« 骨粗鬆症 女より男が危険 | トップページ | 屠蘇のはなし »

2009年12月29日 (火)

新型インフル、子どものこんな症状注意

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 新型インフル、子どものこんな症状注意 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

厚労省などがリスト

厚生労働省と日本小児科学会は、子どもが新型インフルエンザにかかった時に注意すべき症状のチェックリストを作った。

 年末年始で多くの医療機関が休診する時期を控え、保護者が見逃すと危険な10種類の症状をチラシにまとめた。小児科医で配布しているほか、小児科学会のホームページ(http://www.jpeds.or.jp/influenza/hogosya_poster.pdf)でも公開している。

 10種類の症状は、脳症につながる「意味不明なことを言う、走り回る」、肺炎などで起きる「唇が紫色をしている(チアノーゼ)」など。厚労省は「子どもが発熱したら注意深く見守り、異常な症状が出たら医師に相談を」と話している。

(2009年12月28日 読売新聞)

新型インフルエンザ症状チェックポイント

□ 手足を突っ張る、がくがくする、眼が上を向くなど、けいれん症状がある。

□ ぼんやりしていて視線が合わない、呼びかけに答えない。眠ってばかりいるなど、意識障害の症状がある。

□ 意味不明なことを言う、走り回るなど、いつもと違う異常な言動がある。

□ 顔色が悪い(土気色、青白い)。唇が紫色をしている(チアノーゼ)。

□ 呼吸が速く(1分間に60回以上)、息苦しそうにしている。

□ ゼーゼーする、肩で呼吸する、全身を使って呼吸をするといった症状がある。

□ 「呼吸が苦しい」、「胸が痛い」と訴える。

□ 水分が取れず、半日以上おしっこが出ていない。

□ 嘔吐や下痢が頻回にみられる。

□ 元気がなく、ぐったりしている。

ここに挙げた症状以外でも、いつもと様子が違って心配な場合には、かかりつけの医師などの医療機関に相談してください。

上記のような点に注意すれば、新型インフルエンザは、家庭で特別な対応をしなければならない病気ではありません。
周囲への感染防止に配慮しながら、発熱したお子さんをいつものように家庭で見守ってあげてください。

要するに、通常の風邪やインフルに対する対応となんら変わるところはない、ということであります。

|

« 骨粗鬆症 女より男が危険 | トップページ | 屠蘇のはなし »

インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 骨粗鬆症 女より男が危険 | トップページ | 屠蘇のはなし »