« 途上国での感染拡大に危機感 | トップページ | ミツバチ全国で不足 農業や生態系へも影響 »

2009年6月15日 (月)

新型インフル 日本で半年以内の大規模感染確実

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 日本で半年以内の大規模感染確実 押谷東北大教授が警告 - 47NEWS(よんななニュース).

世界保健機関(WHO)で感染症対策を担当した押谷仁東北大教授は13日、都内で講演し「日本で半年以内に新型インフルエンザの大規模な感染拡大が必ず起きる。地域によっては、早ければ数週間以内にも起きる」と警告した。

 国内の現状について押谷教授は「患者間の疫学的なつながりがなく感染源が特定されないケースが出ており、明らかに感染拡大が続いている。隔離や自宅待機を恐れて名乗り出ていない人もいるとみられ、感染源が特定されず地域社会に広がっている」と指摘。

 予想されるシナリオとして「南半球や東南アジアで一気に大流行する可能性がある。そうなると日本への感染者の流入をまったく止められなくなり、冬まで局地的流行が続くことも考えられる」との見方を示した。

 押谷教授は「重症化する患者に対する医療態勢の整備が課題で、各地域で真剣に考えなければならない」と述べた。

IDSCのサイトによると、6月151日11時現在の日本国内の報告数(厚労省確認分)は、595名、死者は0名。

WHO発表の確定例(日本時間6月12日午後4時)によると、

確定例発生国数は、 74ヶ国
国名      確定例   死亡例   致死率
米国     13217     27     0.2%
メキシコ    6241    108     1.7%
カナダ     2978      4     0.1%
チリ       1694      2     0.1%
オーストラリア 1307       0
英国       822      0
日本       549      0

総計     29669    145     0.5%

とある。
日本は、第7位につけている。

ワクチン、抗ウイルス剤も効果に疑問符がつく?。
でも不安は無用。

セルフメディケーションの観点からも、対策は色々ある。

証に応じた漢方処方がたよりになる。
抗ウイルス作用が判明しているサプリメント類はたくさんある。
クマザサ (ササヘルス)
クロレラ (バイオリンク)
プロポリス
バンランコン
インターパンチ
などなど。

不幸にしてかかってしまっても、体力・抵抗力・免疫力・自然治癒力を助ける、頼りになる補助のくすりもバラエティに富んでいる。
健康保険にはない保健薬だが、うまく使うと強い味方になるんです。

|

« 途上国での感染拡大に危機感 | トップページ | ミツバチ全国で不足 農業や生態系へも影響 »

インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050642/30121718

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフル 日本で半年以内の大規模感染確実:

« 途上国での感染拡大に危機感 | トップページ | ミツバチ全国で不足 農業や生態系へも影響 »