« ジョギング | トップページ | ジョギング(3) »

2008年10月 8日 (水)

ジョギング(2)

ふじみ野市 マサキ薬局 の 漢方なブログです。健康情報を主体に書いて行きます。

読売新聞健康プラスでジョギングを4回にわたって取り上げ、ウオーキングとの違い、効果的なやり方、やる上での注意すべき点を解説しています。

ジョギングのペース

ジョギングの講習会(国立競技場トレーニングセンター)の講師、内山雅博さんの指導。

1㌔を7分半ほどで走るのが、ジョギングの平均的なペース。
ウオーキングの経験者は最初からこのぺースで走ってもよい。
しかし、運動不足のグループには、1㌔を10分(時速6㌔)かけて走り始めることを勧めている。
速歩と変わらないペースだが、体力のない人が自分のペースをつかむのに最適な速さだという。

走る時は『ス、ス、ス、ス』『ハ、ハ、ハ、ハ』と小刻みに4回吸って4回吐くリズムを保とう」と内山さん。
これなら走る速度が上がらず、楽に走れる。呼吸が乱れてくるのはペースが速すぎる証拠だ。

呼吸のリズムを確認しながら少しずつペースを上げる。
呼吸のリズムは「ス、ス、ハ、ハ」に、さらに速くなれば「ス、ス、ハー」と意識的に変えていこう。

走る姿勢も大事だ。
背筋を伸ばして、遠くを見る。腕は後ろに引くよう意識、小さな歩幅でかかとから着地して、つま先へ体重を移す。

内山さんにペースを調整してもらい、呼吸のリズムと姿勢を確認して走る。気がつくと3キロ走れていた。疲れない。これなら、走るのも長続きしそうだ。

つづく

|

« ジョギング | トップページ | ジョギング(3) »

運動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョギング(2):

« ジョギング | トップページ | ジョギング(3) »