« 鳥インフルエンザの特効薬・週刊現代・10.11 | トップページ | こんにゃくゼリー 再び事故(読売新聞) »

2008年10月 3日 (金)

がん生存率HPで公表、全国19病院(読売新聞)

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。健康情報を主体に書いて行きます。

リンク: がん生存率HPで公表、胃・肺など5種類…全国19病院 : ニュース : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 地域のがん治療の中核を担う、32病院が加盟する「全国がん(成人病)センター協議会」は3日、胃がん、肺がんなど5種類のがんについて、加盟病院の治療成績を示す患者の「5年生存率」をホームページで公表する。

 がん対策基本法がめざす「がん治療の地域格差解消」を実現し、病院ごとの治療成績を知りたい患者や家族の要望に応える目的がある。

 公表するのはこのほか、乳がん、大腸がん、子宮けいがんで、がん種ごとの全患者数と全体の生存率、数字が大きいほど早期のがんを多く治療したことを示す「1期/4期比」など。1999年、2000年中に初めて入院治療を受けた患者について、がん種ごとに、〈1〉100人以上を治療〈2〉全患者の90%以上を5年後まで追跡――などの基準を満たした施設を対象に、厚生労働省の研究班が解析した。

 同協議会のホームページでは、公表に同意した19施設に限り、集計結果を閲覧できる。本紙は19施設に加えて、研究班の報告書をもとに、ホームページでの公表に同意しなかった施設の集計も匿名で掲載した。ただ、1期/4期比が高い病院では、生存率も高くなる傾向があり、治療の質を正確に判断しにくいので注意が必要だ。

 同協議会のホームページは、http://www.gunma-cc.jp/sarukihan/seizonritu/

 研究班は「集計は患者の病院選びの材料になる。医師と治療方針を話し合う資料としても使ってほしい」と話している。

  (2008年10月3日  読売新聞)

医療機関は宣伝を禁じられています。
宣伝と見なされがちなため、実績の公表はやり方が難しいと聞きます。
このようなデータは、患者にとっては、病気の理解、予後の推測、そして病院の選択など
に利用価値があると思います。
しかし一方に、近藤誠医師など、5年生存率の計算方法に疑問を呈する意見が一部にあるようです。
がんの告知を受けた後、何の治療をしなくても、自然に治癒するケースが、何万件かに1件ぐらいの率であると聞きます。
5年生存率が統計の計算上出てきても、個の患者の予後のついては、確定的なことはいえません。
平均の確率の話になります。
個人個人で生命力・自然治癒力は、それぞれ違います。
その力を後押しするような療法が、代替療法と呼ばれているといえます。
漢方をはじめ、そのような療法を併用したときの効果についても科学的に検証してもらいたいものです。

|

« 鳥インフルエンザの特効薬・週刊現代・10.11 | トップページ | こんにゃくゼリー 再び事故(読売新聞) »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050642/24227621

この記事へのトラックバック一覧です: がん生存率HPで公表、全国19病院(読売新聞):

« 鳥インフルエンザの特効薬・週刊現代・10.11 | トップページ | こんにゃくゼリー 再び事故(読売新聞) »