« 補中益気湯(ほちゅうえっきとう) | トップページ | ウイルスが糖尿病発症の引き金に »

2009年3月23日 (月)

百日ぜき患者数が最悪ペース、今年も流行の可能性

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

百日ぜき患者数が最悪ペース、今年も流行の可能性 : ニュース : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 激しいせきが続く百日ぜきの患者数が、今年は過去10年間で最悪のペースで増えていることが国立感染症研究所の調査でわかった。

 調査は、国内3000か所の小児科を選定。今月8日までに報告された患者数は775人で、流行した昨年同期(582人)の約1・3倍。北海道から九州まで広い範囲から報告が寄せられており、初夏の流行期にはさらに増える恐れがある。

 近年、百日ぜき患者は右肩上がりで増加。2005年は1358人だった患者数が、07年には2926人に増え、流行した08年は6749人に達した。

 ここ10年は大人の感染が増えているのが特徴で、10年前は数%だった20歳以上の患者の割合が、昨年は36・7%を占めた。百日ぜきは定期予防接種の対象だが、乳幼児の時に打ったワクチンの効果が大人になって薄れたのが原因らしく、それが患者数全体の増加につながっている可能性もある。

 百日ぜきは激しいせきが数か月続くほか、乳幼児だと手足にマヒなどの後遺症が残る場合があり、重症だと死亡する。

(2009年3月23日  読売新聞)

百日咳に関しては、国立感染症研究所のサイトに詳しい。
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03_36.html

百日咳菌による急性気道感染症で、長期間せきが続くのでこの名で呼ばれる。
小児期に三種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風、百日咳)が普及して激減したが、大人になって免疫がなくなる事が問題なのでしょうか。

漢方では、昔は小児に多く、麻杏甘石湯が奏効することが多かったようです。

漢方では咳に対してはきめ細かい対応処方がそろっています。

難治な咳も漢方処方が著効を表すケースが珍しくありません。
お困りの方は漢方処方をおためしになる事をおすすめします。

|

« 補中益気湯(ほちゅうえっきとう) | トップページ | ウイルスが糖尿病発症の引き金に »

疾病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 補中益気湯(ほちゅうえっきとう) | トップページ | ウイルスが糖尿病発症の引き金に »