« 彼岸花 | トップページ | 電話診察でタミフル処方OK 厚労省 »

2009年9月22日 (火)

新型インフルのワクチン接種費用、全国一律に

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 新型インフルのワクチン接種費用、全国一律に : ニュース : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

6000円~8000円・・・厚労省方針

 厚生労働省は、新型インフルエンザワクチンの接種費用を全国一律にする方針を固めた。保険診療ではない予防接種は、一部を除いて費用が医療機関ごとに異なる。

 厚労省は接種を請け負う医療機関に金額をあらかじめ示す方向で検討し、地域や施設で格差が出ないよう配慮する。

 厚労省は新型インフルエンザワクチンについて、接種費用を自己負担してもらうよう調整しており、2回接種で6000~8000円程度になる。生活保護世帯など低所得者は負担を軽減する。10月下旬から、まず医療従事者に接種し、来年3月までに計約5400万人に打つ方針だ。

 ワクチン接種は本来、予防接種法で国が勧奨する疾病を除いて自己負担となり、メーカーや医療機関がワクチン代や診察代、注射料を自由に設定できる。接種率を上げるため、費用を助成している自治体もある。このため、財政が厳しい自治体から「費用負担で地域格差が生じないようにしてほしい」との要望が上がっていた。

 厚労省によると、新型インフルエンザワクチンは、国がメーカーから買い上げ、医師会と市町村がとりまとめた医療機関に販売。医療機関が接種と共に費用を徴収することになる。

(2009年9月22日  読売新聞)

今日の記事なので、YOMIURI ONLINEはまだアップされていないが、医療ルネッサンス№4682 広がる新型インフル 4/5 には

ワクチン効果は限定的

輸入ワクチンは12月末に接種可能に予定だが、安全性も議論の的だ。
国産とは異なり免疫増強剤が入っているため、免疫をつける効果が高い一方、副反応も出やすい。

一定の効果は期待できるが、接種しても発症したり、入院したりする例もある。
感染自体は防げず、重症化の予防が主な目的というワクチンの限界を理解しておきたい。
まして新型インフルエンザの効果は現時点では不明だ。

ということです。

|

« 彼岸花 | トップページ | 電話診察でタミフル処方OK 厚労省 »

インフルエンザ」カテゴリの記事

薬のリスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050642/31475839

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルのワクチン接種費用、全国一律に :

« 彼岸花 | トップページ | 電話診察でタミフル処方OK 厚労省 »