« 新型インフル国内初確認 | トップページ | 新型インフル 致死率0.4% パンデミックに匹敵 »

2009年5月11日 (月)

セルフメディケーション(2)

埼玉県ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を中心に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

セルフメディケーション(SM)の定義

前回SMの概念について、「健康に関する情報・知識を駆使して、健康管理や軽い病気・怪我の手当てを自らの判断で行うこと」と書いた。

公的機関でどう定義しているか調べてみた。

日本薬剤師会のサイトに、まとめがあった。

http://www.nichiyaku.or.jp/contents/ippanyaku/pdf/n070621_main.pdf

表1-7.セルフメディケーションの定義

「セルフメディケーションとは、自己の健康管理のため、医薬品等を自分の意思で使用することである。薬剤師は生活者に対し、医薬品等について情報を提供し、アドバイスする役割を担う」(平成15 年8 月29 日、日本薬剤師会・一般用医薬品委員会)

「セルフメディケーションとは、自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調(minorailments)は自分で手当てすること」(WHO, Geneva 2000)

「セルフメディケーションとは、自分の意志で非処方箋薬を使用することである。薬剤師は、セルフメディケーションに利用可能な医薬品について支援、アドバイスおよび情報を人々に提供するのに、重要な役割を担っている」(FIP&WSMI, Berlin 999)

WHO :世界保健機構
FIP :国際薬剤師連盟
WSMI:世界大衆薬協会

WHOのサイトは、http://apps.who.int/medicinedocs/en/d/Js2218e/

WSMIのサイトは、http://www.wsmi.org/principles.htm

WHOは、OTC薬にとらわれない文言であり、WSMIは、非処方箋薬すなわちOTC薬を明記しており、立場の違いが感じられる。

つづく

|

« 新型インフル国内初確認 | トップページ | 新型インフル 致死率0.4% パンデミックに匹敵 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050642/29568240

この記事へのトラックバック一覧です: セルフメディケーション(2):

« 新型インフル国内初確認 | トップページ | 新型インフル 致死率0.4% パンデミックに匹敵 »