« 新型インフルで診療拒否問題 | トップページ | 新型インフル国内初確認 »

2009年5月 8日 (金)

セルフメディケーション

埼玉県ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を中心に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

クスリの郵送販売が禁止されるというので反対運動が起っていることは、4月23日に書いた(大衆薬の通販禁止に異論噴出)。

これは改正薬事法が6月に施行されることに伴うもの。
事態の成り行きは不透明で、どんな修正がなされるか気になるところ。

OTC薬、(医療用の医薬品ではなく、薬屋さんで販売される一般用医薬品のこと)に関して、販売制度が大幅に改正される。
OTC薬が新たに、1類~3類の三つに分類されること、新しく医薬品登録販売者という名の資格を設けたことが大きな改正点。

今までは薬剤師しかできなかった医薬品の販売を新資格の医薬品登録販売者が一部は除き販売できるようになる。
この制度により、ドラッグストア以外の家電などの大規模店舗類でOTC薬を扱うようになるといわれている。

このような改正が行われるのには、セルフメディケーションの推進、ということが背景にある。

セルフメディケーションとは、「健康に関する情報・知識を駆使して、健康管理や軽い病気・怪我の手当てを自らの判断で行うこと」が基本概念とされている。

膨張し続ける医療費、健康保険財務の破綻の是正を図るときには、セルフメディケーションの意識が国民に定着することが欠かせないという認識が為政者側にあって制度改革が行われているようだ。

セルフメディケーションとはどういうことなのか、考えてみたい。
そして漢方的には、セルフメディケーションはどう捉えられるか考えてみる。

つづく

|

« 新型インフルで診療拒否問題 | トップページ | 新型インフル国内初確認 »

医療」カテゴリの記事

薬郵送販売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050642/29512309

この記事へのトラックバック一覧です: セルフメディケーション:

« 新型インフルで診療拒否問題 | トップページ | 新型インフル国内初確認 »