« インフルエンザが再び流行 | トップページ | 4月3日は「葉酸の日」 妊娠前後の女性は注目 »

2009年4月 2日 (木)

脳免疫細胞、働きを解明、新治療法に活用も

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

<脳免疫細胞>鍋倉淳一教授、働きを解明、新治療法に活用も(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

4月1日16時32分配信 毎日新聞

 脳の免疫細胞がほぼ1時間に5分の頻度で異常の有無に対して定期検査の働きをしていることを、自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)の鍋倉淳一教授(神経生理学)が解明した。1日発行の米神経科学学会誌電子版に発表した。

 最新のレーザー顕微鏡で、マウスの脳の免疫細胞「ミクログリア細胞」(直径0・1ミリ)の働きを撮影した。神経のつなぎ目のシナプスに、50~80分に一度、4分30秒~4分50秒にわたって接触し、異常の有無を検査していた。先端を膨らませて接触する様子は、まるで医者が聴診器をあてるようだった。

 脳梗塞(こうそく)や脳虚血などの異常があると、接触はシナプス全体を包んで1~2時間と長くなり、精密検査の役割を果たしていた。異常時にはシナプスが再編成されたり、除去された。

 鍋倉教授は「免疫細胞を刺激すれば、傷害を受けた脳の修復を早めたり、リハビリに効果的かもしれず、新しい治療法の可能性が出てきた」と話している。

免疫細胞を活性化するとされる物質・サプリメント類は数多くある。

脳の働きを活性化するメカニズムが解明が進めば、より有効な使い方が可能になりそう。

|

« インフルエンザが再び流行 | トップページ | 4月3日は「葉酸の日」 妊娠前後の女性は注目 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インフルエンザが再び流行 | トップページ | 4月3日は「葉酸の日」 妊娠前後の女性は注目 »