« インフル新薬 T-705 | トップページ | インフル対策 »

2009年5月16日 (土)

お酢飲んで、内臓脂肪が減少

埼玉県ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を中心に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

リンク: 酢の継続摂取で、内臓脂肪が減少 ミツカンが研究発表 - 47NEWS(よんななニュース).

2009/05/14 21:10   【共同通信】

 ミツカングループ本社(愛知県半田市)は14日、食酢を継続的に摂取すると内臓脂肪が減少することを臨床試験で初めて確認したとの研究結果を発表した。血中中性脂肪や体重を引き下げる効果も確認したとしており、酢がメタボリック症候群の予防に役立つ可能性があるとしている。

 臨床試験は同社中央研究所が実施し肥満気味の成人男女155人が参加した。食酢入りドリンクを毎日飲む人と飲まない人に分け、12週間後にコンピューター断層撮影(CT)で腹部の内臓脂肪面積を計測し、差が出るかどうかを検証した。

 その結果、1日当たり食酢15ミリリットルを飲んだ人の場合、内臓脂肪の面積が平均5・43平方センチ、30ミリリットルの場合は同6・72平方センチ減少したが、飲まなかった人は同2・73平方センチ増加した。

 同研究所によると、食酢に含まれる酢酸に脂肪を減らす効果があるとみられる。酢酸は脂肪組織に含まれる中性脂肪の合成を抑える効果と燃焼を促進する効果があることが、動物実験で実証されているという。

同じニュースを伝えている毎日JPでは、

研究チームはこれまでに、酢の主成分である酢酸が脂肪の合成を抑えたり、燃焼を促進することを動物実験で確かめている。岸幹也チームリーダーは「BMIが25未満の人については、酢の減量効果は見られなかったが、酢酸には血圧を下げたり、血糖値の上昇を抑える効果もある。

としている。

肥満、糖尿病、高血圧などメタボの人が漢方薬を飲む時に、酸味の補給は必須の食養生。
玄米酢、梅干、柑橘類の摂取を意識してやってもらうと改善が早い。

関連記事はこちら。

マサキ薬局のホームページ 食養生のおはなしのページ
http://masaki-ph.com/eating.html

漢方なブログ 2009年2月4日 命の燃料酢が肝心
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-3f3f.html

漢方なブログ 2009年2月5日 酸味の食能
http://blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-cd6d.html

|

« インフル新薬 T-705 | トップページ | インフル対策 »

医食同源」カテゴリの記事

食養生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050642/29627695

この記事へのトラックバック一覧です: お酢飲んで、内臓脂肪が減少:

« インフル新薬 T-705 | トップページ | インフル対策 »