« 食生活改善で重症化予防 ノーベル医学賞のモンタニエ氏 | トップページ | 絶対湿度不足 ウイルス招く »

2009年10月 9日 (金)

タミフル耐性発見 人・人感染の可能性

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 【新型インフル】タミフル耐性発見 人・人感染の可能性 - MSN産経ニュース. 2009.10.8 00:52

 厚生労働省は7日、新型インフルエンザに感染し、8月22日に札幌市内の医療機関を受診した10代の女性から、抗ウイルス薬タミフルに耐性を持つウイルスが検出されたと発表した。女性はリレンザを投与されており、タミフルは服用していない。

 タミフルを服用した別の患者の体内で耐性を獲得したウイルスが、人から人へと感染した可能性もある。タミフル耐性ウイルスの感染が拡大すれば、タミフルが使えなくなる可能性もあり、厚労省は「周囲の感染状況を注意深く見る必要がある」としている。

 札幌市衛生研究所には6月11日から9月8日までに149株のウイルスを調べているが、ほかに耐性ウイルスは確認されていない。

タミフル耐性は、8月末の時点で5例という報道があり、このブログで取り上げた

日本感染症学会は、新型インフルエンザの感染が疑われた場合には、軽症でも、タミフルなどの治療薬を早期に投与すべきだとする提言している。

耐性問題をどう考えているのでしょうか。

米国では、疾病対策センター(CDC)が、抗ウィルス薬の予防投与を避けるように求めている。 というのに・・・

|

« 食生活改善で重症化予防 ノーベル医学賞のモンタニエ氏 | トップページ | 絶対湿度不足 ウイルス招く »

インフルエンザ」カテゴリの記事

タミフル」カテゴリの記事

薬のリスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 食生活改善で重症化予防 ノーベル医学賞のモンタニエ氏 | トップページ | 絶対湿度不足 ウイルス招く »