« 歯ブラシに血が! | トップページ | 睡眠導入剤 悪用広がる »

2010年2月 6日 (土)

5~9歳のインフル脳症13倍に 新型流行の7月以降

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 5~9歳のインフル脳症13倍に…新型流行の7月以降 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

 新型インフルエンザが流行した昨年7月以降のインフルエンザ脳症は、5~9歳の年齢層で100万人当たり25・5人を超え、2008年(1・9人)の約13倍に上ったことが国立感染症研究所の調べでわかった。

 脳症患者は例年、0~4歳の割合が高いが、新型インフルエンザ流行期には5~9歳が最も多く、季節性インフルエンザより発症年齢が高かった。

 感染研によると、脳症の報告数は1月27日までで285人。このうち新型が240人(84%)で、残りはA型38人、B型1人、不明6人だった。

 さらに、07年、08年、新型インフルエンザが全国的に流行する前の09年7月5日までの患者数を、それ以降と年齢層別に比較。5~9歳の人口100万人当たりの患者数は、07年、08年、09年前半はそれぞれ3・2人、1・9人、2・6人だったが、流行以降は25・5人と大幅に増えた。患者の予後は、回答があった118人のうち、96人は回復したが、8人が死亡、14人に後遺症が残った。

 患者累計2006万人に

 国立感染症研究所は5日、全国約5000医療機関を対象にしたインフルエンザの定点調査で、最新の1週間(1月25~31日)の新規患者数が1医療機関当たり6・46人となり、前週(18~24日)を2・57人下回ったと発表した。ほとんどが新型インフルエンザと見られ、7月上旬以降の累計患者数は約2006万人。

(2010年2月6日 読売新聞)

患者数累計が1千万を越えた報道は、21年11月27日だった。

新型インフル、患者累計1千万人超え 09/11/27

やはり警戒すべきは脳症。

子供の症状のチェックポイントは、新型インフル、子どものこんな症状注意(09/12/29)

□ 手足を突っ張る、がくがくする、眼が上を向くなど、けいれん症状がある。

□ ぼんやりしていて視線が合わない、呼びかけに答えない。眠ってばかりいるなど、意識障害の症状がある。

□ 意味不明なことを言う、走り回るなど、いつもと違う異常な言動がある。

□ 顔色が悪い(土気色、青白い)。唇が紫色をしている(チアノーゼ)。

□ 呼吸が速く(1分間に60回以上)、息苦しそうにしている。

□ ゼーゼーする、肩で呼吸する、全身を使って呼吸をするといった症状がある。

□ 「呼吸が苦しい」、「胸が痛い」と訴える。

□ 水分が取れず、半日以上おしっこが出ていない。

□ 嘔吐や下痢が頻回にみられる。

□ 元気がなく、ぐったりしている。

ここに挙げた症状以外でも、いつもと様子が違って心配な場合には、かかりつけの医師などの医療機関に相談してください。

上記のような点に注意すれば、新型インフルエンザは、家庭で特別な対応をしなければならない病気ではありません。
周囲への感染防止に配慮しながら、発熱したお子さんをいつものように家庭で見守ってあげてください。

|

« 歯ブラシに血が! | トップページ | 睡眠導入剤 悪用広がる »

インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歯ブラシに血が! | トップページ | 睡眠導入剤 悪用広がる »