« セルフメディケーション(2) | トップページ | 新型インフルは漢方で治る 週刊朝日 »

2009年5月12日 (火)

新型インフル 致死率0.4% パンデミックに匹敵

埼玉県ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を中心に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

【新型インフル】致死率0.4% パンデミックに匹敵の大流行も - MSN産経ニュース.

(2009.5.12 10:48)

世界に広がっている新型インフルエンザの致死率は1957年のアジア風邪並みの約0.4%とする初期データの分析結果を、国際チームが11日、米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。チームは、世界保健機関(WHO)の世界的大流行(パンデミック)評価に携わる英ロンドン大インペリアルカレッジなどで「20世紀に起きたパンデミックに匹敵する大流行になる可能性がある」と指摘している。

 チームは、世界各国への感染拡大の状況などから、4月末にメキシコで感染者は2万3000人いたと推計。当時の死者数から、感染後の致死率は約0.4%で、1918年出現のスペイン風邪(約2%)よりは低いが、アジア風邪(約0.5%)に匹敵するとした。1人から何人に感染するかを示す感染力は、1・4-1・6人と推計。季節性のインフルエンザよりは強く、1.4-2人だった過去のパンデミックの低い方に近いという。(共同)

初期の報道では、「豚インフル、メキシコの患者数は1614人、死者は103人」とあった。

これだと、死亡率は6.38%で大変な数字だと書いた(4月27日のブログ)。

2009年5月12日  読売新聞では

新型インフル感染者、5000人超す

 【リオデジャネイロ=小寺以作】メキシコ保健省は11日、同国の新型インフルエンザの感染者が前回発表(9日)より433人増え、2059人になったと発表した。

 死者は8人増の56人。米国の疾病対策センター(CDC)は11日、感染者が前日より86人増えて、2618人になったと発表した。世界全体の感染者は日本、中国を含め計31か国・地域で5236人に達し、死者は61人となった。

とあり、これだと死亡者の率は1.16%になる。

致死率はどういう計算で答えを出すのだろうか。

確認できなかった感染者を推計で算出して計算するから、新聞の数字から計算するより小さくなるのか。

|

« セルフメディケーション(2) | トップページ | 新型インフルは漢方で治る 週刊朝日 »

インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050642/29581822

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフル 致死率0.4% パンデミックに匹敵:

« セルフメディケーション(2) | トップページ | 新型インフルは漢方で治る 週刊朝日 »