« 辛味の食能(再掲 2009/2/12) | トップページ | クローン牛・豚「安全」 »

2009年3月13日 (金)

大腿骨骨折

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。漢方・健康情報を主体に書いて行きます。
漢方に関するご相談・お問合せは、こちらから どうぞ。

我が家の取締役のおばあちゃん(86歳)が大変なことになってしまいました。

4日前のことです。
家事を一手に引き受け、kiyohiko の妻を助けてくれていたオバアチャンが、住まいの入り口前で転倒してしまったのです。
激痛で動けなくなり、救急車のお世話で病院に運ばれる事態になってしまいました。

即検査の結果、左大腿骨の骨頭頚部が折れて曲がってずれていました。
すぐ手術というわけに行かない事情があって、今は痛みに苦しみながら3日後の手術に向けて準備している所です。

そんな訳で、ブログに手が回らずお休みしてしまっています。

高齢者の骨折は予後に問題が起こることがよくあります。
筋肉の萎縮による寝たきり状態。
譫妄状態から認知症。

ドクターにお任せするしかありませんが、できることは何とか手を尽くしたいと思っています。

|

« 辛味の食能(再掲 2009/2/12) | トップページ | クローン牛・豚「安全」 »

コメント

お見舞い申し上げます
毎日更新していらっしゃるブログが4日間もお休みだったので心配していました。
さぞ大変だったこととお察しいたします。どうぞお大事になさって下さい

投稿: 河合展之 | 2009年3月14日 (土) 22時20分

河合展之先生 お見舞いありがとうございます。
10年ほど前、ひどいリウマチ症状が出て、河合薬局さんへ連れて行き、斉先生に見ていただいた義母です。
その後、斉先生にいただいた処方とアドバイスのおかげで、調子が良いときは正座が可能になるまで回復して、心臓に問題がありながらも自転車に乗ってスーパーへ毎日買い物に行っていたのですが・・・。
年寄りが怪我をすると、予後が心配です。
人生の終末期は楽しい毎日を過ごしてもらいたいと願っていたのですが・・・
可哀そうで胸が痛んでいます。
お見舞い頂いたこと本人に伝えます。
きっと喜こんで、元気が増すと思います。

投稿: kiyohiko | 2009年3月15日 (日) 13時32分

9ヶ月前に大腿骨頸部骨折をしたんですけど、いまだに右側の太ももの筋肉が激痛で足も曲がらなくなりました。毎日歩いたりしてリハビリをしてますが、原因は何でしょうか?

投稿: 田澤良彦 | 2011年9月28日 (水) 10時52分

田澤良彦さん
9ヶ月間もの激痛の苦しみお察しします。
手術をしてもらったドクターには相談されているのでしょうか。
骨折の影響でどこかの神経にさわっていたり筋肉が硬くなったりしているのでしょう。
精密な検査を受けて骨折が原因であることも再確認し適切な治療を受けて苦痛を除かないと大変ですね。
主治医に症状をよく説明してしっかり診断をしてもらうことが第一です。
納得できなければ他の専門医にセカンドオピニオンを求められたらいかがでしょうか。
骨折や打撲をしたときに繁用される漢方処方には、黄連解毒丸、三黄丸、桂枝茯苓丸、治打撲一方、甲字湯、通導散などがあります。
患部の血行。血流を良くし炎症を抑えます。
さらに必要に応じて全身的な身体のバランスの崩れを補正する処方を加えたりもします。
初期に服用するととても効果があります。

投稿: kiyohiko | 2011年9月28日 (水) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 辛味の食能(再掲 2009/2/12) | トップページ | クローン牛・豚「安全」 »