« 新型インフル輸入ワクチンの治験 今日にも決定 | トップページ | 輸入ワクチン、副作用補償へ特措法 »

2009年8月27日 (木)

重症例の多くがタミフル服用後に悪化

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 重症例の多くがタミフル服用後に悪化. (NPO法人医薬ビジランスセンター  浜 六郎)

いわゆる「新型インフルエンザ」にかかって入院し人工呼吸器が装着された人や、脳症/脳炎になった人は、各自治体を通じて厚生労働省(厚労省)に届けられます。そうした例について、厚労省が「新形インフルエンザに関する報道発表資料」として公表しています。その情報に基づいて検討してみました。

8月4日から、20日までに死亡した3人以外に、いわゆる「新形」インフルエンザから重症化して人工呼吸器が装着された人や、脳症や脳炎になった人が合計11人報告されています。脳症/脳炎の2人は人工呼吸管理をすることなく経過しましたが、他の9人は人工呼吸管理されました。11人中4人がタミフルを服用したことが報告書に記載されています。その人たちについて示しておきましょう。

まとめると、タミフルを服用したことがはっきりしている人は全員、服用後に悪化しています。このことからタミフルの関与が強く疑われます。また、タミフル服用の記載がない人では、解熱剤やけいれんを誘発する薬剤が重症化に関与していることが大いに疑われました。

タミフル服用後意味不明の言動、見当識障害(8月4日発表:5歳男児 基礎疾患はなし)

タミフル開始後 無気肺悪化、呼吸状態悪化(8月5日発表:6歳男児 基礎疾患はないが、乳児喘息の既往あり)

タミフル開始後人工呼吸管理開始(8月13日発表:29歳男性)

タミフル開始翌朝、意識障害、血圧低下、呼吸障害(8月17日発表:40歳男性)

以上、タミフル使用が明瞭に記載されている重症の4人と死亡した2人は、少なくとも重症化にタミフルが関与した可能性が高いのではないかと考えられました。

なお、14人中1人(死亡した80歳代の女性)がタミフルを使用していなかったことがはっきりしていますが、あとの7人は、タミフルの服用状況は不明でした。タミフル使用が記載されていなかった8人中6人は、非ステロイド抗炎症剤が解熱剤として用いられていたなら重症化に関与した可能性があると考えられました(このうち一人は他のけいれん誘発性の薬剤の関与もありえますが)。

また、症状の経過から、4人(うち2には非ステロイド解熱剤も関与か)は、もしもタミフルが用いられていれば、タミフルが関与した可能性があると思われました。

結局、純粋にインフルエンザだけで重症化したといえる例は、ほとんどないのではないかと思われました。

この点からも、十分な検証が必要です。

再度申し上げたいと思います。「新型」との恐怖がばら撒かれる中で、WHOや米国CDCをはじめ世界中でタミフルが、さも特効薬であるかのように言われ、捕らえられて、一般の方まで「タミフルがなければ」、「タミフルのおかげでよくなった」などと思い込まされているようです。

しかし、冷静に、最新のデータを分析した結果、以上のように、タミフルが、ハイリスクの人ほど、インフルエンザによる死亡を増大させている可能性を示していますそれを示すデータが続々と出てきています。

そして、ようやく、軽症の人には不要、との考え方が出てきたようです。しかしよく考えてみて下さい。

重症の人、ハイリスク者には危険で使えない、軽症の人には不要。それならば、全くタミフルは使い道がない、と判断してよいということになりませんか。

専門家のこれに対する異論、反論が公開の場で議論され、それが聞けたり読めたり出来るとありがたいのですが。

|

« 新型インフル輸入ワクチンの治験 今日にも決定 | トップページ | 輸入ワクチン、副作用補償へ特措法 »

インフルエンザ」カテゴリの記事

タミフル」カテゴリの記事

薬のリスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050642/31114656

この記事へのトラックバック一覧です: 重症例の多くがタミフル服用後に悪化:

« 新型インフル輸入ワクチンの治験 今日にも決定 | トップページ | 輸入ワクチン、副作用補償へ特措法 »