« 混合診療禁止は適法 東京高裁 | トップページ | エコナ情報 »

2009年10月 1日 (木)

新型インフル、ワクチン初輸入へ

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):新型インフル、ワクチン初輸入へ 政府対策本部で決定 - 医療・健康. 2009年10月1日17時1分

 政府は1日、新型インフルエンザ対策本部の会合を首相官邸で開き、輸入分を含め7700万人分の新型ワクチンを確保し、10月中旬から接種を始めることを正式に決めた。インフルのワクチン輸入は初めて。副作用による被害が生じた場合、国が賠償できるようにするため、今月の臨時国会に法案を提出する。

 今年度中に確保できるワクチンは国内メーカー4社が製造する2700万人分と、欧州2社からの約5千万人分。国内産のワクチンは早ければ10月19日に、接種を始める。

 すべて国が買い上げ、接種を受ける人が実費を負担する。費用は全国一律。同じ医療機関でうつ場合は6150円(2回接種)にした。

 接種回数は、現時点では「2回接種」を前提にしているが、いま実施している臨床試験の結果などを踏まえ、見直す可能性があるという。

 当面は医師や看護師ら医療従事者に優先して接種し、▽妊婦と重症化のリスクが高い持病のある人▽1歳から小学校低学年の子ども▽1歳未満の乳児の両親、などの順でうつ。こうした優先対象のなかで、生活保護世帯は無料で接種することになった。

厚労省医系技官(医師)の木村盛世先生は、新型インフルワクチンの問題点、疑問点を提起しています。

古村盛世オフィシャルWEBサイト ワクチンは国産? それとも海外製?

 9月26日付けの毎日新聞のよれば、「約7700万人分のうち、約5000万人分は輸入ワクチンで、残る約2700万人分を国産で賄う」ことを政府が発表しました。

 厚労省は、日本独自の、破天荒ともいえる制度(重篤な副反応が出て製薬会社に訴訟を起こすときは、製薬会社の費用を税金で肩代わりする)を打ち出しているために、海外ワクチンメーカとの最終契約は締結されていません。

 加えて、一晩にして国内ワクチン倍増計画が打ち出されました。国内ワクチンメーカは相変わらず中小4社だけです。

 日本のインフルエンザワクチンは、副反応に考慮しすぎたせいで水のようなワクチンといわれています。水には当然効果はありません。

 ということは、日本製のワクチンでは重篤な副反応は起こらないから、欧米のようなワクチンの免責規定は必要ないという意味なのでしょうか。

 残りの足りない分は、5倍希釈をして5000万人分確保するという事を考えているのかもしれません。その際は、中国産たけのこを国産と偽装するのとは反対に、国産ワクチンを効果のある海外製ワクチンだと偽造するのかもしれませんね。

 下手なミステリー小説より上を行きますね。たしか厚労省の医系技官の幹部にはプロのマジシャンもいるくらいですから。

2009年9月28日

行政は最大多数の最大幸福的発想で動くのでしょうが、くすりの場合は、効果とリスクをしっかり開示し、消費者が理解・納得をした上での選択が出来る環境をつくることが求められると思います。

こういう意見があるのですから。

インフルエンザワクチンは打ってはいけない 週刊ポスト・2.6.

|

« 混合診療禁止は適法 東京高裁 | トップページ | エコナ情報 »

インフルエンザ」カテゴリの記事

薬のリスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 混合診療禁止は適法 東京高裁 | トップページ | エコナ情報 »