« シックハウス 敏感度 ネットで簡易自己テスト | トップページ | 親の怠惰で児童が肥満 不規則な生活、手抜き食事 »

2009年5月28日 (木)

学者も絶賛 納豆パワー

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

読売・健康プラス・発酵食品の効能シリーズで、納豆の良さ再確認の記事。

(1)学者も絶賛 納豆パワー : 健康プラス : 医療 : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 発酵食品の利点は保存性や独特の風味。加えて健康への効能も明らかになっている。日々の健康作りにどう取り入れたらいいのか。

 そもそも発酵とは、微生物の働きで元の食材の成分が分解され、人間に有益な形に変化すること。発酵食品は元の食材に比べて栄養価が高く、消化吸収が良いのが特長だ。

 その代表格である納豆は、大豆を納豆菌で発酵させている。大豆自体、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどが豊富で、コレステロール低下や動脈硬化予防、老化抑制といった効能で知られる。

 発酵学者の小泉武夫さんは「納豆は、ゆでた大豆より消化吸収に優れ、大豆の栄養成分を効率的に吸収できる。発酵過程で多くの有効成分も作られています」と絶賛する。

 ビタミンKやビタミンB2は発酵によって、大豆の何十倍にも増える。ビタミンKは、カルシウムが骨に結合するのを促すので、骨粗しょう症の予防を期待できる。ビタミンB2は代謝や成長に重要だ。

 納豆菌は、腸内で有害な菌の発生を防いでくれる。納豆菌が作り出す酵素のナットウキナーゼは、血栓を溶かす作用があり、脳梗塞や心筋梗塞の予防に効果がある。血圧の正常化を促す酵素も見つかっている。

 ただし、ナットウキナーゼは熱に弱い。効果を期待するなら加熱調理は不向きだ。

 東京・幡ヶ谷の納豆定食屋「ねばり屋」では、「1日3食食べても飽きない」をうたい文句に、納豆にいろいろな具を合わせたメニューをそろえている。鶏そぼろ、高菜いため、ひじき煮、キムチと酢ダコなど。混ぜて食べると、納豆のうまみで、味わいが、いっそう深くなる。

 店主の福田弘さんは「相性がいいのは、味が濃いめのつくだ煮系。キムチや野沢菜のような別の発酵食品と合わせると、納豆の味も香りもマイルドになります。自分の好きな具と合わせてみてください」とアドバイスする。

(2009年5月26日  読売新聞)

納豆は大豆の加工品。
大豆については、2008年9月28日・食のたからもの再発見プロジェクト写真展(2)
取り上げている。

大豆はもともと黒船来航のペリーが日本から持ち帰ったもので、今やそのアリカが世界最大の生産国となり、最大の輸入国が日本です。
遺伝子組み換え大豆はアメリカ作付面積の8割を超えているといいいます。

大豆のエネルギーベースの自給率は5%。
昔、東京に3500軒あった大豆問屋が今は、900軒。
大豆の輸入量は、500万トン(飼料、油用を含め)
今年の国産大豆の生産予想量は、20万トン。

食用に関しては、国産大豆は、20%まかなえている。
その95%は豆腐製造メーカ向けだそうです。

地大豆の復興を祈ります。

|

« シックハウス 敏感度 ネットで簡易自己テスト | トップページ | 親の怠惰で児童が肥満 不規則な生活、手抜き食事 »

医食同源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050642/29823759

この記事へのトラックバック一覧です: 学者も絶賛 納豆パワー:

« シックハウス 敏感度 ネットで簡易自己テスト | トップページ | 親の怠惰で児童が肥満 不規則な生活、手抜き食事 »