« インフルエンザワクチンは打ってはいけない 週刊ポスト・2.6. | トップページ | 薬膳・漢方健康料理 杏仁焼肉 »

2009年1月27日 (火)

薬膳・漢方健康料理

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。健康情報を主体に書いて行きます。

三千年の昔から料理は最良の薬だった。

古来中国では、食事で病気に対応しようという一種の食事療法が大変深く研究されています。
それらは薬膳と称せられ、もちろん漢方薬も多く使われ、民間療法のレベルにとどまらず学問的根拠を持つものです。

食物はその持ち味である酸苦甘辛鹹の五味と、天然の色彩である青赤黄白黒の五色を具えています。

一般にはそれをただ味覚や視覚などの側面からのみ受け止めているにすぎません。
その点中国医学(漢方)では、経験的に整理された薬味薬性、食味食性によって、味や色が人体に及ぼす効果までしっかり捉えています。

この考え方を調理の基準としてつくられたのが漢方料理です。

漢方には「医食同源」「薬食一如」という言葉があります。
薬にたよる前に、まず日々の食事で健康を維持すべきであるというのがこの言葉の意味です。


紀元前8世紀、西周の時代にはや、食物による病気の治療を専門にする医師として「食医」が存在していました。
日本でも食物療法は、鍼灸、マッサージや入浴療法などの物理療法以上に評価され、貴族や将軍、大名に迎えられた健康管理者の侍医団の中でも,食医は最上位にありました。
この思想、伝統は中国では今も受け継がれているのです。

我が家でよくつくり、おせち料理に加えたりもする漢方料理を紹介していきたいと思います。

|

« インフルエンザワクチンは打ってはいけない 週刊ポスト・2.6. | トップページ | 薬膳・漢方健康料理 杏仁焼肉 »

医食同源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050642/27510128

この記事へのトラックバック一覧です: 薬膳・漢方健康料理:

« インフルエンザワクチンは打ってはいけない 週刊ポスト・2.6. | トップページ | 薬膳・漢方健康料理 杏仁焼肉 »