骨の再生が確認できた。

 国内の歯周病患者は約3700万人。歯茎にフィルムを挿入して残ったじん帯を保護し、自力再生させる治療法があるが、悪化すると効果が低い。栗原教授は「さらに効果的な治療法にしたい」と話している。

(2010年3月18日 読売新聞)

昨年終わりごろから歯茎から出血し歯が浮くような感じがするようになった。

歯周病は、糖尿病はじめあらゆる生活習慣病を引き起こす原因であることがわかってきている。
過去記事の、 歯ブラシに血が! を参考にして、対策をはじめた。

歯肉炎、歯周病治療のポイントはブラッシングと聞き、歯磨き方法を変えた。

歯磨きを使わなくした。
成分の研磨剤が歯ぐきを傷つけて良くないらしいので。

柔らかめの歯ブラシを使用。

歯に45度の角度でブラシをあてて、力を入れず、10分かけて歯磨きをするようにした。

1日1回だったのを3回に増やした。

1週間待たずに歯磨き時の出血はなくなった。

効果は予想より早く現れた。
粘膜を修復する作用があるクマ笹エキスをしっかり服む様にしたこともプラスしているはず。

歯周病関連過去記事は

口臭は胃病から? 原因の約9割が口腔に 09/06/03

抜けた歯再生 マウスで成功 09/08/04

歯周病 生活習慣病の原因に 09/08/15

口臭 気になるにおい1位 「同僚や恋人を敬遠」13%  09/09/08

歯磨き 年代別 09/12/04

|

« プロの減塩食試食会(5) | トップページ | レンギョウの花 »

再生医療」カテゴリの記事

歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロの減塩食試食会(5) | トップページ | レンギョウの花 »