« 加工カテキン、タミフルより効果 | トップページ | マイタケの抗ウイルス作用でインフル予防 »

2009年8月 4日 (火)

抜けた歯再生 マウスで成功

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):マウス胎児細胞から完全な歯を再生 東京理科大グループ - サイエンス.

 マウスの胎児から歯のもとになる細胞を取り出して培養し、痛みの感覚がある、ほぼ完全な歯に再生させることに東京理科大の辻孝教授(再生医工学)らのグループが成功した。人の歯の再生だけでなく、肝臓や腎臓などの臓器の再生医療につながる成果として期待される。米科学アカデミー紀要電子版に発表する。

 奥歯の位置に移植したところ、正しいかみ合わせの位置で成長が止まり、硬さは正常な歯と同じだった。刺激を与えるとマウスの延髄に、歯痛を感じた際にできるたんぱく質がたまることから、歯と脳の神経がつながっていることも確認された。約8割で、ほぼ完全な歯ができるという。グループは、マウスの歯の再生自体には07年に成功していた。

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から歯のもとになる細胞を作り、歯周病や虫歯で失った歯の跡に移植して再生できれば、入れ歯がいらなくなると期待される。また、再生医療の臨床で応用が進んでいるのは皮膚や角膜といった比較的単純な組織が多く、今回の確認によって、歯と同じように複雑で立体的な臓器の再生医療につながる可能性が示された。(林義則)

ヒトもサメなみに歯が何度でも生えかわる事ができるようになる?

iPS細胞から臓器が再生出来るようになれば医療は革命的な変化を遂げる。

そう遠くはないのだろうか。

|

« 加工カテキン、タミフルより効果 | トップページ | マイタケの抗ウイルス作用でインフル予防 »

再生医療」カテゴリの記事

歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050642/30830280

この記事へのトラックバック一覧です: 抜けた歯再生 マウスで成功:

« 加工カテキン、タミフルより効果 | トップページ | マイタケの抗ウイルス作用でインフル予防 »