« 西・南日本のツキノワグマ、DNA多様性なし | トップページ | 12月例会 »

2009年12月11日 (金)

インフル患者、前週比2割減 初の大幅減

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: インフル患者、前週比2割減…流行後初の大幅減 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 国立感染症研究所が全国約5000医療機関を対象に行っているインフルエンザの定点調査で、最新の1週間(11月30日~12月6日)に新たに受診した患者が、1医療機関当たり約31人(速報値)となったことが10日わかった。

 患者のほとんどは新型インフルエンザとみられる。

 前週(11月23~29日)の39・63人から約2割減で、8月中旬の新型インフルの流行開始以来、初めての大幅減となった。厚生労働省が11日に発表する。

 都道府県別では、青森県と徳島県以外は軒並み前週よりも減少している。

 新型インフルエンザに詳しい外岡立人・元小樽市保健所長は「北米や欧州でも感染者数は減少しており、流行のピークは越えたのではないか。ただ、これから寒くなると、飛び散ったウイルスの生存期間が長くなるため、手洗いなどの感染予防対策は怠るべきではない」と話している。

(2009年12月11日01時55分  読売新聞)
インフル ピークを過ぎるか」が11月14日の記事。
やはり1ヶ月前が一つのピークとなったようだ。

|

« 西・南日本のツキノワグマ、DNA多様性なし | トップページ | 12月例会 »

インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西・南日本のツキノワグマ、DNA多様性なし | トップページ | 12月例会 »