« 新型インフル 耐性ウイルスの人人感染、米で初確認 | トップページ | 心臓幹細胞使い心筋再生 »

2009年9月14日 (月)

C型肝炎治療効果 遺伝子の違いで差 事前検査が可能に

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):C型肝炎治療効果、遺伝子の違いで差 事前検査が可能に - 医療・健康2009年9月14日8時41分

 C型肝炎の治療が効くか効かないかは、人の遺伝子のわずかな違いが要因の一つになっていることが、国立国際医療センターの溝上雅史肝炎・免疫研究センター長と名古屋市立大の田中靖人准教授らのグループの研究でわかった。14日付の米科学誌ネイチャー・ジェネティクス(電子版)に発表される。

 C型肝炎はウイルスが原因の病気で、日本人に最も多いタイプでは治療薬「インターフェロン」と抗ウイルス剤「リバビリン」の併用療法が有効とされている。しかし、約20%の患者は効きづらく、治療を受けてみないと効果がわからなかった。

 このため、効きづらい患者は、月数万円の薬代が無駄になったり、発熱やうつ病などの副作用が出かねない危険を抱えながら治療を続けなければならなかった。近く数千円の遺伝子検査キットが開発できるといい、治療前に血液を検査することにより、こうした問題を避けられるという。85~95%の確率で、事前に薬が効くかどうかの見極めができるとしている。

 薬が効かないのは、C型肝炎ウイルスの遺伝子変異が要因との研究がすでにあったが、約400人の患者の血液を調べたところ、DNAにある個人ごとのわずかな違い(遺伝子多型)が特定の領域にある人は、ない人と比べ、薬が30倍効きにくかった。(小堀龍之)

治療法が効果を発揮する為の条件が一つ判明したということ。

漢方でいう証がひとつ判明したということ。

無駄な加療がなくなる良いニュース。

|

« 新型インフル 耐性ウイルスの人人感染、米で初確認 | トップページ | 心臓幹細胞使い心筋再生 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新型インフル 耐性ウイルスの人人感染、米で初確認 | トップページ | 心臓幹細胞使い心筋再生 »