« 夏ばて予防(再掲) | トップページ | 昼間の眠気 解消法 »

2009年7月10日 (金)

粗食は長寿、がん・心疾患・糖尿抑制

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 粗食は長寿、がん・心疾患・糖尿抑制…サルで実証 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 カロリー摂取量を大幅に減らすと、がんや心疾患、糖尿病など加齢に伴う病気の発症を抑えられることが、アカゲザルを使った20年間の追跡調査で明らかになった。

 霊長類で、こうした効果が実証されたのは初めて。米ウィスコンシン大などのチームが、10日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 チームは、7歳から14歳の大人のアカゲザル(飼育下の平均寿命27歳)を30匹使って、1989年に研究を開始。94年には46匹を追加した。二つのグループに分け、片方のカロリー摂取量を30%減らし、血圧や心電図、ホルモン量などを測定。死んだ場合は、解剖で死因を詳しく調べた。

 カロリー制限しないグループでは、5匹が糖尿病を発症、11匹が予備軍と診断されたが、制限したグループでは兆候は見られなかった。がんと心疾患の発症も50%減少した。また、脳は加齢とともに萎縮することが知られているが、制限したグループでは、運動や記憶などをつかさどる部分の萎縮が少なかった。

 白沢卓二・順天堂大教授(加齢制御医学)の話「カロリー制限が、長寿や高齢者の認知機能維持にも役立つ可能性を示すもので、大変興味深い」

(2009年7月10日14時24分  読売新聞)
「漢方と漢薬(春陽堂)」に石原保秀先生の「俗仙堂養性禄」と言う連載がある。
その中の一節。
「諺に言ふ、朝飯早きに宜しく、昼飯飽くに宜しく、夜飯少なきに宜しく、喫せざれば更に好し。(修養篇)」とある。
「剣戟に依りて殺さるる人よりも、箸の為に斃るる者多し。」
「腹八合に医者いらず。」
「疾は口より入り、禍は口より出ず。」
などともある。

|

« 夏ばて予防(再掲) | トップページ | 昼間の眠気 解消法 »

寿命」カテゴリの記事

食養生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050642/30488305

この記事へのトラックバック一覧です: 粗食は長寿、がん・心疾患・糖尿抑制:

« 夏ばて予防(再掲) | トップページ | 昼間の眠気 解消法 »