« 歯磨き 年代別 | トップページ | 便秘の悩み、20~30代女性の半数 »

2009年12月 5日 (土)

ES細胞を承認、オバマ政権 研究加速へ

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):ES細胞を承認、オバマ政権の新政策で初 研究加速へ - 医療・健康2009年12月3日11時4分

【コロラドスプリングス(米コロラド州)=勝田敏彦】米国立保健研究所(NIH)は2日、さまざまな組織になりえるヒト胚(はい)性幹細胞(ES細胞)研究を推進するオバマ政権の新政策に基づき、研究に連邦政府予算が支出できるES細胞13種類を初めて承認した。米国のES細胞研究が加速することになる。

 ES細胞は受精卵を壊してつくるため、受精卵を生命の芽生えとみるキリスト教右派に配慮して、ブッシュ前大統領は01年8月、21株のES細胞を除き、新たにつくられるES細胞を使う再生医療などの研究に連邦政府予算を支出することを禁止していたが、オバマ大統領は今年3月、支出制限を解除する大統領令に署名していた。

 ES細胞はアルツハイマー病、糖尿病といった病気の治療に応用できると期待されている。

これはおっかない選択!

|

« 歯磨き 年代別 | トップページ | 便秘の悩み、20~30代女性の半数 »

再生医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歯磨き 年代別 | トップページ | 便秘の悩み、20~30代女性の半数 »