« 足首の血圧検査などで隠れた心疾患リスクを発見 | トップページ | 熱過ぎるお茶で「咽喉がん」になる可能性 »

2009年3月27日 (金)

喫煙・飲酒胎児に影響

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

健康プラス 妊婦の健康管理
(3)喫煙・飲酒胎児に影響 : 健康プラス : 医療 : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

国が2000年に実施した乳幼児身体発育調査で、喫煙する妊婦は10%に上る。10年前の5・6%に比べ倍近い。このうち1日11本以上吸う妊婦は22%を占める。

 「喫煙する妊婦は、若いときから吸い始め、夫や両親が喫煙する人に多い。喫煙が悪いとの自覚はあるが、胎児へのリスクは考えない人が目立つ」。妊婦向け禁煙外来を04年に開設した大阪府立母子保健総合医療センター母性内科副部長の和栗雅子さんは指摘する。

 妊婦の禁煙指導が求められるのは、喫煙する女性の増加に加え、胎児の発育に影響することがわかってきたからだ。厚生労働省研究班によると、喫煙妊婦から2500グラム未満の低出生体重児が生まれる割合は、非喫煙妊婦の約2倍だ。赤ちゃんの体重も平均200グラム少ない。早産、自然流産の発生率も高まる。

 発育に影響するのは、たばこに含まれるニコチンと一酸化炭素によって血行が悪くなり、胎児が低酸素状態になってしまうためだ。そのため同センターでは、ニコチンの尿中濃度、一酸化炭素の呼気濃度を測定し、それを基に禁煙指導を行う。約8割が「妊娠初期に禁煙すれば胎児への影響は少ない」ということを理解し、一度は禁煙する。しかし、出産後まで禁煙が続く人は、喫煙する妊婦の約3割にとどまっている。

 一方、飲酒の影響も注目される。厚労省研究班によると、妊婦が1日にアルコールを60ミリ・リットル(グラス4杯のワインに相当)摂取すると、胎児の成長障害を引き起こす率が高まることがわかっている。

 国立成育医療センター周産期診療部長の左合治彦さんは、「胎児に影響のないアルコール摂取量は不明だ。少量でも胎児に影響を及ぼす恐れはある」と妊婦の飲酒は控えるよう警告する。

(2009年3月27日  読売新聞)

kiyohikoは今、禁煙して8年になる。
禁煙にトライした回数は十指に余るほど。
ほとんど三日続かなかった。
一度だけ成功し、6年間止めていた。
この成功体験での自信から「タバコなんか何時でも止められる」とまた吸う様になった。
ところが、「何時でも止められる」なんてとんでもなかった。
再び禁煙するのに10年近くの歳月を要した。

思うに、禁煙のポイントは二つ。

一つは、こんなに吸いたいオイシイたばこを何故止めるのか、止める理由を明確に理解すること。
体にどう悪いのかを心底から納得することが不可欠。

二つ目は、誰のために好きなタバコを止めるのか、の問題。
自分のことだけではない、自分が健康で長生きすることは、周りの人間の幸せのために必要なのだと言うことに気付く事。

酒もタバコも、健康に害を及ぼさない呑み方、吸み方があります。
明日にでも書きます。

|

« 足首の血圧検査などで隠れた心疾患リスクを発見 | トップページ | 熱過ぎるお茶で「咽喉がん」になる可能性 »

食養生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 足首の血圧検査などで隠れた心疾患リスクを発見 | トップページ | 熱過ぎるお茶で「咽喉がん」になる可能性 »