« 脳卒中の歌 | トップページ | 新型インフル第2波、厚労省素案 »

2009年6月10日 (水)

ちょい太、やせ形より7年長生き

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: やっぱり「ちょい太」、やせ形より7年長生き…厚労省調査 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

40歳時点の体格によってその後の余命に大きな差があり、太り気味の人が最も長命であることが、厚生労働省の研究班(研究代表者=辻一郎東北大教授)の大規模調査で分かった。

 最も短命なのはやせた人で、太り気味の人より6~7歳早く死ぬという、衝撃的な結果になった。「メタボ」対策が世の中を席巻する中、行きすぎたダイエットにも警鐘を鳴らすものといえそうだ。

 研究では、宮城県内の40歳以上の住民約5万人を対象に12年間、健康状態などを調査した。過去の体格も調べ、体の太さの指標となるBMI(ボディー・マス・インデックス)ごとに40歳時点の平均余命を分析した結果、普通体重(BMIが18・5以上25未満)が男性39・94年、女性47・97年なのに対し、太り気味(同25以上30未満)は男性が41・64年、女性が48・05年と長命だった。しかし、さらに太って「肥満」(同30以上)に分類された人は男性が39・41年、女性が46・02年だった。

 一方、やせた人(同18・5未満)は男性34・54年、女性41・79年にとどまった。病気でやせている例などを統計から排除しても傾向は変わらなかった。やせた人に喫煙者が多いほか、やせていると感染症にかかりやすいという説もあり、様々な原因が考えられるという。

 体格と寿命の因果関係は、はっきり分かっていない。このため、太り気味の人が長命という今回の結果について、研究を担当した東北大の栗山進一准教授は「無理に太れば寿命が延びるというものではない」とくぎを刺す。

 同じ研究で、医療費の負担は太っているほど重くなることも分かった。肥満の人が40歳以降にかかる医療費の総額は男性が平均1521万円、女性が同1860万円。どちらもやせた人の1・3倍かかっていたという。太っていると、生活習慣病などで治療が長期にわたる例が多く、高額な医療費がかかる脳卒中などを発症する頻度も高い可能性があるという。

(2009年6月10日14時32分  読売新聞)

標準体重の求め方
標準体重=身長㎡×22
(例) 身長165cm
    標準体重:1.65×1.65×22=59.9㎏

肥満度の求め方
BMI =ボディマス指数(Body Mass Index) 体格指数
この指数より、肥満度の判定を行う。
  BMI =体重㎏/身長㎡
        BMI<18.5        低体重(やせ)
  18.5≦BMI<25      普通体重(正常)
  25≦BMI        肥満
          (日本肥満学会 2000年)
(例)身長165cm
   体重50.4㎏未満     低体重(やせ)
   体重50.4㎏~68.0㎏  普通体重(正常)
   体重68.1㎏以上     肥満

kiyohikoは、身長173cm 体重71㎏
上の計算で行くと、
標準体重は、1.73×1.73×22=65.8㎏
BMIは、71÷1.73÷1.73=23.7 となり、
肥満気味の普通体重ということになる。

|

« 脳卒中の歌 | トップページ | 新型インフル第2波、厚労省素案 »

寿命」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょい太、やせ形より7年長生き:

« 脳卒中の歌 | トップページ | 新型インフル第2波、厚労省素案 »