« 子宮内膜症に新薬 | トップページ | 緑茶で新型インフル予防 カテキンの抗ウイルス作用 »

2009年10月 6日 (火)

タイ製やせ薬服用後に死亡

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):タイ製やせ薬服用後に死亡 個人輸入の女性 東大調査 - 医療・健康2009年10月6日12時19分

 インターネットの個人輸入代行で購入したやせ薬を飲んだ女性が昨年、不整脈と意識障害で服用1週間で死亡したことが、東京大法医学教室などの調査でわかった。女性が購入したタイ製やせ薬には、利尿剤や国内未承認の食欲抑制剤が入っていたという。オランダの法医学の国際誌フォレンジック・サイエンス・インターナショナル電子版(10月30日号)に掲載された。

 女性は40代で東京在住。家族によると、以前からむくみがちで、医師に相談し利尿剤を飲んでいた。一方、年齢的に太りやすくなり、タイの病院が体格に合わせて出すという「ホスピタルダイエット」と呼ばれるやせ薬をインターネットで買った。だが、飲み始めて「だるい、食欲がない」と話し、8日目に自宅の居間で呼吸が減って意識が混濁。救急車で東大病院に運ばれたが、亡くなった。

 司法解剖などの結果、女性は筋肉を収縮させるカリウムやナトリウムの値が異常に低く、腎臓の一部が石灰化する「偽性バーター症候群」の特徴が見られた。究明に東大病院腎臓内科の協力を得た。

 研究グループは、残っていたやせ薬7種を分析。国内未承認の食欲抑制剤シブトラミンのほか、甲状腺ホルモン、女性が前から飲んでいた利尿剤フロセミドとは別の利尿剤ヒドロクロロチアジドなどを検出した。利尿剤の相互作用でカリウムやナトリウムの排出が急激に進んだ結果、電解質異常による不整脈や呼吸筋麻痺(まひ)、意識障害が誘発され、死亡したことがわかった。

 「利尿剤や甲状腺ホルモンは副作用があり、やせるために飲むことは勧められない」と東大法医学教室の吉田謙一教授。世界的な医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル・ケースリポートにも5月に報告した。

 「ホスピタルダイエット」は、健康被害の訴えが数年前から相次ぎ、厚生労働省がホームページで10件の被害例を示し、注意を促している。(編集委員・河原理子)

厚労省の該当ホームページはこちら
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/diet/jirei/030902-1.html
平成14年から発生している。

ダイエットは摂取カロリーのコントロールが不可欠。

適切なコントロールの為には、標準体重、肥満度、必要エネルギーの把握が必要。

標準体重=身長㎡×22
(例) 身長165cm
    1.65×1.65×22≒60㎏

肥満度(BMI=体格指数により肥満度を判定する)
   BMI=体重㎏/身長㎡
       BMI が18.5~25が普通体重(正常)
            25以上が肥満

1日に必要なエネルギーの計算法
  標準体重(身長㎡×22)×25~30kcal.(運動量により選定)
(例) 身長165cm
  必要カロリー=60㎏×30kcal.=1800kcal.

しっかりコントロールしても体重がなかなか落ちない場合がある。
代謝がわるい人。
その場合は、排泄、発汗、利水を改善し、燃える身体に改善、即ち代謝を良くする漢方処方の服用で健康に安全に改善できる。

|

« 子宮内膜症に新薬 | トップページ | 緑茶で新型インフル予防 カテキンの抗ウイルス作用 »

薬のリスク」カテゴリの記事

食のリスク」カテゴリの記事