« 厚労省 漢方・はり 治療データ蓄積 人材育成 | トップページ | コーヒーからポリフェノール 心だけでなく体も癒やす »

2010年3月 1日 (月)

薬物乱用 学校保健委員会

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

学校薬剤師を委嘱されている地元の中学校の学校保健委員会で薬物乱用について話を頼まれ、父兄の方々と薬物乱用について勉強をしてきました。

お相撲さんや有名芸能人が起こした事件で薬物乱用・薬物汚染問題が盛んに報道されたので関心が高まっているのが昨今です。

平成20年の薬物事犯の人数は、覚せい剤・大麻・向精神薬・あへんの全国合計で14326人というデータがあります。
地元の埼玉県では薬物事犯の検挙数は、平成18年が576人だそうです。

検挙者はもちろん氷山の一角なわけで、薬物乱用に関係する人数は何十倍か何百倍かになっているかもしれません。

他人事でなく、身近に危険が迫っていることを父兄の皆さんは認識しておかなければならないのが現状です。

全国的に、「薬物乱用はダメ。ゼッタイ。」という標語で防止対策活動が展開されています。

埼玉県薬務課の薬物乱用防止啓発サイト
http://www.pref.saitama.lg.jp/A04/BD00/taisaku/web-content/keihatsu1.html

日本学校保健会公式ホームページ
http://www.hokenkai.or.jp/

地元の、埼玉県学校薬剤師会ホームページ
http://www.saigakuyaku.com/

などから詳しい資料や解説が手に入る。

埼玉県の相談窓口は、県の薬務課と15ヵ所の保健所がある。

電話相談窓口があり、ホワイトテレホンコーナーというのが、048-822-4970

ヤングテレホンコーナーが048-861-1152 となっています。

|

« 厚労省 漢方・はり 治療データ蓄積 人材育成 | トップページ | コーヒーからポリフェノール 心だけでなく体も癒やす »

薬のリスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 厚労省 漢方・はり 治療データ蓄積 人材育成 | トップページ | コーヒーからポリフェノール 心だけでなく体も癒やす »