« スローフード 高まる関心 10月には国際規模のイベント開催 | トップページ | 脳免疫細胞、働きを解明、新治療法に活用も »

2009年4月 1日 (水)

インフルエンザが再び流行

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

asahi.com(朝日新聞社):インフルエンザが再び流行 感染研発表、B型増加で - 医療・健康.

2009年3月31日12時7分

 インフルエンザが再び流行していることが31日、国立感染症研究所感染症情報センターの調べで分かった。流行の主流だったA型に代わってB型が増えたためで、同センターは注意を呼びかけている。

 全国約5千の病院・診療所からの報告では、1週間の1医療機関あたりの患者数は37.45人(1月19日~25日)をピークに、いったん12.05人まで減った。しかし、2月下旬ごろから3週連続で再び増加し、16.50人。今月22日までの1週間は、それより若干減ったものの15.63人だった。昨季のピークは17.62人、同時期の報告数は3.01人だった。

 地域別では、山形県、宮城県などの東北地方、新潟県、石川県などの北信越地方からの報告が多い。今季のウイルス型はこれまででAソ連型が57%、A香港型が26.7%、B型16.3%だった。B型は春先にかけて流行する傾向があり、今季も2月下旬以降、B型が最も多く出ており、比率が高まっているという。

埼玉県でも減少傾向だった2月から、3月には増加傾向に転じ、最近は横ばい

kiyohikoの居るふじみ野市では、市の境界を新河岸川が流れている。
その川を挟んで、流行しているインフルエンザの型が違うらしい。
片側はA型が多く、反対側はB型が多いという。

局地的にもそれぞれの違った流行の要素で傾向が現れるようです。

|

« スローフード 高まる関心 10月には国際規模のイベント開催 | トップページ | 脳免疫細胞、働きを解明、新治療法に活用も »

インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スローフード 高まる関心 10月には国際規模のイベント開催 | トップページ | 脳免疫細胞、働きを解明、新治療法に活用も »