« 食の安全と安心 リスク評価とリスク管理 | トップページ | 親の15%幼児にサプリ 過剰摂取有害の恐れ »

2009年7月 6日 (月)

トロイの木馬 がん退治

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 「トロイの木馬」でがん退治=微小細胞送り込み治療-豪研究者(時事通信) - Yahoo!ニュース.

【シドニー4日時事】オーストラリアの研究者らがこのほど、細菌から作った薬剤入りの微小な細胞を「トロイの木馬」として、がん細胞に直接送り込んで殺す手法を開発したと発表した。ネズミなどの動物実験では明確な効果を上げており、がん治療に新たな道を開く可能性がある。
 開発したのは豪バイオ技術ベンチャー、エンジェネイック社の研究者ら。薬剤入りの微小な細胞は、がん細胞がそれを取り込んでしまうよう表面が偽装されている。治療は2段階で、最初に「トロイの木馬」でがん細胞の薬に対する抵抗力を失わせ、第2波の抗がん剤で殺す。
 同社の研究者らは「ヒトのさまざまながん細胞を移植したネズミでの実験では、100%の生存率が得られた」と効果を強調、近く臨床試験を開始するという。今後、ヒトへの有効性や安全性が確認されれば、化学療法でがん細胞が薬剤への耐性を持つ問題を回避するとともに、副作用も軽減できると期待されている。

ギリシャ神話の故事のアイデアが現代医学のミクロの世界での応用につながってすごいですね。

耐性、副作用の欠点がカバーされて画期的なことになると良いですね。

|

« 食の安全と安心 リスク評価とリスク管理 | トップページ | 親の15%幼児にサプリ 過剰摂取有害の恐れ »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050642/30430637

この記事へのトラックバック一覧です: トロイの木馬 がん退治:

« 食の安全と安心 リスク評価とリスク管理 | トップページ | 親の15%幼児にサプリ 過剰摂取有害の恐れ »