« ワクチン20種類はどこまで安全なのか? | トップページ | ネット検索で脳イキイキ 認知症予防? »

2009年12月 2日 (水)

成人細胞でiPS 世界初 自身の組織で安全 山中教授

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 世界初、成人細胞でiPS 自身の組織で安全 山中・京大教授ら  (1/2ページ) - MSN産経ニュース2009.12.2 10:20

成人のヒトの皮膚線維芽(せんいが)細胞から作製した人工多能性幹細胞(iPS細胞)をそのまま増殖させることに、京都大学山中伸弥教授(分子生物学)と高橋和利講師(同)らの研究チームが成功し、2日付(日本時間)の米科学誌「プロスワン」(電子版)に掲載された。胎児の皮膚線維芽細胞を使っての成功例はあるが、成人では世界で初めて。

 これまで、細胞の増殖を助けるマウスの線維芽細胞に、ヒトの線維芽細胞から作製したiPS細胞をまいて増殖させる方法が一般的だったが、マウスにウイルスがある可能性があり安全性が問題となっていた。

 研究チームは、30代~70代の成人計3人から採取したヒトの皮膚線維芽細胞を一皿ずつ入れ、iPS細胞の作製に必要な4因子をそれぞれ導入して作製。その後、自然に増殖し約130日間でそれぞれ10倍以上に増えた。遺伝子解析を行ったところ、増殖したヒトiPS細胞は正常に分化していることも確認できた。

研究チームは「iPS細胞での再生医療を必要とするのは、ほとんどが成人」と指摘。その上で「マウスだけでなく、他人の胎児の線維芽細胞を使っても未知のウイルスが混入する可能性はある。自分自身の細胞からiPS細胞を増殖させる方法が最も安全。今回の研究は、その方法の実現へ一歩となる」としている。

山中先生の研究は着実に進んでいますね。
世界中で熾烈なな競争が起こっていると聞きます。
事業仕分けなどで妨害されて遅れをとる様なことがないことを祈ります。

|

« ワクチン20種類はどこまで安全なのか? | トップページ | ネット検索で脳イキイキ 認知症予防? »

再生医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワクチン20種類はどこまで安全なのか? | トップページ | ネット検索で脳イキイキ 認知症予防? »